フォト
無料ブログはココログ

« 現役引退の井口資仁が即マリーンズの監督になる!? | トップページ | 岡本和真、フェニックスリーグで三塁守備に再挑戦 »

2017年10月 1日 (日)

ジャイアンツ11年目で初めてクライマックスシリーズ進出を逃す。

Adsc_9968
日、クライマックスシリーズ進出を狙う4位のジャイアンツはタイガースに45で敗れ、その後に3位のベイスターズがカープを相手に勝利したため、ベイスターズの3位が確定。4位に終わるジャイアンツは2006年以来11年ぶりのBクラスが確定し、2007年からスタートしたクライマックスシリーズに初めて進出できなくなった。


(写真:九回裏、1点差まで追い上げたものの陽岱鋼が投ゴロに倒れてジャイアンツ敗退。この後、ベイスターズが勝利してジャイアンツの今季のクライマックスシリーズ進出は消えた。)



今日(1)の試合を観る限りでは順位通りの結果になったというしかない。ジャイアンツはクライマックスシリーズへの出場に一縷の望みをかけて臨んだタイガースとの東京ドーム二連戦にあろうことか二連敗してしまった。中止試合が無ければ今日の試合が今季のジャイアンツの東京ドーム最終戦になることはわかっていたので前売りが発売されるや否や購入しておいたが、昨年のカープ優勝決定試合に続き、二年連続で屈辱的な試合を生で観ることになってしまった。



三塁側指定A席とはいうものの、橙魂グッズプレゼント(チケットホルダー)付きの席なのでジャイアンツファンに囲まれて観戦出来ると思ったら大間違い。前後左右、七割から80%はタイガースファンだった。


ジャイアンツが、後の無い試合で先発を託したのは田口麗斗
Cdsc_9519


タイガース戦では二年越しの7連勝継続中だったが、既に書いた通り相性では無く順位通りの結果となった。



初回、二回と無難な立ち上がり方。三回表も二死までいったが、一番の俊介にこの試合初の被安打を喫すると、続く上本博紀に右方向に運ばれて一、三塁。ここで三番の糸井嘉男の打球は力なく打ち上がったように見えたが、レフトの中井大介の前に落ちる先制打になった。
Cdsc_9566

今日の座席はこのように左打者でも右打者でもネットの柱が邪魔になる。これだけでもイライラするのだが、タイガースファンが得点の度に席を離れて周囲のタイガースファン同士でハイタッチをしまくる。よけいにイライラする<苦笑>。


今日は試合前に、一塁側スタンドで観戦する人に挨拶に行ったのだが、さすがにバックネット後方を超えて一塁側に進むとほとんど黄色い格好の人に遭遇しないで済む。このあたりはタイガース戦やカープ戦だとビジターファンにホーム側まで席巻される神宮球場よりはマシだ<冗>。


田口はせめてこの1点にとどめておきたかったところだが、続く中谷将大に四球を与えてしまい二死満塁。五番の大山悠輔に投手返しのセンター前2点タイムリーを浴びた。
Cdsc_9579



打線に反撃する力があるとは思えないジャイアンツに痛すぎる二死走者無しからの3失点…。



それでもジャイアンツはタイガース先発の岩田稔に対して四回裏に反撃開始。一死から村田修一がレフト上段にソロ本塁打。
Cdsc_9591



さらに長野久義と中井も連打で一死一、三塁と一気に同点まで狙えるチャンス。打順は八番の小林誠司だが、次の田口ともども代打攻勢で少なくとも同点、うまくいけば逆転を狙うべき場面だと思ったが、相川亮二が代打に出ることも無くそのまま小林誠が打席に。初球からバントの構えをしたので嫌な予感がしたが、カウント2-1から本当にスクイズを敢行。
Cdsc_9608

見事に決まって長野が生還。さらに二死二塁と一打同点の場面を作って田口に代打、石川慎吾


三塁走者が還って同点、あるいは勝ち越しという場面ならともかく、成功しても打者走者はアウトになる確率が高く、かつ(セーフティスクイズで無く)リスクの高いスクイズをする意図がわからない。タイガースのリリーフ陣の盤石ぶりは身にしみて感じているはずだ。同点狙いではダメなのだ。このチャンスで一気に逆転まで狙うべきだろう。極論すれば五回までにリードを奪わなければジャイアンツは苦しいのだ。勝負ところを先と見てまだ先発捕手に代打を送れないというのなら、小林誠を信じてフリーに打たせるべきだろう。ハイリスクで、なおかつリターンがハイにならないスクイズに賭けたジャイアンツベンチに大きな疑問を感じた。


せめて石川が同点打でも打ってくれればと思ったがセンターフライに倒れ、この回の反撃も1点差までだった。


二番手は畠世周。名前がコールされた時点でレフトスタンドからは大ブーイングだったが、一死から昨日頭部死球を当てた上本を迎えるとさらにブーイングがヒートアップ。畠は気持ちの整理が付いていない訳では無かったろうが、上本に初球をレフトスタンドに運ばれた。
Cdsc_9657

打った上本には「恐れ入りました」と言うしかあるまい。金本知憲監督が現役だった2007年。木佐貫洋の投球を頭に受けてその場で倒れたが、立ち上がって一塁へ。当時まだ連続試合フルイニング出場記録を継続中だったとは言え、かなり無理をしていたと思えたが、その後の打席で門倉健から決勝の本塁打を放ったシーンを思いだした。


同じ試合での出来事だから、金本に頭部死球を与えた木佐貫は危険球退場。金本に本塁打を打たれたのはリリーフの門倉だった。投手が代わっても厳しいコースに攻めることは出来なかったのだろう。因みに木佐貫はその翌日に登録抹消となった。懲罰なのか、気分転換なのか…。しかし畠は翌日もベンチ入り。何しろ初回4球での危険球退場。緊急登板で3イニング、45球を投げた中川皓太を今日はベンチ入りさせていない。他にも田原誠次スコット・マシソンにイニングまたぎを強いた。
Cdsc_9635
畠のベンチ入りもロングリリーフも想定内。本人もそのつもりだったろう。だが偶然とはいえ前日と同じ一番からの打順。登板して二人目に上本と当たるということをどこまで想定していたのか?畠は試合前の練習時に上本を訪ねて直接謝罪したというが、踏ん切りは付いたとしても実際に打席に迎えると…。ベンチとして、あるいはバッテリーを組む小林誠に配慮が不足していたのではないか。



おそらく小林誠も動揺あるいは後悔があったのだろう。坂本勇人が畠に声をかけてはいたが、続く糸井にも初球をライトスタンドに運ばれた。
Cdsc_9663

Cdsc_9664
やはり、前の回に相川を代打に送り、相川がマスクをかぶっていたら防げた一発、いや二発だったかもしれない。



三回表で0対3とされるのと、五回表で2対5とされるのは同じ3点差でも今のジャイアンツには全然違う。五回裏は一番からの好打順で一死からケーシー・マギーが安打で出るも坂本勇が併殺に倒れた。


Cdsc_9447

五回を投げきった岩田には六回表の打席で代打が送られた。六回裏からひとり1イニングずつの継投に入る。一方のジャイアンツは人がいないのだ。致命的な2失点をした畠を打席が回るまで投げさせた。三番手の池田駿も昨日の1イニング18球に続いて、この日は2イニングを投げた。今シーズンの、普段通りの継投をするタイガースと、その後の失点こそ防げたものの策が尽きて投手を打席が回るまで投げさせざるを得ないジャイアンツ。この試合に限ったことでは無いが、ジャイアンツは後手に回りがちな試合運びが多い。


畠に打席が回る七回裏、タイガースのマウンドに右投手の桑原謙太朗が上がると、七番の中井、以下小林誠、畠に左の代打攻勢。まず脇谷亮太が打席に向かい、橋本到、宇佐見真吾と続いた。脇谷と橋本到は凡退したが、もし二人が出ていたら一気に亀井善行も使ったかもしれない。


Cdsc_9778

どうでも良いが桑原が好投するのを見る度にベイスターズとバファローズのコーチは何を教えていたのだろうかという疑問が沸く。


しかし宇佐見はともかく、脇谷か橋本到の場面で吉川尚輝を代打で使うわけにはいかないのか?


吉川尚は9月26日に出場選手登録(一軍入り)したが、その後三試合で出番は昨日、中川の代打で左飛に倒れた一度だけ。若手を使っている場面でないというのは確かだが、桑原に相性が良いらしい脇谷はともかく、橋本到でなく吉川尚に託して欲しかった。


まぁそれがないと言うことは、投手の吉川光夫との入れ替えで、これといった投手の代替え要員がいなかったからとりあえず吉川尚輝の昇格という程度だったのだろう。しかし、だとしたら補充すべきは将来の中心選手候補ではなく、四人目の捕手ではないのか?


宇佐見も相川も控え捕手としてだけでなく代打要員としても貴重な戦力であることを考えると、もう一人捕手を登録しておいた方が戦術に幅が出るだろう。實松がベンチにいたら、四回裏のチャンスに惜しみなく代打相川で勝負を賭けられたかもしれない。まぁこれは結果論かもしれないが。


だが今日でAクラス入りも消えたことだし、残るスワローズとの最終戦では岡本和真の一軍入りとともに二人でスターティングメンバーに名を連ねて欲しいものだ。


Cdsc_9930
九回裏、タイガースの守護神、ラファエル・ドリスが珍しく不調。長野、亀井、宇佐見の短長打で2点を返したが、今日絶不調の陽岱鋼が投ゴロに倒れ、ジャイアンツは4対5で敗れた。
Cdsc_9957



最終回はもう一押しという感じだったが、それ以前の問題としてタイガースのリリーフ陣の前に六回から八回までに四球の走者一人だけで無安打だったのが響いた。相手の守護神から一気に3点取るのは簡単なことではない。昨日も六回以降は無安打と相手が勝利の方程式を投入し始めると無抵抗になってしまう。今日も結果だけを見るとよく粘ったように感じるかもしれない。最終回の反撃で少しは溜飲を下げたジャイアンツファンも少なくはあるまい。だがそれ以前の問題なのである。



ジャイアンツは負けた。まだこの時点ではジャイアンツのBクラスは確定していなかったが、こんな野球をやっていては仮に今日ベイスターズが勝ちを逃したとしても単に一日寿命が延びるだけで、三位浮上なんてとんでもない話である。



ジャイアンツは2006年以来、11年ぶりにBクラスに転落した。この十年間、Aクラスを守り続けたことには敬意を表するが、残念ながらそれは過去のこと。十年連続Aクラスの功績に免じて特別にジャイアンツにCSの出場枠が与えられる訳でもない。今年のCSには今年のAクラス三球団が進出する。それがすべてだ。


ファンの中には“13連敗もしたのによくここまで盛り返した”とジャイアンツをねぎらう人もいるだろう。しかし敗戦処理。に言わせればそれもとんでもない話で、13連敗なんかするからAクラスになれないのだ。


ジャイアンツの本拠地最終戦ということで試合後にセレモニーが行われた。ナインがマウンド付近に並び、高橋由伸監督が謝罪、いや挨拶。
Cdsc_9990



この時点でまだベイスターズの三位とジャイアンツの四位が確定していないこともあり微妙な言い回しになったが、阪神ファンの来場にも感謝をするなど無難にまとめていた。



挨拶の後は、全ナインがグラウンドを一周してサインボールの投げ込み。敗戦処理。はアルキメデス・カミネロの姿を探した。
Cdsc_0003

何故かというと、今季、敗戦処理。がジャイアンツの試合を、オープン戦を含めても5試合しか観ていないということもあるが、生カミネロを一度も観ていないのだ。一軍、二軍、三軍と観た結果、少なくとも支配下選手に関してはこのカミネロと杉内俊哉と中川だけ試合で視た記憶がないのである。


Cimg_20171001_085841
今日のスポーツ紙各紙で引退が報じられた片岡治大も、澤村拓一も、山口俊ですら生で観ているが、たぶんカミネロを含む三投手だけ観ていないからだ。オープン戦を含めた5試合の結果は23敗。ただその2勝が、阿部慎之助の逆転サヨナラ勝ちと、菅野智之からマシソンのリレーで勝った試合で、カミネロを観ることが出来なかったのだ。



そんな個人的な話はともかく、負けた直後で今ひとつ盛り上がりに欠けた感じが否めなかったサインボール投げ入れだったが、ジャイアンツナインで唯一、レフトスタンドのタイガースファンに向けてサインボールを投げ込んでいる猛者がいた。
Dsc_0006
陽岱鋼だった



上述した様に、13連敗したのによく盛り返したのではなく、13連敗もするからこんな順位に終わったのだ。だから、今日の負けがどうこうではないのだ。本拠地最終戦まで順位が決まっていないこと自体がダメなのだ。本来ならもっと早く少なくともAクラスを確保し、それこそ片岡に最後の花道を用意してあげられるような球団であるべきなのだ。


でも、本拠地最終戦までイライラさせてくれたジャイアンツはまだマシかもしれない。一ヶ月くらい前から“来季を見据えた戦い”とやらで、勝つことを最優先にしているとは信じがたい野球を同じ入場料で平気で見せ、ファンまでがそんな球団を忖度しているもう一つの贔屓球団よりははるかにマシかもしれない。この約一ヶ月間、負けてもさほど悔しいと思わなくなり、その代わりにか、勝ってもあまり嬉しくない感情を抱かせた球団よりは…。


その球団に関しては別途書こうと思う。


最後になるが、八回裏を終了した時点でオーロラビジョンにメッセージが流れた。Cdsc_9871
今季のジャイアンツの主催71試合の入場者数は2,958,890人だったそうだ。聞き間違えていなければ、この内、東京ドームでは2,796,067人だったそうだ。主催試合が72試合だった昨年の総入場者数は3,004,108人で一試合平均は41,724人。今季の一試合平均が41,675人だからやはり微減している。日本一になった2012年から順に一試合平均は40,333人、41,781人、41,92142,270人、41,724人、41,675人。2015年をピークに二年連続の減少。まだまだ高いレベルにいるとはいえ、成績も年々下がっているのでここらで歯止めをかけて欲しい。



幸か不幸か、上位球団より先に来季の準備が出来るのである。

 

« 現役引退の井口資仁が即マリーンズの監督になる!? | トップページ | 岡本和真、フェニックスリーグで三塁守備に再挑戦 »

コメント

敗戦処理。様、こんにちは。のんきです。
いつも、観戦お疲れ様です。

ここ数年、徐々に巨人のチーム成績が悪くなっているのが気になります。

今年に限って言えば、前半戦の打線(特に1番と2番)が悪すぎたと思います。

特に、中井を我慢して使い続けすぎたと思います。

個人的には、もっと早く、サード村田、セカンドマギー、ファースト阿部
スタメンを固定して欲しかったと思います。(結果論ではないです)

マギー2番は驚きましたが、これがはまったと思います。
前半戦は、マギーの後の打者が1軍半の選手ということもあり、
チャンスで敬遠されることが多かったです。

マギーを2番にすると、3番は坂本ですので、敬遠できないので勝負せざるを得ない。これが後半の巻き返しにプラスの影響を与えたと思います。

後、大失敗はFAの補強だと思います。

陽選手は、後半は頑張ったと思いますが、大振りでボール球の変化球を空振り三振というのが目立ちました。

山口に関しては論外で、すぐにでも退団して欲しいです。
巨人が勝ち始めると、すぐに山口の事件のニュースが出て、チームのモチベーションを下げたと思います。

森福に関しては、Cランクということを差し引いても、ストレートのスピード
がなさすぎて、1軍レベルではないです。左打者のワンポイントには使えたと思いますが、FAで獲得するほどの選手ではなかったと思います。

昨年のFAでは、巨人は、糸井と岸を獲得に動いて、獲得できなかったら、誰もとらないというスタンスの方がよかったと思います。

また、FAで獲得するなら、実績よりも、選手の性格もじっくり加味して獲得に動いて欲しかったと思います。

外国人に関しては、今年は”できすぎ”だったと思います。マシソン、マギー、マイコラス、カミネロと、私の期待以上の活躍をしてくれました。
この4選手に関しては、来年も、残留して欲しいです。

>幸か不幸か、上位球団より先に来季の準備が出来るのである。

4位ということで、ドラフト2位の権利が昨年より早く来るので、今年の畠並みの活躍できる投手の獲得を期待します。

後は、1位は清宮で行くか、左投手の田嶋でいくか迷うところですが、
騒がれた中で成績を残した、清宮をくじ引き必須で行って欲しいです。

リーグ3連覇したときには、生きているうちに4連覇以上を一度みてみたいと思ったものですが、今は、生きているうちにリーグ優勝を1回でも多くみたいに変わっています。(広島が強すぎるので)

頑張れ巨人軍
のんき

こういう言い方するとジャイアンツファンには怒られるかもしれませんが、10年連続Aクラスに入っていて、今年もAクラス入りの可能性を最後まで残していただけ大したものだと思います。

パ・リーグでは、10年連続CSに出場したチームはありません。
ホークスでさえ、Bクラス落ちの年はあります。
もっとも、ブレーブスの後継は2度しかCSに出ていないうえに、2度とも初戦敗退で現存球団の中では唯一ファイナルに参加していないという情けなさなんですが…

のんき様、コメントをありがとうございます。

> 個人的には、もっと早く、サード村田、セカンドマギー、ファースト阿部
スタメンを固定して欲しかったと思います。(結果論ではないです)

本当ですか?マギーの二塁起用は誰も考えつかなかったと思いますよ。

私なんか、願望オーダーでは「レフト・マギー」でしたから<苦笑>。

申し訳ありませんが書かれていることのほとんどが結果を見て書いているという感じです。

xyz様、コメントをありがとうございます。

> こういう言い方するとジャイアンツファンには怒られるかもしれませんが、10年連続Aクラスに入っていて、今年もAクラス入りの可能性を最後まで残していただけ大したものだと思います。

その通りなのだと思いますが、それで満足しない人が多いのは、優勝はともかく、少なくともAクラス入りは大丈夫だろうと考えていた人が多いからだと思います。
(私もその一人ですが)

ファイターズファン目線で見ると、そういうプレッシャーの中で野球をさせられていることを窮屈なチームだなと感じることもありますが、羨ましく思う点でもあります。

日本一の翌年に5位に低迷しても、何となく許している雰囲気ですし、球団自体が明らかに来季に目を向けて、目の前の“公式戦”を勝つことを最優先に考えていないことにファンが何の問題意識も持たない、そういう目で見るから試合に緊張感がなくても、何の不思議もない球団なんて私には信じがたいのですが、荒れ狂うファンも少ない。プロ野球チームと、そのチームのファンのスタンスとしてそれで良いのかと感じることが多々あります。

その点、ジャイアンツファンは期待が過剰かもしれませんが目指すところはハッキリしています。勝て!優勝しろ!そして球団もそれを前提に頑張る。今年のように結果的に期待を裏切る年もあるでしょうが、それはあくまで結果。ファンが球団に実態以上の結果を求めて何が悪いのかと思います。

すみません、ちょっと脱線してしまいました。

観戦おつかれさまでした。

結果的にCSを逃すことを決したこの試合は、打てない時は打てない、投手は踏ん張れない、追い上げても結局届かないといった今季の縮図ともいえる印象を持ちました。

また、今季は若手を一軍に呼んでもなかなか起用せず、たまに試合にだしても、打者は平凡な場面での代打、投手は負け試合の差のついた時点での登板、そういった成長の度合いが計れない状況での起用でお茶を濁していた感じがします。

そんな中で宇佐見や中川が起用された場面ではベンチの期待に応えるシーンもあり、彼らについては何となく今後戦力となる兆しが見えたのは光明といえるかもしれません。

※若手の起用で逆転勝ちした最終戦は消化試合なので、あまり参考にならないという判断で。

それから、

>三塁側指定A席とはいうものの、橙魂グッズプレゼント(チケットホルダー)付きの席なのでジャイアンツファンに囲まれて観戦出来ると思ったら大間違い。

自分も先日、東京ドームのスワローズ戦で、某選手のタオル付きの「応援シート」の三塁側C指定席で観戦したのですが、自分の左右を含めなぜかその列に限って、全体から見ると少ないスワローズファンが半分以上を占めていて、居心地が良くなかったです。売り方になにか不自然な点を感じました。

長緯様、コメントをありがとうございます。

> 結果的にCSを逃すことを決したこの試合は、打てない時は打てない、投手は踏ん張れない、追い上げても結局届かないといった今季の縮図ともいえる印象を持ちました。

まさに仰るとおりですね。タイガースには対戦成績では勝ち越しているのに、完全に順位通りの試合内容になってしまいました。

> そんな中で宇佐見や中川が起用された場面ではベンチの期待に応えるシーンもあり、彼らについては何となく今後戦力となる兆しが見えたのは光明といえるかもしれません。

宇佐見と中川、それにせいぜい池田くらいですかね、今季は。来季、どんな新入団選手が加わるかはまだわかりませんが、少なくとも岡本と吉川尚に加わって欲しいですね。

※ 個人的にはプラス辻ですが。

> 自分も先日、東京ドームのスワローズ戦で、某選手のタオル付きの「応援シート」の三塁側C指定席で観戦したのですが、自分の左右を含めなぜかその列に限って、全体から見ると少ないスワローズファンが半分以上を占めていて、居心地が良くなかったです。売り方になにか不自然な点を感じました。

そうなのですか、何か席割りがおかしいのかもしれませんね。

この日は、ジャイアンツが負けて、その後でベイスターズが勝って順位が確定したのですが、私はジャイアンツが負けた時点で達観して、周囲の阪神ファンの方達に「クライマックスシリーズ頑張って下さい」とエールを送ってしまいました<笑>。

中には「まだジャイアンツも可能性が無くなったのではないですよね」と励ましてくれた方もいましたが、途中経過でベイスターズがリードしているのを見ましたし、諦めました。

後からベイスターズ対カープ戦の経過をニュースで知りましたが、あれこそ目標に向かって戦うチームの試合ですね。振り返ってジャイアンツは、小林のスクイズなどこの後に及んでまだ腹を据えた試合が出来ないのですから何をかいわんやですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 現役引退の井口資仁が即マリーンズの監督になる!? | トップページ | 岡本和真、フェニックスリーグで三塁守備に再挑戦 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック