フォト
無料ブログはココログ

« 「今日の大谷、2回30球を目処にマウンドに上がりました」-ファイターズがおかしい!? | トップページ | ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた! »

2017年7月16日 (日)

オールスターゲームは球場で観るのが「やっぱイイネ!」

Adsc_1544
関東地方は、まだ梅雨明けしていないとは思えぬ猛暑が続いている。ナイトゲームであっても屋外球場の野球観戦は億劫になりがちだが、オールスターゲームとなれば話は別。試合時間と同じくらいの移動時間をかけてZOZOマリンスタジアムで行われるマイナビオールスターゲーム
2017の第2戦に行ってきた。


試合結果はもうご存じであろうが、やっぱりお祭りは生で観ると楽しい。


(写真:お立ち台からライトスタンドのパシフィックファンに向けてマリーンズ時代の乗りで「デスパ!」と振るMVPのアルフレド・デスパイネ)



Bdsc_0103
いやはや、オールスターゲームというものは、やっぱり出来れば生で観たいものだ。球場全体が醸し出すお祭りモード。普段は火花が散るスタンドも、一応はパ・リーグ側、セ・リーグ側という区分けはあるものの守備の間でも相手側の応援歌を歌うまさにお祭り感覚。



のっけからごく個人的な話で申し訳ないが、ZOZOマリンスタジアムでのオールスターゲームを生観戦したことにより関東六球場目のオールスターゲーム生観戦となった。初めて生でオールスターゲームを観戦した昭和58(1983)年の神宮球場を皮切りに後楽園球場、西武球場、東京ドーム、横浜スタジアムに次いでこの日のZOZOマリンスタジアムで六球場目となった。今となっては川崎球場でのオールスターゲームの生観戦を逃したのが悔やまれる。


JR総武線の幕張本郷駅からロングボディーの“ZOZOマリンスタジアム直通”のバスに乗ってZOZOマリンスタジアムへ。外周のステージではベイスターズのチアガール、dianaによるステージが行われている。
Cdscn4476diana
この写真には写っていないがDB
.スターマンもステージ下で一緒に踊っている。


Cdscn4483
たくさんの出店がならび、物まねタレントがファンと記念撮影を行い、もちろんマスコット達もファンサービス。
Ccscn4490


Ccscn4492


そして、何よりありがたかったのが試合のチケット提示で先着
20,000名にロッテのアイスクリーム“クーリッシュ”プレゼント!
Ccscn4487

時間帯が早かったからか、ほとんど待たずにもらえてありがたかった。ロッテのアイスといえば、“荘”もとい“爽”をよく食べるが、これからは“クーリッシュ”も…。


球場周りを一周してからスタンドへ。ホームランダービーが始まるところだった。ホームランダービーの出場選手は、オールスターゲームの出場選手全陣容が決まってからネットでのファン投票で決められる。パ・リーグが柳田悠岐大谷翔平、セ・リーグが筒香嘉智鈴木誠也。走る必要のないホームランダービーなら…と大谷に投票したファンが多かったのかもしれないが、残念ながら大谷の打球は四選手の中では迫力に欠けるように敗戦処理。には思えた。

Cdsc_0546
他の出場者がオールスターゲームに出場している別のメンバーを指名して投げてもらっているのに対し、大谷だけがメンバーでないファイターズの城石憲之打撃コーチを選んでいたのが興味深かった。
Cdsc_0543
城石コーチはこの二日間、ホームランダービーだけのために名古屋と千葉に帯同したのだろう。普段の公式戦の中継を視ていると城石コーチは常に栗山英樹監督の隣に立っているが、オールスターゲームではさすがにベンチで隣に立つことは出来ないが、こうした形ででもそばに…。


ホームランダービーは柳田が二試合連続で優勝した。昨年はエルネスト・メヒアが特大の本塁打を連発していたが、今年もアルフレド・デスパイネ、ブランドン・レアードといった外国人選手の大砲が選出されているのに票が集まらなかったのが残念。



だんだん本番が近づいてくる。選手入場。今日はマリーンズの本拠地で行われるのでセントラルはビジターにユニフォームを着用するのだが、一段と大きな拍手を受けて入場の“新井さん”こと新井貴浩は何故かホームユニを着て入場。
Cdsc_0621



チームメートのドッキリかと思いきや、新井さん本人の勘違いで、皆、見て見ぬ振りをしたとのこと。
Cdsc_0624


Cdsc_0633
所属球団順に整列するので新井さんのホームユニが一段と目立つが、よく見ると緒方孝市監督もホームユニを着ている。こちらはスタッフの人のミスだそうだ。セ・リーグ監督に恥をかかせたそのスタッフにどんな処分が下されたか
<>


始球式は冠スポンサーのマイナビのイメージキャラクターで、ロンドン五輪のボクシングミドル級金メダリストである村田諒太が務めた。
Cdsc_0750

マイナビつながりなら、CMに出ている有村架純石原さとみに投げて欲しかった。


余談だがサントリーの商品のCMに出演している石原さとみはその縁で『サントリー ザ・プレミアムモルツ ドリームマッチ』で複数回にわたって始球式を務めているが利き腕である右腕を負傷している時には左手で投げて始球式を務めた強者だ。



敗戦処理。の記憶に間違いがなければ、長らくオールスターゲームの始球式は何らかの基準で選ばれた野球少年が務めていたと思う。今から三十年近く前の話だが、“サンヨーオールスターゲーム”の時代に三洋電機のCMに出演している女優による始球式が、当時の球界のお歴々と一部のファンから極めて評判が悪く、以後、スポンサーやテレビ中継をするテレビ局の思惑が通用しない聖域となり、野球少年が務めるようになったはずだ。その女優(ファンだったので名を秘す)の始球式は投球がどうしようもなかったのは仕方ないにしても、かなりマウンドから前で投げたことが物議を醸したそうだ。良いか悪いかはともかく、始球式にも当時はこだわりがあったのだろう。


そういうこだわりでいえば、攻撃チームが出す一、三塁のランナーコーチもかつては攻撃側チームでコーチを務めている前年のリーグ2位と3位の球団の監督が務めていたが、試合に出ていない選手が務めるのが当たり前になった。この試合の前半ではセ・リーグの攻撃中、第1戦で登板したジャイアンツの田口麗斗が務めていた。
Cdsc_0772
1戦で登板したのでこの日は出番無し。年少者ということで「お前行け」という感じだったのかもしれないが、ジャイアンツの背番号90がオールスターゲームの舞台でランナーコーチに立つのはおそらく昭和54(1979)長嶋茂雄監督が立って以来だと思われる。あの当時はコーチとして出場している監督がランナーコーチに立つのが当たり前だった。


余談だがおそらくコーチがランナーコーチに立ったのも長嶋茂雄が最後。“背番号3”を復活させて話題になった2000年、長嶋監督は前年2位のチームの監督として出場したが、セントラルを率いた星野仙一監督の発案で、本拠地東京ドームでの試合で攻撃中は最初から最後まで三塁コーチを務めた。長嶋茂雄が“背番号3”のユニフォーム姿で立っているだけで喜ぶファンを意識した星野監督のファンサービスだった。


話を戻す。一塁コーチの田口の視線の先にはパシフィックの先発、則本昂大の姿が。
Cdsc_0761

今季、前人未踏の“8試合連続二桁奪三振”を達成したパ・リーグを代表する右腕投手。オールスターゲームでもセントラルの錚々たる面々を相手に二桁奪三振を期待したが、残念ながら3個の奪三振に終わった。


この則本と、セントラルは菅野智之の先発で静かに始まった試合は三回に動いた。パシフィックのマウンドはこの回から二番手の金子千尋。打席には九番の小林誠司
Cdsc_0929
「よくこの成績で“選手間投票”で選ばれたな」とレフトスタンド後方のビジョンを見ていたのだが、何と初球を豪快にレフトスタンドにたたき込んだ。


Cdsc_0930

ベンチに戻って高橋由伸監督にヘルメットを叩かれているのは敗戦処理。の座席からも確認出来たが、テレビ朝日の中継ではちょうどこの時、放送席にチームメートの坂本勇人が呼ばれていて「シーズンでも打って欲しい」と皮肉を言われていた。WBC、オールスターゲームと大舞台ではよく打つ小林誠。2020年の東京五輪の代表メンバーに内定して欲しい。


テレビ中継といえば、敗戦処理。はこの観戦に備えて第1戦の中継を録画して当日の夜に帰宅してから見た。同じくテレビ朝日での中継だったが、地上波の中継では初めてらしい“トラックマン”を採用していた。“トラックマン”が演じるカードマジックの素早い手さばきを見破ることで動体視力を鍛える効果があり、十二球団の大半が導入している。おっと失礼、それは“トランプマン”だ。“トラックマン”とは球場に設置する特殊カメラによって投手の投球や打者の打球を解析してデータベース化するシステムで、投球なら初速だけでなく、回転数を正確に割り出すことで、今まで“伸び”とか“キレ”とか抽象的に語られてきた投手の球質を数値化するもので、打者の打球に関しても打球の初速や打球の角度などを正確にはじき出すものらしい。十二球団の中で導入していないのはマリーンズだけという説と、マリーンズとドラゴンズだけという説がある。


この二球団にも売りつけたいメーカーが、この二球団の本拠地で行われるオールスターゲームの放映権を持つテレビ朝日に売り込んだという推測もあるが、はっきり言ってうざかった。



トラッキングシステムを野球中継に導入することは悪いことでは無いと思う。敗戦処理。もNHKBSの大リーグ中継で何度か観ている。だがテレビ朝日は“地上波初”ということに誇りを持つとともに、視聴者の大半が初めて観るものと思い、やたらに説明が長く、実際に対戦している投打の対決がないがしろにされている感じすらした。


◆ 
テレ朝の猛プッシュが「うざい」 オールスター戦で「最新技術」の数字連発


試みとしては悪くないと思う。野球の楽しみ方のひとつとして新たな選択肢が増えたと思えば良いのだが、オールスターゲームという“お祭り”の場で、普段のような勝敗重視とは異なるスタンスでくつろいでテレビ観戦しているファンにうざいと思われるのは無理も無いと思う。


オールスターゲームの意義そのものが揺らいでいるといわれる昨今、毎年二試合とも中継してくれるテレビ朝日にはファンとして感謝するが、もっと普通の公式戦を多く中継してもらって、そこで導入してファンの違和感を少なくしておいて満を持してオールスターゲームの中継でというのならわかる。もっとも普通の公式戦をテレビ朝日が中継しないのはテレビ朝日が悪いのではなく、その価値がなくなったとみなされる野球界側の問題であろう。この試合でのトラックマン導入に関して“「一部のデータ厨が喜ぶだけ」”という批判をネットで目にしたが、プロ野球中継自体が「一部の野球厨が喜ぶだけ」のコンテンツになりかねないなか、テレビ朝日も考えた上の導入だったのだろう。個人的にはうざい以外の何ものでもなかったが…。


なおトラッキングシステムを応用したものには他に「FIELDf/xシステム」と呼ばれるものもある。これはフィールド上の野手・走者・打球・送球の動きに関するデータ取得を可能にした初のシステムだが、これだけ聞くと野球よりサッカーやラグビーで重宝するような気がする。もちろんプロ野球においてもよく売れるビールの売り子さんと、そうでない売り子さんの動きを比較することで、売り子さん全体の売り上げを伸ばすなどの効果が期待出来る。


度々の余談で申し訳ないが、オールスターゲームではビールの売り子さんも“オールスター”らしい。スタンドのファンもお祭り気分で通常の公式戦とは格段の需要があるため、球場は売り子さんを増員するのだが、この日のために新たに募集するより、各球場から“応援”を集めるそうだ。このジャンルに詳しい人には周知の事実らしい。

「あれ、西武ドームにもいたよね?」

「ええ?覚えていてくれたのですか?」

「何でここにいるの?」

「今日はオールスターだから」

「スターなんだ!」

「人が足りないだけですよ」


こんな会話が聞こえてきた。北海道と福岡を除くパ・リーグの本拠地四球場で売り子をした経験があるという売り子さんもいた。



この日の第2戦の中継では一切使用していないようだった。第1戦で賛否両論だったからか、マリーンズだけが導入していないとしたら設備がないからか!?


いずれにしても、球場で観戦する分には邪魔されずにありがたい。ところで三回裏終了後、予想通りにアレが出動した。
Cdsc_0991


Cdsc_0994
謎の魚を捕獲したマスコットに賞品が出るというゲーム。

Cdsc_1005


Cdsc_1009
捕獲したと思ったら、脱皮して逃げ出す。

Cdsc_1013
でも最後はトラッキーに捕獲され、トラッキーに賞品が送られた。



Cdsc_1019
誰だかわからないが、抜け殻をかぶって走るマスコットと追いかけるスラィリー
<笑>


イニング間のアトラクションもてんこ盛りで、トイレに行くタイミングも難しい。


四回裏、第一打席には所属するホークスでの応援歌で応援されていたデスパイネにライトスタンドのパシフィック応援団は古巣マリーンズ時代の応援パフォーマンスで応援。デスパイネもそれに応え、センターのバックスクリーン横に同点のソロ本塁打。
Cdsc_1073

♪デスパイネ~デスパイネ~というマリーンズ時代のコールが鳴り響く。ライトスタンドのマリーンズファンの中には「金に転んでソフトバンクに寝返りやがって」とデスパイネを恨むファンも少なくないだろうが、シーズン中の公式戦とは違って今日はお祭り。冒頭の写真の様に試合後のインタビューでもお立ち台から「デスパ!」とスタンドに振っていたが、オールスターゲームならではの光景だろう。


冒頭で敗戦処理。のオールスターゲーム観戦履歴を披露したが、今から約三十五年前にはセントラルの応援でジャイアンツの応援団だけが外野席から締め出され、後楽園球場であってもジャイアンツの選手の打席の時だけヒッティングマーチが流れなかったことを考えると歳月を感じる。もっとも、今でもラッキーセブンの“応援歌メドレー”では『闘魂こめて』にブーイングが浴びせられ、『東京音頭』の前奏では♪くたばれ読売~と歌われているが…。


試合は続く五回裏にパシフィックが鈴木大地の三塁打で作った走者三塁の場面で二死から秋山翔吾が一塁線を破る二塁打で勝ち越し。そしてその鈴木が七回裏にはソロ本塁打を放って3対1とリードを拡げた。
Cdsc_1400

鈴木は長距離砲というタイプではないが、時折狙い澄ましたかのように大きな一発を放つ。このスイングを見て、テレビ中継アングルとは角度が異なるものの今季の序盤にファイターズの宮西尚生がここZOZOマリンスタジアムで被弾したシーンを思いだしてしまった。


鈴木に一発を食らったのがスワローズのライアンこと小川泰弘
Cdsc_1378
先頃チーム事情で先発から抑え役に回ったものの失敗続きで再び先発に戻ることが決まっているそうだが、リリーフ登板での失敗を引きずっているかのような投球だった。


セ・リーグで最下位を走るスワローズからは小川がただひとり出場。敗戦処理。はパシフィック側の一塁側に座っていたので山田哲人が出場していないことに気付いていない声がよく聞かれた。成績的には落選止むなしという成績だが、成績にかかわらず顔で選ばれる選手がいても良いかなという気はしないでもない。もちろん人数に制限があるが…。


同じ最下位でもパ・リーグのマリーンズからは地元開催ということもあり鈴木の他にも二木康太、田村龍弘、謎の魚の四選手が選ばれた。


パシフィックは八回表を抑えた黒木優太で、今回出場した投手が一通り登板
(大谷翔平を除く)。九回表を誰で逃げ切るのかと思ったら栗山英樹監督は自軍の谷元圭介に連投させた。
Cdsc_1489

ZOZOマリンスタジアムでは両翼の奥にあるブルペンからリリーフ投手はリリーフカーに乗って出てくるが、降車時に女性にエスコートされるのはオールスターゲーム特別仕様なのだろうか<>!?


今年の谷元は例年に比べれば、それほど際立った成績、内容では無い。にもかかわらずオールスターゲームへの出場を果たしたのはパシフィックを率いる栗山監督が近年のチームの安定した成績(注.今季を除く)の屋台骨を支える一人である谷元に晴れの舞台で投げさせてあげたいというのがあったのではないか。同じく“勝利の方程式”を支える増井浩俊宮西尚生は過去にオールスターゲームの出場歴があるし、今春のWBCにも出場しているが谷元はどちらも経験なし。栗山監督の特権を利用した“配慮”だろう。


一通り登板を終えたので自チームの投手をというのは理解出来るが、そもそも今年のオールスターゲームにパの抑え投手が松井裕樹しか選ばれていない。他にも好成績を残している抑え投手はいるのだが…。愛読している『文春野球』でタイガースファンの山田隆道氏が外国人枠のせいでランディ・メッセンジャーが選ばれず、オールスターゲームに外国人枠が必要なのか?と論じているが、パ・リーグは外国人枠に余裕がある。デニス・サファテ(や投手ではないがカルロス・ペゲーロも)を選んで欲しかった。



谷元が九回表を抑え、パシフィックが3対1で第1戦に続き連勝した。


“交流戦に続き、オールスターゲームでもパ・リーグが強さを見せつけた”と思ったファンもいるかもしれないが、実はオールスターゲームでは今年の第1戦で勝つまでパシフィックは三連敗。交流戦が導入された2005年からのオールスターゲームの成績では今年の2勝を加えても9173引き分けとセ・リーグに圧倒されている。かつては「人気のセ、実力のパ」と言われ、オールスターゲームに関して“お祭り気分のセ、真剣勝負のパ”とも。だが交流戦という“実力のパ”を披露する舞台が整った結果、パ・リーグまでもオールスターゲームをお祭り気分で戦うようになり、見る人が見ると面白みがなくなったオールスターゲームになったのかもしれない。


とはいえ連敗も止め、二連勝で終えてパシフィックを率いた栗山監督も一安心と言ったところだろうが、第2戦を生観戦した身としては敢えて苦言を呈したい。この第2戦では野手でファン投票選出された9選手のうち、半分に迫る4選手が打席に立たなかった。オールスターゲームの規定ではファン投票で選ばれた選手(野手)は全試合に出場しなければならないが打席に立たせなければならないという規定はない。しかしファン投票の重みを考えれば、一打席でも立たせて、ファンの期待に応えるのも監督の務めではないのか?


今回は第1戦で先発投手の千賀滉大を含め、中継ぎ投手、抑え投手部門を除くファン投票選出選手でスターティングメンバーを組んだ。中継ぎ部門の牧田和久、抑え部門の松井もリリーフで登板した。その反動で第2戦ではそれ以外の選手を多くスターティングメンバーに入れた結果か、終盤になって慌てて選手を入れ替えたが、嶋基宏、中田翔、今宮健太、上林誠知の四人のファン選出選手の第2戦での打席を見ることが出来なかった。
Cdsc_1438

この四選手の中には打撃より守備を売りにしている選手もいるが、ファン投票で選ばれた事の重みを考えてあげて、途中出場でも一打席を与えて欲しかった。


ファイターズファンの敗戦処理。としては中田を一打席でも観たかったが、あの“稲葉ジャンプ”のパクリは今ひとつ好きになれないので、観ないで済んだと言えるかも
<苦笑>


上述の星野仙一は長嶋茂雄を本拠地東京ドームで三塁コーチに立たせたほか、この2000年では自ら選んだ左打者キラーの遠山奨志をイチローの打席にイニング途中でぶつけるというオールスターゲームでは珍しい継投も見せた。ファン投票に中継ぎ投手部門と抑え投手部門を増設したのも星野監督のアイディアが元だ。栗山監督も名将と呼ばれるようになったのだから、オールスターゲームの演出でも一工夫欲しいところだ。



最優秀選手賞、MVPは同点本塁打を含む3安打を放ったデスパイネが選ばれた。表彰式前のお立ち台でのインタビューでは上述の通りマリーンズ時代のパフォーマンスを行っていた。敢闘選手賞は決勝打を含む三安打を放った秋山翔吾と、本塁打を放った小林誠司、鈴木大地の両選手、計三選手が選ばれた。そして二試合を通してファンに夢と感動を届けた選手に贈られる「マイナビ賞」には秋山かデスパイネかと思ったら西川遥輝が選ばれた。西川は“日産ノート”が貰えるそうだ。羨ましい。


楽しかった。


敗戦処理。の知人の中には「一軍のオールスターよりフレッシュオールスターの方が上を目指す選手達の真剣味が感じられる分面白い」という人がけっこういる。そういう面はあるかもしれない。だが、スタンドから観る分にはヘラヘラした選手の表情はわからないし、お祭りに大切なのは雰囲気だ。気にはならない。球場のキャパシティには限界があるし、誰でも生観戦出来る訳ではない。だから以前のようにもう一週遅く開催して、子供たちの学校が休みになってからの平日金曜日の第1戦開催に戻して欲しいし、地方開催を含めて三試合を行って欲しいくらいだ(公式戦の日程調整も必要だが…)。


その意味では来年のオールスターゲーム第2戦は熊本で開催されるという。
Cdsc_10702018

Cdsc_0595
今日はくまモンも来場して各球団のマスコットとともにグラウンドを駆け巡っていたが、一人でも多くの現地のファンに足を運んでいただければと思う。各球団の本拠地の地元から、全国のどこで開催されようと遠征するファンも少なくないだろうが、個人的希望を言わせてもらえば、一人でも多くの現地のファン、被災された方にチケットが渡り、生で観ていただければと願う次第である。

« 「今日の大谷、2回30球を目処にマウンドに上がりました」-ファイターズがおかしい!? | トップページ | ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/65542414

この記事へのトラックバック一覧です: オールスターゲームは球場で観るのが「やっぱイイネ!」:

« 「今日の大谷、2回30球を目処にマウンドに上がりました」-ファイターズがおかしい!? | トップページ | ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック