フォト
無料ブログはココログ

« 敗戦処理。の知らない世界-独立リーグにいた逸材【回想】敗戦処理。生観戦録-第44回 2017年(平成29年)編 | トップページ | ファイターズは清宮幸太郎をどう育成していくのか?-こんなオーダーが観たい-2018年ファイターズ篇 »

2018年1月 3日 (水)

まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!

Adscn3524
新年早々ビッグニュースが飛び込んできた。日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーと前コミッショナーでコミッショナー顧問を務める熊崎勝彦氏が記者会見を開き、いわゆるエクスパンションを行って
2022年から十六球団にすることを発表した。会見では2022年までの計画なども語られた。


(写真:2022年に実施するエクスパンションに関して記者会見を行う熊崎勝彦コミッショナー顧問)



諸説あるようだが、1
2日の夜に見る夢を初夢というのが有力なようだ。日本のプロ野球大好きの敗戦処理。が観た夢はNPBが現在の十二球団から十六球団にエクスパンションを実施するというものだった。


プロ野球ファンが球界改革の目玉と考えるエクスパンションが現実のものになる。斉藤惇、熊崎勝彦の新旧コミッショナーが明らかにしたエクスパンションの概要は以下の通り。


日本野球機構は2022年から十六球団になるために以下の手順でエクスパンションを行う。


新たに加わる四球団に関しては公募し、熊崎顧問を責任者とするコミッショナー直属のエクスパンション委員会(仮称=新設)にて選考し、20203月までに決定する。


加盟を希望する球団は資本金、役員構成、ホームタウン(一軍および二軍)、本拠地球場の所在地(決定後建設でも具体性があれば可)、監督、コーチングスタッフの草案(申し込み時点で既存の十二球団に所属していない人物に限る。決定時には別の人物を選んでも可)、その他エクスパンション委員会が定める事項を記入した加盟申請書を201810月までにNPBに提出する。


エクスパンション委員会は書類選考、面接を経て四球団を決定する。


既存の十二球団は2022年の十六球団体制に備え、2021年までに育成選手を増やし、一球団あたりの支配下登録選手、育成選手合計の人数を90人以上とする。ただしこの間、支配下登録選手数の上限(70)の増減を行わない。


2021年に限り、新人選択会議の日程をエクスパンション分配ドラフト以降に行うことにする。2021年日本シリーズ終了後に、新規加盟の四球団を含めた十六球団でエクスパンション分配ドラフトを行う。エクスパンション分配ドラフトは以下の手順で行う。


まず
新規加盟の四球団が順番に1人ずつ、既存の十二球団の外国人選手を含む支配下選手、育成選手(以下“所属選手”とする)の中から希望する選手を指名する。指名された選手の新規加盟球団への移籍拒否は認めない。四球団による1人ずつの指名が終わったら既存の十二球団はそれぞれ自分の球団の1人の所属選手をプロテクトする。十二球団が1人ずつ所属選手をプロテクトしたら、新規加盟の四球団は既存の十二球団の所属選手の中からプロテクトされた選手以外を1人ずつ指名する。新規加盟の四球団の1人ずつの指名が終わったら、既存の十二球団は残りの所属選手の中から1人をプロテクトする。これを70回繰り返す。そしてこの分配ドラフトの終了後に別途、例年の新人選択会議を行う。


斉藤コミッショナーと熊崎コミッショナー顧問は十二球団と選手会とのコンセンサスは得たと発言した。外国人選手に関しても今後、遅くとも2021年までに合意を得られる見通しだという。


2021年まで順次所属選手を増やしていくのは、新規四球団分の選手をいきなり2022年の初年度に増やすのではレベル的な問題が発生するので、三年間で少しでも既存球団の選手のレベルに近づけておくのが目的だとのこと。ただし短期的とはいえ所属選手が急増することに対する各球団の金銭的負担や選手寮などの受け入れ体制の問題や、新規四球団に対する加盟料をどうするかは今後、募集開始までに明確にするという。新規四球団の本拠地に関しても理想的には東西で八球団ずつに分けられることが望ましいので、そのために調整をすることも有り得るとのこと。


まだまだ決まっていないことの方が多いが、夢のある話、というか、これが敗戦処理。の夢なのだ。夢なのでもう覚めて現実に戻っている。細かいツッコミはご容赦いただきたい。

« 敗戦処理。の知らない世界-独立リーグにいた逸材【回想】敗戦処理。生観戦録-第44回 2017年(平成29年)編 | トップページ | ファイターズは清宮幸太郎をどう育成していくのか?-こんなオーダーが観たい-2018年ファイターズ篇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/66234103

この記事へのトラックバック一覧です: まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!:

« 敗戦処理。の知らない世界-独立リーグにいた逸材【回想】敗戦処理。生観戦録-第44回 2017年(平成29年)編 | トップページ | ファイターズは清宮幸太郎をどう育成していくのか?-こんなオーダーが観たい-2018年ファイターズ篇 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック