フォト
無料ブログはココログ

« ファイターズ逆転優勝の立役者、増井浩俊が抑え復帰を直訴! | トップページ | 追悼、加藤初さん »

2016年12月18日 (日)

ジャイアンツ、コーチも補強。

Cdsc_03
14
日、ジャイアンツが二軍と三軍、そして巡回コーチを発表し、既に発表済みの一軍コーチ陣と合わせ、コーチングスタッフの全陣容が明らかになった。


新たな顔ぶれは、今季まで戦略室に所属していた元投手の三沢興一が初めてのコーチ就任になる二軍投手コーチに就任したのと、ファイターズを退団した小坂誠が二軍内野守備走塁コーチに就任したのと、マリーンズを退団した小谷正勝が六年ぶりに復帰して巡回投手コーチに就任した。そしてその小谷コーチとともに今季は一軍打撃コーチだった内田順三と二軍トレーニングコーチだった内藤重人の三人が巡回コーチとして一軍から三軍までを巡回して指導に当たる。


このオフのジャイアンツは史上初のFAでの三選手の獲得を始め、これでもかというほどの補強に躍起になっているが、裏を返せば生え抜きの若手選手がなかなか育っていないことになる。そこで、コーチも補強して選手の育成指導を強化するということか?それとも選手を指導するコーチを育てるためのコーチ強化か…。


(写真:来季は一軍打撃コーチを離れ、巡回打撃コーチに転身するジャイアンツの内田順三コーチ<後ろ姿> 1999年8月撮影)



14日にジャイアンツの来季の全コーチングスタッフが明らかになった。


ジャイアンツでは優勝を逃した年に、監督の首が飛ばない場合はコーチ陣に大なたが振るわれることが多いが、このオフ、先に発表された一軍コーチ陣の顔ぶれを見ると高橋由伸体制に大きな変化はなかった。



カープに独走され、2位といっても3位のベイスターズの猛追にあって辛うじて2位をキープしたという感じで、原辰徳前監督時代の2012年の日本一をピークに年々成績がスローダウンしている。そこでこのオフは日本のプロ野球では史上初となるFAでの三選手獲得を始め、久々の大型補強を展開している。


優勝したカープと比べると投打ともに見劣りしていたが、特にファンをやきもきさせた貧打に関しては二人いる打撃コーチの一方、内田順三コーチが外れ、今季がコーチ一年生だった二岡智宏二軍打撃コーチが一軍に上がった。
Cdsc_0015_2
内田コーチは現在十二球団で最も長くユニフォームを着続けているコーチで、選手としてスワローズに入団した
1970(昭和45)から現役引退後も常にコーチとしてユニフォームを着続けている。来季は一軍から三軍までを巡回して指導する巡回打撃コーチに就任し、48年連続でユニフォームを着続けることになる。来季で70歳になるが、ここまで来たら50年連続まで指導を続けて欲しい気もする。


内田コーチは1982年に、三球団目の所属となったカープで現役生活を終えるとカープでコーチに就任し、その後はジャイアンツとカープを行ったり来たりして現在三回目のジャイアンツでのコーチ生活となっている。

内田コーチ

経歴
(現役)
1970年~1974年 スワローズ
1975年~1976年 ファイターズ
1977年~1982年 カープ
(コーチ)
Cdsc_0065
1983
年~1993年 カープ
1994年~2002年 ジャイアンツ
2003年~2005年 カープ
2006年~2007年 ジャイアンツ
2008年~2014年 カープ
2015年~     ジャイアンツ

冒頭の写真は最初にジャイアンツのコーチ就任期間の19998月にジャイアンツ球場で撮影したもの。この年の肩書きは二軍打撃コーチで、故障で二軍調整していた清原和博広沢克の打撃練習を指導しているシーンである。この時は2002年までジャイアンツに在籍していたが、2002年でジャイアンツを退団することを知った松井秀喜が、ジャイアンツでの最後の本塁打となったこの年の50号本塁打のバットを内田コーチに感謝の印としてプレゼントした。そのくらい厚い信頼関係だった。


これだけの長期間にわたってコーチを務めているのはたぐいまれな指導力があるからだろうが、見方を変えればジャイアンツでは選手だけでなく若いコーチも育っていないという側面もあるのではないかという気がする。


ジャイアンツでは来季でコーチ歴35年となる内田コーチに加え、今季までマリーンズで二軍投手コーチを務めていた小谷正勝2011年以来の復帰となる。こちらは来季でコーチ歴38年となり、内田コーチより二歳上だ。指導経験豊富なこの二人と、トレーニングコーチの内藤重人が巡回コーチとして一軍、二軍、三軍を巡回する。今季から一軍投手コーチとなった尾花高夫2013年にジャイアンツに復帰した際には投手の巡回コーチ的な立ち位置だった。
Cdsc_0008
また、ゴールデンイーグルスを退団して今季からジャイアンツに在籍した田代富雄は来季は二軍打撃コーチという肩書きだが、今季は二軍と三軍を巡回するコーチだった。



実はこの尾花と小谷は前回ジャイアンツを去る際には球団とトラブったと報じられている。尾花は投手総合コーチとして、ヘッドコーチの伊原春樹とともに原監督を支えていた2009年に、ジャイアンツのコーチをしていながらベイスターズと接触を持ち、監督就任要請を受けていることが判明した。日本シリーズ前の調整期間に判明し、日本シリーズのミーティングのいくつかから外され、また、日本シリーズでは原監督が直接マウンドに行くケースが目立った。


小谷は2011年に当時新人だった宮國椋丞の起用法(一軍昇格時期)を巡って原監督と激しくやり合ったと言われている。また一方ではこの年のオフに起きた“清武の乱”では渡邊恒雄会長(当時)が「清武は『育成の巨人』とかいいながら二軍の優秀なコーチを二人も斬った。まあ一人は本人から辞任を申し出たらしいが…」と言っていたので真相は定かでないが…。


過去にトラブルのあった人物でも能力を買って呼び戻す。それほどにジャイアンツでは育たないのは若手選手ばかりでなく、コーチも育たないと言うことなのだろうか。


その点では今回初めてコーチ職になる、元投手の三沢興一がどのような成果を残すかにも注目したい。今季までは戦略室のスタッフだったとのことだが前出の清武英利元代表が橋上秀樹を招いて立ち上げた部署だ。


Cdsc_0018

卵が先かニワトリが先か?という話になりそうだが、生え抜きの若手が育たないから補強に依存するのか、補強にばかり依存しているから生え抜きの若手が育たないのか?


例えば今季は村田修一が三年ぶりに打率を三割に乗せ、ジャイアンツ移籍後では最多タイとなる25本塁打を放つなど復調の兆しを見せた。村田の後を狙う岡本和真もファームで場数を踏んでいる。そこに三塁手が本職であるケーシー・マギーを補強する。こうなると補強(補って強くする)というより増強だ。確かに村田は来季37歳で今季と同レベルの成績を残せるか不安だし、一塁を守る阿部慎之助はその村田よりさらに二学年上とともに年齢的な不安があるが、そこに若手がつけいる世代交代のチャンスとは考えずに、少しでも穴が出来ないようにと日本球界経験のあるマギーを獲得する。岡本には外野も勉強させる方針だそうだが、これでは「第二の大田泰示」一直線という懸念もある。


また、ドラフト1位の期待の星、岡本でもこうなのだから辻東倫、和田恋にチャンスが回ってくるのは何年先かとため息が出る。辻、和田クラスはFAで獲得した山口俊陽岱鋼の人的補償リストから漏れて流出するという憶測まで出ている始末だ。


大型補強に頼るのはこのオフで一区切り。これからは生え抜きの若手を育てるためにコーチも経験豊富なベテランを引っ張って来たというなら希望が持てる。ただ、選手経験のないトレーニングコーチを除く25人のコーチ(二軍監督、三軍監督を含む)のプロフィールを見ると、現役生活をジャイアンツからスタートしたのは11人と半分を切る。一軍の監督には代々生え抜きのエースか中心打者が就任しているが、コーチには生え抜きが少ないのだ。


そしてもっと憂慮されるべき点は以前にも書いたが、V9以降にジャイアンツにドラフトで入団した選手が引退後にジャイアンツ以外の球団から監督、コーチに招かれる例が極端に少ないのだ。


昨年までベイスターズの監督を務めた中畑清は例外的存在だ。来季の十一球団の監督、コーチングスタッフの中に選手生活をジャイアンツでスタートした選手は数えるほどしかいない。入来祐作、二宮至、星孝典、香田勲男、柳沢裕一、勝呂壽統くらいである。この顔ぶれでは二宮以外は皆、ジャイアンツから他球団に移って選手生活をしている。


こんな状態で新しいファームの球場を作るというのだから、何かチグハグさを感じる<苦笑>


また、指導経験豊富なコーチ陣を招いても、その手腕を十分に発揮して貰って機能するのかどうかも微妙に疑問がある。前出の橋上コーチもそうだし、コーチではないが、スワローズで何人もの活躍した外国人選手を発掘した中島国章国際スカウトを招いてもジャイアンツではまともな外国人選手を獲得出来なかった。何か、壁があるのかもしれない…。まぁ疑いの目でばかり見ていたらきりがないが…。



今オフの空前の大補強はあくまで来季(だけ)のための応急処置で、コーチングスタッフの増強は長い目で見たコーチ陣のレベルアップと若手選手の育成のためであると信じたいがどうだろうか…。

« ファイターズ逆転優勝の立役者、増井浩俊が抑え復帰を直訴! | トップページ | 追悼、加藤初さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/64642398

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ、コーチも補強。:

« ファイターズ逆転優勝の立役者、増井浩俊が抑え復帰を直訴! | トップページ | 追悼、加藤初さん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック