フォト
無料ブログはココログ

« 武田久をファイターズで引退させたい。 | トップページ | ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに… »

2017年9月16日 (土)

ジャイアンツのファームが直接対決を制してゴールデンイーグルスに並ぶ同率首位に浮上!

Adsc_8278
三連休初日の今日
16日、ジャイアンツ球場に行ってきた。イースタン・リーグの優勝争いはまだ予断を許さない状況。前日15日までの時点で首位のゴールデンイーグルスを1ゲーム差で追う2位のジャイアンツ。今日と明日は直接対決の二連戦。


初戦の今日は中盤の集中打でジャイアンツが快勝。両チームともに6643敗、勝率.606と勝率で並んだ。


(写真:五回裏にライトオーバーの本塁打を放つジャイアンツの吉川尚輝。)



今日
16日からの三連休。敗戦処理。は18日の敬老の日に久々に鎌ケ谷に行こうかと思っていたが、台風の接近と個人的な事情で雲行きが怪しくなったので無理をして今日のジャイアンツ球場を選んだ。既に結果を書いてしまったが<>、勝敗という結果以外にも見応えのある生観戦となった。


今日のジャイアンツ球場は来春のキャンプ実施でジャイアンツの宮崎キャンプが60周年を迎えることに因んで「GⅡ宮崎スペシャルデー」と銘打って、宮崎市観光イメージキャラクターのミッシちゃん宮崎サンシャインレディの今井千尋さんが来場。イベントなどを行った。
Cdsc_7856
因みにミッシちゃんの背番号は“
324”。


宮﨑サンシャインレディは観光都市みやざきの顔として、観光行事、歓迎セレモニー、交流都市訪問など県内外の行事に参加、宮崎の魅力を笑顔でアピールするらしい。登場した、阪急とオリックスの投手のような名前の今井千尋さまはかなりの美人。試合前に両監督に記念品を贈呈したほか、始球式に登板した。
Cdsc_7929


Cdsc_7938
見事、ゴールデンイーグルスの一番打者、松井稼頭央から空振りを奪った。



来月には42歳になる松井稼がファームの試合に、それもホームゲームならまだしも遠征にも出ているのだ。試合前のジャイアンツの打撃練習からゴールデンイーグルスの練習にと切り替わる時間に「クルーズいるかな、クルーズ?」と、シーズン途中にジャイアンツからゴールデンイーグルスに移籍したルイス・クルーズが遠征に来ているか、冷やかし気味に探しているジャイアンツファンがスタンドに何人かいるが、東北のレジェンドの存在に気付く人が少ないのにはちょっとがっかりした。


試合はジャイアンツがドラフト
6位ルーキーサウスポー、大江竜聖、ゴールデンイーグルスが戸村健次の先発で始まった。


今日もジャイアンツは18:00試合開始の一軍の東京ドームの試合と掛け持ちになる若手選手が参戦。試合前の練習の時に女性ファンが「シンゴがいる!シンゴがいる!」と騒いでいたので宇佐見真吾なのか石川慎吾なのかなと思ったら両方だった。他に中井大介、重信慎之介も参加。その中の一人、重信が立ち上がりの大江の足を引っ張ってしまった。


大江は「一番・DH」の松井稼を一球で遊ゴロに打ち取った後、二番の福田将儀にセンター後方へ大飛球を打たれる。センターの重信が追いついたもののグラブに当てて落球する失策で一死二塁のピンチ。誰でも疑心暗鬼な立ち上がりにピンチを迎え、その後二死三塁から四番を打つ内田靖人に右中間を破られる二塁打で先制点を献上。
Cdsc_8016

10日の日曜日まで一軍にいた内田(といっても八日間だけだったが)、もう四年目なのである。金の卵が伸び悩むのはジャイアンツだけではないのだ。オコエ瑠偉が走り、中川大志と内田で返す時代が来るのだろうか?今は外国人勢で打線の中軸を固めているが…。


大江は一塁側スタンドから観ている感じでは低目のストレートが伸びているように思えた。
Cdsc_7955
一塁側からの観察なので推測にはなるがいわゆるクロスファイヤー的に打者に食い込んでいたのではないか。ただ岩下健吾球審が全般的に低目に辛く、苦労していた。大江は五回まで投げてこの内田の安打一本に抑える好投だった。



ゴールデンイーグルスの先発戸村も、ジャイアンツ打線を一回りはかんぺきにおさえていたが、二回り目につかまった。


1点を追うジャイアンツは四回裏、守備で大江の足を引っ張った重信がセンターの左にチーム初安打を放つと足で二塁打にして無死二塁。吉川尚輝が綺麗に送って一死三塁として三番の中井がレフト前に同点タイムリー。
Cdsc_8231



続く五回は二死から猛攻。二死走者無しから八番の柿澤貴裕が右中間に二塁打。暴投の間に三塁に進み、吉川大幾が一、二塁間を破って2対1と勝ち越し。
Cdsc_8267



吉川大が二盗した後、重信が浅く守っているセンターをあざ笑うかのように頭上を超える三塁打でさらに1点。
Cdsc_8274
ここで冒頭の写真の様に吉川尚がとどめを刺すようにライトオーバーの2ラン本塁打。この回4点を奪って一気に5対1と主導権を握った。



Bdsc_8280
吉川尚はドラフト1位。それも大学卒なので、一年目から一軍でバリバリ活躍することを期待されていた。春季キャンプを故障で出遅れ、その後もアピールに乏しく、5月に一軍入りを果たしたもののわずか12日間で二軍に戻された。他球団ではドラゴンズの京田陽太、、ファイターズの石井一成が同じ大学卒ルーキー内野手で開幕から一軍で試合に出て、否応なく比較される。大学、社会人経由でのルーキー、ライオンズの源田壮亮の活躍も気にならないはずはなかろう。これまでジャイアンツ球場で観た印象では打撃にしろ守備にしろ、アピールできるものが弱いと思う。


今一軍はAクラス入りをかけて戦っているところでドラフト1位ルーキーを試す余裕はないだろうが、故障者が出ないとも限らない。また先日の岡本和真のように投手の入れ替えの合間に一軍に上がることも考えられる。準備に抜かりのないことを期待したい。


六回からジャイアンツのマウンドは大江に代わって二番手の桜井俊貴。またこの回から一軍と掛け持ちの四人の内、重信と中井が交代。時計の針は14:30を回ったところだった。石川と宇佐見は六回裏の打席を終えて交代した。
Cdsc_8312_2

二年前のドラフト1位、桜井は一年目の開幕ローテーションに抜擢されたがその登板後に右肘の故障が発覚。一年目の大半を棒に振った。二年目の今年は後輩の畠世周が先発ローテーションに加わる中、桜井もリリーフ要員として一軍切符を手にするが、一軍定着とはならなかった。素人目には先発投手として育てて欲しいと思うのだが、二軍落ちしてからもリリーフを続けている。内海哲也大竹寛の経験、実績を買うのも良いが、先発より中継ぎで結果を残す宮國椋丞を先発で使うくらいなら桜井の可能性にかけて欲しいと思うのだが…。


桜井は六回と七回を投げて四球を1個ずつ与えただけの無失点に切り抜けた。


ジャイアンツは七回裏にジャイアンツファンからも「懐かしい」と声が挙がったゴールデンイーグルスの金刃憲人を攻めて二本の内野安打で一死一、三塁とすると堂上剛裕の併殺コースの二塁ゴロを二塁手の向谷拓巳がトンネルするタイムリーエラーの間に追加点。この向谷、育成選手でルーキーなのだが、この回は先頭の吉川大の一、二塁間寄りのゴロも打球に押されて弾いていた。記録は“安打”だったがEのランプが付いても不思議でない打球だった。


ジャイアンツは八回を戸根千明、九回を森福允彦で締めて6対1で快勝。ゴールデンイーグルスは初回の内田のタイムリー二塁打の一安打のみに抑えられた。冒頭にも書いたように両チームが6643敗、勝率.606で並んだ。


16日・ジャイアンツ球場 モ8勝7敗1分け】
モ 100 000 000 =1
G 000 140 10× =6
モ)●戸村、石橋、金刃、入野-細川
G)○大江、桜井、戸根、森福-宇佐見、田中貴
本塁打)吉川尚4号2ラン(戸村・五回)


両チームが6643敗、勝率.606で並んだと書いたが、引き分けはゴールデンイーグルスが5でジャイアンツが7。残り試合はゴールデンイーグルス、ジャイアンツともに0試合で、直接対決は明日17日を残すのみ。どちらが有利かは全くわからない。イースタン・リーグは雨天中止の代替え試合を行わないので有利不利が全く読めない。ゴールデンイーグルスが優勝したら球団史上初。ジャイアンツが優勝したら三年連続で26回目。


こんな熾烈な優勝争いを繰り広げている状態だから、一塁側内野最上段に陣取る応援団の人達は攻撃イニングの開始時に何度か「優勝するぞ、ジャイアンツ!優勝するぞ、ジャイアンツ!」とコールを送っていたが、そのたびに敗戦処理。の近くのジャイアンツファンからは「広島マジック1じゃん<爆笑>」とか「CSで勝って日本シリーズに出るって意味かな」等との声が聞かれた。このあたり「GⅡプロジェクト」で多少観客動員が増えたとしても、まだまだ鎌ケ谷あたりとは決定的な違いがあると感じた。今日も試合開始前に「GⅡ宮崎スペシャルデー」関連のイベントなども催されたようだが、この試合が首位攻防戦であることなどをもっとファンに知らしめる努力をすべきだと思う。ましてやイースタン・リーグで優勝すれば、宮﨑のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮﨑でのファーム日本選手権に出場できるのだからこの日のイベントの趣旨にも合致している。選手グッズやイベント関連のお土産の大盤振る舞いもけっこうだが、野球そのもの、試合そのものへの関心を高める努力を怠るようでは本末転倒で、本当の意味でファンが定着しないと思う。


ところでゴールデンイーグルスでは松井稼が「一番・DH」でフル出場した。残念ながら遊ゴロ、中飛、空振り三振、二飛と4打数0安打に終わった。
Cdsc_7970
松井稼は来月には
42歳になる超ベテランだ。既にNPB2084安打、MLB615安打している、間違いなく球史に残るレジェンド選手の一人だ。こんな選手がこの時期にファームの試合に、それもホームゲームでない遠征試合に出場しているのだ。


パ・リーグは今日、ホークスの優勝が決まった。一時はパ・リーグの主役となっていたゴールデンイーグルスは失速したもののまだライオンズと
2位を争っている状況だ。クライマックスシリーズに経験豊富なベテラン、いや超ベテランの力が必要になると期待してファームで調整しているのだろう。そうでなければ、最も多く打席に立てるチャンスのある一番打者には将来有望な若手を起用するだろう。


四度の松井稼の打席を間近で観ている内に敗戦処理。は涙が出そうになった。松井稼頭央のファンでも、ゴールデンイーグルスのファンでもない。超ベテランが若手に混じって結果を求めて奮闘している姿がたまらなかった。理由はおそらく、もう一つの贔屓チームとの比較だろう。今季は昨年の劇的な大逆転優勝から一転、早々と優勝争いとは無関係になり、Aクラス入りすら早い時期に苦しくなっていた。そのせいかチームを支えてきた中継ぎ投手をシーズン途中に放出したり、成績の割に高年俸な外国人投手をシーズン終了を待たずに首にしたり、現役続行を希望している大功労者に引退勧告して他球団でチャレンジという選択肢を与えたり…。そしてそんな球団の行動に対し支持するファンが多いらしく、試合も“来季を見据えた戦い”とやらで、必ずしも勝利を最優先にしているとは思えない戦いが散見される。


メジャー流だか何だか知らないが、フリーエージェントの権利を取得した選手が次々と新天地を求めるのも無理もない。この球団はどこに向かっているのか?と半信半疑になっているところに、まだまだしっかりと目標が定まっている他球団では調子が落ちた超ベテラン、それもレジェンドにしっかりとファームで調整させている。松井稼ほどの選手を二軍に落とすという決断をした梨田昌孝監督も凄いが、ファームの遠征にも参加して必死で調整しているのだ。その姿を観て何も感じないほど敗戦処理。は一野球ファンとして鈍感ではないつもりだ。



松井稼はいわゆる“生え抜き”ではない。だがチーム創立以来初の優勝、日本一となった2013年のV戦士であり、何度も用いている表現だがレジェンドだ。年齢を考えると、レジェンドが一軍にいないということで様々な憶測をするファンも少なくないことだろう。なまじレジェンドの姿を観ない方が冷静な想像が出来るのかもしれない。実際、今日の4打席を観て何とも言えない気持ちになったのも事実だ。CSで必ずしも戦力になれる補償はない。
Cdsc_7973
だが、誰も諦めていない。それは球団に目標が有るか無いかの違いなのかもしれない。“来季を見据えた戦い”というフレーズは空虚にしか思えない。早々と目標を失うシーズンを正当化したり、美化したりするファンにはなりたくない。良いものは良い。悪いものは悪い。ジャイアンツのファームが快勝した試合を観てこんな感想を持ったファンはたぶん敗戦処理。だけであろうが。



最後に、いつも丘の湯のサービス券すら当たらないラッキーカードが珍しく当たった。しかも1桁の数字で当たるから10倍の確率だが、宮崎の特産品が詰まった「うめっちゃが賞」をゲットすることが出来た。
Cdsc_8704

始球式などに登場した宮﨑サンシャインレディの今井千尋さまから手渡され、どさくさに紛れて握手してもらった。平石洋介、内田順三両監督とも握手していたが、同じ気分だ<>
Cdsc_7881



因みにこれが戦利品。
Cdsc_0023

なかなかの品揃え。焼酎もある。未成年が当選したらどうしたのだろうか<笑>!?


9月17日一部加筆

« 武田久をファイターズで引退させたい。 | トップページ | ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武田久をファイターズで引退させたい。 | トップページ | ファイターズのファーム投手陣が大炎上。二ヶ月ぶりの鎌ケ谷生観戦だったのに… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック