フォト
無料ブログはココログ

« 森慎二コーチの死を無駄にしないということを考えてみた。 | トップページ | 続「生」観戦したい野球場-小野路球場 »

2017年7月 2日 (日)

【訃報】名将上田利治元監督逝く

Adsc_0069
それにしても野球関係の訃報が相次ぐ。阪急ブレーブスの監督として黄金時代を築いた名将上田利治元監督が1日の午前
255分、肺炎のためなくなられた。80歳だった。


西本幸雄さんから阪急ブレーブスを引き継ぎ、昭和50(1975)から昭和53年までパ・リーグで四連覇。特に昭和50年からの三年間は西本前監督時代に成し遂げられなかった日本一を三年連続。昭和51年と翌52年には西本監督時代に大きく立ちはだかったジャイアンツに雪辱を果たした名将だった。


東京時代のファイターズの監督も1995年から五年間務めた。阪急ブレーブス時代のコーチングスタッフを引き連れての参戦だったが、その内二年間ではリーグ優勝に迫る成績を残したが、優勝には届かなかった。

それにしても野球関係の訃報が相次ぐ。阪急ブレーブスの監督として黄金時代を築いた名将上田利治元監督が1日の午前255分、肺炎のためなくなられた。80歳だった。

 

西本幸雄さんから阪急ブレーブスを引き継ぎ、昭和50(1975)から昭和53年までパ・リーグで四連覇。特に昭和50年からの三年間は西本前監督時代に成し遂げられなかった日本一を三年連続。昭和51年と翌52年には西本監督時代に大きく立ちはだかったジャイアンツに雪辱を果たした名将だった。

 

東京時代のファイターズの監督も1995年から五年間務めた。阪急ブレーブス時代のコーチングスタッフを引き連れての参戦だったが、その内二年間ではリーグ優勝に迫る成績を残したが、優勝には届かなかった。


謹んでご冥福をお祈りします。



本当に訃報が相次ぐ。何とも残念な限りだ。上田利治さんは阪急ブレーブスで黄金時代を築いた名将として語られるが、日本のプロ野球で名将と称えられる監督の中では珍しく、現役時代の実績に乏しい。関西大学時代に後に阪神タイガースでエースとして活躍する村山実さんとバッテリーを組んでいたことで有名だが、選手としての実績はそれほどでもない。



昭和34年に広島カープに捕手として入団。大学を出て昭和34年に入団と言うことは学年で長嶋茂雄(立教大)の一年後ということになる。阪急ブレーブスの監督としてジャイアンツと日本シリーズで相まみえる際に「長嶋さんが…」という様にさん付け口調で語っていたのが懐かしいが、一年違いだったのだ。


上田さんは入団一年目こそ捕手として65試合に出場したが、その後20試合、21試合と減少。肩を痛めたこともあって三年間で現役生活に終止符を打った。この時、カープの松田恒次社長の誘いでコーチとして残り、25歳の若さでのコーチとなった。カープのコーチを退団後、評論家生活を経て西本幸雄監督時代の阪急ブレーブスにコーチとして招かれる。この時西本監督に上田さんを薦めたのは山内一弘さんだったらしい。山内さんは上田さんがカープのコーチをしていた時期に同じくコーチをしており、上田さんを評価していたそうだ。


選手生活を三年で締めくくらざるを得ず、球界に残れるとは考えていなかった上田さんを球団に残そうとした松田社長、そのコーチぶりを見ていて西本阪急に薦めた山内さん。“人生は縁だ”とは野球界に限らずよく言われるが、上田さんの経歴を振り返ると、つくづく感じる。阪急ブレーブスを常勝軍団にした監督は西本さんだが、もしもこうした縁がなくて上田阪急が存在しなかったら…。野球史は異なるものになったであろう。


特筆すべきは現役生活三年間、出場試合数は通算121試合(56安打、2本塁打、打率.218)に過ぎなかった男が監督にまで登り詰め、歴史に残る好成績を残したということだ。上田監督のような名将が存在したにもかかわらず、その後も各球団は主に選手時代の実績で監督を人選するケースが圧倒的に多い。もちろん、それで結果を残している球団は問題ないのだが、久しく低迷している球団は上田さんのような人材を求めるのも一案だと思うが、逆にそういう球団は冒険をすることが出来ないのだろう。


ジャイアンツファンである敗戦処理。としては長嶋監督率いるジャイアンツが日本シリーズで二年連続してやられた時の印象が強い。


初対決となった昭和51年はジャイアンツが上田阪急に三連敗した後に怒濤の三連勝をして第七戦までもつれたが惜敗。特に負けたらおしまいの第6戦で0対7からジャイアンツが大逆転した際には狂喜乱舞した。そもそもジャイアンツは前年に球団史上初の最下位に終わっていたのを同じ長嶋監督で盛り返してリーグ優勝した劇的なシーズンだった。日本シリーズでも三連敗から三連勝と、その劇的さを再現する勢いで逆転日本一を期待したが、第7戦では足立宏光の老獪な投球に翻弄されて涙を呑んだ。


そして翌昭和52年も日本シリーズで同じ対決となったが、今度は大人と子供のような野球の違いを見せつけられて14敗で敗れ去った。ジャイアンツの日本シリーズでの惨敗というと1990年にライオンズに四連敗でストレート負けした年が思い起こされるが、その時並みのショックを個人的に受けた。ライオンズ戦の時の岡崎郁ではないが「野球観が変わった」くらいの衝撃を個人的に受けたものだ。


Dsc_
結局上田監督はリーグ優勝五回、日本一三回という輝かしい業績を残した。阪急がオリックスとなっても監督留任だったのでオリックスの初代監督でもあった。



ファイターズファンとしては1995年から五年間、ファイターズの監督を務めてくれたことが印象に残っている。もちろん最強の上田阪急にしてやられた印象も強いが、あの頃は雲の上の存在でファイターズとは別の世界に思えた<苦笑>


上田さんの前の監督が大沢啓二さんで、最下位に終わるシーズンの本拠地最終戦での監督挨拶で土下座をしたのはあまりにも有名だが、三度にわたる大沢政権の終焉を象徴するあの土下座から次の監督が阪急ブレーブスで一時代を築いた上田監督で、コーチングスタッフを引き連れてくる。チームが本気で変わろうとしているのを実感した。余談だが上田監督時代に鎌ケ谷スタジアムがオープンしている。


本音を言えば上田阪急ファミリー来襲は、セ・リーグで横浜大洋ホエールズがカープで一時代を築いた古葉竹識監督を招聘して同じくコーチングスタッフまで丸抱えしたものの大失敗したこととダブって嫌な予感もしていたのだが、五年間で優勝にこそ手が届かなかったものの二年間も優勝争いで惜しいところまで進み、それなりの結果を出してくれたのでまぁ満足出来たが、1996年には優勝争いの最中に奥さんが宗教活動に入れ込みすぎていることを案じて突然辞任の意向を表明したり、今年こそ優勝してくれそうだと期待した1998年はまさかの大失速でV逸したりと、好成績の年ほどお騒がせだった。


1996年の辞任騒動の時には当時の大社義規オーナーまで乗りだし「上田さんが監督を辞めるのなら球団を持っている意味がない」とまで言わしめて騒動が沈静化した。これまた余談だが、ファイターズがこの問題で揺れている時、セ・リーグでは毎度お家騒動がおなじみのタイガースで藤田平監督を、成績不振を理由に休養させようという動きがあったが、一年契約を任されていることを盾に藤田監督がこれを拒否。上田監督に対するオーナーの言葉とは真逆に球団幹部から「頼むからやめてくれ(休養してくれ)」と言われていて好対照だった。


この年のシーズン後にはジャイアンツでの三年間の契約を満了して清原和博獲得の余波で退団することになった落合博満を獲得。かつて後楽園時代にあと一歩で優勝に届かなかった年のオフに江夏豊を獲得してリーグ優勝を果たした再現を敗戦処理。も期待したが、落合の衰えは顕著だった。またまた余談だが、落合が現役引退後に著した本で自身の現役時代を振り返っているのを読んだが、ファイターズ時代に関しては自分が期待の成績を残せなかったことにはほとんど触れずに上田監督を批判していて呆れた。ただその内容は、上田監督が受け継いだファイターズは、西本監督の後の阪急ブレーブスとは異なって選手が成熟していないのに、上田監督は選手を大人扱いしすぎたというものだった。ある意味その通りだったのかもしれないが…。


上田さんはファイターズからの監督就任要請を受諾するに際して、このチームを抜本的に変えなければならない必要性をフロントに訴え、その一環としてチームリーダーながら衰えが顕著な大島康徳を外すことをフロントに要請したという。大島は代打の切り札として勝負強さを発揮していたが、現役引退を余儀なくされた。またレギュラーにも若手を大胆に抜擢。井出竜也、上田佳範をいきなりレギュラーに抜擢してチームを変えようとした。この二つは一定の成果が挙がったのだろうが、上田さん退任の後の監督が大島監督で、その大島の後に監督になったトレイ・ヒルマン監督がやはり若手を抜擢したが、それによって外されたのは井出だった。


上田さんはファイターズの監督を退任してからはユニフォームを着ることはなく評論家生活に入り、2003年には野球殿堂入りを果たした。最後がファイターズの監督だったからお住まいが新宿区にあり、当時の私の仕事場に近かったこともあって朝、ウオーキングをしている姿をよく見かけた。シーズン中は解説の仕事の拠点が関西圏だったのでお姿を見かけなかったが、オフシーズンにはウオーキングをする上田さんの姿をよく見かけた。ただ野球殿堂入り後はそれも見かけなくなった。


上田さんの功績はとても筆舌に尽くしがたい。明日のスポーツ新聞などで大きく扱われるだろうから、当時を知る人も、知らないけど興味を持っている人も今後のメディアの報道を参照していただきたい。昭和53年の日本シリーズ第7戦での1時間19分にわたる中断を招いた抗議の件も振り返られるだろう。当blogでは個人的な思い出を優先して書かせていただいたので、功績を語るには不足している点も多々あるだろうが、そこはご容赦いただきたい。

« 森慎二コーチの死を無駄にしないということを考えてみた。 | トップページ | 続「生」観戦したい野球場-小野路球場 »

コメント

上田さんの功績についてはおっしゃる通りですし、私のようなライト層のファンが述べるべきではないので省きますが、初優勝で勢いに乗る広島に1勝もさせずに日本シリーズを制したのも見事でしたし、翌年はご指摘の大逆転勝利で3連敗からの4連勝を信じて疑わなかった自分やジャイアンツファンを見事に抑えつける第7戦の勝利で連続日本一、懐かしいです。
今思えば、あの試合でジャイアンツを倒してくれたことが、自分にとって野球とはこういうものかという真骨頂を感じることができたという意味で、本当に良かったと感じています。私的には、未だに最高の日本シリーズだったと思っています。
上田さんは猛抗議とかで熱いイメージもありますが、そういう歴史を創ってくれた采配での冷静さと人望は、見えない場所ではとても厚かったんだろうなと思います。
私自身の思い出話で本当にすみません。

リーグ4連覇とシリーズ3連覇。1番福本出塁~盗塁、進塁打~加藤秀が返す必勝パターン。足立、山田、山口の3本柱。そして時代は下って松永、福良、ブーマー、門田、石嶺、藤井のブルーサンダー打線。ファイターズでのビッグバン打線。数多くのすばらしい野球をありがとうございました。

上さんが逝去し、阪急ブレーブスファンの人間にとってはショックが大きいです。
ご冥福をお祈りいたします。

ファイターズ時代の思い出と言えば、95年のシーズン初勝利が、田中幸雄選手のサヨナラホームランだったのを思い出しました。
たまたま、その試合を見に行っていたので、あの時の嬉しさを思い出しました。
因果なことに、その時の相手はブルーウェーブだったんですよね。

ファイターズ絡みで最後に言いたいのは、上さんの後任の大島氏に、すぐ後を追わないでくれということです。
大島氏もがんで闘病中ですが、少しでも長生きするのを祈るばかりです。

今日のFL戦の試合前に、上田監督追悼の黙祷を行っていました。

長緯 様、コメントをありがとうございます。

返信が遅れて申し訳ありません。

> あの試合でジャイアンツを倒してくれたことが、自分にとって野球とはこういうものかという真骨頂を感じることができたという意味で、本当に良かったと感じています。

それはありますね。私もジャイアンツの逆転四連勝を確信して応援していました。

試合途中で一度ジャイアンツが逆転して、さらに一死二、三塁とたたみかけるチャンスに王が敬遠されて満塁策を取られて、思惑通りに淡口が投ゴロ併殺打。

夢から現実に戻されました。

ご冥福をお祈りいたします 様、コメントをありがとうございます。

返信が遅れて申し訳ありませんでした。

> そして時代は下って松永、福良、ブーマー、門田、石嶺、藤井のブルーサンダー打線。ファイターズでのビッグバン打線。

思えばブーマーが入団した年の春季キャンプ。フリー打撃で超特大の本塁打を連発するブーマーに報道陣が色めきだつのを見て上田監督が「フェンスを越えたら後はどこまで飛んでも同じや」みたいなコメントを残していました。

当時「監督がこういう感覚じゃパ・リーグは観客が入らないのも無理ないな」と思いました。

阪急ブレーブスの身売りは他の例と違い、チームが弱くて客足が遠のき、経営の収支が合わなくなるというのと異なり、強くても観客が入らないというものでした。

オリックスになっても監督を続けた上田監督がブルーサンダーマシンと言われた強力打線を組んだり、ファイターズでも『ビッグバン打線』を築き上げたのはそういう選手がいたと言うこともあるでしょうが、上田監督なりの教訓だったと思ってます。

一時代を築いた名将にしてその柔軟さ。忸怩たるものもあったのかもしれませんが…。

※ 出来ればハンドルネームは統一して下さい。

xyz 様、コメントをありがとうございます。

返信が遅れて申し訳ありませんでした。

> ファイターズ時代の思い出と言えば、95年のシーズン初勝利が、田中幸雄選手のサヨナラホームランだったのを思い出しました。

おぉっ、これは失念していました。

> ファイターズ絡みで最後に言いたいのは、上さんの後任の大島氏に、すぐ後を追わないでくれということです。

大島さんの負くっか魂に期待しましょう!

AD野球 様、コメントをありがとうございます。

返信が遅れて申し訳ありませんでした。

> 今日のFL戦の試合前に、上田監督追悼の黙祷を行っていました。

平日なので試合開始からは生観戦出来ず、黙祷には間に合いませんでした。

“1時間19分もの黙祷”というネタを思いつきましたが、自重しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/65485968

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】名将上田利治元監督逝く:

« 森慎二コーチの死を無駄にしないということを考えてみた。 | トップページ | 続「生」観戦したい野球場-小野路球場 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック