フォト
無料ブログはココログ

« 大谷翔平、鎌ヶ谷のファンに「背番号11」を初披露 | トップページ | こんなオーダーが観たい2013年<セ・リーグ編> »

2013年1月23日 (水)

まさかのまさか!?糸井嘉男が大型トレードでバファローズへ!

Cdsc_0231
まさにまさかのまさかだ。ファイターズの糸井嘉男、八木智哉とバファローズの木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との2対3での交換トレードが
23日、両球団から発表された。糸井はファイターズではただ一人契約未更改だったが、今季終了後にポスティングシステムを利用しての大リーグへの移籍を目指していると報じられていた。

ファイターズファン、バファローズファンともに仰天のトレードだが、ファイターズサイドに立って考えてみると…


(写真:2対3のトレードでファイターズに移籍する大引啓次)

Adsc_0209
契約未更改の糸井嘉男がどうやら今季終了後にポスティングシステムを利用して大リーグへの移籍を希望しているらしいことが各種報道を通じて伝わっていたので「ファイターズの糸井はこの一年で見納めか…」とは漠然と思っていたが、まさかそのラストシーズンすら迎えずにファイターズのユニフォームを脱ぐことになるとは思わなかった。

今日(23)の昼間、仕事の休憩中に携帯電話でツイッターを立ち上げたら“糸井トレード”の情報が入ってきて、ぶったまげた。ポスティング移籍があるにしても今季終了後。まさかこのタイミングで…と驚いた。一部ファンは、糸井がただ一人契約更改を未更改、球団提示額を拒否していたから半ば懲戒気味に「どっちみちあと一年でいなくなるのだから…」とトレードされたと勘ぐっている向きもあるようだが、敗戦処理。はそうは思わない。

ファイターズ球団は糸井のポスティングシステムを利用しての大リーグ移籍願望が強いと見て、糸井をポスティングにかけて落札球団から移籍金を獲得する、いわば“金銭トレード”の形を取るより、“交換トレード”で選手を獲得することを考えたのだろう。糸井をトレードに出して糸井に代わる選手を獲得するか、あるいはチームの他のウイークポイントを獲得するか、二つの選択肢が考えられる。四年連続で打率三割を記録し、守りも堅い選手の代替などいないが、ファイターズにとってのもう一つの“今そこにある危機”金子誠の後継者候補を獲得する千載一遇のチャンスだとファイターズは考えたのだろう。もちろん推測だが、おそらく、ファイターズから糸井を交換要員に大引啓次獲得を申し入れたのではないか、そこから発展して八木智哉、木佐貫洋、赤田将吾の名前が付随したのではないか。糸井と大引の1対1の交換トレードでは釣り合わないと考えるファイターズが強気に赤田ないし木佐貫を要求し、バファローズもそれならもう一人欲しいとなったのだろう。

blogで敗戦処理。は何度か金子誠の後継者難について言及したが、さすがにこの手段は思いつかなかった。昨年各球団の正遊撃手(遊撃手として最も多く出場した選手)を見ると、二十歳代は今宮健太、根元俊一、大引啓次、坂本勇人、川端慎吾、梶谷隆幸。この中で確固たる正遊撃手となると坂本と大引くらい。ファイターズはいいところを狙ったと思う。ただ「ポスト金子誠」を狙っていたであろう今浪隆博、加藤政義あたりは自分が球団からどう思われているか、身にしみたと思う。

そしてこれによって既に
37歳で両足に爆弾を抱えている金子誠を比較的負荷の軽い二塁手として起用すれば、金子誠の選手寿命延長と、田中賢介の抜けた穴を最小限に出来るメリットも生まれてくるのだ。「それより糸井の抜けた穴は?」という声が聞こえてきそうだが、糸井の抜けた穴問題はどっちにしても一年後には顕在化するのだ。だが外国人補強を含め、遊撃手と外野手、どちらが穴埋めが困難かを考えれば、糸井をトレード要員にして大引を獲得するというのは方向性としては誤りだとは思えない。

だが、これはトレードが発表されて、自分なりに時間をかけてたどり着いた推定であり、まさか糸井がトレードされるとは直前まで想像だにしなかった。トレード=放出というネガティブな考え方を持つつもりはないが、ポスティングよりトレードという発想は無かった。

木佐貫洋
は昨年のバファローズで唯一規定投球回数に達した投手だ。だが先発ローテーション投手として二桁勝利を挙げたのは十年間で三回だけ。二年続けて規定投球回数に達したのは新人時代と翌年の一度だけと成績に波がある。バファローズとしては出したくない選手ではあろうが、馬原孝浩の獲得と岸田護の先発復帰を考えれば糸井獲得に目が眩めば大引ともども出血やむを得ずと言う結論に至ったのだろう。
Adsc_0014

成績に波があるという点では八木智哉も同様。2006年に12勝を挙げて新人王に輝いたが、この年のアジアシリーズで肩を痛めてから故障との戦いが続いた。二桁勝利はこの年だけだが、以後、その半分の5勝を超えるのも三年周期で2009年と2012年。ファイターズでは日本シリーズでビジターで勝利投手になった唯一の投手だった。「環境を変えて…」というタイミングなのだろうか…。

バファローズが寺原隼人のFA移籍に伴う人的補償で馬原を獲得するとき、馬原が今季FA権を取得する可能性があることを疑問視する向きがあったが、今季終了後、馬原と糸井をともに手放す事態も考えられる。ただポスティングシステムは球団には拒否権がある。というか、球団が合意して初めて成り立つ制度である。糸井の海外FA権取得までにはあと五年あるらしい…。

ただバファローズは大引が抜けるにもかかわらずファイターズから内野手を獲得していない。昨年大引は遊撃手として110試合に出場したが、他に一軍で遊撃手として出場したのは安達了一21試合、縞田拓弥14試合、三ツ俣大樹、山崎浩司の各8試合。この中から経験豊富な山崎がトレードで抜けたから二十歳代の若手による争いになる。意外と三ツ俣の先行投資的な抜擢があるかも…。

そして赤田。赤田はライオンズで松坂大輔と同期のいわゆる“松坂世代”だ。入団一年目から14年間、ずっと一軍公式戦に出場している。2010年にバファローズに移籍したが、これはバファローズで春季キャンプ中に小瀬浩之選手が急死したのに伴う緊急補強という感じだった。今回も糸井ありきのトレードと、どうも振り回される人生だ。だがファイターズ鉄壁の外野陣の一角が確実に抜けるのだから、鎌ヶ谷ブランドの若手達とは一味違う存在感を示して活躍して欲しいものだ。



ファイターズのフロントは本当に凄いことを考える。もちろんトレードだからバファローズとの合意なくして成り立たないわけだが…。こんなに驚いた交換トレードは、ライオンズ黄金時代のさなかに挙行された秋山幸二佐々木誠を軸にした複数トレード以来ではないか…。

ファイターズは一昨年のドラフト会議での菅野智之の強行指名、昨年の大谷翔平の指名、そして今回のトレード、ファイターズはルールや同義に反していることはしていない。菅野指名に対しては異論を挟むジャイアンツファンもいるかもしれないが、ドラフト制度では起こり得ることだ。だが、五人の選手は球団に動かされる将棋の駒というわけではない。熱いプレーヤーだ。両球団それぞれに思惑はあるだろうが、五人のプロ野球選手にとって、いいトレードだったと言われるようになって欲しい。

« 大谷翔平、鎌ヶ谷のファンに「背番号11」を初披露 | トップページ | こんなオーダーが観たい2013年<セ・リーグ編> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさかのまさか!?糸井嘉男が大型トレードでバファローズへ!:

« 大谷翔平、鎌ヶ谷のファンに「背番号11」を初披露 | トップページ | こんなオーダーが観たい2013年<セ・リーグ編> »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック