フォト
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

カープの松田元オーナーが黒田博樹の背番号15を永久欠番にすると言明

Adscn2989
今日
31日のスポーツニッポン他各紙によると、今季限りで現役を引退する黒田博樹投手の功績に報いるために、カープの松田元オーナー(まつだはじめオーナー 松田もとオーナーではない)が黒田の背番号15を永久欠番にするという。カープでは衣笠祥雄、山本浩二以来三人目。


永久欠番に制定されれば、日本プロ野球界では2012年に制定された稲尾和久さん以来。セ・リーグでは1988年に制定された王貞治以来となる。


(写真:背番号15が永久欠番に制定されるカープの黒田博樹。チームの25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献し、リーグ優勝決定時に胴上げされる。 20169月撮影)

続きを読む "カープの松田元オーナーが黒田博樹の背番号15を永久欠番にすると言明" »

2016年10月29日 (土)

栗山英樹用兵に痺れた!ファイターズが10年ぶり日本一に

Adsc_0081
ファイターズの三勝二敗で迎えた今年の日本シリーズ第六戦。接戦だったがファイターズが八回に均衡を破り、
10対4で勝利。2006年以来10年ぶりの日本一を達成した。


強豪ホークスに続き、セ・リーグ無敵のチャンピオン、カープも撃破。まさか、本当にファイターズがここまで勝ち上がるとは!


おめでとう、北海道日本ハムファイターズ!!



(写真:日本シリーズMVPに輝くブランドン・レアード<右>。白井一幸コーチを相手にすっかり浸透した寿司ポーズ”  20165月撮影)

続きを読む "栗山英樹用兵に痺れた!ファイターズが10年ぶり日本一に" »

2016年10月27日 (木)

王手!

Adsc_0197
カープの連勝でスタートした今年の日本シリーズは、球場をマツダスタジアムから札幌ドームに移した第三戦からファイターズが逆襲。連勝して二勝二敗の五分に戻した。そして勝った方が王手をかける第五戦、
11の九回裏二死満塁で西川遥輝がカープの守護神、中﨑翔太からサヨナラ満塁本塁打!ファイターズが三勝二敗として王手をかけた。


第六戦と第七戦は再びマツダスタジアム。ここまでと同じ内弁慶シリーズならカープが連勝して逆転日本一になるが果たして


(写真:新人時代の2011年にファーム日本選手権で優秀選手賞を受賞して表彰されるファイターズの西川遥輝。余談だが西川はこの時未成年… 201110月撮影)

続きを読む "王手!" »

2016年10月17日 (月)

2016年の日本シリーズはカープとファイターズの対戦に!~史上最も本拠地の離れた対決!?

Adsc_3256
パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージは
16日に行われた第五戦でファイターズが7対4でホークスに逆転勝ちし、日本シリーズ進出を決めた。


ファイターズは初回に
4点を失ったが中盤までに逆転して74とし、最終回にはDHで出場していた大谷翔平がマウンドに上がってホークスの反撃を日本プロ野球最速となる165km連発などで三者凡退に片付けるビッグサプライズでホークスを圧倒した。


ファイターズは四年ぶり七回目の日本シリーズ優勝。22日からカープとの日本シリーズに臨む。おそらく、史上最も本拠地が離れた日本シリーズであろう。


あの2006年から十年。ファイターズに何とか日本一を達成して欲しい。

続きを読む "2016年の日本シリーズはカープとファイターズの対戦に!~史上最も本拠地の離れた対決!?" »

2016年10月16日 (日)

“俺のために今日決めろ”と祈って札幌ドームに足を運んだが。

Aadscn3323
今季限りでの現役引退を決めた武田勝のチームメートへの檄ではないが、敗戦処理。は“俺のために今日決めろ”とばかりに札幌ドームで今日(15日)に行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第四戦を生観戦したが、結果は残念ながらホークスに2対5で敗戦。対戦成績はアドバンテージを含めてファイターズの3勝2敗。日本シリーズ進出決定はお預けとなった。



“俺のために”だけでなく、ファイターズとしては今日決めたかったのではないか…。


(写真:0対5の六回裏、バンデンハークから2点タイムリーを放つ大谷翔平。)

続きを読む "“俺のために今日決めろ”と祈って札幌ドームに足を運んだが。" »

2016年10月11日 (火)

由伸巨人の一年目終戦。

Adscn2770
セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージは10日、第三戦でベイスターズがジャイアンツを延長十一回、43で下し、ファイナルステージへの進出を決めた。


波乱万丈の船出となったジャイアンツ、高橋由伸監督の一年目は終戦となった。


個人的にはせめてカープとのファイナルステージまでは勝ち進んで欲しかったが、その手前で終戦した。


(写真:クライマックスシリーズ・ファーストステージで敗退したジャイアンツの高橋由伸監督。再びカープと相対し、日本シリーズ進出が期待されたが…。 20169月撮影)

続きを読む "由伸巨人の一年目終戦。" »

2016年10月10日 (月)

柳田悠岐が復帰してしまった…。

Adscn0781
パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージはレギュラーシーズン
2位のホークスが3位のマリーンズを二連勝で下した。この結果、12日から始まるファイナルステージのファイターズの対戦相手はホークスに決まった。


レギュラーシーズンでのゲーム差を考えれば順当な結果と言えようが、敗戦処理。はこのファーストステージから復帰した柳田悠岐の存在を脅威に感じた。柳田が指定席の三番に座ることによって他の選手が本来の役割に徹する事が出来る感じがした。


幸いファイターズにはレギュラーシーズン優勝によるアドバンテージ1勝がある。これを活かして何とかファイターズに日本シリーズ進出を果たして欲しい。


(写真:ファーストステージから復帰したホークスの柳田悠岐。四番内川聖一と並ぶとさすがに脅威だ。 20164月撮影)

続きを読む "柳田悠岐が復帰してしまった…。" »

2016年10月 3日 (月)

三浦大輔引退登板6回1/3、10失点から感じたこと。

Cdsc_0268
今季も公式戦はパ・リーグで二試合を残すのみ。終盤になり、今季で現役引退を発表した選手に花道が用意される試合もあった。中でも先月29日に行われた、ベイスターズの三浦大輔の引退登板がいろいろと波紋を広げているようだ。いささか後出しジャンケン的なタイミングになってしまったが、敗戦処理。の感想、意見を書いてみたい。


(写真:今季限りでの現役引退を表明し、929日に引退登板をしたベイスターズの三浦大輔。 20136月撮影)

続きを読む "三浦大輔引退登板6回1/3、10失点から感じたこと。" »

2016年10月 2日 (日)

「生」観戦した野球場(71)-ベーマガSTADIUM

Adscn2737
いろいろな野球場で日本のプロ野球を観てきました。だからどうしたと言われればそれまでですが。



かつて毎月2日に、企画ものを定期的にエントリーしていましたが、先月3日に、初めてベーマガSTADIUMで生観戦したので、ベーマガSTADIUMに関して書きます。今後、初めての生観戦となる球場で観戦したら、翌月2日にエントリーしようと思います。


1974年3月に初めて後楽園球場でプロ野球を生観戦して以来、いろいろな野球場でプロ野球を観てきました。チケット代よりもはるかにかかる交通費をかけて北へ南へ…。社会人になって多少経済的に余裕が出てからは「十二球団の本拠地をすべて回ろう」と考え、それを2000年に達成してからは地方球場、ファームの試合を行う球場を積極的に回りました。そうしてついに70箇所を超えました。


なおバックナンバーは左欄のカテゴリー別から敗戦処理。が「生」観戦した野球場を選び、ダブルクリックして下さい。


71回 ベーマガSTADIUM 観戦球場ファイル-71

続きを読む "「生」観戦した野球場(71)-ベーマガSTADIUM" »

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック