フォト
無料ブログはココログ

« 東京ドーム、来季エキサイトシートを増設! | トップページ | ジャイアンツ、コーチも補強。 »

2016年12月11日 (日)

ファイターズ逆転優勝の立役者、増井浩俊が抑え復帰を直訴!

Adscn2594
個人的にさすがに
12月はばたつく。野球界の話題をリアルタイムで追えない。そこで順不同ではあるが、気になった話題を書ける時に書きたい。


ファイターズの逆転優勝の立役者のひとり、今季途中に抑えから先発に転向してその後6連勝を含め見事に先発転向がはまった増井浩俊が、今月2日に行われた契約更改後の会見で来季は再び抑えに回りたい旨を明言した。


(写真:今季途中から先発に回ったファイターズの抑え投手、増井浩俊。201691日プロ入り初完封の試合より)

◆ 増井抑え復帰直訴 先発転向で10勝も「まだ自分はやれる」

   2016年12月3日スポニチアネックス

昨年、自己最多の39セーブを挙げた増井浩俊は今季もファイターズの抑え投手として期待された。だが開幕から安定感を欠き、53日の対ホークス戦でリードを守れずに逆転されると翌日には二軍落ち。この時には栗山英樹監督の方針で十日間ですぐに復帰したが、その後も安定感を欠き、615日の対ベイスターズ戦で2点リードの九回裏に登板。二死までは難なくこぎ着けたがそこで四球を出してわざわざ筒香嘉智の前に走者を出して同点本塁打を浴びて信頼感を失い、さらに同19日の対ドラゴンズ戦では3点リードの九回裏に登板して2点を失い、あわや逆転サヨナラのピンチを残して途中降板。翌日に二度目の登録抹消となった。


この後、栗山監督と話し合って先発転向を命じられる。これが見事に奏功し、その後6連勝を含め7勝を挙げ、二桁勝利となってファイターズの劇的な逆転優勝の立役者になった。


増井の先発転向に関しては大谷翔平のリアル二刀流、四番の中田翔に代打を送った采配とともに今季の栗山采配のキモとしてテレビ朝日系「Get Sports」での南原清隆との対談や、NHKの「クローズアップ現代」での荒木大輔との対談でその裏側が明かされるほどのファイターズにとっての一大エポックなのだが、本人の増井はそれでも来季また抑えに回りたいという。


ツイッターなどでのファンの反応の中には、やれ身の程知らずだの、“もし途中で先発に転向してなかったら吉川の代わりに巨人にトレードされてただろ”等、増井は何を考えているんだ!?的な反応も目立った。


日本
一を決めたカープとの日本シリーズ第六戦に先発した増井は三回までに2失点し、四回表の攻撃で代打を送られて降板したが、もしも抑えだったら最後のマウンドに立てたかもしれないという思いで最終回の守備をベンチで見ていたという。


増井が抑えを外されてからはクリス・マーティンが抑え役に回り、素晴らしい安定感を見せた。
Cdscn1730_2

94日の対バファローズ戦でマウンドから降りてベンチに戻る時に足を痛めて右太股裏肉離れを起こして終盤の優勝争いでの登板を棒に振ったが年間で52試合に登板し、2021セーブ、防御率1.07とほぼ完璧な抑え投手ぶりだった。


増井は先発投手として奮闘した今季後半戦の経験が、抑えに回れば新たな武器になると信じているようだが、来季もマーティンが今季並みの投球をしたら増井とて簡単には抑えに戻れない。増井は前任者の武田久と同様、抑えのマウンドで走者を出しながらも逃げ切るのが身上だが、マーティンはなかなか走者を出さない。今季、1イニングあたり許した走者は0.59人。増井の抑えとしてのキャリアハイであった昨年でも0.97人、武田久が自己最多の37セーブを挙げた2011年でも0.65人だ。武田久に至っては最後に30セーブ以上を挙げた2013(31セーブ)では1イニングに1.80人の走者を出していた。

 

それに加えて球団が増井に抑え再転向をさせない要素がある。成功した先発投手増井が抜けるデメリットを球団がどう考えるか。吉川光夫をジャイアンツにトレードし、アンソニー・バースが退団した。今季143試合中、20試合に先発した吉川と14試合に先発したバースが抜けた上に8試合に先発した増井が抑えに回ったら、3分の1弱の42試合分をどうやって埋めるのかという問題がある。バースに代わる新外国人投手として先発投手を獲得することは考えられるが、それでも先発増井も不可欠な存在であろう。


マーティンはクライマックスシリーズで復帰したが、負傷した右足首がまだ充分ではなかったようで再び戦列を離れ、日本シリーズではベンチ入りが可能な40人枠から外れた。来季の残留は決まっている。回復後の状態次第だが増井が抑え役に返り咲ける確率は低いと思われる。しかし増井自身、そのくらいのこあとはわかっていての抑え復帰願望なのだろう。それほどに増井は抑え投手としてのプライドを失っていないのだと思う。


Cdsc_0251
敗戦処理。がよく使う表現に“試合に勝つために相手から奪う
27のアウトの中で最も難しいのが最終回の3つのアウトである”というのがある。だからこそ敗戦処理。は抑えをやっていた頃の増井や武田久、それにジャイアンツの澤村拓一やかつてのマーク・クルーンがファンをハラハラさせようとチームを勝たせてくれれば文句を言わないのだ。
Cdsc_0240
その
3つのアウトを奪うことに特化する抑え役には、抑え役を全うしたものにしかわからない自負があるのだろう。


今季途中、見事なまでの先発転向を実現しながら増井自身がもう一度抑え役をやりたいと公言したことにすごく共感を持った。この意志がある限り、来季の増井は期待出来ると思う。あとは栗山監督や吉井理人コーチがどういう判断を下すかだ。

« 東京ドーム、来季エキサイトシートを増設! | トップページ | ジャイアンツ、コーチも補強。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/64613451

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズ逆転優勝の立役者、増井浩俊が抑え復帰を直訴!:

« 東京ドーム、来季エキサイトシートを増設! | トップページ | ジャイアンツ、コーチも補強。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック