フォト
無料ブログはココログ

« 今秋のドラフト会議の超目玉、田中正義を観に行ったが2イニングで降板…。 | トップページ | バファローズの平野佳寿が通算100セーブ達成…で取り残されたのは!? »

2016年4月24日 (日)

追悼、山本功児さん

Adsc_0151
田中正義
を観に行ったやまぶきスタジアムからの帰りにツイッターを立ち上げたら訃報が入ってきた。ジャイアンツ、オリオンズで活躍し、マリーンズで監督も務めた山本功児さんが
23日、なくなられた。まだ64歳だった。


また一人、敗戦処理。がプロ野球ファンになった初期の選手が


(写真:巨人対阪神のOB戦に出場した山本功児さん 200711月撮影)



息子の山本武白志選手が昨秋のドラフト会議でベイスターズから指名されて育成選手としてスタートを切った矢先に…。無念だったろう。



山本功児さんは長嶋茂雄監督の二年目に入団した。法政大学から本田技研鈴鹿を経ての入団で、ドラフトでは篠塚利夫、中畑清らと同期。この時点で24歳。左打ちの巧打の一塁手だったが当時のジャイアンツでは一塁手と言えば王貞治。そして「ポスト王」にしては、いずれ王が後輩に道を譲る頃には本人もそこそこな年齢になってしまう、よくジャイアンツに入団してきたと思えた。


一年目から左の代打の切り札的に起用されてきた。この年、ジャイアンツと優勝争いを繰り広げたタイガースとの直接対決、それも甲子園で二度も代打で決勝打を放った。この年のタイガースは右投手の安仁屋宗八と左投手の山本和行を抑え投手に配していたが、功児さんが決勝打を打った相手は二度とも安仁屋だった。二度目の時には記者団が当時のタイガースの吉田義男監督に「山本に(左投手の)山本和をぶつける選択は無かったのか?」と聞いたが吉田監督は「代打の代打で末次(利光)が出てくる」から出さなかったと答えた。


タイプとしては長打を期待と言うより、しぶとく人のいないところに打球を飛ばすという感じだったが、一年目の6月にドラゴンズ戦で金井正幸から放ったプロ入り第1号は敗戦処理。が生観戦した試合だった。

 

一塁守備を器用にこなしていた。王も当時のゴールデングラブ賞(ダイヤモンドグラブ)の常連だったが「守備だけなら王より上」とまで評価された。左投げの一塁手では後の駒田徳広も名手と呼ばれたが、功児さんの方が動きがスマートだったように思う。ただ時々守っていた外野守備では肩の強さがイマイチだった。


王が引退していよいよレギュラーというタイミングでジャイアンツはホエールズからベテランの松原誠を獲得。松原は名球会入りするほどの好打者だったが既に晩年を迎えていた。とはいえおいそれとはレギュラーポジションを与えずに補強で埋めるあたりは今も昔もジャイアンツは


だが山本功児さんが正一塁手になれなかったのは松原の存在では無かった。


王が抜けた昭和56(1981)ジャイアンツには原辰徳が入団してきた。原は東海大相模、東海大学と慣れ親しんだ三塁手には中畑がいたため、一年目は不慣れな二塁手としてシーズンに臨んだ。5月に入って中畑が試合中に負傷して原が本職の三塁に回ると、空いた二塁に固定された篠塚が安打製造機として覚醒。復帰した中畑は一塁に回らざるを得ず。結局功児さんは控えに回り、代打としての起用が多くなる。


結局ジャイアンツでは一度も規定打席に達することもなくオリオンズにトレード。皮肉にも功児さんにとって最大の壁だった王がジャイアンツの監督に就任したタイミングで三宅宗源という台湾出身の左投手とのトレードだった。


オリオンズにも三冠王を獲得した落合博満が一塁手で君臨していたが、一塁守備ではかなわないと悟った落合が「功児さんが来るなら俺三塁に回りますよ」と三塁コンバートを決めた。そのあおりを食った「ミスターロッテ」有藤通世37歳にして不慣れな外野守備にチャレンジせざるを得なくなった。今から考えれば功児さんを外野で起用して落合一塁、有藤三塁のままという布陣も考えられたはずだが、オリオンズでは一塁手レギュラーを獲得し、ジャイアンツでは獲得出来なかったゴールデングラブ賞も獲得した。1988年限りで現役引退。あの「10.19」のダブルヘッダー第1試合にも出場(最終回に代打で二ゴロ)していた。


現役引退後にはすぐにコーチに就任。一度もユニフォームを脱がぬまま1999年からマリーンズの監督に就任し、五年の長期にわたりマリーンズの監督を務めた。だが残念ながら一度もAクラスにはなれなかった。最後の2003年、2000年まで横浜ベイスターズで活躍したもののその後自らはプレーせず高校生を指導していたロバート・ローズを獲得。しかも自ら渡米してローズのプレーをチェックして充分にやれると判断しての獲得だったが、キャンプイン直前にローズ本人が自信を喪失して退団を申し出る幸先の悪さがたたり、五年間で最高の借金1と言う好成績だったが退陣を余儀なくされた。それでも古巣ジャイアンツから声がかかり、2004年には堀内恒夫新監督の下で二軍ヘッド兼打撃コーチを務め、翌2005年には一軍でヘッド兼打撃コーチを務めた。2005年終了後、堀内監督が退陣するとともに退団した。


マリーンズではいわゆる生え抜きでも無いのに、Bクラス続きなのに五年間も監督を務めたのは今となっては不思議だ。後任がボビー・バレンタイン2005年に日本一に輝くのだが、主力の清水直行、小林雅英、里崎智也、サブローらは山本功児監督の下で花開いた選手でいわば功児チルドレンだった。もっとも、功児さん本人はミスターチルドレンだが…<>


そしておそらく、五年連続Bクラスになった監督は功児さんの他にいないのではないだろうか?普通はそうなる前に首になるか、成績を上昇させているだろうから…。ジャイアンツで同期だった中畑も四年連続Bクラスで五年目の監督の座も用意されていたが、本人が固辞した。功児監督はBクラス続きでも最下位に沈むシーズンが無かったのが救いだったのだろう。五年目は居座ったのでは無く、何とか巻き返しをと目論見、その目玉の一つがローズだったのだろうが


ジャイアンツでは大成と言えるほどの活躍は出来なかったが、他球団に移って活躍する選手の典型例と言えるプロ野球人生だったと思う。そして移籍先のマリーンズで監督というトップに立ち、その任を終えた後に古巣から呼び戻される。


山本功児さんの打席と言えば、今も語り継がれる伝説の珍プレー、ドラゴンズの宇野勝がおでこで打球を受けてヘディングするあの打球を打ったのが功児さんだった。逝去当日のCS放送フジテレビONEの「プロ野球ニュース」での訃報ではそのシーンは流されなかったが、「サンデーモーニング」でも出来れば流さないで欲しい。流すにしても、他のシーンを流した上であのシーンも補足で流すようにして欲しい。いくら有名なシーンだとは言え、あの打球は功児さんにとっては凡打なのだからあのシーンを代表例のように流すのは故人に失礼だと思う。

 

余談だが功児さんがホームでタッチアウトになった時、横で星野仙一がグラブを叩きつけるシーンも印象的だが、実はあの年(昭和56年=1981)ジャイアンツの打線が好調でシーズン開幕から無得点で終わる試合が無く、どのチームの誰がジャイアンツを完封するかという話題になっていた。当時既にベテランの域に達していた星野はチームの後輩である小松辰雄とどちらが先に巨人を完封するか賭けていたという。「小松が巨人を完封したら俺が百万円の賞金を出す。その代わり俺が先に巨人を完封したら百万円出せ」。星野は後に、巨人打線相手でも完封出来る潜在能力のある小松に、本気を出させるための作戦だったと語っているが、宇野のせいで完封を逃してグラブを叩きつけるあたり、本気で百万円をせしめようと思っていたのか、それとも作戦を悟られないための迫真の演技だったのか


閑話休題


山本功児さんのご冥福を、つつしんでお祈りさせていただきます。


【4月26日追記】

敗戦処理。     ‏@haisenshori                            

武白志選手見てますか… RT : 黙とう後、QVCマリンに響き渡った「山本マリーンズ」のコール。

« 今秋のドラフト会議の超目玉、田中正義を観に行ったが2イニングで降板…。 | トップページ | バファローズの平野佳寿が通算100セーブ達成…で取り残されたのは!? »

コメント

長嶋監督の1年目最下位に沈んだ翌年に、新人として加入し、新人王は中日の田尾安志に譲ったものの、優勝に貢献してくれた選手ですから私も本当に強く印象に残っています。
中畑が伸び悩んでいれば1塁のレギュラーを獲れていたと思いますが、ジャイアンツ時代は代打の切り札として本当に活躍してくれたと思います。選手時代や、指揮官時代に指導を受けたマリーンズ選手の談話をネット上で見るだけでも目頭が熱くなました。自分(身内)に厳しく、他人にはやさしいタイプの方だったと思います。早すぎる訃報に接し、どうか安らかにと思うと同時に、とてもさびしい気持ちが強いです。

長緯様、コメントをありがとうございます。

> 長嶋監督の1年目最下位に沈んだ翌年に、新人として加入し、新人王は中日の田尾安志に譲ったものの、優勝に貢献してくれた選手ですから私も本当に強く印象に残っています。

今思うと、一年目から普通にチームの戦力としてなじんでいましたね。

> 選手時代や、指揮官時代に指導を受けたマリーンズ選手の談話をネット上で見るだけでも目頭が熱くなました。

そうですね。

それと、私の家に届いた日刊スポーツでは裏1面でしたが、報知、スポニチ、サンスポが1面、つまりデイリーとトーチュウ以外は大きく扱っていてその衝撃の大きさを感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63528280

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼、山本功児さん:

« 今秋のドラフト会議の超目玉、田中正義を観に行ったが2イニングで降板…。 | トップページ | バファローズの平野佳寿が通算100セーブ達成…で取り残されたのは!? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック