フォト
無料ブログはココログ

« 大谷翔平が鎌ヶ谷でプロ初本塁打! | トップページ | エンターテイメントよりも大切なもの… »

2013年3月19日 (火)

「行けたら行ってもいい…」という指示 

Cdsc_0266
第3回WBC、三連覇を目指した日本代表、侍ジャパンは準決勝のプエルトリコ戦に1対3で敗れてしまった。3点のビハインドから1点を返した八回裏、なおも一死一、二塁で四番の阿部慎之助を打席に迎えたシーンで、二塁走者の井端弘和が三盗のそ振りを見せて自重、それに釣られたかのように二塁へ走った一塁走者の内川聖一は途中で止まることが出来ず、一、二塁間で憤死した。

戦後、内川は涙ながらにすべて自分がダメにしたかのようなコメントを発していたが、ベンチの指示は「(ダブルスチールを)行けたら行ってもいい」というものだったそうだ。


(写真:一塁走者の井端弘和に指示を送る緒方耕一一塁コーチ。 10日の第2ラウンド対オランダ戦より)

 

野球のセオリーから考えて、安打が三本続いた反撃機に、打席には四番打者で主将を務めている阿部慎之助。ここで重盗を仕掛けるのはかなりリスクを伴う。もちろんどっしりと阿部に任せたところで阿部が相手バッテリーの術中にはまって併殺打を打たされる結末も考えられる。だがこれまで山本浩二監督は何度となく“阿部と心中”と表明してきた。他の選手に関しては打撃不振で打順を変えたり、スタメンから外すなど臨機応変な対応をとってきたが、阿部に関しては体調不充分で外した他は“不動の四番”だ。であれば、あの打席も阿部に託す以外はなかったのではないかと思う。

今回の侍ジャパンにおいて走者に「行けたら行ってもいい」というサインが出ていることはいくつかの報道により、ファンにも周知の事実となった。準決勝当日に発売された「週刊現代3月30日号」(講談社)では高代延博コーチが明言している。

-なぜ選手に判断を委ねたのか?


「たとえ相手のピッチャーのクセがわかっていたとしても、スチールのサインを出されると選手はかえって走りにくいもの。カウントや配球を考えて自由にスタートを切らせたほうが、集中力が増し、成功率も高まるのです。だから、我々には『走るな』というサインはあっても『走れ』というサインはなかった」



まだ大会期間中なのによくもまあ手の内を明かしたものだ。準決勝の戦いには影響を及ぼさないだろうが、決勝の相手に読まれたら大丈夫なの!?という気になった。走ってはいけない場合に「走るな!」というサインを出すが、「走れ!」というサインで走者を拘束するのではなく、「行けたら行け」というサインで選手に判断させるという。もちろん相手投手のセットポジションの長さ、捕手の肩などは橋上秀樹戦略コーチらによって集め精査されたデータがインプットされる。そうした賜が第2ラウンド台湾戦の九回表二死からの鳥谷敬の二盗成功であると。

しかし、あの鳥谷のようなバクチは一度しか使えないと考えるのが普通だろう。対戦国は“日本は考えられない場面でも走ってくる。警戒を怠るな”とインプットするだろう。それでも再びバクチに頼るなら、選手に委ねる「行けたら行ってもいい」ではなく、「行け!」か「行くな!」の二つに一つだろう。

冷静に考えて欲しい。2点差の八回、一死一、二塁だ。守る側からすれば、重要なのは二塁走者の井端より、同点の走者となる一塁走者の内川だ。「行けたら行ってもいい」のサインでは内川は井端が走るのを見てからスタートせざるを得ない。捕手のヤディエル・モリーナもダブルスチールの可能性が頭に入っていれば、スタートが遅れ、かつ同点の走者である内川を刺そうと二塁に送球するかもしれない。それ以前に打者が左打者だから三塁への送球もしやすい。そもそもダブルスチールが成功する確率は低い場面なのだ。


「だからこそその裏をかいて…」という意見の持ち主もいるだろう。だが映像によると、一塁コーチの緒方耕一コーチがわざわざ井端に耳打ちしている。「何か仕掛けますよ」と言っているようなものだ。

選手の自主的な判断に任せるといえば聞こえがいいが、要はベンチワークをお座なりにし、語弊はあるが選手に“丸投げ”していると思いたくなる。
Cdsc_0040

そう考えると内川や井端の問題と言うより、山本監督や首脳陣の問題となる。

山本監督は代表選手達に力を発揮しやすいようにやらせているのだろうが、遠慮もあったような気がする。シーズン前の大事な時期に各球団の主力選手を預かり、万一のことがあってはならない。第1ラウンド、第2ラウンドで見られた、心中するとまで言った阿部にまだもう一打席回るのに代走を送るシーンはその最たるものだと思う。山本監督以下首脳陣は本当の意味で選手達を掌握できてはいなかったのだと思う。そしてその原因はと考えると、監督、コーチらの能力、それ以前に人選という処に行き当たるのだろうが、そもそも大会に参加するのかしないのかに時間を費やし、“常設化”といいながら監督やコーチも決められなかった。すべてが後手に回ったツケがここ一番の勝負の場面に出たに過ぎないのだろう。

まだWBCはドミニカとプエルトリコによる決勝戦を残しているが、敗退国にとって次のWBCはもう始まっている。次のWBCはまた四年後の2017年に予定されているが、その前にIBAFが立ち上げるプレミア12とやらの大会が2015年に開催される(日本で開催されるらしい)。時間はあるようでない。

NPBは野球日本代表の常設化を、国際大会に臨む体制造りというより、国際試合による収益の確保、ライセンスグッズなどの売り上げを目論んでいるかにも見える。百歩譲ってそのコンセプトを肯定するとして、代表チームが強くなければすべての目論見は水の泡となる。

NPBが選んだ監督が、心中すると言っていたキャプテンの打席で何故にあのような奇襲に打って出るしかなかったのか…結局、山本監督や首脳陣と代表選手達の間にはそのレベルの信頼関係しか構築できなかったと言うことだろう。バクチは何度も成功しない。だからこそバクチなのだ。繰り返しになるがその原因は何なのか?選手の技量なのか、監督、コーチの人選なのか、代表チームとして動ける期間の短さなのか?そこを検証することから始めないと、プレミア12でも第四回WBCでも同じ結果の繰り返しになるだろう。


一ファンとして日本代表チームの健闘を讃えるにやぶさかではない。一部にはバッシングを浴びせるファンもいようが、多くのファンは健闘を讃えてくれるのではないか。でも選手、監督、関係者はそれに甘えてはいけない。今回の敗因を早めに把握して今後に活かして欲しい。

« 大谷翔平が鎌ヶ谷でプロ初本塁打! | トップページ | エンターテイメントよりも大切なもの… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「行けたら行ってもいい…」という指示 :

« 大谷翔平が鎌ヶ谷でプロ初本塁打! | トップページ | エンターテイメントよりも大切なもの… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック