フォト
無料ブログはココログ

« 鳥谷敬、タイガース残留でNPB記録にどこまで迫れるか!? | トップページ | 敗戦処理。的ホエールズ~ベイスターズ歴代ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.10 »

2015年1月18日 (日)

8年目を迎えたファイターズの新入団選手歓迎式典・交流会

Bcsc_0075
もはや恒例となった感のある、
2015年北海道日本ハムファイターズ新入団選手歓迎式典・交流会」18日、鎌ケ谷市のファイターズタウンにあるファイターズの室内練習場で行われた。現行のスタイルになってから早いもので8年目。すっかりファンの間で定着したようで、午後2時の開始よりかなり早い時間から入場待ちの長蛇の列が出来ていた。


(写真:CB、かまたんと共に記念写真に収まるファイターズの今年の新人9選手) 



今年もファイターズスタジアム恒例の
2015年北海道日本ハムファイターズ新入団選手歓迎式典・交流会」が行われた。新入団選手が全員、ファイターズタウンにある選手寮「勇翔寮」で生活することになるため、鎌ケ谷市役所に転入届を提出する行事。もともとは選手たちが鎌ケ谷市役所に出向いて提出するのを公開していたのだが、2005年にダルビッシュ有目当てのファンが市役所に多数押しかける事態が発生。そのダルビッシュ以来の大物ルーキーである中田翔が入団した2008年から混乱を避けるために市長の方から出向いてもらい、選手たちが転入届を提出する形に変わった。さらには新鎌ヶ谷駅に掲げられる新入団選手の手形の型をとったり、式典後にファンとの交流会を設ける形になった。話題性という点ではダルビッシュや中田を遙かに上回った斎藤佑樹が入団した2012年にはグラウンドでの開催となったが開場前に大雪が降るアクシデントの中で行われた。


敗戦処理。としては、新人合同自主トレが行われている間にジャイアンツとファイターズを少なくとも一度は見ておきたく、既にジャイアンツの方はジャイアンツ球場で見物したのでファイターズの方はこの日にと考えていた。


ファイターズの新人合同自主トレは例年、他の球団と違って選手に背番号や名前の入ったゼッケンを付けさせない。
Cdsc_0008
この時期、ユニフォームを着ての練習は御法度なのでそうでもしないとファンには選手の識別がしづらいものだ。ジャイアンツはもちろんのこと、スポーツニュース等で見る限り多くの球団がゼッケンの類いを付けている。

 


誰だかわからないにしても、スタンドからまったり眺めようかと思ったら、まさかのスタンド開放なし!

Cdsc_1537
コンコースにあるトイレを使えるように、普段の試合の時には開かない三塁側のゲートを開けてあるのだが、スタンドには入れない。
先週の連休では開放していたようだが、自主トレ期間中、スタンドを開放するのはあとは
24()だけ。開ける日と開けない日があるのはわかっていたが、集客の多い今日は開けると思っていただけに拍子抜け<苦笑>


ファンは外野席後方の金網越しにグラウンドの選手の動きを追うことになるけれど、金網にしがみつくように選手たちの動きを注視するファンと同じくらい<!?>、練習を切り上げてグラウンドから出てくる選手からサインをもらったり写真を撮ってもらったりするための列に並ぶファンがいてさらにびっくり。
Cdsc_1543
一年間で最もサインをゲットしやすい時期であると言われ、新人選手だけでなく、一軍選手も自主トレで利用しているのだから、ファンにとっては垂涎の的。今に始まった話ではないが、これほど大規模になるとは



これもひとえに、地元に密着した球団運営の継続的な努力の賜、と言いたいところだが、昨年のこの日には選手本人に聞こえる距離で「ルーキーサインってのは後々価値が出るからな」と叫んでいた輩がいて、常連さんたちに窘められていたから、そういう目的の人たちにも千載一遇の時期なのだろう<苦笑>


新人達の識別も付かないのだから、式典や交流会の列に並べばいいものを、陽は射しているものの風が冷たい気候なので並ぶのがおっくうになり、陽の当たる場所で暖をとっていたら、開始一時間半前の時点で入場列はレフト後方にある室内練習場の前からバックスクリーンを超えるあたりまで伸びており、開場直前にはライトのポールのあたりまで伸びていた。
Cdsc_20150118122638
そんなことだから、「2015年北海道日本ハムファイターズ新入団選手歓迎式典・交流会」では立ち見の、それも後方となってしまった。

 


式典は例年通り、新人選手が一人ずつ転入届を清水聖士市長に提出し、市長が記念品として鎌ケ谷市の梨をプレゼントするというお決まりのパターン。

Cdsc_0028

Cdsc_0030
ドラフトの指名順に行うので先頭は
1位の有原航平。誤解のないように書いておくが、鎌ケ谷市に引っ越して転入届を出せば誰でも梨がもらえる訳ではない<>

そして、これまた恒例の手形の型をとるセレモニー。
Cdsc_0049
Cdsc_0051
春頃
<!?>には東武野田線・新鎌ヶ谷駅の改札前のメッセージボードに掲出されるとのこと。


この後は趣向を変えて交流会へ。

 

Cdsc_0090
いったん退場した新人選手達が、スポンサーが提供したオープンカーで再登場するパフォーマンスで客を驚かせると、交流に入る前にスポンサーの東邦オート
()向けのフォトセッション。
Cdsc_0117
いくらオープンカーとはいえ一度に9人は乗れない。昨秋のドラフト会議で後先考えずに9人もの大量指名をしたばかりにこんなことになった
<>


その後は肺活量を競うゲームや、DJチャスが指名した会場のファンの似顔絵を描くコンテストなどを行った。今年の新人選手の中には、かつての村田和哉杉谷拳士荒張裕司の様な交流イベントで際立ったキャラを印象づける選手がいなかった<笑>。強いていえば、ドラフト9位入団の佐藤正堯は公表されている資料では身長168cmとのことだが、C☆Bと並ぶとこの通り。
Cdsc_0131
ちなみに隣のドラフト8位、太田賢吾は身長186cm。


そして締めはこれまた恒例の、選手全員とC
☆Bの競作による人文字企画。
Cdsc_0166kamasuta
わかりづらいが「KAMASUTA!!」とのこと
<>


最後は、駐車場代や年間パスポートの値上げで収益改善を成功させて首都圏事業グループ首都圏事業部に昇格させた<!?>成田龍太郎事業部長の挨拶。
Cdsc_0168
寝違えたそうで、首に手をやりながらの挨拶。スタジアム内に新たにファンのためのラウンジを開設する構想などを語っていた。敷地内に新たに事務所が建てられ、ファンの間でも「何だこれ?」と話題になっていた建物は、そのラウンジのスペースを設けるために現在の事務所機能
(の一部<!?>)を移設したのだろうか
Cdsc_1536


すっかりファンに定着した歓迎式典と交流会だが、ファンに定着=大規模になる、がために、式典はともかく交流会が真の意味での
交流会から遠ざかっている印象を受けざるを得ない。


敗戦処理。のようなオッサンファンはともかくとしても、地元のちびっ子ファン達にとっては貴重な選手との交流タイムであってほしい。以前は選手がファンの輪に入るゲームやクイズなどが実施されていた。中田の時でさえそうであった。ファイターズスタジアムの試合の入場者数も数年前に比べれば確実に増えており、本拠地球場での主催試合を有料試合にしている他の球団の追随を許さない観客動員力を身につけたが、それがために規模が大きくなりすぎてこうした交流会での交流の方法に球団も頭を悩ませているのではないか?文末に過去の歓迎式典・交流会に関するエントリーへのリンクを列記するのでお時間のある方は比較されたい。


最後に、新入団の選手がいれば、退団する選手も当然いる。華やかな式典が行われた室内練習場の片隅に、昨年まで長くこの鎌ケ谷の顔として君臨した選手が使っていた道具が置き去りにされていた。
Cdsc_0177


今年の新人選手達にとって、鎌ケ谷はあくまで通過点であってほしいものである。



【参考エントリー】

2014年新入団選手歓迎式典・交流会

2013年新入団選手歓迎式典・交流会

2012年新入団選手歓迎式典・交流会

2011年新入団選手歓迎式典・交流会

2010年新入団選手歓迎式典・交流会

2009年新入団選手歓迎式典・交流会

2008年新入団選手歓迎式典・交流会

« 鳥谷敬、タイガース残留でNPB記録にどこまで迫れるか!? | トップページ | 敗戦処理。的ホエールズ~ベイスターズ歴代ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63041039

この記事へのトラックバック一覧です: 8年目を迎えたファイターズの新入団選手歓迎式典・交流会:

« 鳥谷敬、タイガース残留でNPB記録にどこまで迫れるか!? | トップページ | 敗戦処理。的ホエールズ~ベイスターズ歴代ベストナイン-マイセレクトベストナインVol.10 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック