フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツには田中将大を攻略しての日本一を目指して欲しい! | トップページ | プロ野球統一球問題の「調査報告書」を読んで。 »

2013年10月27日 (日)

やっぱり田中将大は凄かった!日本シリーズは1勝1敗で東京ドームへ!

Dsc_0099
敗戦処理。が勝手に“巨人四連勝”と目論んだ今年の日本シリーズだったが、当たり前ながら田中将大は難攻不落で、寺内崇幸の本塁打で完封負けこそ免れたものの内容的には完敗だった。


それでもさすがは頂上決戦。菅野智之も途中までよく健闘したし、敗戦処理。のもう一つの贔屓チームのように三回くらいで勝負あったとならず最終回まで試合の興味を繋いでくれた。

舞台は東京ドームに移る。原辰徳監督にはまだ東京ドームで胴上げの可能性が残されている!

もちろん星野仙一監督にも東京ドームで胴上げの可能性はあるが…


(写真:球団史上初の日本シリーズ勝利をもたらした田中将大。展開次第では日本での最後の登板になるのかも…!? 写真は20119月撮影。以下本エントリーの写真はすべて過去に撮影したものです。)



田中将大
の凄さに関しては今さら書くまでもあるまい。敗戦処理。はパ・リーグでファイターズが為す術もなくやられ続けるのを見ているから、ジャイアンツ打線とて簡単に攻略できる相手とは思っていない。第
1戦のように何とかして点を奪って、その少ない得点を守りきるしかないと思っていた。だが残念ながら逆に少ない失点が命取りになった。

敗戦処理。の四連勝構想は第1戦で田中が登板してこなかった時点で実は崩れていたのだが、実際に構想が崩れた以上、ここから先は現実を見ていこう<苦笑>

もっとも、田中が第2戦に先発し、完投したことで田中の次の登板が気になる。

前エントリージャイアンツには田中将大を攻略しての日本一を目指して欲しい!で言及した、星野仙一監督が“昭和の日本シリーズ野球”に踏み切るかどうかだ。


◆敗戦処理。の先発予想
3戦 杉内俊哉-美馬学
4戦 ホールトン-辛島航


ジャイアンツはオーソドックスに、第3戦の結果にかかわらず第4戦はデニス・ホールトンが出てくると思う。ゴールデンイーグルスは第3戦を落とすようだと第4戦に則本昂大、第5戦に田中を前倒しして先発させるのではないかとの見方も出来、これが“昭和の日本シリーズ野球”なのである。

3戦に勝ったチームが有利になることは間違いないだろうが、ジャイアンツが勝った場合、それでもゴールデンイーグルスがローテーションを守るとしたら、最悪の場合、田中の二度目の登板がないままに終わってしまう可能性があるのだ。ジャイアンツから見れば、田中の登板機会を減らすことが日本一に繋がるのだから、次回田中登板前に出来れば王手をかけるくらいがいい。

もちろん美馬学にしろ辛島航にしろ、田中や則本に比べれば圧倒的な脅威はないにしろ、実際にマリーンズ相手のクライマックスシリーズファイナルステージではこの両投手が先発した試合にゴールデンイーグルスは揃って勝っている。
Cdsc_0046
まさかジャイアンツ打線がなめてかかるとは思わないが、パ・リーグをあまり見ないジャイアンツファンには甘く見ない方がいいと言っておこう。


それでも敗戦処理。の“願望”はあくまで東京ドームで三連勝してジャイアンツファンが多くを占める東京ドームで原辰徳監督に宙を舞って欲しいのだ。ゴールデンイーグルスのファンには申し訳ないが、日本での田中の登板は今日が最後だったなんてことにもなりかねない。そんな展開にして欲しいものだ。

何度か書いているように、敗戦処理。は日本シリーズの結果に関して最終的に相手チームが日本一になっても贔屓チームを批判しないことを旨としているから、逆に東京ドームで星野仙一監督が胴上げされることになってもそれは割り切るしか無いのだが、今日の第2戦を振り返って敢えて言わせてもらう。


Cdsc_0026
先制点を奪われた後の六回裏の菅野智之から澤村拓一へのスイッチは仕方ない判断だったとしても次の七回裏の澤村から青木高広へのスイッチは出来れば避けて、澤村に託して欲しかったと思っている。


それは青木を評価していないのではなく、日本シリーズは延長十五回まであるということを考えれば、可能な限り澤村を引っ張って欲しいという意味でだ。逆転出来れば第1戦同様の勝利の方程式に移ればいいが、同点が精一杯とも考えられる。

ビジターであるジャイアンツは勝ち越さない限り不利だが、継投合戦になればゴールデンイーグルスに劣るとは思えない。


青木が藤田一也にタイムリー内野安打を打たれ、0対2となった。
Bdsc_01
寺内崇幸のソロ本塁打が出て1対
2となったものの八回裏にはビハインドのままスコット・マシソンを投入せざるを得なくなった。DH制のあるパ・リーグの球場での日本シリーズでは若干のビハインドの試合では澤村を出来るだけ引っ張るべきではなかったか。


Cdsc_0062_2

澤村がリリーフに回っているのは先発でなかなか結果が出なかったからだが、こんな時こそ元先発投手のスタミナに託して欲しかった。


いずれにせよ、イーブンで東京ドームでの三連戦に臨むことになる。星野監督は東京ドームに行けば打線が爆発するだろうと勝利監督インタビューで語っていたが、どちらのチームも相手投手のコンディションによっては大量点なんてことにならず、第1戦、第2戦ほどではないにしてもロースコアになるのではないか…。

不幸なことに敗戦処理。は月末最終週はオシゴトが珍しく多忙で、下手をすると三日とも試合が終わるくらいの時間まで働かされているかもしれない。東京ドームあるいはテレビの前でジャイアンツを応援する皆さんにおかれましては、今年最後のホームゲームを精一杯後押ししていただきたい。


P.S.
【今日のオマケ】

Cdsc_0217
前エントリーで冒頭の写真に田中のヒーローインタビューの写真を使ったらそれが現実になってしまったので、最後にこの写真を!

« ジャイアンツには田中将大を攻略しての日本一を目指して欲しい! | トップページ | プロ野球統一球問題の「調査報告書」を読んで。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63107512

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり田中将大は凄かった!日本シリーズは1勝1敗で東京ドームへ!:

« ジャイアンツには田中将大を攻略しての日本一を目指して欲しい! | トップページ | プロ野球統一球問題の「調査報告書」を読んで。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック