フォト
無料ブログはココログ

« 大谷翔平は見せ物ではない! | トップページ | 横浜大洋銀行二日間限りで閉店 »

2016年6月19日 (日)

イチローの安打記録を“世界記録”と呼んではいけないのか!?

Aaaa_vs0029_2
イチロー
の日本でのオリックス・ブルーウェーブ時代の安打数を含めた安打数が、メジャーリーグの最多安打記録であるピート・ローズ
4,256安打に迫ってきたあたりから識者を中心にアメリカ大リーグよりレベルが劣り、歴史も浅い日本のプロ野球記録と合算しての数字で世界記録と呼ぶのはおかしいという論調が増えてきた。


それらは正論だと思うし、天下のNHKを含めて日本のマスコミは騒ぎすぎだとは敗戦処理。も感じるが、ジャイアンツを含め80年の歴史を持つ球団が複数存在している日本のプロ野球が貶められるのはいささか、いや、甚だしく残念だ。


かつて、子供の頃に王貞治の本塁打数がハンク・アーロンの持つ大リーグの本塁打記録を超えるのを世界記録と大騒ぎした時代をリアルタイムに経験している敗戦処理。としては日本のプロ野球とアメリカ大リーグの違いを認めつつも、イチローの日米通算による安打記録を世界記録と認定してあげても良いのではないかと言いたい、いや、思いたい。

 



敗戦処理。は張本勲ほどではないが、日本人選手の活躍を含め、アメリカ大リーグの野球にそれほどの関心を持っていない。そこまで手が回らないというのが本音だ。日本のプロ野球のパとセの両リーグに贔屓球団を持ち、その両球団の一軍だけでなく二軍も追いかけていると、時差のあるところで行われている野球まで手が回らないのだ
<>。だから、一時はイチローの日米合算による通算安打記録がピート・ローズの大リーグ最多安打記録に迫っていると知った時にも「それ世界記録じゃないだろ」と思っていた。否定派がコメントの大半を占める、有名ブロガー広尾晃氏のブログにもその旨をコメントしたほどだ。


だが、ピート・ローズ本人が否定するのはまだしも、日本人までが、日本球界で成功し、大リーグに渡っても成功を収めている希有な存在であるイチローの快挙を頭から否定する論調が強いことを鑑み、ここまで日本のプロ野球が否定されて良いのか?という気になり、少数意見であることは充分承知の上で、イチローの日米合算記録を世界記録と呼びたい。
Abict0013_2


ピート・ローズが言うように、「日本の野球はメジャーリーグのレベルには達していない」(16日・「報道ステーション」=テレビ朝日より)のは残念ながら事実だろう。もちろんピート・ローズがシンシナティ・レッズの一員として日米野球で来日して「激めん」のCMに出ていた時代よりは進歩しているだろうし、差も縮まっているだろうが



ただ、日本はWBSC(世界野球ソフトボール連盟)のランキングで1位の国であり、プロリーグに関してはアメリカのプロリーグの後塵を拝していると言えども同じ土俵で語るに充分な実績があると少なくとも敗戦処理。は思う。アメリカ大リーグと、日本を含む他国のプロ野球は規模、力、歴史において歴然たる差があるにしても、同じ土俵で公式記録を競っても、公式記録とはなり得ないにしても、参考記録、準公式記録として極めて公式記録に近い意味合いで語るに問題ないと思うのだ。


歴史の積み重ねが異なるカテゴリーで記録の比較をするのはナンセンスというが、例えば大谷翔平が今まで誰も出したことのない高速な球速を記録したとして、それでも世界最速とは呼べないのかということになる。大谷が世界最速記録を出してもそれを認めないというのは、計測方法の不統一などによるならまだしも、歴史の浅い日本だからというのはおかしいだろう。瞬発的な記録と積み重ねの記録を一緒にするなと言う反論が出そうだ。そういう面はあるが、どちらも記録であることに大きな差はないだろう。


ただ、そのためにはファンとして気をつけなければならないことがある。日本のプロ野球での記録とアメリカの大リーグでの記録を天秤にかけるだけでなく、少なくとも韓国と台湾のプロ野球記録も併せて同等と考えなければならないということだ。


ウラディミール・バレンティンが年間60本塁打を記録するまでのアジア記録はイ・スンヨプ2003年に記録した56本塁打である。因みに今季も現役を続けているイ・スンヨプは昨年までで韓日通算575本塁打を放っている。


日本発のヒーローであるイチローの日米合算記録の時だけ日本のプロ野球での記録を対等だと言い張るのではなく、米日記録、韓日記録、台日記録などにも広く目を配るようでなければならないと思う。各国の独立リーグの記録をどう扱うかという問題は例えば各国のトップリーグ限定での比較にすれば良いと思う。もちろん一ファンとしてでは限界がある。マスコミにもっと日常的にこれら各国混合記録に目を向けて欲しいものである。


例えば現ベイスターズ監督のアレックス・ラミレスはメジャーリーグで86安打を放った後にヤクルトスワローズを始めとする日本のプロ野球で安打数を稼いだが、2000本安打で資格を得る名球会入りは日本のプロ野球での通算2000本安打目で要件を満たしたとされた。名球会は日本のプロ野球界に影響力はあるものの私的団体だから、日本人選手の日米合算2000本安打を会員資格としていてもラミレスのように米日通算2000本安打を認めないという偏見があっても問題ないのかもしれないが、アルフォンソ・ソリアーノのようにプロ野球人生を日本でスタートし、広島東洋カープでの2安打を含め、メジャー通算1998安打に到達して日米通算2000本安打を達成した時に会員資格を与えるという話は特に出なかった。この時は一部の記録好きやファンが問題提議をしたが、少なくともこのくらいの疑問を持つくらいは必要であろう。


それもせずにイチローのように都合の良い記録の時だけ日米の合算による記録を騒ぎ立てるのはさすがに残念だと思う。


王貞治ハンク・アーロンの大リーグ通算最多本塁打記録を超えるのをリアルタイムで見ていて興奮し、熱狂した少年が約四十年を経てさすがに当時よりは分別が付くようになっているが、あの熱狂まで否定されてはたまらない。しかも日本人がよってたかって否定するようでは…ちょっとムキになったか…!?

« 大谷翔平は見せ物ではない! | トップページ | 横浜大洋銀行二日間限りで閉店 »

コメント

こんにちは。ご無沙汰してます。本題ですけど、日米通算は、落合さんが言うように「日本のマスコミが勝手に作った言葉」だし、ラミレスやソリアーノの件からしても、日本人メジャーリーガー(田澤は除く)の為のもんでしょう。こないだ、黒田敗戦で、日刊スポーツに、日米通算200勝に王手ならず、みたいな見出しでしたし。


クロマティだって日米通算で2000本以上打ってますしね。日米のどっちが上というのでなく、別の組織の記録を足すというのは、感心しません。

チェンジアップ様、ご無沙汰しています。コメントをありがとうございます。

> 日米通算は、落合さんが言うように「日本のマスコミが勝手に作った言葉」だし、ラミレスやソリアーノの件からしても、日本人メジャーリーガー(田澤は除く)の為のもんでしょう。

そうでしょうけど、それが何か問題なのでしょうか?

> クロマティだって日米通算で2000本以上打ってますしね。日米のどっちが上というのでなく、別の組織の記録を足すというのは、感心しません。

私はそうは思いません。

イチローのように選手生命の半分くらいをNPBで過ごし、残りの半分をMLBで過ごす選手はこれからも出るでしょうし、日米間だけでなく、韓日、台日も同様でしょう。

彼らは所属したリーグ単体では積み重ねの記録で名を残すことは難しいかもしれませんが、日米通算などの記録を整理してあげることでその選手の人となりというか、キャリアが見えてくるというのはあると思うからです。

現状はマスコミが今回のイチローのように日本のファンにとって都合の良い日米合算しか取り上げない事が問題であって、日米合算というカテゴリーで語ること自体は問題ではないと私は考えます。

イチローの4257安打を世界記録と呼んでいいのかいけないのかと問われれば、僕は「日米通算」の注釈があるのならば
それ自体に問題はないと答えるでしょう。ただ今回の記録の問題について色々と思うところがありました。

まずはマスコミ(テレビ)が騒ぎすぎなこと。これまでもノーベル賞やオリンピック金メダルのように「世界で活躍する
日本人」をセンセーショナルに扱ってきたことを思えば案の定ではありますがやはりこれには一言言いたくはなりますね。
自分が見た限りではちゃんと日米通算の注釈を付けて報じていたのでよかったのですが、別のサッカーのニュースで
「カズがJリーグ最年長得点記録を更新」とJ2記録であることを伏せてかつてのスター選手を相変わらず王様扱いしているの
を見るとやれやれとなってしまいました。
リンク先の広尾さんは今回のマスコミ報道に対し犯罪的だ!とまで仰ってますが、この人の場合は常日頃PV稼ぎのために
ブログ上で炎上商法的な発言をしているようで、今回の話題を飯の種にしているマスコミと主張こそ正反対なものの同じ穴の狢のように映りました。

他人のことはさておき今回の件に限らず、僕はことさら「個人記録」を無条件に褒めたたえる昨今の風潮には異を唱えたくなります。
というのも凄いとされる個人記録であってもその過程を見ると実は凄くなかったり、何かを犠牲にしているということが野球界ではよくあるからです。

例を挙げるなら金本の連続試合出場記録、中嶋の野手最年長出場記録&野手最長実働年数記録、田中幸雄の2000安打etc
感じ方は人それぞれですがカネヤンが設定したキリのいい数字のために田中幸雄のおかしな起用法や
野村克也の記録を超えるために戦力外の捕手&長年コーチとしての責任が問われることのなかったコーチと契約し続けるといったことが
起きてしまうのも個人記録を必要以上に称えてしまう風潮・価値観によるものと言えなくはないでしょう。

話を本題に戻します。
僕は始めにイチローの日米通算4257安打を世界記録と呼んで問題ないと書きましたが
異なるリーグの公式記録を混ぜたり比較すること自体はいいこととは思いません。
これはよく言われる日米のレベルがどうのこうのとはまた別の危惧からです。

日本で2000安打の選手と日本で1000安打、アメリカで1000安打の選手がいたとします。
この両選手は日米通算安打ではどちらも2000安打となりますが、仮にこの時のNPBとMLBのレベルが同程度かつ同じ試合数であった
としても僕はこの2つの記録の価値を異なるものであると捉えます。

前者の日本で2000安打の選手は言うなればアメリカに行かなかった選手です。僕は選手がFAなりポスティングなりで
MLB挑戦するのは自由で尊重されるべきだと思っていますが、NPBのファンである以上スター選手の流出を良しとはしません。
このNPB記録は記録であるのと同時に日本でNPBファンのためにプレーしたという意味での足跡でもあるのです。

選手の実績を表すのに日米通算記録は相応しいデータではありますが上記の理由から記録の合算による日米のボーダーレス化はすべきではありません。
今回のイチローのように必要に応じて日本とアメリカの記録を混ぜる機会は今後も出てくるでしょうが「日米通算」という
この注釈は日米のボーダーレス化を防ぐための歯止めとして未来永劫無くしてはならないものと考えます。

ちなみにこの理屈から言えば特定の球団での通算記録でも同じ事が言えます。
例えば巨人での通算勝利数記録、日本ハムでの通算安打記録のような球団記録にNPB記録以上の価値を感じる人がいてもそれはそれでいいのです。
もしかしたらこのような球団ごとの通算記録を好むのは日本よりアメリカのほうが多いかもしれません。
というのもMLBにはチームごとの殿堂入りがあり、その選考基準となるのが該当球団での通算記録だからです。

>日本のプロ野球での記録とアメリカの大リーグでの記録を天秤にかけるだけでなく、少なくとも韓国と台湾のプロ野球記録も併せて同等と考えなければならない
これに関しては異なるリーグの記録を混ぜて「世界記録」として銘打ってしまった以上
世界記録を扱う際には韓米通算や韓日通算、キューバリーグや今年始まったユーロリーグまで含め比較対象とし、また報じる必要があると言えます。

なおキリのいい大台の個人記録についてはNPB記録と日米、韓日のような合算データで価値が異なるものと思っているので
僕はその扱いに差があってしかるべきと思っています。ただ実際問題マスコミ(=多くの野球ファン)にとっては日米通算記録と世界記録こそ価値があるものと
しているようでその時々の都合のいいほうを選ぶことになるんでしょうけど。

>それもせずにイチローのように都合の良い記録の時だけ日米の合算による記録を騒ぎ立てるのはさすがに残念だと思う。
文中で挙げられているラミレスやソリアーノのように自ら日米通算記録というカテゴリーを作ったにも関わらず
報じる側の都合で例外扱いするのは論外と言えますね。
敗戦処理さんはご存知かもしれませんが実は大谷の二刀流の記録でもこれと似たようなことがありました。

「大谷翔平、10勝&10本達成 ベーブ・ルース以来96年ぶり」

一昨年のこのニュース、NPBとMLBにおいてという注釈がないためある意味誤報でこれは事実ではありませんでした。
ベーブ・ルースと大谷以外で過去に10勝&10本を記録した選手がいたのです。

1982年 
金城漢(キム・ソンハン)
10勝5敗 防御率2.88
打率.305 13本塁打 69打点(打点王) 10盗塁

その成績から打って抑えてさらには走れる選手だったことが伺えます。

マスコミが「所詮こんなのKBO記録だから」「ベーブ・ルース以来と書けなくなるし邪魔だな」と思ったかは定かではありませんが
仮に無視するにしても「NPBとMLBにおいて」という注釈がなかったことは報道姿勢として間違っていると言いたいです。

記録を加工するのは自由、しかし記録を扱う上では注釈が大事ということを再度確認しつつこの辺りで締めさせていただきます。
今回もまた長々と失礼しました。

サフラン様、コメントをありがとうございます。

> まずはマスコミ(テレビ)が騒ぎすぎなこと。これまでもノーベル賞やオリンピック金メダルのように「世界で活躍する
日本人」をセンセーショナルに扱ってきたことを思えば案の定ではありますがやはりこれには一言言いたくはなりますね。

これに関してですが、NHKなどもそうでしたが、それらに加えてスポーツマスコミ以外が飛びつくと、こうした傾向に拍車がかかるのではないかと考えます。

> 例を挙げるなら金本の連続試合出場記録、中嶋の野手最年長出場記録&野手最長実働年数記録、田中幸雄の2000安打etc
感じ方は人それぞれですがカネヤンが設定したキリのいい数字のために田中幸雄のおかしな起用法や
野村克也の記録を超えるために戦力外の捕手&長年コーチとしての責任が問われることのなかったコーチと契約し続けるといったことが
起きてしまうのも個人記録を必要以上に称えてしまう風潮・価値観によるものと言えなくはないでしょう。

これらの記録を水増しだとか上げ底だと批判する向きもあり、記録の厳密性を優先すれば否定されるのも仕方ないと思いますが、まあ多少なら武士の情けというか、許容範囲に入るのではないかと私は思います。

中嶋聡の実働年数の記録にも批判がついて回りましたが、捕手に必要なスローイング、強肩にはほとんど衰えが無かったと思います。

現役最終年の出場で、その方の衰えが顕著になっていることが露呈し、それが現役断念への引き金になったのではと思っています。

> 日本で2000安打の選手は言うなればアメリカに行かなかった選手です。僕は選手がFAなりポスティングなりで
MLB挑戦するのは自由で尊重されるべきだと思っていますが、NPBのファンである以上スター選手の流出を良しとはしません。
このNPB記録は記録であるのと同時に日本でNPBファンのためにプレーしたという意味での足跡でもあるのです。

わかります。

> 選手の実績を表すのに日米通算記録は相応しいデータではありますが上記の理由から記録の合算による日米のボーダーレス化はすべきではありません。
今回のイチローのように必要に応じて日本とアメリカの記録を混ぜる機会は今後も出てくるでしょうが「日米通算」という
この注釈は日米のボーダーレス化を防ぐための歯止めとして未来永劫無くしてはならないものと考えます。

“日米のボーダーレス化を防ぐための歯止めとして”ですか。私は甘いのかもしれませんね。

まあ記録は作られるもんだから。

たとえば10勝10本塁打にしても、大谷の為にあるような記録だし、その都度、その都度に記録項目は増えていくもんです。10勝に意味があるわけでも10本塁打に意味があるもんでもない。

まあ日米通算記録ってのもその一つでしょう。

でもって今回の日米通算記録ってのは「足しても意味の無い記録を足して考える」と言う感じの記録ですかね。

そもそもリーグが違うと言う違う尺度なんだから、違う尺度で考えれば良い。それこそ「10勝10本塁打」みたいにね。30本30盗塁やトリプル3にしても「全部達成したから意味がある」のであって足してるわけじゃない。

31本29盗塁では記録にならんのです。

つまり「日米双方で1000本安打以上」と言う記録の尺度が妥当でしょう。それでも十分凄い記録だと思いますが。

仮にイチローが帰国して日本で2000本安打したら「日本でも米国でも偉大な記録」って事で通算記録とは別の前人未到の記録でしょうね。

違う記録なら違う尺度で考えてればいい。そしてそれを両方持ってる事に価値がある。

そう考えますが

でくのぼう様、コメントをありがとうございます。

貴重なご意見、ありがとうございます。

> たとえば10勝10本塁打にしても、大谷の為にあるような記録だし、その都度、その都度に記録項目は増えていくもんです。10勝に意味があるわけでも10本塁打に意味があるもんでもない。

10本塁打はともかく、10勝は二桁勝利という意味で節目の勝ち数という意味合いで報じられますから、意味はあると思います。

> でもって今回の日米通算記録ってのは「足しても意味の無い記録を足して考える」と言う感じの記録ですかね。

これは、遡ればかつての王貞治の通算本塁打記録や、福本豊の通算盗塁数、衣笠祥雄の連続試合出場記録などをがアメリカ大リーグの記録を超えると「世界記録」として騒いだ手前、
その前提として日本の公式戦での記録と、アメリカ大リーグの公式戦での記録は同じ土俵で語れるということになるわけです。

たぶんその当時には、一人で日本の記録と大リーグの記録を足して凄い記録になる選手が出るとは考えなかったのでしょうが…。

> つまり「日米双方で1000本安打以上」と言う記録の尺度が妥当でしょう。それでも十分凄い記録だと思いますが。

結局それが一番スッキリするでしょうね。

日本でもバリバリの時期にパ・リーグからセ・リーグに移籍した大杉勝男さんは一方のリーグでは通算記録でも特筆するほどではないですが、「両リーグで…」という括りで報じれば、希少価値の記録の持ち主となりますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63802988

この記事へのトラックバック一覧です: イチローの安打記録を“世界記録”と呼んではいけないのか!?:

« 大谷翔平は見せ物ではない! | トップページ | 横浜大洋銀行二日間限りで閉店 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック