フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツは陽岱鋼に何を求めているのか? | トップページ | 読売グループの人事異動、発令へ!? »

2017年6月10日 (土)

巨人の三軍、去年の警視庁に続いて今年は“組”関係と交流試合 

Adsc_9048
独立リーグやアマチュアのチームとの対戦を続けるジャイアンツの三軍。昨年のこの時期には警視庁の家宅捜索を受け、もとい警視庁野球部とのプロアマ交流試合を行っていたが、今日
(10)は一転して“組”関係を相手に選んだ。今年創業50周年を迎えた埼玉県の深谷組硬式野球部と対戦した。


ジャイアンツの三軍はなかなか土日にジャイアンツ球場で試合を行わない。良い機会なので敗戦処理。はジャイアンツ球場に足を運んだ。


(写真:試合前にジャイアンツの川相昌弘三軍監督を相手に始球式対決を挑み、記念の花束を受け取る株式会社深谷組の深谷和宏代表取締役社長兼硬式野球部総監督)



主に独立リーグのチームや社会人野球のチームと試合を行うジャイアンツの三軍。今季の個々までの試合は
25111引き分け。相手別に見ると、

大学    011引き分け
社会人   43

NPB二軍 11

独立リーグ 206


となっている。試合数が少ないが意外と社会人相手に苦戦している。実は今季、一試合だけジャイアンツの三軍の試合をこれまでに観ている。4月にNTT東日本と対戦した試合を試合の途中からジャイアンツ球場で生観戦した。その時の印象ではジャイアンツの三軍はとにかく打てない。NTT東日本の投手の力強い投球に力負けした感じで負けた。後で調べたらNTT東日本には今秋のNPBのドラフト会議にかかりそうな投手もいるようだが、その投手とは別の投手(継投)に抑えられたのだ。


今日
(10)の相手の深谷組に関して同社および硬式野球部のホームページで調べたが、元NPBの選手がいる訳でもない。直近の11試合の結果が出ているが281引き分け。土日ごとに試合を行っている様だが現在7連敗中である。


そんなチームが何故三軍とはいえジャイアンツと…という感じがするが、会社が今年創業50周年を迎え、その記念事業として硬式野球部がジャイアンツの三軍と試合をすることになったそうだ。
Cdsc_9033


Cdsc_9041
そういえば昨年の警視庁野球部との試合の時には始球式はなかった…。


ちなみに株式会社深谷組とはこういう会社だ。



深谷和宏代表取締役社長が硬式野球部の部長兼総監督を務めている。それだけ野球に力を入れているのだろう。


そしてこのチーム、守備練習の時から感じていたが、やたらに人数が多い。試合開始時の選手整列では人数的にはジャイアンツを圧倒していた。ファイターズノンファームと試合をしたら、もっと人数差が際立つだろう。
Cdsc_9069

おそらくだが、50周年記念で天下のジャイアンツと試合をするということで野球部員全員を招集したのだろう。試合中にはスタンドから応援する選手もいた。


スターティングメンバーはご覧の通り。
Cdsc_9072

ジャイアンツでは先発投手の大江竜聖とレフトを守る和田恋以外は育成選手。和田は敗戦処理。が二週間前にイースタン・リーグの試合を観た時には二軍にいた。その間に二軍から三軍に降格したということだろう。川相昌弘三軍監督の息子、川相拓也も二軍に上がっていたが、三軍に降格したということなのだろう。和田はしかも本職の内野でなく外野手としての出場。危機感を持っていることだろう。


ジャイアンツの先発の大江はドラフト6位の高校卒ルーキー。
Cdsc_9093
この大江と二番手の輿那原大剛
2イニングずつ投げ、その後は一人1イニングと小刻みに繋いだ。高田萌生、巽大介(ここまでが支配下の選手)成瀬功亮、大竹秀義、田中大輝のリレー。


しかし、先発の大江が一回の二死から死球と四球で走者を出したのを皮切りに二回から六回までは毎回先頭打者を理に出すなど結果としては無失点に凌げたものの深谷組に押され気味だった。


一方の深谷組の方は先発の三橋尚文と二番手の羽部亮平がともに3イニングを小気味よい投球で抑えた。
Cdsc_9157
先発の三橋。

Cdsc_9323
二番手の羽部。

ジャイアンツ打線は二回に川相の初安打などで二死一、二塁のチャンスを作った以外は六回までで走者が得点圏に進んだのは他に一度だけ。四回裏に四球の走者がボークで二塁に進んだだけで、六回まで
1安打無得点と沈黙。0対0のまま試合が進む。


試合が動いたのは七回裏。深谷組は好投の羽部に代えてこの回から三番手の谷川友康をつぎ込んだ。
Cdsc_9554



先頭のジャイアンツの四番、青山誠が三遊間を破って一塁に出ると、途中から五番に入っている高橋洸が二度送りバントをファウルにし、結局三振で走者を進められず。
Cdsc_9580
この後青山が二盗に成功して、二死二塁から川相がライトの頭上を超える二塁打を放ち、ジャイアンツがようやく
1点を先制。
Cdsc_9596


この
1点が両軍を通じて唯一の得点となり、ジャイアンツの三軍が10で勝利した。

10日・ジャイアンツ球場】
深 000 000 000 =0
G 000 000 10× =1
深)三橋、羽部、●谷川、金本-大村
G)大江、輿那原、高田、巽、○成瀬、大竹秀、S田中大-高山、田中貴、鬼屋敷
本塁打)両軍とも無し



ジャイアンツは先制した八回に3安打を集中したもののそれでも合計で4安打のみ。これに対し、深谷組は7安打と活発だった。ただ送りバントをなかなか決められなかった。ジャイアンツの一、三塁手が初球でチャージしてくるのでバスターに切り替えようとするなど工夫を見せたが無理があったようだ。しかしそれでも三軍、大半が育成選手相手とはいえジャイアンツ相手に0対1で敗れたというのは深谷組にとっては大善戦。ホームページの戦績を見れば大健闘と言えよう。
Bdsc_9310


試合後、ジャイアンツナインと一緒に記念撮影。至れり尽くせりの大サービスだ。

Cdsc_9752
この後、深谷社長は胴上げされていた。
50周年を記念しての良い行事となったのだろう。


一方のジャイアンツはまるで接待試合じゃないのかと疑いたくなるくらい相手のペースで試合をしていた。ほんの一週間前にもBCリーグのチーム相手に二桁得点をあげており爆発力はあるはずなのだが。


ジャイアンツの三軍は来週、台湾に遠征する。現地で五連戦が組まれているようだ。しっかり勉強してきて欲しい。


ところで、現在明確に三軍制を採用しているのはジャイアンツとホークスだけ。どちらも対戦相手には格下の独立リーグや社会人が大半で、せいぜいたまにNPBの二軍と対戦するくらい。それで本当に一軍で戦力になる選手が育つのか、見極められるのかという疑問を抱いているファンが少なくない様だ。確かにその疑問はある。今日のように相手に胸を貸す試合でプロアマ交流の一翼を担うことには意義があるが、それだけならただのボランティアである。


敗戦処理。のような素人ファンが観る目線とは別に、首脳陣はたとえ相手が格下の社会人や独立リーグ相手だとしても、そのプレーが二軍レベルに通用するか、一軍レベルに近づいているか、それを見極めているのだろう。それは我々が目にする結果とは異なる採点基準なのかもしれない。敗戦処理。のような素人ファンがその見極めの基準に近づくにはもっと多くの試合を観るのがその近道なのだろうが、なかなか機会を得ることが出来ない。


ジャイアンツ球場にも鎌ケ谷ほどではないが二軍優先で観戦する、応援するファンが少なくない様だ。前の方の列には常連さんと思しきファンが散見される。特定の選手目当てで来ている人もいれば、ジャイアンツというチームが好きで来ている人もいるだろう。


今日の試合ではないが、いささか違和感を覚えるシーンがあった。二軍戦でもよく見かける常連さんが、よっぽどジャイアンツが好きなのだろう。ジャイアンツの選手が残念ながら平凡なフライを打ち上げてしまった時でも相手の選手が捕球する直前まで「落とせ落とせ落とせ!」と絶叫しているのである。どの選手が出てきても大きな拍手を送り、本当に選手に暖かい、野球に温かい人なのだなと勝手にイメージを持っていたのだが、観客が少ない三軍の試合でたまたま近くに座って愕然とした。


三軍だろうと、チームは試合に勝つことを目的に戦っているだろう。勝つためには相手のミスを誘発することも時には必要だろう。だが、個々の選手達にとって凡打を打って相手にエラーしてもらうことにどれほどの意味があるのかと思うのだ。三軍にいる選手が二軍に上がるためには結果より内容だろう。そんな選手達を応援するのに相手のミスを必死で祈る。それも応援のスタイルだと言われればそれまでだが、少なくとも敗戦処理。はそれは違うと思う。


二軍の試合とはまたひと味異なる奥深さが三軍の試合にもある。ファンとしてそこにも踏み込みたいが、実態としては今日のようにたまに来るジャイアンツ球場での試合を観るのが精いっぱい。そしてそれは小野路球場に拠点を移しても同じなのだろう。大きな事は言えないが、また機会があれば、三軍の試合を観てみたい。


それにしても今日のジャイアンツ球場は暑かった。暑い上に風も強く、砂埃が舞うなどで観戦もしづらかった。深谷組の選手はサングラスをかけている選手もいなかったと思うので、苦心したことだろう。おそらくはせいぜい200人程度の人数だったと思うが、ジャイアンツ球場で生観戦された皆さん、お疲れ様でした。


そして最後になりましたが、株式会社深谷組硬式野球部ならびに株式会社深谷組の皆さん、創立
50周年おめでとうございます。

 

« ジャイアンツは陽岱鋼に何を求めているのか? | トップページ | 読売グループの人事異動、発令へ!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/65395369

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人の三軍、去年の警視庁に続いて今年は“組”関係と交流試合 :

« ジャイアンツは陽岱鋼に何を求めているのか? | トップページ | 読売グループの人事異動、発令へ!? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック