フォト
無料ブログはココログ

« 祝・斎藤雅樹野球殿堂入り | トップページ | 2017年開幕戦問題!? »

2016年1月26日 (火)

つくば市がジャイアンツの二軍を誘致へ

Adsc_0298
25
日のスポーツ報知の社会面に驚きの記事が載っていた。茨城県のつくば市がジャイアンツの二軍と三軍を誘致する動きがあるという。東京ドーム10個分の土地があり、現在のジャイアンツ球場のグラウンド、室内練習場、寮がそっくり引っ越せるスペースがあるという。


いやはや驚いた。


(写真:ジャイアンツの二軍の本拠地、川崎市のジャイアンツ球場でリーグ優勝を決め、ファンに挨拶する岡崎郁二軍監督《当時》。 20159月撮影)



Cdsc_2829
つくば市に巨人2軍!地元企業関係者ら全施設誘致へ 

(2015125日 スポーツ報知)


つくば市側は、近く設立される「プロスポーツ誘致推進協議会」がプロチームを誘致することで地域の活性化を図る目的で、ジャイアンツの二軍と三軍の誘致に成功すれば、球場関係だけでなく、周辺にショッピングモールなども整備する意向もあるという。確かに、ファイターズタウンのある千葉県鎌ケ谷市、かつては「湘南シーレックス」と名乗っていたベイスターズのファームの本拠地のある神奈川県横須賀市の様に地域に溶け込んだプロ野球チームはファームといえども地域に愛されて活性化の一翼を担っていると言える。


ジャイアンツのファームの本拠地、ジャイアンツ球場は神奈川県の川崎市にあるが、最寄り駅の京王相模原線、京王よみうりランド駅が東京都稲城市にあるため、稲城市や周辺の東京の各市をターゲットにファンの開拓を図っているのが実情だ。昨年から「Gプロジェクト」と銘打ってファームのファンの開拓、入場者数増による、選手のモチベーション向上を目指している。


ジャイアンツにとってのつくば市移転のメリットは何だろうか?


グラウンド、室内練習場、寮が一カ所に集中すれば、現在は寮のみが離れたところにあるから、それよりは野球一色の生活がしやすくなる。大田泰示のような自転車事故もなくなるだろう。


また、茨城県にはNPBのチームがいない。移転すれば最初は物珍しさもあって、現状のジャイアンツ球場より多くの観客が集まるだろう。それが長続きするかはジャイアンツの企業努力次第だろう。一軍レベルの選手が調整で出場する試合や、試合後にグラウンドで選手と触れ合えるチャンスがあるときばかりに多くの観客が集まるというレベルでは今と変わらない。


敗戦処理。は2009年秋に現在の室内練習場が完成した時点で、ジャイアンツはこの場所と心中するくらいの覚悟なのだろうなと想像していた。そして次なる改革は旧室内練習場の跡地に寮を移転させ、通勤時間も短縮し、本当に野球のみに打ち込むための施設とするのだと思っていたが、約六年を経過し、そんな動きはないようだ。


その間、大所帯となったチームで二軍と、第二の二軍がそれぞれ試合を行えるように2011年からナイトゲームの設備を整えた。近隣住民との話し合いにより、午後8時を目処に試合を終わらせなければならなくなり、一日二試合の運営にやや支障が出た面もあるが、ハードの充実は確か。


昨年から久保博球団社長肝いりのプロジェクトも始めた。移転が何年後になるのかはわからないが、本当にジャイアンツにとってメリットがあるのだろうか?


イースタン・リーグでジャイアンツと対戦するチームの移動の問題も考える必要があろう。イースタン・リーグと称しながら、7球団のうち、6球団が関東にひしめき、関東の一都六県のうち、三県にまとまっていることが各球団の移動コストを最小限にしているというメリットを犠牲にすることにもなる。非公式な場での発言らしいが、かつて球界再編騒動で新規参入球団が宮城県の仙台市を本拠地にすると決まったとき、せめてファームは出来るだけ関東に近い場所にいて欲しいという意見が出るくらい、各球団はファームの運営費用を節減したいのだ。


そして、京王相模原線の沿線に住んでいる敗戦処理。にとっては準地元の球団がいなくなるのは避けたいのが本音だ。


スポーツ報知の記事には「近く関係者が会見し、正式に発表する」とある。こういう場合、水面下でジャイアンツに打診済みということも考えられる。記事によると、新球場予定地は、約300億円の総事業費をかけて総合体育館などを整備する予定だったが、昨年8月に行われた住民投票で反対が8割を占めて頓挫した経緯があるという。いわゆる箱モノ行政批判もあったのだろう。同じ失敗は二度出来ない。ジャイアンツという具体的な使用者の存在を表に出して、住民の理解を得ようと考えても不思議でない。


ジャイアンツのファームは、いやジャイアンツは、まだジャイアンツ球場でやり残していることがいっぱいあると思う。何処を本拠地にするか以前にファームから這い上がってレギュラーをつかむ若手がいないという問題もある。アマチュア球界のエリート選手でドラフト上位で入団する選手と、移籍組しか十年以上一軍でレギュラーになっていない現実をどう考えるか?


まず育成方法を考え、それにふさわしい環境を考えるべき。それが現状のジャイアンツ球場なのか、誘致されるつくば市なのかを吟味する必要がある。その上で、その地域の住民にいかに愛されるようになるかの努力をするべきなのである。


個人的には自分の家の近くにファームとはいえプロ野球の常打ち球場があることは素晴らしいことだと思っているので、移転をして欲しくない。ただ、ジャイアンツのファームのサービスには満足していないのも事実。賛成とも反対とも言い切れないというのが、今日の一報を聞いての感想だ。

« 祝・斎藤雅樹野球殿堂入り | トップページ | 2017年開幕戦問題!? »

コメント

まずはブログ10周年&引っ越しおめでとうございます。
イースタンリーグファンの僕にとっても巨人2軍移転のニュースは驚きです。
ソースが報知新聞ということからもどうやら話はだいぶ進んでいてガセネタではなさそうですね。

理由については敗戦処理さんがご指摘の通り夜間の球場使用の件はあるでしょう。他に考えられるとしたら
やはり3軍制(第2のの2軍)の再開が考えられます。去年12月の巨人の寮に関する記事で育成選手の多数指名
で既に選手の部屋がいっぱいいっぱいになっているというものがありましたが、今後も2軍の大所帯を続ける方針
となればその人数に見合った2軍拠点が必要という判断に至ったのでしょう。

近年ではソフトバンク、オリックスの2軍移転も決まり、育成だけでなく地域に根差したプロ野球の2軍ビジネスが
ようやく始まりつつあるという印象を受けます。2軍集客数12球団1の鎌ヶ谷はその先駆けでもありますが
良い部分だけは真似をしてもらい全国各地で2軍チームが盛んとなるようなプロ野球であってほしいですね。

サフラン様、コメントをありがとうございます。

> まずはブログ10周年&引っ越しおめでとうございます。

あ、どうもありがとうございます。

> 理由については敗戦処理さんがご指摘の通り夜間の球場使用の件はあるでしょう。他に考えられるとしたら
やはり3軍制(第2のの2軍)の再開が考えられます。去年12月の巨人の寮に関する記事で育成選手の多数指名
で既に選手の部屋がいっぱいいっぱいになっているというものがありましたが、今後も2軍の大所帯を続ける方針
となればその人数に見合った2軍拠点が必要という判断に至ったのでしょう。

あるとしたら、その辺が理由ですかね。

今の寮が手狭なら、旧室内練習場の跡地を使って広い寮を作れるような気もしますが…。

> 近年ではソフトバンク、オリックスの2軍移転も決まり、育成だけでなく地域に根差したプロ野球の2軍ビジネスが
ようやく始まりつつあるという印象を受けます。

そうですね。二軍の選手といえど、自分たちのプレーを観に、お金を払って来て下さるお客さんの目を意識してプレーすることは必要だと思います。

> 全国各地で2軍チームが盛んとなるようなプロ野球であってほしいですね。

ですね。ただジャイアンツの場合は、一人でも二人でも二軍から這い上がってレギュラーポジションを取るような選手が出てこない限り、真の盛り上がりは難しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63122808

この記事へのトラックバック一覧です: つくば市がジャイアンツの二軍を誘致へ:

« 祝・斎藤雅樹野球殿堂入り | トップページ | 2017年開幕戦問題!? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック