フォト
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

ファイターズは本気で近藤健介を二塁手にコンバートするのか!?

Cdsc_09100449
スポーツ新聞で確認しているレベルであるが、ファイターズの近藤健介が紅白戦や練習試合で二塁を守っている。近藤の本職は捕手だが、スローイングを含め課題が多く、得意の打撃を活かすためにDHや外野手としての出場が大半になっている。
2014年には不慣れな三塁守備や遊撃守備にも挑んだ。


二塁には田中賢介がいるが、レギュラー野手の中で最年長。今年の5月に36歳になる。


栗山英樹監督は本気で近藤健介を二塁手にコンバートする気なのだろうか?


(写真:20149月、ショートを守る近藤健介)

続きを読む "ファイターズは本気で近藤健介を二塁手にコンバートするのか!?" »

2017年2月19日 (日)

前ベイスターズ、元ジャイアンツの久保裕也のゴールデンイーグルス入りが決定!

Adsc_0173
17
日、ゴールデンイーグルスはキャンプ中に入団テストを行っていた前ベイスターズ、元ジャイアンツの久保裕也を獲得することを発表した。


久保はだいぶ少なくなった“松坂世代”の一人で今年、37歳になる。2003年にジャイアンツに入団して13年間ジャイアンツでプレーした後、、2015年終了後に戦力外通告を受け、昨年はベイスターズでプレーした。14年間の現役生活で所属チームが優勝したのが6回、Aクラス入りは14年のうち12年間と常に上位にいるなかで主にリリーフとしてあらゆる場面で投げてきた経験を買われたのか、ゴールデンイーグルスでは“新人”ながら投手陣では最年長。同じく移籍組の細川亨に次ぐチーム全体でも二番目の年長だ。


だが、久保にはジャイアンツ時代からファンに揶揄される“傾向”がある。


(写真:ゴールデンイーグルス入りが決まった久保裕也。写真はジャイアンツ所属最終年の2015年4月撮影)

続きを読む "前ベイスターズ、元ジャイアンツの久保裕也のゴールデンイーグルス入りが決定!" »

2017年2月12日 (日)

ホークスがようやくデスパイネ獲得を発表。-でも何でこの時期にと困惑する人達!?

Adsc_0252
11
日、ホークスは昨年までマリーンズに所属していたアルフレド・デスパイネを獲得したと発表した。


デスパイネの去就に関しては昨シーズン終了後、新たな契約延長を望むマリーンズ球団とデスパイネとの折り合いがつかず、マリーンズが契約続行を断念した昨年12月からホークスが獲得に動くと見られていたが、ここに来てようやくの獲得発表。ファンの中には「え、まだ決まってなかったの?」と驚いた方も少なくなかったのでは無いか?


(写真:ホークス入団が決まった前マリーンズのアルフレド・デスパイネ 20163月撮影)

続きを読む "ホークスがようやくデスパイネ獲得を発表。-でも何でこの時期にと困惑する人達!?" »

2017年2月 5日 (日)

“遠くの一軍より近くの三軍”-ジャイアンツの三軍の春季キャンプを見てきた

Adsc_0530
日本のプロ野球は
2月が“正月”だ。1月の自主トレはあくまで自主トレ。ユニフォームを着た選手達が野球をする2月こそ正月だ。毎日、夜のニュース番組のスポーツコーナーで春季キャンプの情報を見るのが楽しみな時期だ。今日(5)は近くなのでジャイアンツ球場で行われているジャイアンツの三軍の春季キャンプを見てきた。


着いたら、スタッフの人から「今、グラウンドの一部を開放しています。よろしかったら三塁側からグラウンドに降りてご覧になって下さい」と案内された。


ボールがバットに当たる音。ボールがグラブに吸い込まれる音。キャッチャーミットに投球が収まって響く音。そして響き渡る選手や、監督・コーチの声。やっぱり野球っていいですね。



(写真:グラウンドに降りて選手達を間近に見ている野球少年達に「一緒に走ってみるか」と声をかけるジャイアンツの川相昌弘三軍監督)

続きを読む "“遠くの一軍より近くの三軍”-ジャイアンツの三軍の春季キャンプを見てきた" »

2017年2月 2日 (木)

「生」観戦したい野球場-小野路球場

Adscn3624
先月24日、ジャイアンツは東京都町田市との間で、小野路球場を始めとする同市の施設利用やスポーツ振興事業への協力に関して覚書を交わしたと発表した。2023年に完成予定の新しいファームの球場が出来るまでの間、小野路球場を三軍の準本拠地にするという。



以前は毎月2日に企画ものを連載していて、その中の一つに「生」観戦した野球場 という企画があったが、その番外編として書いてみる。


番外編 小野路球場

続きを読む "「生」観戦したい野球場-小野路球場" »

2017年2月 1日 (水)

大谷翔平がWBCでの“投手”断念。ならば打者としても辞退した方が良いのでは!?

Cdsc_0205
1
日の各種報道によると、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシックへの出場が決まっているファイターズの大谷翔平が、昨年の日本シリーズで痛めた足首の回復具合がおもわしくないため、WBCで投手としては登板しないことになった。所属するファイターズの栗山英樹監督らが大谷と話し合い、決断した。代表チームにも報告したとのこと。打者としての出場のみの予定だそうだ。


起用法によっては二人分の戦力になる大谷。WBCの初戦での投手としての先発登板が内定していただけに小久保裕紀監督率いる侍ジャパンに大きな暗雲が広がった。


素人考えではあるが、昨年登板できなかった“まめ”とは違い、足首ならば打撃にも大なり小なり支障が出るだろう。まだ正式に登録したわけではない。大谷を代表メンバーから外し、代替えの選手を入れた方が良いのではないか?

続きを読む "大谷翔平がWBCでの“投手”断念。ならば打者としても辞退した方が良いのでは!?" »

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック