フォト
無料ブログはココログ

« 25年ぶりに優勝するということ。 | トップページ | 臨時クローザー吉川光夫 »

2016年9月17日 (土)

森本龍弥が先制タイムリーエラー、反撃弾、決勝打と独り舞台の大活躍!!

Adscn3158
個人的に今年最後の鎌ケ谷生観戦になる今日
(17)の対ライオンズ戦。初回に二死満塁から森本龍弥が三塁ゴロを後ろに逸らす2点タイムリーに始まった試合だったが、その森本が反撃ののろしを上げるソロ本塁打を放ち、八回には決勝のタイムリーを放つ独壇場だった。


森本は、大谷翔平と同期、同年齢の四年目の内野手。大谷は別格としても、同じく高校から入団四年目の宇佐美塁大が今季は長距離砲として開花。ひとり取り残された感もあったと思うが、今日は良くも悪くも存在感を示した。こういう選手が活躍する試合は観ていて楽しい。


今年最後の鎌ケ谷生観戦が、印象に残る試合となった。


(写真:八回裏に決勝打となる2点タイムリー右前安打を放つ森本龍弥)



ファイターズのファームが今季、ファイターズスタジアムで公式戦を行うのは今日
(17)からの三連休が最後。当初は最終戦に当たる19(月・祝)に生観戦する予定を組んでいたが、諸々あって今日に変更した。この三日間は『鎌スタ北海道まつり2016 。その初日とあって、試合前から活気に溢れていた。


ファイターズの先発はこのところ土曜日の試合での登板が定着している立田将太。ライオンズの先発は暴走のもとい、かつて房総のダルと言われた。あのお騒がせな相内誠が今季から、かつて渡辺久信が付けていた「背番号41」を背負って投げている。


立ち上がり、ファイターズの先発、立田はバックに足を引っ張られながらのスタート。一死から斉藤彰吾の一、二塁間のゴロを回り込んで処理しようとした二塁手の渡邉諒が弾く失策。スタンドからは土と芝生の境目でバウンドが変わったのではと渡邉を庇う声もあったが、極端にバウンドが変わった訳ではなく、投手としては処理して欲しかった打球だろう。この後、二つの四球があって二死満塁。ここで打席には先発の誠と同様に下の名前を登録名にしている愛斗。ルーキーながら大瀧愛斗からシーズン中に愛斗に登録名を変更した。


ここで愛斗が打って誠が好投して勝てばライオンズ版「愛斗誠(愛と誠)が成立するところだったが、残念ながらファイターズにもライオンズにも岩清水という名前の選手がいないので愛斗の打球は痛烈ながら三塁ゴロ。ところがこれを森本が後ろに育ち、ライオンズが2点を先行。ただしこの時、二塁を狙った打者走者の愛斗が一、二塁間に挟まれ、それを見て三塁まで達していた一塁走者の鬼崎裕司が本塁に走り、タッチアウト。愛斗、誠が先発している試合で暴走はまずいだろう<>!?


一回裏、ファイターズは先制点のきっかけとなった失策をした渡邉が左中間に二塁打を放つ。
Cdscn3056

すかさず反撃の姿勢を見せるが続く横尾俊建のセンターの頭上を襲う打球を斉藤にフェンス際で好捕され、二死三塁から大嶋匠も遊ゴロで無得点に終わった。


Cdscn3053
誠は昨年、イースタン・リーグで高梨裕稔らとの争いに勝って
12勝で最多勝を飾った投手だが、防御率が4.24だった。今季は一軍でも登板経験を得ているが、攻略できそうな予感を見せた初回だった。そして案の定、二回裏には渡邉と同様に一回表に失策をした森本がレフトスタンドにソロ本塁打を放ち、12とする。


続く三回裏、ファイターズは一死から淺間大基と渡邉の連続安打で一、二塁とすると横尾が豪快に左中間を破る。
Cdscn3077

二者生還で3対2と逆転。この横尾、るーきーとはいえ慶應義塾大を出ているのだから、もっと一軍でプレーして欲しかったが、入る隙が無かった感じだ。打球やその振る舞いが、若い頃の小谷野栄一を思い出させる横尾。来季は一軍で小谷野ばりの勝負強さを発揮して欲しい。


Cdscn3043
立田もだんだんと調子を上げる。逆転直前の三回表には外崎修汰、大﨑雄太朗、鬼崎のクリーンアップから三連続奪三振で攻撃への流れを良くしていた。立田は五回表にも三番外崎、四番大﨑を連続三振に仕留め、
5イニングを自責点0で降板。3対2とリードしていて勝利投手の権利も手中にした。


敗戦処理。は非自責点であっても、失策などで出た走者をタイムリーで還された非自責点には投手に対して厳しい見方をすることもあるが、さすがにタイムリーエラーは投手にとって防ぎようが無い。今日の立田は少なくとも敗戦処理。が観た中では最高の出来だったと思う。


となると立田を勝利投手にしてあげたいところだが、六回表には二番手の上沢直之がマウンドへ。
Cdscn3108
鬼崎、愛斗と続けて内野ゴロに仕留め、簡単に二死に。この時、アウトになってベンチに引き上げる愛斗と、次の回に備えてベンチ前で投球練習を始めようとする誠との「愛と誠」もとい「愛斗誠」ツーショット撮影に成功!
Bdscn3112

ライオンズでは「ますだおかだ」のバッテリーがあるが、二人とも早く一軍に上がって「愛と誠」コンビで売り出して欲しい。


なんてスタンドで油断したのが悪かったか、上沢は続く戸川大輔に四球。この戸川が二盗を決め、中田祥多のライト前へのポテンヒットでホームイン。3対3の同点となり、立田の勝利投手の権利は消えた。


これも投手にとって悲運な失点と見るファンもいたようだが、二死から謎の四球を出して、盗塁を決められ、あげくにポテンヒットとはいえ安打を打たれたのだからこれは投手の責任だろう。


因みに今日のファイターズの投手陣は6個の四球を与えたが、内4個が失点に絡んでいる。


その4個目が続く七回表。この回から登板の三番手、榎下陽大が先頭の熊代聖人にいきなり四球。送りバントと内野ゴロで二死三塁となって四番の大﨑に渋く一、二塁間を破られライオンズに3対4と逆転されてしまった。
Cdscn3131



ライオンズの誠は三回裏に逆転された後は淡々とファイターズ打線を抑える。ファイターズ投手陣とは好対照に与四球0。四回以降は被安打2本で七回まで投げ、勝利投手の権利を手中にして降板。



ファームの試合は投手が変わるとがらっと流れが変わることがあるが、まさに今日がそうだった。八回裏、ライオンズのマウンドにはベテランの岡本篤志が上がった。


ファイターズは二番からの好打順。ここまで3打数3安打の渡邉は三ゴロに倒れたが、横尾、大嶋が連続安打。内野ゴロで走者が入れ替わった二死一、三塁から六番でスタメンの岸里亮佑が右翼線二塁打で同点とした。
Cdscn3153

岸里は上述の森本らの一年下で高校から入団の三年目。敗戦処理。の記憶ではスタメン出場での打順はほとんどが一、二番で、六番は意外に思えた。主に出塁率の高さと、送りバントなどの進塁優先の打撃を求められる一、二番と塁にいる走者を還す打撃を求められる六番とでは求められる打撃が大きく異なる。今日の打順の並びでも二番の渡邉と六番の岸里を入れ替えた方がスッキリするようにも思えるが、固定概念にとらわれずいろいろと試しているのだろうか?


そして4対4の同点、二死二、三塁という状況から森本が冒頭の写真のように右前に安打を飛ばし、二者を還し、6対4と勝ち越した。


九回表は八回から登板の新垣勇人がいきなり熊代と斉藤の長短打で1点を返され、外崎のバントで一死二塁と一打同点のピンチを招くが後続を断って65で逃げ切った。


17日・ファイターズスタジアム】
L 200 001 101 =5
F 012 000 03× =6
L)誠、岡本篤-中田
F)立田、上沢、榎下、新垣-清水
本塁打)森本5号ソロ(誠・二回)


ライオンズが敗れたため、この日、戸田でスワローズに勝ったジャイアンツのイースタン・リーグ優勝へのマジックが2となった。早ければ18日にもジャイアンツの二年連続イースタン・リーグ優勝が決まる。



ライオンズの誠は今期はこの試合を入れても38イニングにしかならず、イースタンで最多勝を獲得した昨年の142回1/3から比べると後退した感じだ。ライオンズの一軍はこの日、4位に浮上したが三年連続のBクラスが濃厚な状況に変わりは無い。しかしそんな中、高橋光成、多和田真三郎といった次世代のエース候補に高い授業料を払いながら経験を積ませた。誠も来季にはこの一角に加われるだろうか…。


ファイターズでは森本だけで無く、渡邉が3安打と一回表に守備でミスをした二人がバットで取り返したと言いたいところだが、二人にはそんなに安直に考えないで欲しい。それはこの失策が初回に出たからだ。


球場で試合を観る方はお気づきだと思うが、通常、初回にはピンチを迎えても前進守備などは敷かないことが多い。これは前進守備の逆を突く打球を打たれた場合に先制点を献上するだけで無く、さらなる大ピンチということになりかねず、ただでさえ不安な立ち上がりに拍車がかかるリスクがあるからだ。初回のピンチ=相手がクリーンアップということもあるが、先発投手にとって初回のピンチというのは1点を惜しんだばかりに大量点を奪われるという事態が最悪と考え、1点を失ってもピンチを拡げないことを優先にすることが多いのだ。


ファームの試合では時折、イニングと点差を考慮しているとは思えない守備体型をとることがあるが、いずれにせよ投手にとって立ち上がりはそれほどに神経を使うもの。そこでミスをしたということを忘れずに改善に努めて欲しい。


と、理屈っぽく書いたが、もちろん勝ったからムチャクチャ嬉しかったのだ!


何度となく書いているが、ファームの試合は必ずしも勝敗という結果が全てでは無い。だがそれは一部のファイターズファンが用いるように、負けたとき、あるいはリーグ戦の成績が極端に悪いときに使う言い訳では無く、勝ったとは言え、結果オーライ的な要素が多かったとか、選手の成長に必ずしもプラスとは限らない勝ち方をした際に使うべき言葉だと思う。


その意味では渡邉と森本の守備ミス、無駄な四球を与える投手陣など反省材料も多い試合ではあった。だが、逆転されたらそれっきりという印象が強いファイターズ打線が八回のチャンスを逃さなかったのは評価したい。これが誠攻略だったら手放しで喜べたというのもあるが、35歳で一軍でも幾多の修羅場を乗り越えてきた投手を攻略したことは自信に思って良いと思う。


今年のファイターズのファーム観戦は34(他球場では04)だった。これでも近年では観戦勝率は高い方だったと思う。昨年まで二年間、この鎌ケ谷でもがいていた高梨が一軍で先発ローテーション投手として勝ち星を重ねているのが凄く嬉しい。今日のヒーロー森本はヒーローインタビューで「一回にエラーをしたときに暖かいヤジをもらって」と言っていたが、今季、敗戦処理。を含むファンを嘆かせた選手の中から来季、高梨のようにここを卒業していく選手が続出することを願い観戦記の結びとしたい。


ファイターズスタジアムはもちろんのこと、示し合わせたわけでも無いのに他の球場に行ってもスタンドで顔を見かけた皆さん、今日は最終観戦なのに挨拶も出来ず申し訳ありませんでした。

 

« 25年ぶりに優勝するということ。 | トップページ | 臨時クローザー吉川光夫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/64218008

この記事へのトラックバック一覧です: 森本龍弥が先制タイムリーエラー、反撃弾、決勝打と独り舞台の大活躍!!:

« 25年ぶりに優勝するということ。 | トップページ | 臨時クローザー吉川光夫 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック