フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツが澤村拓一への施術ミスを公表、本人には謝罪。 | トップページ | ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上! »

2017年9月13日 (水)

武田久をファイターズで引退させたい。

Adsc_0187
12
日の日刊スポーツによると、ファイターズの武田久が今季限りでファイターズを退団し、他球団で現役続行を目指すようだ。ファイターズからの引退勧告に対し、武田が現役続行を希望。シーズン終了後に自由契約扱いとし、武田は他球団での現役続行の道を模索することになる。



かねがね、“W武田はファイターズで現役引退させないといかん”と個人的に思っていた敗戦処理。だが、そうもいかないようだ。

 



W武田とは言わずもがな昨年までファイターズに在籍した武田勝と現役の武田久のこと。
Cdsc_0038
武田勝が後から2006年に入団して以来、二人の武田を識別するために“武田久”、“武田勝”と表記されたりアナウンスされたりしてきたが、昨年限りで武田勝が現役を引退したために今季から武田久は武田になった。武田という表記を目にするだけで若干の寂しさを感じたのに、武田がファイターズからいなくなる。しかも現役引退という形でのいわば卒業ではなく、武田は来シーズンも現役続行を希望しているという。



今季のファイターズは、どうやら今日(13)の結果で完全にAクラス入りの可能性が消滅したらしいが、早くからAクラス入りが絶望的な状況になり、早々と来季を見据えた戦い方にシフトチェンジしている。元々頭数が揃わなかった先発投手では、曲がりなりにも先発ローテーションで投げていたルイス・メンドーサに見切りをつけると、自由契約にするためにウェーバーにかけた。いろいろな投手を代わる代わるファームから上げて先発させ、登板後に登録を抹消して別の投手をテストする繰り返しだ。この流れからすると、武田に残り試合、あるいは来季にチャンスがあるとは考えにくいが、膝痛の故障から回復した武田はなおも現役続行を希望しているという。


これは敗戦処理。の独自のこだわりなので、他のファンの方に強要するつもりは毛頭ない。そういう前提でお付き合いいただければ幸いである。


チームに功績があり、かつフリーエージェントの様に自ら移籍を選択できる権利を得ながらそのチームにとどまり、チームとファンのために活躍してくれた選手の引き際に関しては可能な限り選手本人の意向と球団の事情をすり合わせてもらいたいと思う。


特にファイターズの場合、選手として脂が乗った時期にチームを離れる選手が多いので、ファイターズ一筋の選手には最後までファイターズの選手として現役を終えて欲しい。武田勝金子誠、生え抜きではないが十年間所属してくれた稲葉篤紀の最期を見届けることが出来、寂しくはあっても気持ちの整理が出来たファイターズファンも少なくないと思う。ところがFAや、ポスティングでチームを去る選手に関しては仕方ないと諦めるしかないとしても、武田のように十五年間このチーム一筋で頑張ってくれた選手が、ファイターズで現役生活に終止符を打てずに他球団に移籍するのは、これまでの他の選手とのお別れの仕方と異なる複雑な淋しさをいずれ味わうことになるのだろうか?


当然ながらシーズンの終盤に“引退試合”はない。しかも最悪の場合、どの球団からもオファーがなく、結果的に今季で現役引退というシナリオも考えられるのである(岩本勉のように…)


武田のこれまでの功績を考慮して、さらなる現役続行を望むのなら球団としてもうワンチャンスを与えるというくらいの球団と(主力)選手の関係があれば個人的には望ましいと思うのだが、そういうチームであればシーズン途中に谷元圭介を放出するなんてことはしないだろう。あるいは、その“もう一年”が今季だったのかもしれない。


今日は複数のメディアの報道で、どうやら大谷翔平が今オフにメジャー入りを目指すことが明らかになったようだ。大谷の場合は、ドラフトの時点で後攻から直接大リーグの門を叩こうとしていた選手で、それをファイターズが騙して、もとい、丸め込んで、もとい、説得して入団させた選手。ダルビッシュ有(や、チームは異なるが田中将大)の七年間に比べると早いなという気はするものの、どのみち遅かれ早かれファイターズから出ていく選手であることはわかっていたから、個人的にはそれほどショックではない。だが武田の場合、「今年でそろそろ…」と言う覚悟は率直に言ってあるのだが、まさか他球団で現役続行希望という形で“お別れ”をしなければならないとは想像していなかった。だから衝撃なのだ。今井絵理子山尾志桜里が不倫しようとどうでもいいが、武井咲が結婚するのは許せないという感覚と同じだ。



近年、武田の姿を観るのが、一軍の試合より鎌ケ谷の方が多くなった。
Cdsc_0234
昨年まで日本プロ野球歴代10位の167セーブを挙げている好投手が若手に混じってファームで奮闘する姿を観るのは辛いものもあったが、黙々と打者一人一人に全力を尽くす姿には感動を覚える。きっと若手にも良い影響を及ぼしていることだろう。口の悪いファンも多い鎌ケ谷のスタンドからも大きな温かい拍手が贈られる。相手側からは「まだいたのか!」的なヤジが飛んでいるのかもしれないが、少なくともファイターズファンには伝わってくるものがある。



敗戦処理。も何度か鎌ケ谷で奮闘する姿を目撃しているから、もう一度一軍に返り咲いてから現役生活にファイターズで終止符を打つ武田の姿を観たかった。


敗戦処理。は何かと球団の批判をするが、こればっかりは球団の冷たさを責める気も起きない。球団も引き際を考え(推測だがコーチなりポストを用意したのかも)引退勧告をし、それでも武田が現役続行にこだわったのだから結論はただ一つ。


個人的には大変残念な“お別れ”になるが、武田と球団と、それぞれの考えを支持するしかあるまい。でも、武田勝に次いで、武田久もファイターズで引退させたかった。

« ジャイアンツが澤村拓一への施術ミスを公表、本人には謝罪。 | トップページ | ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上! »

コメント

うーん、これは完全に贔屓の引き倒しですね。

>こればっかりは球団の冷たさを責める気も起きない
ベテランに厳しいと言われる日本ハム球団ですが、こと武田久には2012年オフの大型契約に代表されるように珍しく甘い扱いを受けてきており今年ようやく戦力外通告とのことですがはっきり言って遅すぎです。

谷元トレードの記事の中で「チームの主力選手がトレードされることなく、またFAで移籍することなく生え抜きのまま引退する選手であってほしいという価値観」をファンが抱くべきでないものとして否定しましたが、今回はまさにその典型例です。

たしかにまだやれると思い込んでる武田久は傍から見れば身の程知らずに映るかもしれませんが、プロとして自分を評価してくれるチームを探し続けるということはある意味でプロ意識の高い選手と言えこれは決して批判されるものではありません。(チーム作りにおいて情に左右されることなく選手の首を切るのもまたプロです。)

僕はプロ野球を見るうえで選手個人のファンになることそのこと自体は否定しません。ただ本当にその選手のファンであるのであれば、選手が得た権利(FA)、進退の判断は尊重し、チームが変わろうが異国に行こうが最後まで見届けるのが選手個人のファンとしての務めではないでしょうか。

きつい言い方になりますが「生え抜きのまま引退してほしい」という価値観はチームや選手の権利を侵害するエゴなのです。

サフラン様、コメントをありがとうございます。

だから、“これは敗戦処理。の独自のこだわりなので、他のファンの方に強要するつもりは毛頭ない。”と書いたのです。

サフラン様、返信が別れてしまってすみません。

元のサフランさんのコメントをあらためて読み直して、つくづく自分は表現力が乏しいなと感じました。

別に私は、武田に他の球団に行くな等とは思っていません。

特に今回の場合、新聞報道を読む限りでは膝の故障も回復してまだまだやれると武田が思っているのに対して、ファイターズ球団がもう戦力と見なしていないため引退勧告をしたので、武田は他球団で獲得してくれる球団を探すとなったのだと思われます。即ち武田が望んで他球団に移籍をしたがっているのではないと思われます。

私の個人的な理想は、選手自身が、俺はもう潮時かなと感じるタイミングと球団が、もうそろそろと判断するタイミングが一緒になって、ファンもその選手が長く所属したチームで引退する姿を見届けるというものであって、そのタイミングが合わないのは残念だというだけで、どちらかが悪いとは書いていないつもりです。

>敗戦処理。は何かと球団の批判をするが、これ>ばっかりは球団の冷たさを責める気も起きな
>い。球団も引き際を考え(推測だがコーチなりポ>ストを用意したのかも)引退勧告をし、それでも>武田が現役続行にこだわったのだから結論はた>だ一つ。

それでもエゴだと言われれば、返す言葉はありません。

Twitterでのホザキやここでの戯言を見るにつけ、
つくづくお前さんはバカ、だね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田久をファイターズで引退させたい。:

« ジャイアンツが澤村拓一への施術ミスを公表、本人には謝罪。 | トップページ | ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック