フォト
無料ブログはココログ

« ライオンズ・クラシックをもう一度…。 | トップページ | ファイターズのファーム、三日連続で5点差を引っくり返す! »

2016年8月17日 (水)

ホークスは何故松田宣浩を四番に据えないのか!?

Adsc_0149
一時は完全に独走状態に入っていたホークスが
2位のファイターズの猛追にあっている。ホークスは今日(17日)試合がなかったが、ファイターズが勝ってついに0.5ゲーム差にまで縮まった。


ホークスはこのところ打線が今ひとつ機能せず、打線を組み替えたりしていたが、
13日の対マリーンズ戦で主砲の内川聖一が腰痛を訴えて途中交代。その後二試合は吉村裕基が「四番・一塁」に入って内川の代役を務めたが敢えなくチームは連敗。これはホークスファンの多くも首を傾げているかもしれないが、ムードメーカーでもある松田宣浩をこの一大事に四番に据えないのだろうか



内川聖一が試合途中に交代した
13日の対マリーンズ戦のホークスのスターティングメンバーはこうだった。

()川島慶三
()中村晃
()柳田悠岐
()内川聖一
()松田宣浩
()吉村裕基
()福田秀平
()鶴岡慎也
()今宮健太


相手先発:関谷亮太(右投手)


内川がスタメンを外れた翌14日の対マリーンズ戦のスタメン

()中村晃
()明石健志
()柳田悠岐
()吉村裕基
()松田宣浩
()長谷川勇也
()福田秀平
()鶴岡慎也
()今宮健太


相手先発:涌井秀章(右投手)

カードが変わって、二試合連続欠場となった16日の対ライオンズ戦のスタメン。

(左)中村晃
()今宮健太
()柳田悠岐
()吉村裕基
()松田宣浩
()長谷川勇也
()明石健志
()鶴岡慎也
()福田秀平


相手先発:岸孝之(右投手)


工藤公康監督は、三番の柳田悠岐や、五番の松田宣浩を四番に据えるのではなく、「六番・DH」で出場していた吉村裕基を四番に入れ、一塁の守備に付けた。柳田と松田の三、五番はそのまま。


四番を務めた吉村は二試合とも無安打。しかも悪いことに14日の対マリーンズ戦では普通に捕球していれば勝利を決めていたはずの打球で失策し、その後のサヨナラ負けの遠因を作ってしまった。松田は16日のライオンズ戦で本塁打を放った。


チームの中心打者がアクシデントで欠場しても、短期間であるならば、各打者の打順を繰り上げたりせずに、代役の選手をその打順に入れて、多少見劣りしたとしても、全体の打順の流れを崩さないと考える監督は多い。


一部報道では今日の移動日で一日空き、明日
18日のライオンズ戦から内川が復帰するという報道もある。工藤公康監督もそう考えて松田でなく吉村を四番に据えたのかもしれない。


だが、それでなくてもここ最近のホークスは打線の繋がりが今一。レギュラーが固定出来ていない二塁手を代えたり、一、二番を代えたりと苦心しているところを見ると、敢えて松田を四番にしなかったのだと推測出来なくも無いと思う。何とかしてよりベストに近い打線を模索した結果、吉村を「四番・一塁」にしたのかもしれない。


Cdscn0629
だとしたら、松田は主砲内川不在のタイミングで、自分が四番に指名されなかったことを恥じる。それが言い過ぎなら怒るくらいでないとダメだと思う。



本塁打を打ってベンチに戻ってナインと握手した後の「熱男~!」のパフォーマンスなどでムードメーカーと呼ばれ、成績的にも昨年は全143試合に出場して打率.28735本塁打、94打点と主要三部門すべてにおいて自己最高の成績を残し、今年33歳になった。まさに選手として油が乗り切っているピークの時期。四番を打つ一歳上の内川欠場という事態になぜ自分が代役の四番に指名されないのか?今このタイミングで四番を任されないなら、松田はいつ四番に据えられるのか?


内川が欠場した13日の時点での松田の今季成績は全105試合に出場して打率.26020本塁打、62打点。昨年に比べるとやや物足りない。この時点で三割打者が二人しかいないパ・リーグとはいえ、打率24位は確かに物足りない。だが打点はリーグ6位で、チームでも内川をもしのぎ1位だ。工藤監督は柳田の三番と内川の四番を固定したい構想を以前に語っていたから、柳田を四番にするとは考えにくい。ならば代役四番は松田となって然るべきだと、ホークスファンでない敗戦処理。は思うのだが、そうではないようだ。


松田は昨オフ、大リーグへの移籍を夢見て海外FA権を行使したものの、本人が望む評価をしてくれる球団がなく、今季もホークスに残留した。打順が六番から五番に上がったが、これは昨年まで五番を打っていたイ・デホが抜けたから繰り上がっただけという見方も出来る。


ホークスのチーム事情が今ひとつ把握出来ていない敗戦処理。がこんなことを言うのもナンだが、33歳の中堅からベテランレベルの選手なのだから、まずムードメーカーは若手に譲り、選手として、打者としてワンランク上を目指すことに専念すべき時期なのだろう。
Cdscn03901
四番を打つ内川は今季、昨年主に守っていたレフトから一塁に転向し、守備の負担を軽減している。稀代の安打製造機、内川が健在な間に抜くのは難しいにしても、内川が試合に出られない時に打順が据え置きでははっきりいって情けない。


あるいは、工藤監督は端から見るほど焦ってはいなくて、松田の四番起用はまだ奥の手として温存しているだけかもしれない。このところのファイターズの急接近で、さも勢いのあるファイターズが有利なように錯覚しているファイターズファンを含むファンが少なくない様だが、冷静に考えれば、負け数の少なさなどホークスの有利さはそんなに揺らいでいないと考えるのが一般的だろう。近々ファイターズがホークスを抜いて首位に立ったとしても、そこでシーズンが終わる訳ではない。全試合を終了した時点で一番上にいないと優勝ではない。


もちろん有利か不利かに関係なく敗戦処理。はファイターズの逆転優勝を期待しているが



内川は復帰したらまた打ちまくるだろう。柳田に続いて、松田の調子まで上がってきたらファイターズは再びホークスに離されてしまうかもしれない。だから松田には目を覚まして欲しくないのが敗戦処理。の本音だが、そんな立場の敗戦処理。から見ても「何故松田が四番じゃないの?」という疑問はある。工藤監督の深謀でないことを秘かに祈りたい

« ライオンズ・クラシックをもう一度…。 | トップページ | ファイターズのファーム、三日連続で5点差を引っくり返す! »

コメント

まあ予測通り日ハムが上がってきましたが。

数字は残酷なので、まあ願望と書いたけど確証はありましたよ。

もちろんOPSなど他の指標も見て書いているので。投手は査定しずらいのであまり意味のない勝利数や防御率を参考にしないといけませんが。

得失点はそう変わってないので、後半ソフトバンク10勝15敗、日ハム17勝9敗。予測通りソフトバンクも7勝10敗程度に落ちましたな。日ハムも勝率6割を維持しています。

想定内ですが、こんなに予測通りとも思ってなかったのでね。

打順を気にしてるようですが、正直セイバーメトリクスでは打順は考慮しません。そんなのは運で、単なる印象です。なのでOPSの高い打者を一番に置くのが正解となります。それは単純に「たくさん打席が回ってくる」からです。

内川に関してはスタメンから外れる前から故障していたけど、無理していただけではないですかね?4番は責任感がありますから。もちろん内川のOPSがそれほど良くないのも知っています。

打撃に関して言えば主軸はソフトバンク、日ハムとも互角ですが、6、7番が違います。日ハムはレアード、陽がいるのに対してソフトバンクはそこが手薄です。

それはソフトバンクが外国人補強が少々甘かったからですが、ファンとすれば「イデホがいてくれれば」と思ってるでしょうが、代わりのカニザレスがああですから。

もう一人くらいとっておけば良かったと思ってるでしょうが。枠も余ってるからね。資金は潤沢にあるソフトバンクですから、編成としてはそこは失策でしょうな。カニザレスがダメなのは分かっていたので、シーズン途中でも補強は出来たはずですが。でもあの快進撃ですから「外国人野手がいなくても大丈夫」と考えていたのでしょう。

日ハムは状態はともかく吉川が戻ってくるのは想定内なので、あとはメンドーサも使うでしょうが、ソフトバンク戦は有原、高梨、メンドーサと繋ぐのが栗山ローテと考えます。

大谷は打つ方に専念でしょう。実際大谷を投げる方に使うと打線の低下は免れないので、打者専念が良いと考えます。投げる方は現状のローテでもなんとかなるでしょう。

ソフトバンクはきつい3連戦になります。内川はまあ辛いでしょうし、打線の向上は戦力的に予備がありません。ほぼベストメンバーです。だから吉村を使ったりもせざる得ませんが、それをどうこう言ってもしょうがないでしょう。選手がいないんだから。

じゃあなんか出来るのか?松田を4番したら2点台の得点率が4点台になるのか?そんなのはまぐれで魔法です。ありえません。たまたま点が入っただけですよ。打順や采配でできる事は知れています。実はそんなに影響はでないのです。特にペナントは長期リーグ戦なので、単なる結果論にしかなりえないのです。

正直首位攻防3連戦はソフトバンクは良くて1勝2敗、3連敗の可能性がかなりあります。内川が使えるかどうかも未知数ですし、現状では3点取るのがやっとでしょう。投手の踏ん張り如何ですね。出来れば完封、2対1のスコアメイクで無ければ勝ちは薄いのが現状ですな。日ハムはまあ4点くらいは見込めるので、3失点くらいまでは我慢できます。

松田の打順とかはまあ、印象論にすぎないでしょうな。


でくのぼう様、コメントをありがとうございます。

> 松田の打順とかはまあ、印象論にすぎないでしょうな。

本エントリーはホークスの松田選手の立ち位置というか、置かれている状況を、ホークスファンでない立場から見て書いたものです。

長々とコメントをいただきましたが、本エントリーとはほとんど関係ない、でくのぼうさんのご意見だと思われます。

貴重な時間を割いていただき、コメントを書いてくださるのはありがたいのですが、エントリーの内容とは無関係に持論を展開するだけなら、
このコメント欄を利用するのでなく、ご自身でブログを開設し、好きなだけお書きになることをお勧めします。

どうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホークスは何故松田宣浩を四番に据えないのか!?:

« ライオンズ・クラシックをもう一度…。 | トップページ | ファイターズのファーム、三日連続で5点差を引っくり返す! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック