フォト
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

阿部慎之助の一塁コンバートは本当に本人とジャイアンツのためにプラスになるのか!?

Adsc_
いささか旧聞に属する話だが、ジャイアンツの阿部慎之助が来季は完全に一塁にコンバートされる。阿部は今季も新人の小林誠司にマスクを譲り、一塁手に回るケースが散見されたが、来季は完全に一塁手にコンバートされる。守りの負担を軽くして、打撃の復活を期すのが目的と見られ、コンバートに関しては原辰徳監督と阿部本人が話し合った上での了解事項だとのこと。そしてジャイアンツは阿部のコンバートを踏まえてであろうが、スワローズからFA宣言した相川亮二を獲得した。

阿部は来季で37歳。今季は首痛など故障にも泣かされ、自慢の打棒が振るわず打率.24819本塁打、57打点。打率はセ・リーグで規定打席に達した選手で最下位だった。打撃を活かす意味で守備の負荷を軽減させるという発想は理解出来るが、本当に阿部とジャイアンツのためにプラスになるコンバートなのだろうか…!?


(写真:阿部慎之助の来季一塁転向を報じる1028日付け日刊スポーツの1面。報知はもちろん他紙も同時期に大々的に報じた。)

続きを読む "阿部慎之助の一塁コンバートは本当に本人とジャイアンツのためにプラスになるのか!?" »

2014年11月15日 (土)

異論はあるだろうけど、侍ジャパンのMLBオールスターに対するノーヒットノーランを賞賛しよう!!

Adsc_0301
Adsc_0320
個人的におそらく今年最後の生観戦になるであろう今日の日米野球第3戦で、良いものを観ることが出来た。侍ジャパンが、則本昂大、西勇輝、牧田和久、西野勇士の四投手による継投でMLBオールスターチーム相手にノーヒットノーランを達成した。


当初よりこの大会を強化試合と言うより親善試合じゃないかと疑問視していた敗戦処理。であるが、だからといってこのノーヒットノーランという金字塔の価値が減じるものではない。ベストメンバーではないとか、本当に本気で闘っていないとかいう声があるのは承知。しかし、安打の一本も打てないのでは完敗でしょ!



(写真上:試合終了の瞬間のスコアボード。MLB打線の安打数は0。写真下:ノーヒットノーラン継投を果たした四投手揃ってのヒーローインタビュー。左から西野勇士、牧田和久、西勇輝、則本昂大)

続きを読む "異論はあるだろうけど、侍ジャパンのMLBオールスターに対するノーヒットノーランを賞賛しよう!!" »

2014年11月 6日 (木)

糸井嘉男×大引啓次らのトレードは何だったのか!?

Adsc_0056
ファイターズの大引啓次内野手が今季取得したフリーエージェント権を行使することを表明した。報道では遊撃手が固定出来ないスワローズが獲得に名乗りを挙げ、移籍が濃厚だと見られている。



大引啓次は2013年のシーズン前に木佐貫洋、赤田将吾とともに糸井嘉男、八木智哉との交換トレードでバファローズからファイターズに移籍してきた。移籍二年目の今季は主将としてチームを引っ張った。


FA権を取得した選手がファイターズから出ていくのは毎度のことなのだが、大引の移籍の経緯などを考えると複雑な思いになる。

続きを読む "糸井嘉男×大引啓次らのトレードは何だったのか!?" »

2014年11月 3日 (月)

タイブレークを初「生」体験~シミュレーションだけど…侍ジャパン21U、第1回IBAFワールドカップを前にジャイアンツ二軍と強化試合

Adsc_0218
今月
7日から行われる1回IBAF 21Uワールドカップに臨む侍ジャパン21U代表がジャイアンツ球場でジャイアンツの二軍と強化試合を行うというので、三連休の最終日の今日(3日)、ジャイアンツ球場で生観戦してきた。


正直に言うと、侍ジャパン21U代表チームをそんなにチェックしているわけではないのだが、生観戦自体、約一ヶ月ぶりということもあり、近場のジャイアンツ球場で入場無料で行われているというので観戦した次第なのだが、シミュレーションとは言え“タイブレーク”なるものを初めて生で見ることが出来るなど、収穫の多い生観戦となった。


なお、強化試合は明日4日もジャイアンツ球場で行われる。明日は午後1時試合開始

 


(写真:タイブレーク実施を告知するジャイアンツ球場のスコアボード。強化試合ということもあり、九回までのスコアに関係なくタイブレークを行う取り決めだった)

続きを読む "タイブレークを初「生」体験~シミュレーションだけど…侍ジャパン21U、第1回IBAFワールドカップを前にジャイアンツ二軍と強化試合" »

2014年11月 2日 (日)

ダルビッシュ有VS田中将大-最後の投げ合いに東京ドームは満員札止め!【回想】敗戦処理。生観戦録-第40回 2011年(平成23年)編

Adsc_0218
毎月2日、昨年2月にスタートしたマイセレクトベストナインを偶数月に、
敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each yearを奇数月の2日に掲載しています。今月は敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each yearの月。



1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。


【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year40回 2011(平成23)


(写真:マウンド上で打球の方向を見るダルビッシュ有と、ベンチ前で投球練習をする田中将大。この写真三度目の使用! 2011年7月20日撮影)

続きを読む "ダルビッシュ有VS田中将大-最後の投げ合いに東京ドームは満員札止め!【回想】敗戦処理。生観戦録-第40回 2011年(平成23年)編" »

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック