フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツが三年連続で最終戦にサヨナラ勝ちで有終の美! | トップページ | 本末転倒では!?原辰徳監督提案の「引退選手枠」 »

2013年10月10日 (木)

オレ流の最大理解者白井文吾オーナー、落合博満GM起用の深謀~落合の「倍返し」は始まらない。

Cdsc_0098_2
9
日、来季のドラゴンズが高木守道監督に代わり谷繁元信捕手を選手兼任で新監督に抜擢し、一時代を築いた落合博満前監督が球団初のゼネラルマネージャーに就任する事が判明した。そして落合前監督時代の片腕、森繁和前ヘッドコーチが谷繁監督を支えるヘッドコーチに就任するとも報道されている。

そして、落合前監督を2011年限りで退陣に追い込んだ坂井克彦球団社長は白井文吾オーナーにより更迭される。

さしずめ落合博満による「倍返し」の始まりとも思われる仰天人事だが、ドラマ同様一筋縄にはいかない!?


(写真:ドラゴンズ球団史上初のゼネラルマネージャーに就任する落合博満前監督。 20085月撮影)



ある意味大どんでん返しだ。先月までTBSテレビ系列で放送されていた人気ドラマ「半沢直樹」に例えれば、英断を下した白井文吾オーナーは北大路欣也扮する中野渡頭取、坂井克彦球団社長は香川照之扮する大和田常務、監督復帰かと思ったらGM就任だった落合博満堺雅人扮する半沢直樹といったところか。(監督候補の本命と目されながら就任できなかった立浪和義はさしずめ倍賞美津子扮する伊勢島ホテルの羽根専務
!?

元々、白井オーナーは落合前監督を高く買っていたという。そもそもドラゴンズ出身でありながら、ジャイアンツへのFA移籍という身の振り方が心証を悪くしていたのかOBの間で評価の高くなかった落合を監督に抜擢したのも白井オーナーの鶴の一声だったという話もあるし、就任後も球団OBを登用しないコーチ人事などオレ流にいい顔をしないOBらの反対派が表だって落合排斥に走れなかったのは最高権力者白井オーナーの後ろ盾があったからだと言われている。


しかしながら、安定したチーム成績とは裏腹に観客動員は伸び悩み、なおかつ落合監督を中心にスタッフの人件費、森繁和ヘッドコーチ独自のドミニカルートでの外国人選手発掘などのコストが天井知らずで増え続け、球団経営を揺るがした一面も見逃せず、2011年の契約切れの際に球団は契約更新しない旨を決定した。その先頭に立ったのが坂井社長だと言われている。


当時落合監督は解任決定後に決めた優勝の手記で坂井社長を厳しくバッシングした。


落合監督解任、落合一派一掃に手を付けた坂井社長は大御所過ぎる大御所の高木守道を新監督に据えたが、落合前監督ほどの強さがないばかりか、さらなる観客動員の減少を招き、今季は落合前監督就任以前以来の12年ぶりBクラス。観客動員数は実数発表となった2005年以降、初めて年間200万人を割った。奇しくもジャイアンツが初めて年間300万人を超え、ジャイアンツと100万人差が付いたことになる。


しびれを切らした白井オーナーが大なたを振るった結果が落合前監督の再招聘なのだろうが、そのポストが監督でないところが、ドラマ「半沢直樹」の最終話の衝撃のエンディング、てっきり昇格人事を言い渡されるかと頭取の前にはせ参じた半沢直樹に子会社への出向が言い渡されたように(GM任命は降格ではないが)意外性という点でイメージがダブる。


高木監督体制はコーチ陣にOB達を呼び戻し、長くドラゴンズを応援し続けてくれるファンの心を掴めるはずだったが、二年続けてジャイアンツの後塵を拝した。
Adsc_0069
そしてそればかりか、昨年はお目付役として球団が指名した権藤博投手コーチとの確執が表面化し、今年はタイガースやカープにまで後塵を拝してBクラスに転落。一般に一度下した人事を逆行することはないと言われるが、白井オーナーは落合復帰を決断。反落合勢力の一掃も手がけた。



ただ、落合前監督時代から観客動員の減少傾向が出ていたことも確かだ、徹底した情報管理は慣例にないがためにマスコミをも敵に回しかねなく、大所高所に立って落合ドラゴンズを採点すれば順位のみで採点出来ないマイナス要素があったことも確かだろう。


では、それでも落合を呼び戻した背景にあるのは何か…。


これはすべて、落合GM、谷繁監督体制誕生という事実を報道を通じて知った敗戦処理。の想像だが、まず、落合の監督再就任は、前球団社長の勇み足という側面があったにしろ、球団の決定事項をわずか二年で覆すことになり、それは避けたい。しかし落合の力は必要だと言うことで、落合には新監督をサポートする要職を依頼するという意味で、球団史上初めてとなるゼネラルマネージャーのポストを用意。後継の監督には落合野球を理解しており、指導者として考えれば長期にわたってドラゴンズを支えることも期待できる谷繁元信に現役兼任の条件で要請するという選択に至ったのだろう。
Cdsc_0026

そして落合GMには、単にチームの戦力アップ、編成面での全面的な権限を与えるだけではなく、大リーグのGMの様に、費用対効果という面でも結果を出させるのだろう。


いまやドラゴンズも赤字に転落しているそうだ。十二球団で、球団単体で黒字なのはジャイアンツとタイガース、そしてカープだけだ。これ以外の球団で“黒字”という表現が使われる場合は、親会社からの補填をスポンサー企業からの広告費のように計上して黒字になっているだけである。そしてドラゴンズが赤字に転落したのは落合監督時代と言われている。


もちろんこれは、落合野球が不人気だったという意味のみではなく、ドラゴンズだけでなくセ・リーグ各球団を襲ったジャイアンツ戦の放映権収入の激減と、ドラゴンズの場合はナゴヤドームのバカ高いと言われる使用料の契約と、落合監督を中心としたスタッフの高すぎる人件費などのコストと言われていた。落合は監督としてはこれらには見て見ぬ振りをしてチームの強化、優勝を目指して邁進して結果を出せば良かったが、GMとしてはそうはいかない。球団経営にも責任が問われることになるのではないか。


つまり、落合を利用して落合体質を改善するという、例えは悪いが“毒を以て毒を制す”という発想なのではないか。白井オーナー自身、坂井社長の断行だったにせよ落合退陣、高木体制スタートを承認した後ろめたさもあるのだろう。12年ぶりとはいえBクラス転落にこれほどのスピードで処置をすすめる白井オーナーはさすがといわざるを得ない。


ドラマ「半沢直樹」を最後まで観た視聴者は半沢直樹の大和田常務に対する「百倍返し」に快哉を叫んだ直後に、中野渡頭取の底知れない深さに驚愕したことだろう。だが、事実は小説より奇なり。落合とて白井オーナーの掌の上で躍らされているだけなのかもしれない。そして、ジャイアンツとタイガースに並ぶ老舗球団にもそこまでの危機が迫っているということだろう。

ただ、インタビューに答えていた白井オーナーのコメントが引っかかった。

「谷繁監督は選手兼任でオーバーワークだろう。そこは落合GMがバックアップしてくれるだろう」


一般的にGMはグラウンドでの監督に口は出さない。口を出してはいけないのである。それをやると、広岡達朗の二の舞いだ。

ただ、どちらにせよ、これで報道の通りに森繁和がヘッドコーチ格で入閣したら、GMとヘッドコーチがツーカーの仲で、監督兼選手のオーバーワークな谷繁監督は大変だと思う…。

« ジャイアンツが三年連続で最終戦にサヨナラ勝ちで有終の美! | トップページ | 本末転倒では!?原辰徳監督提案の「引退選手枠」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャイアンツが三年連続で最終戦にサヨナラ勝ちで有終の美! | トップページ | 本末転倒では!?原辰徳監督提案の「引退選手枠」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック