フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月26日 (日)

ジャイアンツの新外国人ホアン・フランシスコ、ファーム交流戦「伝統の一戦」でデビュー!

Adsc_0152
昨日の鎌ケ谷に続き、今日
(26)はジャイアンツ球場に行ってきた。ジャイアンツ球場では昨日に続き、タイガースとの「ファーム交流戦」が行われている。ウエスタン・リーグに所属するタイガースのファームの試合を観るのは二年前にファイターズスタジアムでファイターズ対タイガースのファーム交流戦を生観戦して以来なので楽しみだった。


そしてジャイアンツとしては、いかにも付け焼き刃的な新外国人選手、ホアン・フランシスコが実戦デビューするという。これまた楽しみだ。


フランシスコは「三番・一塁」でスタメン出場。第二打席でゴロで三遊間を破る痛烈な打球を放つなど、まずまずのデビューを果たした。


(写真:三回裏の第二打席で三遊間を破る来日初安打を放つホアン・フランシスコ)

続きを読む "ジャイアンツの新外国人ホアン・フランシスコ、ファーム交流戦「伝統の一戦」でデビュー!" »

2015年4月25日 (土)

高梨裕稔の時代はきっと来る…。

Cdsc_0087
今日
(25)は約一ヶ月ぶりにファイターズスタジアムに行ってきた。ファイターズのファームはここ数年の低迷が嘘のように、ここまではイースタン・リーグで首位を走っている。まあ順位はともかく、昨日まで24試合を消化して貯金が6もあるのは素晴らしい。


土日のたびに何らかのイベントを仕掛けてくる感じのファイターズスタジアム。今日と明日はペット同伴デーで、外野席に限ってペット同伴で観戦できるというもの。また、一塁側のプールエリアではスタジアム婚活が行われていた。


試合さえ観られればいい敗戦処理。が注目したのは先発した二年目の高梨裕稔。今季ここまで4試合に登板して3勝0敗。防御率は3.15と平凡だが20イニングで35奪三振とハイペースで三振を奪っている。


(写真:ファイターズ先発の高梨裕稔。この試合の前まで4試合で3勝0敗。奪三振率は15.75!)

続きを読む "高梨裕稔の時代はきっと来る…。" »

2015年4月13日 (月)

東京野球ブックフェア

Adsc_1859
12
日、原宿のレンタルスペースさくらで行われた「東京野球ブックフェア」に行ってきた。昨年の12月に行われる予定だったものが中止になり、その後変更としてこの時期に開催の運びとなったようだ。


会場には野球関連の古い雑誌やコアな書籍、また最新の野球本が所狭しと並び、地下1階の会場では野球にちなんだトークショーが開かれたりと、野球ファンなら誰でも楽しめるイベント。月島で開催されていた頃から数えてもう5回目だそうだ。


続きを読む "東京野球ブックフェア" »

2015年4月 9日 (木)

ファイターズが4280日ぶりに東京ドームでライオンズに連勝!

Adsc_1834
ファイターズが今日
(8)も東京ドームでライオンズに勝った。前エントリーファイターズが東京ドームでライオンズに勝った! で書いた様に、ファイターズにとって、東京ドームでライオンズ相手に主催試合を組むのが北海道移転後初。つまり東京ドームでライオンズに勝つのが2003年以来12年ぶりなのだが、連勝となると、2003年の718日から20日の三連戦に三連勝して以来。計算すると4280日ぶりになる!


(写真:ライオンズに連勝し、ヒーローインタビューに呼ばれた勝利投手の吉川光夫と決勝打のブランドン・レアードがエキサイトシートのファンとハイタッチ)

続きを読む "ファイターズが4280日ぶりに東京ドームでライオンズに連勝!" »

2015年4月 7日 (火)

ファイターズが東京ドームでライオンズに勝った!

Acsc_0108
敗戦処理。にとって、年に8回のお祭りが今年も始まった。今日(7日)は東京ドームでのファイターズ主催試合8試合の開幕戦だ。



ファイターズが北海道に移転してからの東京ドームでの主催試合では初めてのライオンズ戦。つまり、ファイターズが東京ドームでライオンズに勝ったのは2003年以来、12年ぶりということになる!


あの当時も土日を中心に年間何試合か東京ドームでのライオンズ戦を生観戦していたが、今日がいつ以来の勝ち星か思い出せないくらい遠い昔という印象だ。


(写真:三回裏、先制のツーランホームランを放つ中田翔)

続きを読む "ファイターズが東京ドームでライオンズに勝った!" »

2015年4月 5日 (日)

阿部慎之助の一塁コンバートは何だったのか!?

Acsc_1798
2
日のドラゴンズ戦で捕手の相川亮二が足を痛め、右大腿二頭筋の肉離れと長期離脱を余儀なくされたのを受け、翌3日から、昨年までの正捕手で今季は一塁手にコンバートされている阿部慎之助がマスクをかぶっている。


阿部の一塁手へのコンバートを決意した原辰徳監督は阿部の捕手としての起用を99%ないと明言していたが、開幕7戦目にしてわずか1%の事態に至ってしまった。


うーん


(写真:阿部の捕手復帰を1面で報じる4月3日付スポーツ報知)

続きを読む "阿部慎之助の一塁コンバートは何だったのか!?" »

2015年4月 4日 (土)

まさに「勝ちに不思議の勝ちあり」ジャイアンツのファームがサヨナラ勝ち

Adsc_0281
今日
(4)、今季初めてジャイアンツ球場に行ってきた。東京ドーム、ファイターズスタジアムと観戦してきて、ジャイアンツ球場。これで個人的にも今シーズンが始まった様な気がする。


ジャイアンツのファームは中盤に3点差を追いつき、最終回に2点を勝ち越されるも追いつき、延長戦でサヨナラ勝ちという、一軍に見せたい様なめでたい試合であったが、タイトルにも書いたとおり、野村克也の名言、「勝ちに不思議の勝ちあり」を実感させる試合内容だった。


写真:延長十回裏、サヨナラのホームを踏む三塁走者の鬼屋敷正人。)

続きを読む "まさに「勝ちに不思議の勝ちあり」ジャイアンツのファームがサヨナラ勝ち" »

2015年4月 2日 (木)

敗戦処理。的阪急ブレーブス~オリックス・ブレーブス~オリックス・ブルーウェーブ~オリクス・バファローズ歴代ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.11

Dsc_0031
偶数月2日、一昨年2月にスタートしたマイセレクトベストナインを掲載してきましたが、今月はマイセレクトベストナインの第11弾。



敗戦処理。は一昨年の生観戦で、初めてプロ野球の試合を生観戦してから四十年目となった。そこで旧近鉄バファローズを含めた十三球団の、初めて生観戦をした1974(昭和49)以降、即ちリアルタイムに見た時代のベストナイン、ベスト一軍メンバー28人を自分なりに選んでみることにした。


1974年という年はジャイアンツの連続優勝がV9で止まった年であり、セーブが記録として制定された年である。そして日本ハムが日拓ホームから球団を買収し、ファイターズがスタートした年である。翌年にはパ・リーグで指名打者制が採用されるなど、大きな節目の時期でもある。


そして敗戦処理。は昨年の生観戦で生観戦歴四十周年となった。NPBは昨年を“プロ野球80周年”と称している。日本のプロ野球の約半分をリアルタイムに共有していることになる。


マイセレクトリアルタイムベストナインVol.11-阪急ブレーブス~オリックス・ブレーブス~オリックス・ブルーウェーブ~オリックス・バファローズ

続きを読む "敗戦処理。的阪急ブレーブス~オリックス・ブレーブス~オリックス・ブルーウェーブ~オリクス・バファローズ歴代ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.11" »

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック