フォト
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

野球賭博問題のキーマン“B氏”逮捕…。

Adscn1011_2
警視庁は
29日、自称無職斉藤聡容疑者(38)を賭博開帳図利容疑で逮捕。また、賭博開帳図利ほう助容疑で元投手の笠原将生容疑者(25)を逮捕した。


昨年の10月に発覚してから笠原を含む三人の無期失格処分の選手と一年間の失格処分の選手を出して球界とファンを震撼させた巨人軍の野球賭博関与問題に、ついに警察のメスが入った。


なお、記事によっては飲食店経営者飲食店従業員とも報じられているこの斉藤容疑者は「週刊文春」等の報道で野球賭博問題のキーマンとされ、NPBの調査委員会でも野球賭博常習者と認定されていたB氏の様だ。


だとすると、逮捕は当然として、別の問題にも波及するのではないか


(写真:B氏こと斉藤聡容疑者の告白を記事にした「週刊文春」324日号:文藝春秋の誌面)

 

続きを読む "野球賭博問題のキーマン“B氏”逮捕…。" »

2016年4月25日 (月)

バファローズの平野佳寿が通算100セーブ達成…で取り残されたのは!?

Adsc_0204
24
日のマリーンズ対バファローズ戦で4対31点リードで迎えた最終回にマウンドに上がったバファローズの平野佳寿が先頭の中村奬吾に四球を与え、二死三塁とピンチを背負うが切り抜けて逃げ切り今季4セーブ目を挙げた。平野はこれで通算100セーブとなった。プロ野球史上27人目の快挙。


だが、平野の記録達成によってある事実がクローズアップされる。平野やバファローズ球団にとっては快挙であっても、その一方で


(写真:史上27人目の通算100セーブを記録したバファローズの平野佳寿。20158月撮影)

続きを読む "バファローズの平野佳寿が通算100セーブ達成…で取り残されたのは!?" »

2016年4月24日 (日)

追悼、山本功児さん

Adsc_0151
田中正義
を観に行ったやまぶきスタジアムからの帰りにツイッターを立ち上げたら訃報が入ってきた。ジャイアンツ、オリオンズで活躍し、マリーンズで監督も務めた山本功児さんが
23日、なくなられた。まだ64歳だった。


また一人、敗戦処理。がプロ野球ファンになった初期の選手が


(写真:巨人対阪神のOB戦に出場した山本功児さん 200711月撮影)

続きを読む "追悼、山本功児さん" »

2016年4月23日 (土)

今秋のドラフト会議の超目玉、田中正義を観に行ったが2イニングで降板…。

Adsc_0010
今日
(23)は今秋のドラフト会議の目玉と言われている、創価大学の田中正義投手を観に行ってきた。


東京新大学野球連盟1部リーグ、春季リーグ第3週、創価大学対共栄大学の第1回戦、敗戦処理。の目論み通りに田中は先発したが、わずか2イニングで降板した。


(写真:投球する創価大の田中正義)

続きを読む "今秋のドラフト会議の超目玉、田中正義を観に行ったが2イニングで降板…。" »

2016年4月17日 (日)

17日のジャイアンツ球場のイースタン・リーグ公式戦、巨人対東北楽天戦はコンディション不良で中止。 生“オコエ瑠偉”初観戦はお預けも…

Dscn0960
今日
(17)は初めてオコエ瑠偉を生で観る機会として、ジャイアンツ球場で行われるイースタン・リーグ公式戦、ジャイアンツ対ゴールデンイーグルス戦を生観戦の予定だったが、強風と大雨のため、試合開始前に中止になってしまった。


ジャイアンツ球場は既に開場しており、ぱっと見で100人くらいのファンがスタンドにいたが、トイレくらいしか雨風を避けるところがないため、ほとんどのファンはトイレからグラウンドを恨めしそうに見ていた。


こんな悪天候でも球場に来てくれたファンのためにと、室内練習場を公開。グラウンドではまだゴールデンイーグルスの選手達が何人かキャッチボールやランニングをしていたので、「俺たち(ファン)より楽天の選手を(室内練習場に)入れてやれよ」等の声も。しかし室内練習場をのぞいても、練習をしているのはゴールデンイーグルスの選手達ばかり。ではジャイアンツの選手達はと言うと、ロッカールームで

続きを読む "17日のジャイアンツ球場のイースタン・リーグ公式戦、巨人対東北楽天戦はコンディション不良で中止。 生“オコエ瑠偉”初観戦はお預けも…" »

2016年4月12日 (火)

【暴論】神宮球場を機材倉庫に使わせろ等と平気で言うのなら東京五輪などやめてしまえ!

Adsc_0080_2
全く以て腹立たしい話題である。
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が神宮球場を機材倉庫として使用するために、両大会の期間中のみならず、その前後を含め7ヶ月の長期間にわたり、神宮球場を占有する交渉を始めたというのだ。


新国立競技場のデザイン問題、エンブレム問題、聖火台問題と、周到な計画がなされていない点が多々露呈している中、今度は神宮球場を両大会の開催期間前後を含む7ヶ月間(5月から11月まで)使わせろと言う。東京ヤクルトスワローズのプロ野球公式戦は言わずもがな、東京六大学野球や東都大学野球、高校野球等、日本で最も稼働率の高い野球場を7ヶ月間も使用させないつもりらしい。


暴論を承知で言わせてもらえば、東京五輪開催を返上した方がいいのではないか?そのくらい組織委員会の運営能力を疑わざるを得ない。

続きを読む "【暴論】神宮球場を機材倉庫に使わせろ等と平気で言うのなら東京五輪などやめてしまえ!" »

2016年4月10日 (日)

田中賢介の走塁を守備妨害だと主張する人達は公認野球規則を読んでいないのか!?

Cdscn0726
敗戦処理。も生観戦していた
3日のファイターズ対ホークス戦の六回裏、一塁走者、田中賢介の併殺崩しのスライディングが物議を醸した。


それから一週間、敗戦処理。もネットでいろいろな人の意見を見た。評論家、ファン、記者、ライター。ここに個々のリンクを貼ることはしないが、それらも踏まえ、敗戦処理。が感じたことをあらためて書いてみる。


(写真:田中賢介のスライディングを受けてグラウンドにうずくまる川島慶三)

続きを読む "田中賢介の走塁を守備妨害だと主張する人達は公認野球規則を読んでいないのか!?" »

2016年4月 9日 (土)

タマスタは鎌スタを超えた!?

Adsc_0182
今日(9日)はホークスのファームが今季から本拠地としているJR鹿児島本線、筑後古小屋駅のそばにあるタマホームスタジアム筑後に行ってきた。ファイターズのファームが遠征し、ウエスタン・リーグのホークスと交流戦を行う。今日と明日
10日の二連戦。


ホークスが繰り出す一軍並みの豪華投手リレーを相手にファイターズ打線が少ないチャンスをものにしてロースコアの接戦で終盤までもつれる好ゲームだった。


そして、資金力を持つ球団がその資金の使い方を誤らずに正しく使うと、そうでない球団との差がどんどん付いてしまうのではないかといささかの危機感を覚える観戦旅行となった。


(写真:八回表に同点打を放つファイターズの太田賢吾)

 

続きを読む "タマスタは鎌スタを超えた!?" »

2016年4月 3日 (日)

何か引っかかるものはあるが、ファイターズが東京ドーム今季初勝利…。

Adscn0750
タイトルの通りである。何が引っかかるのかは試合を観た方なら何を指しているかは想像付くだろう。おいおい書いていく。長嶋茂雄は「勝負は家に帰って風呂に入るまでわからない」といったが、
3点リードで迎えた最終回に、満を持してクローザーを投入したものの、あれよあれよと点差を縮められ、最後は一打逆転のピンチに追い詰められた。生観戦していて心臓がバクバクしているのが自分でわかったし、こんなに疲れたのは久しぶりだ。


勝ったから心地よい疲労感…だなんてとんでもない。本当に疲れた試合だった。


(
写真:いろいろあった六回裏、11の同点から決勝打となる3ラン本塁打を放つファイターズのブランドン・レアード)

続きを読む "何か引っかかるものはあるが、ファイターズが東京ドーム今季初勝利…。" »

2016年4月 2日 (土)

ファイターズ、リック・バンデンハークに土つけられず…

Adscn0373_2
一試合少なくなった今年のファイターズの東京ドーム主催試合。今日
(2)東京ドームで初戦を迎えた。昨日静岡草薙球場でホークスを相手にサヨナラ勝ちし、勝率を五割に戻したファイターズとしては今日も連勝して今季初の貯金1としたいところ。そして何よりまだ調子の上がっていないホークスを、調子が上がらないうちに叩いておきたいところだったが、昨年9勝無敗のままシーズンを終えた負けない男、リック・バンデンハークを打ち崩せず、バンデンハークに土を付けるどころか、再び借金1となってしまった。


(写真:試合前、リック・バンデンハーク対策に余念が無いファイターズナイン)

 

続きを読む "ファイターズ、リック・バンデンハークに土つけられず…" »

2016年4月 1日 (金)

【幻のトレード】大田泰示×斎藤佑樹交換トレード発表寸前で破談!?

Adsc_0104
ファイターズの斎藤佑樹投手とジャイアンツの大田泰示外野手の交換トレードが今日4月1日にも両球団から発表されるはずだったが、直前で破談になったことがわかった。


斎藤が六年目で現在27歳、大田が八年目で現在25歳。どちらも現在のチームで欠くことの出来ない存在とは言えない微妙な立場。環境を変えることで眠っている潜在能力をブレークさせることが出来たかもしれないが、実現には至らなかった

続きを読む "【幻のトレード】大田泰示×斎藤佑樹交換トレード発表寸前で破談!?" »

ファームの球場で懐かしの勇姿が蘇る!

Adsc_0132
先月
12日に開幕したプロ野球のイースタン・リーグ。今季は大幅に試合数を増やしたことで話題になっているが、それでも球団数が奇数であることに変わりは無く、常にどこか1球団が試合を組めない状況も相変わらずだ。育成選手や出場機会に恵まれない選手などの寄せ集めで結成するフューチャーズが、試合を組めないチームと試合をするチャレンジマッチが定着してきたが、今季は新たに二軍監督、コーチらが昔取った杵柄でプレーをするティーチャーズを結成し、試合を組めないチームの対戦相手になることが決まった。今日4月1日、記者会見が開かれ発表された。

実はあまり知られていないが、1983年まではイースタン・リーグの公式戦に二軍の監督、コーチが出場することが出来た。ティーチャーズの試合は公式戦ではないが、33年ぶりに二軍監督、コーチのプレーが解禁になる。


「ミスター完投」、平成の大エース斎藤雅樹が投げ、名球会入りした「ミスターファイターズ」田中幸雄がセンターオーバーの弾丸ライナーを放つ!?


現役当時のプレーを再現することが出来なくても、グラウンドでの所作やプレー姿はファームの若い選手の手本となるだろう。そして懐かしい勇姿を観に、ファンがスタジアムを埋めることも期待している。

続きを読む "ファームの球場で懐かしの勇姿が蘇る!" »

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック