フォト
無料ブログはココログ

« 由伸巨人の一年目終戦。 | トップページ | 2016年の日本シリーズはカープとファイターズの対戦に!~史上最も本拠地の離れた対決!? »

2016年10月16日 (日)

“俺のために今日決めろ”と祈って札幌ドームに足を運んだが。

Aadscn3323
今季限りでの現役引退を決めた武田勝のチームメートへの檄ではないが、敗戦処理。は“俺のために今日決めろ”とばかりに札幌ドームで今日(15日)に行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第四戦を生観戦したが、結果は残念ながらホークスに2対5で敗戦。対戦成績はアドバンテージを含めてファイターズの3勝2敗。日本シリーズ進出決定はお預けとなった。



“俺のために”だけでなく、ファイターズとしては今日決めたかったのではないか…。


(写真:0対5の六回裏、バンデンハークから2点タイムリーを放つ大谷翔平。)



この
blogに目を通して下さる方の多くが結果をご存じだろうから、いつもの観戦記の様に試合の詳細を順に追っていくことは省く。今日は相手ホークスの先発投手、リック・バンデンハークが絶好調だった。はっきり言ってお手上げだった。
Cdscn3206

ファイターズは今季、バンデンハークに来日二年目で初黒星をつけた試合を含め、公式戦の対決では二度KOしているが、今日は完全にその雪辱を果たされた。とにかくストレートにバットが当たらない。


その一方で、ファイターズの先発投手の高梨裕稔長谷川勇也に浴びた先制弾を始め徐々に追加点を入れられ、リードを拡げられた。


Cdscn3272

高梨が、ファイターズが日本シリーズ進出を決める試合で好投して勝利投手になるようなことがあってそれをスタンドで観戦していたら涙が止まらなかっただろうが、そうはうまく試合が運ばなかった。


もちろん、わざわざこの試合を生で観戦するためだけに北海道まで足を運んだ身なのだから“俺のために今日決めろ”は本当に本音以外のなにものでもないのだが、チームにとってはまだ負けられる試合。だから、昨日の九回に投げていれば三日間連投になるクリス・マーティンの投入を避けてアンソニー・バースで逃げ切りを図ったように、試合展開によっては勝ちパターンのリリーフ陣を休ませることも視野に入れているだろうことは想像できる。


0対4にされてしまい、五回表に二番手の鍵谷陽平が投入された時には残りの5イニング、もし反撃出来なかったらどういう継投にするのかなと考えながら見ていた。


鍵谷は安打と四球で一死一、二塁のピンチを招いたが、四番の内川聖一と、先制本塁打を放っている長谷川を打ち取り無失点に切り抜けた。内容的にはヒヤヒヤであったが無失点だったので、もう1イニング投げるのかと思ったらあっさり白村明弘に交代。


結局、先発の高梨が四回で降板した後は鍵谷が1イニング、白村と四番手の井口和朋が2イニングずつ投げた。


この三人の中では鍵谷が最も信頼感があると思われるが、鍵谷だけが1イニングの登板だったのは勝ちパターンの展開でも使いたいのが鍵谷だということだろう。明日の第五戦で、もしも早めの継投を余儀なくされた場合は鍵谷を使うのではないか。


結局、普段は中六日以上の間隔で投げるバンデンハークが中五日で投げているせいかやや翳りの見えた六回裏に、二者連続四球の走者を置いて大谷翔平が冒頭の写真の様に右中間を破る二塁打で二者を返したが、なおも続いた一死二塁で中田翔は三ゴロ。近藤健介が二塁内野安打で二死一、三塁と粘るも、ブランドン・レアードも三ゴロで2点止まり。


ファイターズ打線の見せ場はこの回くらいで、この後、岩嵜翔、森福允彦、ロベルト・スアレス、デニス・サファテと繋ぐ鉄板の継投の前にところどころ走者を出すものの相手を追い詰めるには至らずに2対5のまま敗戦した。


俺のために今日決めろ”は実現しなかったが、まだファイターズはアドバンテージを含めて3勝2敗。しかも負け方としては昨日まで三日間連投の谷元圭介を始め、勝ちパターンのリリーフ陣を休ませることになり、消耗の少ない敗戦とも思え、明日に期待を抱かせる敗戦とも思える。


しかし、そうは楽観視出来ない問題がファイターズにはある。


第五戦の予告先発は加藤貴之。ホークスは攝津正
Cdscn3411


加藤は、大谷が投手として試合に出られなくなった穴を、日曜日の先発投手としてしっかりと埋めてくれた、先発十勝カルテットに優るとも劣らない貢献度があったと敗戦処理。は思う。完投能力に乏しいが、今日休ませたリリーフ陣が補ってくれてチームに勝利をもたらしてくれると期待するが、チームとしては第六戦のことも考えなければならない。



もしもファイターズが第六戦に中四日で大谷の先発を考えているとしたら、明日の第五戦では大谷を少なくともスターティングメンバーからは外すだろう。そうなると打線はボリュームダウンを避けられない。そしていかに大谷と言えども中四日は万全では無かろう。それはホークスでおそらく第六戦に先発するであろう武田翔太も同条件だが、武田は四日間を登板のための調整に使えるのに対し、大谷はその間にDHで試合に出ているのだ。あくまでも素人考えではあるが、同じ中四日でマウンドに上がってもどちらがより万全に近いかは想像できる。


それに第六戦に投げると、日本シリーズ第一戦に先発登板するには中四日になってしまう。それならば第六戦にもつれたらファイターズは先発にルイス・メンドーサを使い、吉川光夫をロングリリーフ待機。大谷は第五戦も、第六戦になってもDH専念にして、第五戦で勝てる確率を上げる方がファイターズとしては日本シリーズに進める確率は高くなるのではないか?もちろん、序盤で先制してリードする展開に持ち込むことが勝利への近道であることは容易に想像出来る。


まぁどちらにしても、先に決まったカープの方が有利だというのはあろうが<苦笑>


明日の第五戦、まずはスタメンに大谷の名前があるか、注目したい。


もう一人注目しているのが、このクライマックスシリーズのファイナルステージにおいて四試合で13打数ノーヒットの田中賢介
Cdscn3355


今日の第四戦の最終回には最後の打者となった、大野奨太の代打、矢野謙次の次打者としてネクストバッターズサークルに一度は入ったものの呼び戻されて谷口雄也が待機していた。

Cdscn3400_2

Cdscn3402_2
逆転ないし同点にするためには二死満塁で打席が回る計算になる、途中出場の飯山裕志のところで代打に谷口かなと想像していたが、そこまで回すためにもベンチは田中賢に代打を出すことを考えていたようだ。


シーズン中の
報道によると、シーズン中、ようやくホークスの背中が見えかけてきたかなという時期に田中賢は栗山英樹監督と話し合い、「試合を休みたくありません。ぶっ倒れるまで使ってください」と直訴したそうだ。田中賢の打率はみるみる下がっていったが、チームリーダーとしてチームを劇的な大逆転優勝に導いた。杉谷拳士起用という選択肢もあろうが、栗山監督がどう決断し、田中賢がどう結果を出すか、これも注目だ。


ところで
敗戦処理。の現地観戦はこの第四戦のみ。札幌ドームでの生観戦は実に七年ぶりだった。前回生観戦した時には日本シリーズで、ジャイアンツの原辰徳監督の胴上げを見た。


当時と比べると、ビジョンが二つになったり、チアガールのお立ち台が出来たり、よりファイターズ一辺倒のスタジアム仕様になっていった感じだ。
Bdsc_3259

敗戦処理。は一塁側のA指定席に座ったが、本来はビジターチーム側に当たるスタンドも九割以上がファイターズファンだった。移転して初めてリーグ優勝、日本一になった2006年から十年が経過したが、その十一年間で五回のリーグ優勝と、勝つことでファンの期待に応えるチームになった。もちろん、大谷翔平や中田翔、初期ならダルビッシュ有と、球場に客を呼べるスターを輩出したことが大きいのだろう。


札幌ドームに行かない間、ファイターズが行う東京ドームでの主催試合には積極的に足を運んだ。東京ドームにはジャイアンツ戦でも足を運ぶから、勝手に自分の球場だという顔をして回転扉をくぐっているが、七年ぶりに足を運んだ札幌ドームはいつの間にか立派になった親戚の家とでも言おうか、いささかではあるが敷居が高いように感じた。


ファイターズは我々が東京ドームに行かなくなったから、札幌ドームへの移転を決意したのだろうが、また、ファンが本拠地に足を運ばなくなるようなことはしないで欲しい。「ファンはきっと付いてきてくれる」ではなく、ファンとともに歩む球団であって欲しい。チームづくりにおいても、家探しにおいても。


試合後、グラウンドに降りていいとのことなので、初めて札幌ドームのグラウンドに降りた。年甲斐もなく、ベース一周してみた。いい気分だった。
Bdsc_3261_2
ファイターズは。“俺のために今日決めろ”には答えてくれなかったが、明日、ファンの期待に答えてくれると信じている。そして今度こそ日本一になろう!


P.S.
同じく15日、セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第四戦にベイスターズが敗れ、広島東洋カープの日本シリーズ進出が決定した。この結果、敗戦処理。が当選した、横浜スタジアムで行われる場合の日本シリーズ第七戦のチケットは幻となった。よってこの試合が敗戦処理。の2016年のラスト生観戦になるだろう。


北は札幌ドームから南はタマホームスタジアム筑後まで、今年はアマチュアを含めれば14の球場で生観戦した。いくつかの球場で、初対面であるにも関わらずずけずけと話しかける敗戦処理。にお付き合いいただいた野球好きの皆さんのおかげで今年も楽しい野球観戦ばかりだった。その方々が拙blogに目を通してくださっているとは限らないが、この場を借りてあらためて感謝の意を伝えたい。

ありがとうございました。

« 由伸巨人の一年目終戦。 | トップページ | 2016年の日本シリーズはカープとファイターズの対戦に!~史上最も本拠地の離れた対決!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/64354067

この記事へのトラックバック一覧です: “俺のために今日決めろ”と祈って札幌ドームに足を運んだが。:

« 由伸巨人の一年目終戦。 | トップページ | 2016年の日本シリーズはカープとファイターズの対戦に!~史上最も本拠地の離れた対決!? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック