フォト
無料ブログはココログ

« ファイターズ、リック・バンデンハークに土つけられず… | トップページ | タマスタは鎌スタを超えた!? »

2016年4月 3日 (日)

何か引っかかるものはあるが、ファイターズが東京ドーム今季初勝利…。

Adscn0750
タイトルの通りである。何が引っかかるのかは試合を観た方なら何を指しているかは想像付くだろう。おいおい書いていく。長嶋茂雄は「勝負は家に帰って風呂に入るまでわからない」といったが、
3点リードで迎えた最終回に、満を持してクローザーを投入したものの、あれよあれよと点差を縮められ、最後は一打逆転のピンチに追い詰められた。生観戦していて心臓がバクバクしているのが自分でわかったし、こんなに疲れたのは久しぶりだ。


勝ったから心地よい疲労感…だなんてとんでもない。本当に疲れた試合だった。


(
写真:いろいろあった六回裏、11の同点から決勝打となる3ラン本塁打を放つファイターズのブランドン・レアード)



東京ドーム第2ラウンドはファイターズにとっては絶対とまでは言わないけど、負けてはならない試合だ。負けると開幕から3カードで3勝5敗になってしまうと言うのもあるが、東京ドームで連敗。ましてやホークスという寝た子を起こす試合展開にしてしまっては、ホークスの開幕ダッシュ阻止に骨を折ったゴールデンイーグルスやライオンズの戦いを無駄にしてしまいかねないからだ。



プロ野球ファンの中には近年、特に昨年の交流戦の結果などを踏まえて“パ高セ低”を意識する人が多いが敗戦処理。はその実態はホークスの一人勝ちで、極論すれば1強11弱状態とも言えかねない危険な状態だと懸念している。 昨年のような独走状態を許してはならないし、そのためにはスタートダッシュが肝心だと思うからだ。その意味ではまず開幕戦でホークス打線を眠らせたゴールデンイーグルスの則本昂大の功績は大きい。今日のファイターズの戦い次第ではホークスの3カードを終えての勝敗が4勝3敗1引き分けになるか、3勝4敗1引き分けになるか。これは大きいと思うからだ。


ファイターズの先発は有原航平、ホークスの先発は武田翔太
Cdscn0611
Cdscn0691
ともに一週間前の日曜日に先発して無失点で降板しての中六日登板。有原は8イニング、武田は9イニングを無失点に抑えている。



さすがに、両投手安定している。お互いにホームが遠い。だが、ホークスは五回表に無死一、二塁とすると、ここでワンナッシングから有原が暴投し、走者がそれぞれ進塁。無死二、三塁とさらにピンチを拡げられた。
Cdscn0679


Cdscn0680
ここで審判団が協議。何を協議しているのかと思ったら有原にボークを宣告した。敗戦処理。は気付かなかったが、近くの席の人は「一球だけ投げ方が変だ」と言っていた。佐々木昌信球審がボークであり、無死二、三塁。カウントは1ストライクのまま試合を再開すると場内アナウンスで告げると、レフトスタンドのホークス応援団、ホークスファンから大歓声が上がったが、ボークがなくても走者は二、三塁に進んでおり、ボールカウントは0-1でなく1-1になるところだったのだから、判定がボークで得をしたのは冷静に考えればファイターズのはず。等と考えていたらその次の投球でホークスは打者の高谷裕亮にスクイズを命じ、あっさり先制点を挙げた。



暴投の次の投球でスクイズというのはよくある采配だが、今の一球はボークによってノーカウントだ。カウントは0-1(ワンストライク)でファイターズバッテリーにとっては次の一球は様子を見るためにも使えるカウントだ。このカウントでスクイズを決められるのはファイターズバッテリーがあまりにも無警戒。このカウントでスクイズのサインを出す方も出す方だと思うが、決められる方はもっと情けないと思った。


この後、一死三塁となって川島慶三のゴロで三塁から長谷川勇也がホームに突入。Cdscn0690
これは市川がうまく刺した。コリジョンルールの導入で際どそうなタイミングでもガンガン本塁に走ってくる傾向があるが、これはファイターズの守備が優った。



この1点が大きな1点になるのではないかといやな予感がしていたが六回裏、ファイターズが反撃。


先頭の西川遥輝が四球で出ると、田中賢介との間にヒットエンドラン。田中賢ががら空きの三遊間を破って無死一、三塁のチャンス。


ここで中田翔の当たりは三塁手松田宣浩の真正面のゴロ。松田は5-4-3の併殺狙いで二塁に送球するが、二塁手の川島慶三は三塁走者の西川の本塁へのスタートが遅れたのを見てバックホーム。と思ったら一塁走者の田中賢に足を掬われて送球出来ず。
Cdscn0726
ファイターズが
11の同点に追いついた。


Cdscn0727


Cdscn0729
一塁側から敗戦処理。が肉眼で見た感じでは田中賢がフォースアウトになってから、本塁寄りの位置からバックホームする川島を妨害しているように見えたが、石山智也二塁塁審は流れの中のプレーで問題なしと判断したのだろうか。工藤公康監督が執拗に抗議をするが、受け入れられなかった。



肝心のクロスプレーの画像が無いのはファイターズに都合が悪いから掲載しないのでは無く、撮影し損ねたから。こういうプレーはオーロラビジョンで再現されることは無いので、肉眼で見た印象だけで書くが、守備妨害を取られても文句を言えないプレーだった様に思えた。


因みに併殺崩しのスライディングに関しては227日付スポーツニッポンによるとMLBでは今季から、走路を変えたりするなど危険だと判断されたら走者だけでなく打者走者もアウトになるという。
Bdscn0879

MLBで採用される新ルールはほぼ間違いなく一年後に日本でも採用される。このプレーに関しては田中賢のスライディングが本塁送球を防ぐために走路を変えて危険だと見なされたら打者走者でなく三塁走者がアウトにされるのだろう。


Cdscn0740
因みに工藤監督による抗議で中断している間、マウンドの武田はほとんど投球練習をしなかった。捕手の髙谷に促されて何球か投じたが、すぐに止めてしまった。一般にこういう抗議の間、投手は何球でも投球練習をして良いはずだ。チームメートが負傷退場。そしてそのプレーに対する監督の抗議と武田が冷静でいられないとしても気持ちはわからないではないが、ここは投球練習をして気持ちを切らさないようにすべきだったろう。ひょっとしてオーバーワークを避ける意味で休んでいたのかもしれないが



工藤監督の抗議も実らず打者、大谷翔平で試合再開。一昔前のパ・リーグなら打席の大谷に報復が為されるところだが、幸いにも報復はなく田中賢の次の打席でレフトスタンドから凄まじいブーイングが為される程度だった。


大谷が安打で出て、近藤健介に代わって途中出場の谷口雄也の二塁ゴロで二死二、三塁となって打席にブランドン・レアード。一塁が空いていて次打者は市川友也。いろいろな選択肢が考えられる場面だと思うが1-1からの三球目をレアードが右中間のスタンドに運んだ。(冒頭の写真)


武田翔太、五年目。今日で23歳。ここは十年目、34歳のベテラン捕手髙谷が冷静にリードすべきだったのではないか。


試合は4対1のまま最終回へ。有原は八回まで投げ、直接クローザーの増井浩俊につなぐ理想的な展開になったが、試合はあっさりとは終わらない<苦笑>


Cdscn0814

増井のストレートが高低に外れるのが一塁側のスタンドからでもわかる。調子が最悪なのがスタンドからでもわかった。それでも3点差があるからと思っていたがみるみる点差は縮まり、1点差に迫られて二死満塁で柳田悠岐という心臓が止まりそうな場面になった。


柳田はまだ、トリプルスリーを果たした昨年の柳田ではない。
Cdscn0847
ここまで四球が一つあるものの
3打数0安打。昨日も四球二つの2打数0安打、一昨日の草薙ではチャンスに二度の見逃し三振を含め3打数0安打。ただ、いくら絶不調とは言え打席にいるのは間違いなく柳田だ。増井のストレートにどんぴしゃりという最悪の展開も頭に描いたが、増井が何とか見逃し三振に仕留めて4対3で辛うじて逃げ切った<苦笑>


まだ本調子でないとはいえ、王者ホークスに三連戦を勝ち越すと言うことがいかに難しいことなのかと痺れた。久しぶりに心臓がバクバクした。



ヒーローインタビューを聞き、勝ち試合の特典、ヒーローによるハイタッチを受けると急に身体から力が抜け、何とも言えぬ疲労感に襲われた。
Cdscn0863
有原、ナイスピッチング!


「結果的に勝ったから、心地よい疲労感」という言い方をする人もいるかもしれないが、そんな生易しいものではない。勝つと言うことの難しさを痛感させられた最後の
1イニングだった。


草薙の試合を含め、三試合いずれも4対3というスコアだった。


増井は凱旋登板となった草薙でのマウンドに続き、またも安定感を欠いた。昨年ほどの完璧さを求めてはいけないのはわかるが、気になる出来だ。何とか早い時期に修正してもらいたい。今日は他にいないとは言え、増井と心中した(心中せざるを得なかった)栗山英樹監督もさすがだと思う。近藤の謎の途中欠場など気になる点もあるが、勝率五割復帰。ホークスに勝ち越させなかったのは大きかった。最終回に目を覚まさせてしまったのかもしれないが

« ファイターズ、リック・バンデンハークに土つけられず… | トップページ | タマスタは鎌スタを超えた!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63436696

この記事へのトラックバック一覧です: 何か引っかかるものはあるが、ファイターズが東京ドーム今季初勝利…。:

« ファイターズ、リック・バンデンハークに土つけられず… | トップページ | タマスタは鎌スタを超えた!? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック