フォト
無料ブログはココログ

« 最近プロ野球中継のアナウンサーがお粗末すぎる様に思える…。 | トップページ | ジャイアンツは陽岱鋼に何を求めているのか? »

2017年6月 6日 (火)

清宮幸太郎報道への違和感!?

Adsc_0189
このエントリーは広尾晃氏のブログ『野球の記録で話したい』の中の記事『清宮騒動は、従来の高校野球報道を大きく逸脱している』に対して敗戦処理。がコメントしたことをさらに細かく書いたものだ。以前から気になっていた違和感を訴えるのにちょうど適したと思える記事に出会ったのでコメントさせていただいたが、他人のブログにあまり長々と自説を主張、展開するのも如何なものかと考え、自blogにまとめることにした。


同記事のコメント欄は賑やかになり、いつもは迅速にコメント返しをして下さる広尾氏も、敗戦処理。の相手などしていられない様子である。


敗戦処理。はプロ野球に比べると高校野球への関心は薄い。それ故に不勉強な事実誤認をしてしまうかもしれないが、そこはぜひ当エントリーのコメント欄でご指導いただければ幸いである。

広尾晃氏:野球の記録で話したい“清宮騒動は、従来の高校野球報道を大きく逸脱している


敗戦処理。が違和感を覚える点の最たるものは、清宮幸太郎が例えば招待試合と呼ばれる非公式な練習試合で本塁打を打ってもメディアは「清宮〇○号!」と騒ぐことだ。非公式試合を含んだ本塁打数の紹介は清宮以前から行われているが、ここまで加熱すると違和感を覚える。
Bdscn4102


かつての王貞治の本塁打数や、イチローの安打数を数えるのに、オープン戦での数字を含めることはまずない。過去の高校球界のホームランバッターと比較するのに、過去の選手も同じ条件で非公式試合の本塁打数も含めた上で比較しているのだから問題ないだろうと言う意見もあるだろうが、非公式試合はあくまで非公式試合だ。



スポーツ新聞などのメディアは、同じ条件で比較すれば比較として成り立つし、非公式試合での本塁打数を含めて数値を大きくした方がファンの注目を集めやすいとでも考えてファン(読者、視聴者)を煽る意味で話を盛っているのではないかと敗戦処理。は勘ぐっている。


では公式試合に限って比較すればということになるが、高校野球に疎い敗戦処理。には高校野球における公式試合というのがどこからどこまでを含むのかという初歩的な疑問がある。


6月5日付の日刊スポーツに清宮の100本塁打の一覧が載っている。本塁打を打った試合のカテゴリー分けもされている。春、夏、秋の東京大会、関東大会、甲子園大会、明治神宮野球大会、そして練習試合と分かれている。プロ野球に例えると、日本シリーズは公式戦とは別カウントになるが、清宮の場合、練習試合と分類されているもの以外を公式戦とカウントして差し支えないと思う。


春季都大会 =7
夏季都大会 =3
秋季都大会 =8
関東大会  =2
甲子園大会 =2
明治神宮大会=1
練習試合  =77



何と、100本塁打といっても内77本は非公式な練習試合で打ったものである。


そうなると今度は、公式試合はすべてトーナメント形式なのかという疑問が出てくる。もしもそうだとすると、野球が弱い高校はすべての公式大会に一試合だけ出て敗退して終わりということになってしまう。他の高校生のスポーツのこともわからずに書いているが、三年間合計で公式試合が十試合強なんていう弱小高校も存在してしまうだろう。果たしてそれが高校生のクラブ活動、それもスポーツのクラブ活動として良いかとなのだろうか?という議論が起きても不思議でない。だが、非公式の練習試合もひっくるめて「清宮100号!」と騒ぎ立てているだけだと、そういう議論に至らない。


例えば、近隣の地域ごとにいくつかのブロックに分けてWBCなどの国際大会で行うような、取り敢えず総当たりのリーグ戦を行って、そのブロックの上位チームを次の段階のトーナメントに進出させれば、いわゆる出ると負け高校でも一定の公式試合数を体験できる。それによって、負け試合が増えるだけという高校もあるだろう。それでも“公式戦”の数が増える方が高校生のクラブ活動としては健全だと思う。


果たして、清宮の本塁打数を公式試合に限定して“23本塁打”と評した場合にそれは代々の高校生の中で何番目になるのだろうか?


敗戦処理。は広尾晃さんが書いたような、プロ選手気取りの取材対応とやらの実態を知らないのでそれに関しては言及出来ない。ただ、特別扱いの度が過ぎるという意見に対しては、昨夏の東京都大会(甲子園大会への予選)で西東京大会では試合に勝った高校が次の試合のためのグラウンド整備を行うとなっているのに、早稲田実業ナインが清宮に限らず誰もグラウンド整備をしなかったのを見て腹立たしさを感じた。早実ナイン以外によるグラウンド整備が冒頭の写真である。まさかとは思うが、清宮や監督、他の選手のメディア対応を優先してグラウンド整備を免除させたのだとしたら、それは“教育の一環”である高校野球としては如何なものかと思う。


マスメディアが一丸となって清宮をスターにしたい事情があるのかもしれないが、その
マスメディアによる確信犯的な本塁打水増し報道には違和感を覚える。今までの選手も同じ基準だった…から清宮にも当てはめるのでなく、これほどに注目を集める選手の登場を機に、誤った習慣を改めるくらいの姿勢を示して欲しいものだ。

« 最近プロ野球中継のアナウンサーがお粗末すぎる様に思える…。 | トップページ | ジャイアンツは陽岱鋼に何を求めているのか? »

コメント

非公式試合を含む通算本塁打記録が完璧でないのはその通りですが、
それでは他にプロ入り後のHRバッターとの相関を表す
もっとマシな指標があるのでしょうか

完璧でなくとも一番マシなら、私はそれを使われるのに違和感ないです

公式戦23本は、清原に次いで2位です

abt様、コメントをありがとうございます。

>それでは他にプロ入り後のHRバッターとの相関を表す
もっとマシな指標があるのでしょうか

そういうものがあればと私も思うのですが、この質問の通りだと無いということですね。

それであればせめて、清宮の本塁打数100本のうち、公式試合では29本ということを明示して、出来れば本塁打数上位5人の選手の内訳もわかると、より親切ですよね。

そこまで詳しくやってくれれば、「三年間で23本って、何試合で23本なのか?」とかさらなる疑問が出て、高校野球って公式試合が少ないのだなと問題点かもしれないことが浮き上がってくる訳です。

>完璧でなくとも一番マシなら、私はそれを使われるのに違和感ないです

私もそう思いますが、まず完璧でないものなのかどうか、相手に隠しているような気がします。

考えすぎかもしれませんが。

うひゃ様、コメントをありがとうございます。

>公式戦23本は、清原に次いで2位です

やっぱり清原が一番ですか。さすがですね。

公式戦の本塁打数で比較するのも目安にはなるでしょうが、高校野球の場合、公式戦のほとんど(すべて!?)がトーナメントなので、名門校の選手が有利になってしまいますね。

そういう点も含め、問題提起にならないかなと。

毎度のことですがこの手のマスコミ報道には「またか」とうんざりですね。僕も敗戦処理さんと同じような感想を抱くのですが、マスコミのスター・システムに対する識者のごもっともな指摘がされるも馬耳東風に終わるという流れもまた「またか」と感じています。

>例えば、近隣の地域ごとにいくつかのブロックに分けてWBCなどの国際大会で行うような、取り敢えず総当たりのリーグ戦を行って、そのブロックの上位チームを次の段階のトーナメントに進出させれば、
僕も理想を言えば大学野球のようなに6チーム前後のリーグ戦→都道府県大会→全国大会の形がベストだとは思いますが現実的には不可能と言わざるを得ません。一番の理由は学校の数です。それこそ高校と大学では文字通り桁違いの差があり、球場の確保・日程などの面でまず不可能です。大学は講義の調整することで平日にも試合を行えてますが、平日の授業を抜けて試合をするなど高校では許されないでしょう。他競技と比べても例えば卓球であれば1つの体育館の中にいくつも卓球台を置き、1日に何試合も出来ますが野球では競技性の違いからその点不利と言えますね。

>もしもそうだとすると、野球が弱い高校はすべての公式大会に一試合だけ出て敗退して終わりということになってしまう。
>果たしてそれが高校生のクラブ活動、それもスポーツのクラブ活動として良いかとなのだろうか?という議論が起きても不思議でない。
>それでも“公式戦”の数が増える方が高校生のクラブ活動としては健全だと思う。
ここにはちょっと異論があって、弱小校の試合数が少ないことの問題と弱小校の公式戦が少ないことの問題は違うと思います。つまり増やすべき試合は必ずしも公式戦である必要はないということです。

公式戦と非公式戦(練習試合)の一番の違いは公平性が挙げられます。しかしその公平性を担保しようとなると前述の通りあらゆる面でキャパシティの問題に直面してしまいます。実際練習試合が行われているのも公平原則を無視してやりたい学校同士が試合をできるという非公式であるがゆえのメリットがあるからでそれは弱小校にとっても同じ事が言えます。

ちなみに宮崎市では市内の県立高校4校による4校定期戦というものがあって今年で38回目と地元では伝統の大会となっています。勿論この大会はローカルな非公式試合ですが公式戦に拘らずとも試合を増やすうえでこういった取り組みは可能なのです。

とかく大幅な大会システムの変革を求められがちですが、試合数に少なさ問題に関しては地域ごとの独自の取り組みをすることで解消していってほしいです。遠い将来、宮崎市の4校定期戦がはじめに書かれた理想の大会形式の礎となっていないとも言えないのですから。

サフラン様、コメントをありがとうございます。

なるほどそうですよね。

リーグ戦形式にするには球場の確保、そして何より授業との兼ね合いという問題がありますね。

どういう形が高校生のクラブ活動として理想なのかは検討しなければならないでしょうが、少なくとも現状のやり方がベストではないとは感じます。

宮崎県の試みは知りませんでした。興味深いですね。

うに さん、

他者への根拠なき誹謗中傷は見過ごせません。

削除しました。

練習試合はレベル低い、平等じゃない
だから高校通算100本は水増しってのはどうかな~
中田翔にしても清原にしても練習試合含めたホームラン数で騒がれてきたわけで
清宮がいざ新記録を塗り替えようとしたらイチャモンを付けたがるメディアも出てきたし

成績に影響出るような過剰な取材は良くないと思うけど
清宮はメディアにスター扱いの報道されて当然だし、されるべき選手だと思いますけどね

UR様、コメントをありがとうございます。

> 練習試合はレベル低い、平等じゃない
だから高校通算100本は水増しってのはどうかな~
中田翔にしても清原にしても練習試合含めたホームラン数で騒がれてきたわけで
清宮がいざ新記録を塗り替えようとしたらイチャモンを付けたがるメディアも出てきたし

私が言いたいのは、特に100号という数字に対し、節目の数字ということで100という数字だけが一人歩きしがちですが、その実態は練習試合での本塁打の方が圧倒的に多く、その数字への到達をもって、だから清宮は凄いという報じ方に違和感を覚えるということです。

> 成績に影響出るような過剰な取材は良くないと思うけど
清宮はメディアにスター扱いの報道されて当然だし、されるべき選手だと思いますけどね

そのこと(スター扱いの報道)自体は私は否定しません。

個人的な好みでいえば一年下の野村により興味を引かれますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/65379369

この記事へのトラックバック一覧です: 清宮幸太郎報道への違和感!?:

« 最近プロ野球中継のアナウンサーがお粗末すぎる様に思える…。 | トップページ | ジャイアンツは陽岱鋼に何を求めているのか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック