フォト
無料ブログはココログ

« コリジョンルールの副産物!? | トップページ | 今成亮太、鎌ケ谷に凱旋! »

2016年8月 5日 (金)

四年後、ミスターは84歳…。

Adsc_0104
昨日(4日)の未明、2020年の東京五輪で野球・ソフトボールが種目として採用されることが正式決定された。採用濃厚とは言われていたが、正式に決まると、敗戦処理。も野球ファンとして率直にうれしい。ところが、今朝の日刊スポーツを読んで驚いた。アテネ五輪の野球日本代表監督に選ばれながら、脳梗塞を患って指揮をとれなかった長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督に総監督的な立場で携わってもらおうという待望論があるという。



ミスターは四年後、東京五輪の時には84歳になっている。


(写真:2008年北京五輪の直前に行われたジャイアンツ球場での野球日本代表の合宿練習を激励に訪れ、星野仙一監督と会話する長嶋茂雄元監督)



ミスターが四年後の東京五輪で野球が再び種目として再選されることを楽しみに、日々のリハビリテーションのモチベーションにしているという話は報道で知っている。それは結構なことだ。これからも元気であってほしい。



だが、本人の思惑はともかく、周囲が担ぎ出そうとするのはさすがに如何なものかと思う。
Cdscn1983


「いつまでもあると思うなOとN」



敗戦処理。がこのフレーズを使うのはもう何回目だろうか<苦笑>!?


長嶋茂雄だけではない。長嶋より五歳若い王貞治も同様だ。日本プロ野球最大の功労者といっても過言ではないであろうこの両雄には四年後も元気でいていただいて、横浜スタジアムでも東京ドームでもVIPシートからグラウンドに熱い視線を送っていただきたいが、もう表舞台に立たせるのは本当に日本の野球界にとって、そして何より本人たちのためになるのだろうか?


日刊スポーツが掲げる総監督なるものを誰が待望しているのか、記事に書いていないのでこの記事の意図がわからない。いわゆるアドバルーンだとしても、もうちょっと考えてもらいたい。


だからといってお友達コンビでコーチを固めて北京五輪で4位に終わった闘将が得意の政治力にものを言わせてしゃしゃり出るのも勘弁してほしい。
Cdsc_
因みにこのお方、WBCなどの大きな大会があるのだから、五輪はアマチュアに返すべきとの持論をお持ちらしい。監督として十二球団から人数枠無しで好きな通りに人選して4位に終わった人の意見はひと味違う…。



サンケイスポーツには2020年の東京五輪で野球日本代表チームを率いる監督候補として原辰徳中畑清といった名前が挙がったそうだが、原や中畑クラスの年代がONに代わって招致活動などのロビー活動的なことをするようでなければ、日本の野球界として進歩がないような気がする。


東京五輪の一度きりで終わるのか?大リーガーは出てくるのか?
どんなルールで行われるのか?等まだまだ心配事は有りそうだが、とりあえず確実に今より四歳年を取るONを引っ張り出すのをもうやめようということだけを今は言っておきたい。

nengo

nengo

« コリジョンルールの副産物!? | トップページ | 今成亮太、鎌ケ谷に凱旋! »

コメント

2020年東京五輪野球競技での日本代表監督選考に際し、まず考慮すべきは国際大会の日程です。というのも野球の国際大会の日程はかなり歪なものとなっているのです。書き出してみると

2017年3月  第4回WBC
2018年
2019年11月 第2回プレミア12
2020年8月  東京五輪
2021年3月  第5回WBC

このように2019年のオフから2021年のシーズン開幕前と約1年半の間に主要な国際大会が3つも集中しているのです。普通に考えればこの3大会間は同じ監督の下でやるのがベストなのですが、いずれの大会も優勝を逃すようなことがあると解任騒動となるのは必至で実際監督交代ということは十分ありうる話です。

はっきり言ってこんな日程になってることのほうを問い正したいくらいですが、第4回WBC後の日本代表監督選考はその時点で4年後まで見据えた選考であることが求められます。

P.S.プロ解禁後の野球日本代表監督が決まって巨人・讀賣の息のかかった人物であるということも非常に気になります。

サフラン様、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

> 2020年東京五輪野球競技での日本代表監督選考に際し、まず考慮すべきは国際大会の日程です。というのも野球の国際大会の日程はかなり歪なものとなっているのです。

うーん、どうでしょう!?

MLB、NPB、WBSC等の考えで、ともに四年周期である夏季五輪とサッカーW杯の行われる年以外の年で、野球界も国際大会を四年周期で行おうという構想のようです。

WBC=シーズン前、プレミア12=シーズン後、という棲み分けも一応ある様で。

関係ないですが、MLBは2000年から四年周期で日本でMLB開幕戦を行ってきましたが、今年は開催されませんでしたね。

> はっきり言ってこんな日程になってることのほうを問い正したいくらいですが、第4回WBC後の日本代表監督選考はその時点で4年後まで見据えた選考であることが求められます。

どこに照準を置くかですよね。

プレミア12で三位に終わったときに、一部では小久保監督の責任問題を問う声が挙がった様ですが、2017年のWBCまではこの体制で行くというコンセンサスがあったようです。

> P.S.プロ解禁後の野球日本代表監督が決まって巨人・讀賣の息のかかった人物であるということも非常に気になります。

星野仙一、山本浩二も!?

>星野仙一、山本浩二も!?
巨人OBではありませんが日本テレビ系列の解説者だったことから讀賣の身内人事とは言えますね。ちなみにフル代表だけでなくアンダー世代の代表監督までもほぼ同様の巨人・讀賣人事となってます。

サフラン様、再コメントをありがとうございます。

> 巨人OBではありませんが日本テレビ系列の解説者だったことから讀賣の身内人事とは言えますね。

山本浩二は日本テレビ系列で解説を務めていますが、星野仙一はせいぜいゲスト解説をしたくらいです。関係ないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/64017492

この記事へのトラックバック一覧です: 四年後、ミスターは84歳…。:

« コリジョンルールの副産物!? | トップページ | 今成亮太、鎌ケ谷に凱旋! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック