フォト
無料ブログはココログ

« 大谷翔平、四年目の来季も「二刀流」継続 | トップページ | 今年の1枚–2015年 »

2015年12月28日 (月)

東都大学野球連盟、来春から1、2部統合か!?

Adsc_2437
来年、創立
85周年を迎える東都大学野球連盟が揺れている。東京六大学には無い、入れ替え戦でしのぎを削るサバイバル争いによるレベルの高さが一つの売りになっている東都大学野球連盟だが、来春から1部と2部を統合して12大学によるリーグ戦に改めようとの動きがある。


だが、今年の秋季リーグと明治神宮大会を制した亜細亜大学の生田勉監督が1、2部の統合に異議を唱えるなど、一筋縄には行かなさそうだ。かつては東都大学リーグにはまった敗戦処理。としても気になる話題だ。

 

東都大学野球連盟は1部から4部まで計21大学で成り立ち、上位のリーグ最下位と下位のリーグの優勝大学との入れ替え戦が売りの一つで、それ故にレベルが高く「戦国東都」の呼び名が定着し、5年先輩の東京六大学に決して引けを取らない実力と言われている。

 

(写真:神宮第二球場が使用出来なくなり、当該大学のグラウンドでリーグ戦を行う東都大学連盟2部。 青山学院大学淵野辺グラウンド=20159月撮影)



「かつては東都大学リーグにはまった」と書いたが、最もはまっていた時期は今から三十年ほど前。当時から「戦国東都」の異名を持ちながら、歴史と伝統で上を行く東京六大学リーグと比較すると、1部リーグに限って言えば東京六大学に引けを取らないレベルにもかかわらず、東京六大学と同じく神宮球場を使用するものの週の内五日間は六大学に使用の優先権があるなど、存在は地味。プロ野球に例えれば東京六大学がセ・リーグで東都はパ・リーグ。早慶戦は巨人対阪神という印象。


東都リーグの優勝のかかった一戦が、雨で順延した早慶戦に押し出され、隣接するゴルフ練習場を併設した神宮第二球場に押しやられた時には、それこそ当時のパ・リーグの試合以上にガラガラのスタンドで、隣の神宮球場の大声援を耳にしながら寂しい観戦をしたものだ。

Dsc_0003


三原昇、阿波野秀幸、佐藤和弘
(後のパンチ佐藤)、関清和、河野博文、新谷博、和田豊、長富浩志、古川慎一、小川博、斉藤学、南渕時高
「鉄腕松浦」なんてのもいた個性豊かな選手達がグラウンドを翔ていたが、端から見ていても、東京六大学に比べるとどうしてもマイナー感が否めなかった時代だ。


Dsc_0001
東都の1部と2部は神宮球場で試合を行うが、神宮第二球場で試合を行うかなどの格差があり、1部の大学は優勝争いの常連大学であっても、優勝という目標の前に、まず最下位に落ちないこと、即ち入れ替え戦で2部落ちの可能性を回避することが主目的になるという実態があって、万一最下位に沈んだ場合、二戦勝ち抜き制の入れ替え戦(NPBのクライマックスシリーズ、ファーストステージの方式)は優勝のかかる対戦並みに盛り上がる。3部、4部になるともっと悲惨で、専用の球場はなく、各参加大学のグラウンドで持ち回りになる。



ところが近年、2部リーグまでもが神宮第二球場で試合を行えなくなり、冒頭の写真の様に当該大学のグラウンドでホーム&アウェイ方式で対戦するようになっている。3部、4部はともかく、2部リーグの各大学の移動などの負荷を軽減するには、神宮球場で1、2部を統合して12大学で行おうという構想が出たのだ。


因みに今秋のリーグ戦で2部に所属したのは東洋大、青山学院大、国士舘大、東京農業大、拓殖大、立正大。
Cdsc_0016
侍ジャパンを率いる小久保裕紀や、現マリーンズの井口資仁、セ・リーグ優勝の立役者、石川雅規らを排出し、今年のドラフト会議でも外野手の吉田正尚がバファローズからドラフト
1位に指名される近年の強豪、青山学院大学が2部に落ちていることからも、リーグ全体のレベルの高さと、名門大学でもあぐらをかけない競争の厳しさをうかがわせる。


だが、この統合に異議を唱えたのが秋季リーグを制し、各リーグの覇者同士で競う明治神宮大会をも制して今年の大学野球日本一に輝いた亜細亜大学の生田勉監督だ。生田監督は優勝祝賀会でこう語った。


「来年、東都連盟は85周年を迎えるが、六大学連盟は今年、90周年を迎えた。東都の先人の監督方は六大学に追いつき、追い越せでリーグを活性化してきた。そういうなかで12チームでやろうというのは反対。改革ではなく、やり方に私は反対です」


極めて正論だ。やはり、
1部と2部の入れ替え戦があってこその東都だろう。1部の6位と2部の1位に天と地ほどの格差があるからこそ、厳しい競争下にあるからこその「戦国東都」だろう。12大学統合リーグで、6位と7位に差を付けることは難しいだろう。


だが、神宮第二球場を追われ、代替えの専用球場を見つけられずに各大学のグラウンドを持ち回りというのはかなり厳しい環境であることは想像するに難くない。都内に、日程を確保出来、有料で収入を得られる施設が見つからなかったからの現状であろうから、一朝一夕には解決しない問題ではあろうが、亜大の生田監督の思いの様に、入れ替え戦のある
1部から4部の方が東都らしいだろう。


東都大学野球連盟は、来年1月14日に臨時運営協議員会、臨時理事会を開くことを決めた。どういう結論が出るだろうか…

 

« 大谷翔平、四年目の来季も「二刀流」継続 | トップページ | 今年の1枚–2015年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球連盟、来春から1、2部統合か!?:

« 大谷翔平、四年目の来季も「二刀流」継続 | トップページ | 今年の1枚–2015年 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック