フォト
無料ブログはココログ

« コリジョンルールが見直されるそうだが…。 | トップページ | 2016年野球知識検定 »

2016年7月 2日 (土)

飯山裕志待機中

Adsc_0042
4
18日に左太股裏肉離れで登録抹消となっていたファイターズのスーパーサブ、飯山裕志が先月の下旬からファームの試合に出始めている。今のところ鎌ケ谷限定での出場のようだ。今日(2)の対スワローズ戦では「二番・遊撃」で出場し、犠打をひとつ決め、3安打を放った。



遊撃手としての直接の守備機会は二回表に松井淳の遊ゴロを補殺しただけだったが、3本目の安打が、今季まだファイターズのファームの勝利を観たことがなかった敗戦処理。に初勝利の希望を近づける2点タイムリー安打となった。


一軍は今日も首位のホークスに勝ち、9連勝と波に乗っている。一見するとスーパーサブのベテラン内野手の不在がチームに影響を及ぼしていないようにも思えるが、まだシーズンは長い。飯山の力が必要になる時期がきっと来る。それまではじっと飯山裕志待機中


“待機中”で売り出したあの選手みたいに打撃も一皮むけるかな!?


(写真:第一打席で絶妙な送りバントを決める飯山裕志。タイムリーの写真は後ほど



今日のファイターズスタジアムは土曜日にしては珍しい、これといったイベントが無い日。西船橋駅を10:00に出るバスに乗ってファイターズスタジアムで降りると、正面の広場にはテントの一つもない。
Cdscn1792

日を間違えたかと思うくらいだ<>。今日のファイターズスタジアムはどうやら【野球観戦デー】というイベントが開催され、大人も子どももチケットがあれば誰でもファイターズとスワローズの二軍の野球の試合を観ることが出来るのだ!
Dscn1794

因みに明日3日は鎌ケ谷市民の入場が無料になる【鎌ケ谷市民デー】だそうだ。


人が少ないので入場列も短い。とりあえずレフト側の勇翔寮、室内練習場のある方に回ってみると、さすがにここには選手の姿をより近くで観たい、選手と接したいファンが集まっている。


次の登板まで間隔が空くために登録抹消となったと見られる斎藤佑樹は相変わらずの人気ぶり。
Cdscn1799

ファンに囲まれそうになるとマウンドでの打球処理などの時より速足でファンの波をかわして寮に一直線というシーンを何度も見たが、今日は丁寧にファンの求めに応じていた。数年前、ファンによるサインの求めに応じない佑ちゃんの姿に業を煮やしたファンから「何で佑ちゃんはサインをしてくれないのか?」と聞かれた五十嵐信一二軍監督(当時)は「今は余裕がないのかもしれませんね、ごめんなさい」と仕方なく謝っていた。今は余裕があるのだろうか…。


他にも敗戦処理。が見ていた間には武田勝、増井浩俊がファンに対応していた。

Cdscn1804


まあそんなゆるい人の集まり状況に思えても八回裏終了時に発表された入場者数は1,145人。
Cdsc_0319
さすがである



試合は、ファイターズの先発が立田将太で、スワローズの先発が田川賢吾



一回裏、ファイターズは一番の淺間大基が四球で出塁すると、二番の飯山裕志に送りバント。冒頭の写真のような、いかにも飯山らしい丁寧なバント。一塁線に転がった打球を処理した投手の田川が一塁手に送球してバント成功。と思ったら淺間が二塁をオーバーラン。一塁手の武内晋一がすかさず二塁に送球するも、淺間が三塁に向かったことに二塁ベースカバーの廣岡大志が気付かず三塁への転送が遅れて一死三塁となった。
Cdsc_0044



Cdsc_0046
ここで三番の横尾俊建の打球はワンバウンドで前進守備の遊撃手の頭上を超える左前安打。1点を先制した。



続く二回裏には九番の清水優心が左中間にソロ本塁打を放ち、ファイターズが2対0とリードを2点に拡げた。シャッターチャンスを逃したものの、実はこれ、今年の敗戦処理。にとって教育リーグを含めて7試合目の生観戦で初めてファイターズが2点のリードを取った瞬間だったのだ。


横道に逸れるが、今季の敗戦処理。が生観戦したファイターズのファームの試合の観戦スコアを列記する。


【3月5日・ファイターズスタジアム】
モ 000 010 000 =1
F 000 000 001 =1
モ)長谷部、西宮、宮川、金無英-下妻
F)中村、立田、大塚、田中豊、金平、乾、白村-石川亮
本塁打)両軍ともなし

【3月21日・ファイターズスタジアム】
モ 011 000 000 1 =3
F 100 000 100 0 =2
モ)長谷部、小野、金刃、○古川、S金無英-下妻、小関
F)斎藤、武田久、石川直、瀬川、大塚、●屋宜-清水、米野
本塁打)両軍とも無し

【4月9日・タマホームスタジアム筑後】
F 001 000 010 =2
H 010 001 05× =7
F)新垣、金平、●屋宜、須永-清水
H)東浜、大隣、○寺原、柳瀬-細川
本塁打)塚田1号ソロ(新垣・2)、カニザレス12ラン(屋宜・8)

【5月3日・ファイターズスタジアム】
モ 100 042 000 =7
F 000 000 040 =4
モ)○リズ、大塚、古川、西宮、S武藤-下妻
F)●瀬川、屋宜、大塚、須永、石川直-石川亮、荒張
本塁打)横尾3号2ラン(西宮・八回)、高濱2号2ラン(西宮・八回)

【5月21日・船橋市民球場】
F 100 002 002 =5
M 100 101 05× =8
F)瀬川、石川直、●田中豊、屋宜-石川亮
M)川満、○田中靖、宮崎、S金森-柿沼、寺嶋
本塁打)伊志嶺1号ソロ(瀬川・1回)=初回裏先頭、肘井7号3ラン(田中豊・8回)

【6月12日・ファイターズスタジアム】
L 020 200 010 =5
F 020 000 011 =4
L)○野田、松本、豊田、岡本篤、S岡本洋-中田
F)●武田勝、白村、田中豊、金平-清水
本塁打)坂田5号ソロ(武田勝・2回)、中田1号ソロ(武田勝・2)、山川13号ソロ(武田勝・4)、坂田6号ソロ(武田勝・4回)=2打席連続。坂田7号ソロ(田中豊・8)


観戦数が少ないと言えばそれまでだが、ここまで0勝6敗。1点のリードですら、初回に先制点を挙げた二試合と、六回表に逆転した5月21日の対マリーンズ戦だけ。ただしいずれもすぐに追いつかれている<苦笑>。チームの成績が前日まで30勝34敗3引き分け(イースタン・リーグ公式戦)と負け越しているとはいえほぼ五割に近いことを考えると、異常な観戦成績だ。
Bdsc_3068
なおファイターズの一軍戦の生観戦の成績は5勝3敗とまずまずなのに…。



しかし今日の試合は続く三回裏にも二死から高濱祐仁の三塁線を襲う二塁打と宇佐美塁大の四球で一、二塁として太田賢吾が右翼手の頭上を越す二塁打でさらに1点を追加。3対0とした。
Cdsc_0095

ただし今日も直後の四回表に立田がハ・ジェフンの二塁打と松井淳への四球で二死一、二塁のピンチを招き、奥村展征に左前適時打を浴びて3対1に。
Cdsc_0112


しかも続く廣岡の三ゴロを高濱が弾いて二死一、二塁と嫌な予感が増幅されるが、山川晃司を中飛に打ち取ってこの回を1失点にとどめた。


Cdsc_0015

立田は五回を投げきり、3対1のまま勝利投手の権利を確保して六回表のマウンドへ。


ここから立田が極端に乱れる。先頭の森岡良介にストレートの四球。続く松井に左中間を破られてまず1点。奥村には中前、廣岡左前と連続安打を浴び、あっという間に3対3の同点とされた。
Cdsc_0164



立田は五回までの投球数がちょうど90球だった。このあたりが立田のスタミナなのだろうか


二番手には須永英輝。山川が送って一死二、三塁とスワローズは勝ち越しのチャンス。一番の、須永には左対左となる藤井亮太に代えて、鵜久森淳志を代打に起用。ファイターズ最大のピンチにもかかわらず、ファイターズファンからも大きな拍手が送られた。


須永VS鵜久森。調べていないので全くの予想だが、現役で最も多くイースタンで投げているであろう投手と、現役で最も多くイースタンで打席に立っている打者。いわばファームの、イースタンのレジェンド対決となったが須永が鵜久森を三振に仕留めた。
Cdsc_0183

須永は続く左打ちの山崎晃大朗も一ゴロに打ち取り、このピンチを同点止まりに切り抜けた。


同点に追いつかれたファイターズはその裏、四回から投げているスワローズの二番手、寺田哲也から一死満塁と勝ち越し機をつかむが、ここで登板した三番手の中島彰吾に抑えられ、勝ち越しを逃した。


スワローズも七回表にファイターズの三番手、石井裕也から先頭の西浦直亨が右中間に二塁打を放って無死二塁とするも、後が続かず無得点。

どっちもどっちの拙攻合戦。長くなりそうだったが七回裏に登板したスワローズの四番手、風張蓮が乱調だった。


一死から宇佐美と太田が連続四球。姫野は三振に倒れたが、清水がレフト前に運んでファイターズが再び勝ち越した。
Cdsc_0254



風張はさらに淺間にもこの回3個目の四球で再び満塁。ここで飯山が中前に運んで2点を追加。63と再び3点差とした。
Cdsc_02622

ファイターズはこのリードを八回には石川直也を、九回には金平将至をつぎ込んで守った。敗戦処理。にとっては7度目の正直となった。

2日・ファイターズスタジアム】
YS 000 102 000 =3
F  111 000 30× =6
YS)田川、寺田、中島、風張、木谷-山川
F)立田、須永、石井、石川直、S金平-清水
本塁打)清水2号ソロ(田川・二回)


試合後、茶摘みと、OB(立石尚行、村田和哉)による野球教室がグラウンドで行われていたようだが、暑いので敗戦処理。は早々と球場を後にした。



飯山は4打数3安打。七回裏にタイムリーを打った後、平沼翔太を代走に送られ、お役御免。
Cdsc_0268

その平沼が遊撃の守備に入ったが、二イニング続けて失策。昨春の選抜高校野球の優勝投手からの転向と考えれば、フレッシュオールスターのメンバーに選ばれなかったのが不思議なくらいの活躍ぶりだったのだが、今日は生きた手本が目の前にいながら吸収することは出来なかったようだ。


冒頭でも触れたが、現在9連勝(72日現在)と絶好調のファイターズの一軍。確かに飯山の不在を、穴と感じさせない。守備要員の存在を必要とする内野手がいないこともあってか、なかなか飯山待望論が聞かれない。


一つにはチームが好調だからということもあろう。じゃあ誰を落とすのか?という問題もある(今だったら松本剛か!?)。また、このチームの特徴である、選手育成によるチーム作りを主体とするために、力が落ちてきたベテラン選手は容赦なく若手にとって代わられる傾向があり、ファンの目も若手に向きがちというのもある。しかし現在の絶好調の雰囲気で最後まで行くのではない。経験豊富なベテランの力を借りなければならない時期がきっと来る。


飯山にはその時まで、気の毒ではあるがファームでの調整を続けていて欲しい。好調を維持し、継続するのは難しさもあるだろうが、必ず来る必要な時期まで飯山には待機中を続けていて欲しい。


今日は冒頭の写真に、タイムリーを打った写真にしようかと迷ったが、格下のファーム相手でのタイムリーより、一軍が求める飯山への期待は“つなぎ”をきちんとこなせるかということにウエートが置かれると考え、第一打席の送りバントを選んだ。もちろん“待機中”の本家、ホークスの城所龍磨の様に「守備の人」が打撃開眼するのも大歓迎だが…。

« コリジョンルールが見直されるそうだが…。 | トップページ | 2016年野球知識検定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63860691

この記事へのトラックバック一覧です: 飯山裕志待機中:

« コリジョンルールが見直されるそうだが…。 | トップページ | 2016年野球知識検定 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック