フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

大田泰示、九年目にして初の規定打席到達なるか!?

Adsc_6958
ファイターズファンの方はお気付きの方も多いと思うが、今季、ジャイアンツからの交換トレードでファイターズに移籍してきた大田泰示が、このままスターティングメンバーで出続ければ、自身初の規定打席到達も夢ではないところに来ている。


大田は0828日現在で87試合に出場。311打数81安打、11本塁打、29打点。打率は.260。まだ規定打席には達していないが、現在の規定打席到達者で打率.260以上は17人しかいない。

続きを読む "大田泰示、九年目にして初の規定打席到達なるか!?" »

2017年8月16日 (水)

しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね

Adsc_4949
この時間は本来なら
15日のよるに生観戦するはずだった神宮球場のスワローズ対ジャイアンツ戦の生観戦記を書くはずだったが、残念ながら雨のために試合開始前に中止になってしまった。


そこでちょっと前の話になるが先週
11日にジャイアンツ球場で観てきたジャイアンツの三軍の試合の観戦記を書く。相手は東海地区大学野球連盟の選抜チーム。ジャイアンツの三軍の対戦相手は独立リーグのチームや、社会人のアマチュアチーム。そして大学生だが、NPBのチームと大学生との試合は3月と8月だけに限定されている。


山の日の祝日だったこともあり、暇なのでジャイアンツ球場まで行ってきた。


(写真:試合終了後、ジャイアンツナインに一礼したあと、三塁側のスタンドに一礼する東海地区大学野球連盟選抜の選手達)

続きを読む "しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね" »

2017年8月14日 (月)

生え抜きの選手が2000本安打を打つということ。

Adsc_5
13
日、ジャイアンツの阿部慎之助が通算2000本安打を達成。日本プロ野球史上49人目の快挙だった。ジャイアンツでは1980年に柴田勲が達成して以来17年ぶりの到達で、球団では5人目だ。


清原和博小笠原道大など2000本目の安打をジャイアンツで達成する選手がいたために気付かなかったファンも少なくないかもしれないが、ジャイアンツだけで2000本安打を放った選手はV9戦士の柴田以降出ていなかったことになる。


(写真:入団一年目に新人合同自主トレに参加した阿部慎之助。 20011月撮影) 

続きを読む "生え抜きの選手が2000本安打を打つということ。" »

2017年8月 8日 (火)

これぞプロフェッショナル!

Adscn4530
前エントリー背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。では暑さのせいでスコアボードの得点を間違えたと書いたが、同じ6日、空調の効いた東京ドームではこれぞプロフェッショナル!というシーンがあった。



ジャイアンツ対ドラゴンズ戦。ドラゴンズは1点リードの九回裏にこの登板で日本記録更新に当たる950試合登板となる岩瀬仁紀を投入。一死一、二塁のピンチを招き、坂本勇人に右中間の大飛球を打たれるがセンターの大島洋平が好捕。抜ければ逆転サヨナラ勝ちも狙えたジャイアンツはサヨナラの走者となる重信慎之介が二塁を回ってから慌てて帰塁して二死一、二塁で試合再開と思いきや、一度二塁を踏んで三塁方向に走りかけたのに戻るときには二塁ベースを踏まずに一塁に戻ったとしてドラゴンズのアピールプレーでアウトとされ、試合終了となった。


重信はお粗末だったが、きちんと見ていた一塁手のダヤン・ビシエドと二塁塁審の有隅昭二審判員はこれぞプロフェッショナル!と感心した。


(写真:坂本勇人の右中間の大飛球を好捕され、二塁を回っていた一塁走者の重信慎之介が慌てて一塁に戻るも、二塁ベースを踏まずに…。日テレG+の中継映像から)

続きを読む "これぞプロフェッショナル!" »

2017年8月 6日 (日)

背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。

Adsc_3950
NPBでは
7月末日をもってそのシーズンの補強の類いが終了となる。拙blogでも何点か取り上げたが、締め切り間際になってバタバタと動いた印象があった。育成選手から支配下選手登録への昇格も同じく締め切られた。支配下選手登録を勝ち取ることができなかった育成選手は、少なくとも今季は残りの試合で一軍公式戦に出ることは不可能で、その差は大きい。


今日(6)はその締め切り期限後、初めてイースタン・リーグの試合を生観戦してきた。


(写真:支配下選手登録を勝ち取って背番号が変わった田中貴也<>と育成選手に据え置かれて背番号が三桁のままの高木京介<>) 

続きを読む "背番号が変わった人と変わらなかった人、そして変わったはずなのに変わっていない人…。" »

2017年8月 5日 (土)

絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!

Aimg_20170709_121533


ながさわたかひろ
さんの活動に関心の深い方やblog1月29日付ながさわたかひろさん、木場に進出をお読みくださった方はご存知と思うが、ながさわたかひろさんが、町田市の町田市立国際版画美術館で7月29日から個展を開かれているので、早速翌30日に観てきた。一場靖弘に惹かれ、ゴールデンイーグルスやスワローズを題材に作品を世に出してきたながさわさん、その後マリーンズを経てあろうことかサッカーを題材に…。



blogもスタートから十二年目だが、初めてサッカー選手が冒頭を飾った。

続きを読む "絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!" »

2017年8月 1日 (火)

侍ジャパン、新監督は決まったけれど…!?

Adsc_0210
ファイターズファンが“谷元ショック”に揺れた昨日31日、予て報道があった通り侍ジャパンの新監督が正式に稲葉篤紀に決定した。そして今日1日の日刊スポーツでは投手コーチに建山義規の名前が挙がり、まるで落ち込むファイターズファンを明るくするかのような報道姿勢を見せた。同紙は以前にも稲葉監督を支えるヘッドコーチ格のコーチ候補として、ファイターズで打撃コーチを務めている金子誠の名前を挙げていた。まだ決まったのは稲葉の監督就任と山中正竹氏の強化本部長就任だけ。だからこそ憶測で名前が挙がるのだろう。


ファイターズファンには明るいニュースだが、報道レベルに過ぎない二人のコーチ候補はともかく、稲葉監督で2020年東京五輪を勝ち抜けるのだろうか?現時点ではいささか心配に思わざるを得ない。


(写真:侍ジャパンの新監督に決まった稲葉篤紀。殊勲打を打った後の守備でスタンドからのコールに最敬礼で答えるおなじみのシーン。 20133月撮影)

続きを読む "侍ジャパン、新監督は決まったけれど…!?" »

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック