フォト
無料ブログはココログ

« 大谷翔平フィーバーに沸く鎌ケ谷でドラフト1位の堀瑞輝がデビュー。 | トップページ | 2017年版 プロ野球 問題だらけの12球団 »

2017年3月13日 (月)

ヘンスリー・ミューレン監督ルール違反!?-公認野球規則5.10(l)【注2】

Adsc_0066
延長十一回タイブレークにまで持ち込まれる大熱戦となった
12日のワールドベースボールクラシック2次ラウンドのオランダ代表対日本代表戦でオランダ代表を率いるヘンスリー・ミューレン監督にルール違反があった!?


七回表、野球日本代表、侍ジャパンの攻撃二死一塁で打席に小林誠司を迎えるところでミューレン監督がベンチを出てマウンドへ。シャイロン・マルティス投手らに指示をし、投手交代は無しで試合再開。だが、小林誠に5球目を投じた時点でミューレン監督が球審に投手交代を告げた。マウンドには四番手のマイク・ボルセンブロク


小林誠への5球目でマルティスの投球数が49球となり、あと1球投げて50球に達するとマルティスは次回登板までに中4日を空けなければならず、2次ラウンドでの登板が不可能になる。それを避けるための打席途中での継投なのだろうが、公認野球規則5.10(l)【注2】に違反する。


公認野球規則
5.10(l)【注2】
監督(またはコーチ)が投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、そのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない。



ミューレン監督、ダメじゃん!? 教えて、詳しい人!?


(写真:日本のマリーンズ、スワローズでも活躍したオランダ代表のヘンスリー・ミューレン監督<左端>。第3WBCより 20133月撮影)



Bdscn3679
七回表二死一塁。小林誠司の打席の前にヘンスリー・ミューレン監督がマウンドへ。交代を告げずにベンチに戻る。
Bdscn3681
小林誠の打席の途中でミューレン監督が投手交代を告げる。シャイロン・マルティスに代わり、マイク・ボルセンブロクが登板。(※テレビ朝日の中継画像より。)


審判員も制止しなかったし、相手の侍ジャパンの小久保裕紀監督も抗議をしなかったから、たぶんWBCの特別ルールがあるのかもしれないが、その特別ルールとやらの規定が見当たらない。テレビ朝日の中継を録画していたので振り返ってみたが、特にルール上の例外に関する説明がない。解説の古田敦也、前田智徳、実況担当のテレビ朝日清水俊輔アナウンサーも、球数制限の事情に気を取られたか、ルール上の問題点に言及しない。二年前のプレミア
12では放送席の解説者も実況アナも見落とした“内野5人シフト”を指摘した中居正広も説明してくれない。


テレビ朝日とTBSテレビが中継している今回のWBC日本戦では球数制限などのWBCルールに関しては随時説明を挿入している。例えばこの試合では十回表の侍ジャパンの一死二、三塁の場面で菊池涼介が敬遠されたが、敬遠四球のために投じる4球は投球数制限に含めないことがテロップで確認された。また東京ドームでは登板中の投手の投球数が制限に近づくとオーロラビジョンで表示する。
Cdsc_1292



余談になるが、敬遠のために投じる
4球が投球数にカウントされないのは、カウントすると、4球投げる代わりに1球で死球にする投手が出ないとも限らないからだろう。

 

この公認野球規則5.10(l)【注2】の趣旨は遅延行為を防ぐためだ。もっとも、かつてマリーンズを率いていたボビー・バレンタイン監督はまず投手コーチをマウンドに行かせてアドバイスを送っているふりをさせ、審判団から「そろそろ…」と制される頃合いを見計らって投手交代を告げるという行為を頻発していた様に万能薬にはなっていない。


NPBの公式サイトからWBCの日本語のサイトを辿ったが、ルールに関してはせいぜい投球数制限に言及している程度。仕方なくWBCの公式サイトをのぞいてみたら、ルールに関しては英語で書かれている。敗戦処理。は英語が読めない。今さら子供の頃勉強しなかったことを嘆いても間に合わないが、WBCの特別ルールなのか、あるいは日本のローカルルールなのか?そしてまさかのルール違反見落としなのか?


どなたか英語に強い方、またルールに詳しい方、ご教示いただければ幸いである。

« 大谷翔平フィーバーに沸く鎌ケ谷でドラフト1位の堀瑞輝がデビュー。 | トップページ | 2017年版 プロ野球 問題だらけの12球団 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/65011829

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンスリー・ミューレン監督ルール違反!?-公認野球規則5.10(l)【注2】:

« 大谷翔平フィーバーに沸く鎌ケ谷でドラフト1位の堀瑞輝がデビュー。 | トップページ | 2017年版 プロ野球 問題だらけの12球団 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック