フォト
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

【非情!?】谷元圭介まさかの金銭トレードでドラゴンズへ移籍!

Adsc_1522
月曜の朝から信じられないニュースが飛び込んできた。ツイッターのフォロワーさんから、ファイターズの谷元圭介が金銭トレードでドラゴンズに移籍するらしいニュースが出ていると聞いた。タイムラインのファイターズファンはその話題でのツイートばかり。そして程なく「決定」とのニュースも流れた。



今日731日はシーズン中の補強の締め切り。トレード、新外国人選手の獲得、育成選手の支配下登録は今日が締め切りなのだ。先日のスワローズ、杉浦稔大屋宜照悟の交換トレードといい、ゴールデンイーグルスがジャイアンツからルイス・クルーズを金銭トレードで獲得した件といい、各球団の編成担当者には子供の頃の敗戦処理。のように、夏休みの最後の日にならないと夏休みの宿題をやるような性格が多いのだろうか?


それにしてもこの金銭トレード、ドラゴンズにはもちろんメリットが考えられるが、ファイターズにメリットがあるのだろうか?


(写真:ドラゴンズに金銭トレードとなったファイターズの谷元圭介。2017715日、マイナビオールスターゲーム第2戦でクローザーを務め、セーブを挙げるシーンより=右から二人目。)

続きを読む "【非情!?】谷元圭介まさかの金銭トレードでドラゴンズへ移籍!" »

2017年7月30日 (日)

ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…

Adsc_3101
時系列的には前エントリー菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて
81失点で11勝目! よりも前になるのだが、同じ29日の昼間にはジャイアンツ球場でジャイアンツの三軍と独立リーグ、ベースボール・ファースト・リーグ選抜チームとの交流試合を観てきた。NPBのタイガース時代にジャイアンツに立ちはだかった井川慶が予告先発されているので、そしてベースボール・ファースト・リーグの選手を見るのは初めてなので、ジャイアンツ球場に出向いた。


井川だけでなく、凄い選手がベースボール・ファースト・リーグにいた。お得感満載な生観戦になった。


(写真:ジャイアンツの三軍相手に力投するベースボール・ファースト・リーグ選抜の先発・井川慶)

続きを読む "ジャイアンツ球場に井川慶降臨!しかし井川以上にインパクトが大きかったのは…" »

菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて8回1失点で11勝目!

Adsc_3387
4月1日の開幕第二戦以来、今日(29)は約四か月ぶりにジャイアンツの一軍の試合を生で観た。別に弱いから足が球場に向かわなかった訳ではない。相変わらずチケットが入手困難なのに加え、なかなか予定が取れなかった。結局、いつ行っても観戦できるファームの試合観戦が多くなった。



三塁側内野B指定席といってもほとんどレフト寄り。四方八方をベイスターズファンに囲まれながらの生観戦だったが、先行逃げ切り、菅野智之の熱投、粘投でベイスターズ打線を封じ、51で快勝してくれた。


(写真:8イニングを暴投による1失点に抑える好投をした菅野智之)

続きを読む "菅野智之、力でベイスターズ打線を封じて8回1失点で11勝目!" »

2017年7月25日 (火)

スワローズとファイターズで駆け込みトレード成立!

Adsc_0029
7
31日の期限までにジャイアンツで動き(育成選手の支配下登録)があるかと注目していたが、もう一つのひいきチーム、ファイターズがスワローズとの間でトレード成立。屋宜照悟を交換要員に杉浦稔大紺野あさ美を獲得する2対1の交換トレードが成立した。24日に両球団から発表された。



今季はともに下位に低迷する両チーム。スワローズは不足している中継ぎ投手候補を獲得出来、ファイターズも紺野あさ美の獲得で大橋未歩の抜けた穴を埋められる。


(写真:ファイターズにトレードが決まったスワローズの杉浦稔大投手夫人。 2012年1月撮影)

続きを読む "スワローズとファイターズで駆け込みトレード成立!" »

2017年7月24日 (月)

『オレたちのプロ野球ニュース』読了-古き良き時代を振り返るだけではなく…。

A
だいぶ時間がかかってしまったが、今年3月の東京野球ブックフェアで購入した『オレたちのプロ野球ニュース』長谷川晶一著・東京ニュース通信社)を読み終えた。フジテレビ系列で放送されていた『プロ野球ニュース』を初期から視ていた一視聴者として当時にタイムスリップするとともに野球人気の盛衰ぶりを振り返ることにもなり、懐かしい思いになった。


もちろん、古き良き時代を振り返るだけでは済まないのが敗戦処理。の“さが”なのだが…。

続きを読む "『オレたちのプロ野球ニュース』読了-古き良き時代を振り返るだけではなく…。" »

2017年7月22日 (土)

あと十日間、あと二人…。

Adsc_2806
NPBのシーズン中の補強は
7月末まで。今日(22)を含めてあと十日間だ。ジャイアンツは支配下選手の人数が68人で上限の70人まであと二人。一軍の公式戦に出場するには支配下選手登録されていなければならない。二人の枠を賭けて、ジャイアンツの育成選手達がしのぎを削っている。


(写真:支配下選手めざし奮闘する田中貴也捕手。この日は拙守もあったが2安打と2盗塁刺でアピール!?)

続きを読む "あと十日間、あと二人…。" »

2017年7月17日 (月)

ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた!

Adscn4521


約一か月ぶりにファイターズスタジアムに行ってきた。今日(17)海の日はマスコットのC☆Bの誕生日だ。祝日である海の日に主催試合を組める確率は単純計算で7分の3。約43%だが、イースタン・リーグの球団の中には興行という意識が薄い球団があるのか、このかき入れ時にほぼ毎年ファイターズのファームは本拠地ファイターズスタジアムで試合を組めており、C☆Bも多くのファンに誕生日を祝福されながらも5歳の壁をクリア出来ず、ずっと4歳のままにいる。



今日は久しぶりに“スコールタイム”を実施。予め放水の対象になるエリアには警鐘が鳴らされていたが、軽く考えているのか、とにかく暑さを何とかしたいのか、大人も子供も水をかけられて喜んでいた。


(写真:三塁側内野自由席の一部が餌食となった鎌スタ名物スコールタイム)

続きを読む "ファイターズスタジアムに“スコールタイム”が帰ってきた!" »

2017年7月16日 (日)

オールスターゲームは球場で観るのが「やっぱイイネ!」

Adsc_1544
関東地方は、まだ梅雨明けしていないとは思えぬ猛暑が続いている。ナイトゲームであっても屋外球場の野球観戦は億劫になりがちだが、オールスターゲームとなれば話は別。試合時間と同じくらいの移動時間をかけてZOZOマリンスタジアムで行われるマイナビオールスターゲーム
2017の第2戦に行ってきた。


試合結果はもうご存じであろうが、やっぱりお祭りは生で観ると楽しい。


(写真:お立ち台からライトスタンドのパシフィックファンに向けてマリーンズ時代の乗りで「デスパ!」と振るMVPのアルフレド・デスパイネ)

続きを読む "オールスターゲームは球場で観るのが「やっぱイイネ!」" »

2017年7月13日 (木)

「今日の大谷、2回30球を目処にマウンドに上がりました」-ファイターズがおかしい!?

Adsc_0104
幸か不幸か、大谷翔平が先発した昨日
12日のバファローズ対ファイターズ戦を敗戦処理。はリアルタイムでは見聞きしていなかった。


CS放送フジテレビONE『プロ野球ニュース』を見て初めてその内容、結果を知ることになったが、覚悟は出来ていたものの見て唖然とした。


今日はフレッシュオールスターが行われ、明日からオールスターゲームが二日間行われるというタイミングでこんなことを書くのもナンだが黙っていられなくなった。ご容赦を。


(写真:調整不十分のまま“30球限定”登板で敢えなくKO<!?>となった大谷翔平。 2016年5月撮影)

 

続きを読む "「今日の大谷、2回30球を目処にマウンドに上がりました」-ファイターズがおかしい!?" »

2017年7月12日 (水)

終わりなき野球場巡りの旅

Aadsc_0089_2
11
日、斉藤振一郎氏と堀治喜氏のトークイベントを聞いてきた。今年3月の『東京野球ブックフェア』で堀治喜氏のブースに置かれた斉藤振一郎氏の『全国野球場巡り』という分厚い本に目が行き、気になって手に取ると斉藤氏が自ら足を運んだ877ヶ所の野球場を辞典風に紹介している。



敗戦処理。も野球場に行くことそのものが好きだが、次元が違う。その著者と、『東京野球ブックフェア』でおなじみの、野球場を作ってしまったり、『広島野球ブックフェア』を開催したり、という野球文化大学広島校校長代理の堀治喜氏のトークイベントが広島でなく東京の池袋で行われるとあれば、行くしかない!と行動した次第。


(写真:トークイベントを行った『全国野球場巡り』著者の斉藤振一郎氏=奥と、堀治喜氏=後頭部 背景は堀氏が建てた野球場『ドリームフィールド』)

続きを読む "終わりなき野球場巡りの旅" »

2017年7月11日 (火)

侍ジャパン次期監督に稲葉篤紀浮上!?

Adsc_0040
 11日のスポーツニッポンによると、侍ジャパンの次期監督候補として元スワローズ、元ファイターズで今春のWBCでも侍ジャパンの打撃コーチを務めた稲葉篤紀が有力視されているという。


これまでの報道では第二回WBCで侍ジャパンを率いて世界一に輝いた原辰徳前ジャイアンツ監督や、ファイターズの現役監督である栗山英樹監督らの名前が挙がっていたが、小久保裕紀前監督同様に指導者としての実績にこだわらない人選になるのだろうか?


(写真:スポーツニッポンの報道では侍ジャパン次期監督が有力視されている稲葉篤紀=後ろ姿右から二人目。 201511月撮影)

続きを読む "侍ジャパン次期監督に稲葉篤紀浮上!?" »

2017年7月 8日 (土)

横須賀スタジアムはいつから一塁側がビジターになったの?

Adsc_02631
久しぶりに横須賀スタジアムに行ってきた。調べたら何と五年ぶりだった。以前はジャイアンツ戦かファイターズ戦を少なくとも一年に一回程度は観戦に出向いていたが、しばらく足が遠のいていた。



スタンドに入ったらビジターのジャイアンツが一塁側になっている。まるで浦島太郎状態だった<苦笑>


(写真:育成選手二年目でイースタン公式戦初本塁打を放ったジャイアンツの増田大輝)

続きを読む "横須賀スタジアムはいつから一塁側がビジターになったの?" »

2017年7月 7日 (金)

笑止千万-“引退特例”なんて要らない!

Adsc_0200
3
日に行われた日本野球機構の実行委員会で、既にその年限りでの現役引退を表明している選手が本拠地最終戦などで引退試合的に出場する場合に、一軍登録しなくても出場できる“引退特例”の導入が議論された。8月の実行委員会で正式決定する見通しだそうだ。



呆れた。公式戦で行われる引退試合的な演出は、例えばその選手が打者であるならば、対戦する投手はストレートしか投げないとか、球界には不文律がある。これは厳密にいえば八百長であり、それが許されるのはいわば武士の情けとかの世界であるはずなのに、この“引退特例”はルールで八百長を公認するようなもの。まさに笑止千万だ。


(写真:引退セレモニーで城石憲之に花束を渡す大橋未歩夫人=当時 200910月撮影)

続きを読む "笑止千万-“引退特例”なんて要らない!" »

2017年7月 6日 (木)

【緊急トレード】エドウィン・エスコバー×黒羽根利規

Adsc_6883
今日(6日)はセ・リーグの首位攻防…あ、いや、もとい、昨年の1位と2位のチームの直接対決をラジオで聞いていたのだが、一瞬耳を疑った。ファイターズのエドウィン・エスコバー投手とベイスターズの黒羽根利規捕手の1対1の交換トレードが6日、成立したというのだ。エスコバーは3日に外国人枠の関係で一軍登録を外れたばかりだった。


(写真:ベイスターズへのトレードが決まったファイターズのエドウィン・エスコバー投手。 2017年5月撮影)

続きを読む "【緊急トレード】エドウィン・エスコバー×黒羽根利規" »

2017年7月 4日 (火)

レジェンドシリーズの限界!?

Adscn4163
今年のファイターズのレジェンドシリーズは、一気に東映フライヤーズ時代に遡り、日本一に輝いた昭和37(1962)のユニフォームを復刻して着用。東京ドームでは今日(4)と昨日の二日間、対ライオンズ戦に組み込まれた。


敗戦処理。も生で観ていない東映時代を振り返る企画だっただけに楽しみにしていたが、率直に言ってユニフォーム以外、何の工夫も感じられなかった。


(写真:親会社“東映”の三角マークも泣いている!? ハーフスイングを取られて三振に倒れる大田泰示…)

続きを読む "レジェンドシリーズの限界!?" »

2017年7月 2日 (日)

続「生」観戦したい野球場-小野路球場

Adsc_0065
2
2日付拙blog「生」観戦したい野球場-小野路球場として、2023年に新しいファームの本拠地が建設されるまでの間の三軍の純本拠地として東京都町田市の小野路球場を使用することにして同市と覚え書きを交わしたと書いたが、その小野路球場のリニューアルが7月に完成するというので観に行ってきた。小野路球場は芝生の養生などを終え、アマチュア野球に使用されていた。



以前は毎月2日に企画ものを連載していて、その中の一つに「生」観戦した野球場という企画があったが、今回も番外編の続編として書いてみる。

続きを読む "続「生」観戦したい野球場-小野路球場" »

【訃報】名将上田利治元監督逝く

Adsc_0069
それにしても野球関係の訃報が相次ぐ。阪急ブレーブスの監督として黄金時代を築いた名将上田利治元監督が1日の午前
255分、肺炎のためなくなられた。80歳だった。


西本幸雄さんから阪急ブレーブスを引き継ぎ、昭和50(1975)から昭和53年までパ・リーグで四連覇。特に昭和50年からの三年間は西本前監督時代に成し遂げられなかった日本一を三年連続。昭和51年と翌52年には西本監督時代に大きく立ちはだかったジャイアンツに雪辱を果たした名将だった。


東京時代のファイターズの監督も1995年から五年間務めた。阪急ブレーブス時代のコーチングスタッフを引き連れての参戦だったが、その内二年間ではリーグ優勝に迫る成績を残したが、優勝には届かなかった。

それにしても野球関係の訃報が相次ぐ。阪急ブレーブスの監督として黄金時代を築いた名将上田利治元監督が1日の午前255分、肺炎のためなくなられた。80歳だった。

 

西本幸雄さんから阪急ブレーブスを引き継ぎ、昭和50(1975)から昭和53年までパ・リーグで四連覇。特に昭和50年からの三年間は西本前監督時代に成し遂げられなかった日本一を三年連続。昭和51年と翌52年には西本監督時代に大きく立ちはだかったジャイアンツに雪辱を果たした名将だった。

 

東京時代のファイターズの監督も1995年から五年間務めた。阪急ブレーブス時代のコーチングスタッフを引き連れての参戦だったが、その内二年間ではリーグ優勝に迫る成績を残したが、優勝には届かなかった。


謹んでご冥福をお祈りします。

続きを読む "【訃報】名将上田利治元監督逝く" »

森慎二コーチの死を無駄にしないということを考えてみた。

Acsc05
6
28日に多臓器不全のため42歳の若さで急逝したライオンズの森慎二投手コーチの件で書いてみたい。森コーチは25日に体調不良を訴え、休養した矢先に帰らぬ人となった。



謹んでご冥福をお祈りいたします。

続きを読む "森慎二コーチの死を無駄にしないということを考えてみた。" »

2017年7月 1日 (土)

“二刀流”再開へ、大谷翔平がイースタン公式戦に登板。

Adsc_7247
もう日付が変わったから今日(1日)だが、大谷翔平が二刀流再開に向けてイースタン・リーグ公式戦に登板すると報じられている。



右足首の負傷で戦列を離れていた大谷は623日のリーグ戦再開に合わせて一軍登録され、打者としては二度代打で出場した。投手としての復帰に向けて今度はイースタン・リーグで実戦に登板するという形をとる。いよいよ二刀流再開という感じだが、いささかの疑問が残る。順序が逆ではないか?


(写真:一軍登録のままイースタンで登板する大谷翔平。 20175月撮影)

続きを読む "“二刀流”再開へ、大谷翔平がイースタン公式戦に登板。" »

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック