フォト
無料ブログはココログ

« 2013年のファイターズを占う…展望と言うより願望!? | トップページ | 大沢親分、野球殿堂入りなるか? »

2013年1月 8日 (火)

2013年のジャイアンツを占う…代わりのいない選手の代わりは!?

Cdsc_0313
昨年はセ・リーグ公式戦、セ・パ交流戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、アジアシリーズと5冠を制したジャイアンツ。今季は二年連続日本一も期待される。メジャー通算
92本塁打の右打者、ホセ・ロペス内野手の獲得も決まった。ドラフト会議では“二年越しの恋人”菅野智之の獲得にも成功し、盤石に思えるジャイアンツ。だが、実際に二年連続日本一となると、ジャイアンツではV9時代にまで遡らなければならない。リーグ二連覇は果たせても、連続日本一からは遠ざかっている。もちろんリーグ二連覇自体が容易な事では無いのだが…

昨日のファイターズに続き、もう一つの贔屓球団ジャイアンツも占ってみよう。


獲得を目指していた右の好打者、ケーシー・マギーはゴールデンイーグルスへの入団が確実なようで取り逃したものの、メジャー時代の実績ではマギーより上の
92本塁打を放った同じ右打ちの内野手、ホセ・ロペスの獲得が発表された。さらなる打線の強化に抜かりはない。

ロペスが評判通りの働きをすれば、ジャイアンツが(日本の他球団経由でなく自前で獲得してきた)外国人選手としては1995年、1996年のシェーン・マック以来の規定打席到達者となるかもしれない。

ロペスの本職は二塁手だそうだが、経験のある一塁手として原辰徳監督は起用する構想らしい。二年続きの不振から脱却を図る小笠原道大の復調を待つようなチームではないから、そういう起用法になるのだろうが、藤村大介、寺内崇幸を中心とした二塁手としてのポジション争いも競争意識でさらに過熱することでレベルアップを期待したい。ロペスの一塁固定にめどが立てば、大田泰示を便利屋扱いすることもなく外野手一本に絞らせられるだろう。

 

Dsc_0115
個人的には二年続きの不振で後がない小笠原道大と、やはりベテランの域に達した高橋由伸、谷佳知がうまく脇に回ってチームを支えれば、故障者が出ないという条件付きでかなり期待は出来ると思う。


Dsc_0178
故障の不安が常につきまとうのは捕手の阿部慎之助で、捕手というポジション柄ある意味職業病とも言えそうだが、實松一成と三年契約を結んだのも危機回避の一環だと思われる。
Dsc_0189
ただ贅沢を言えばきりがないが、阿部が抜けると實松に次ぐ捕手が不安。一応加藤健がいるが、長年阿部の天下だったこともあり二十歳代の捕手が極端に不安。ゴールデンイーグルスから移籍の井野卓ですら、今年度中に三十歳になり、正真正銘の二十歳代の捕手で一軍経験があるのは市川友也のみ…。ディフェンス面では阿部をかなりカバー出来そうな實松だが、その實松にチャンスで代打を送ったら…くわばらくわばら。

その阿部が今年の開幕前に
34歳になるがレギュラーでは最年長。レギュラークラスに年齢的に不安な選手がいないのは心強いのだが…。

投手陣に眼を向けよう。近年故障がちだったディッキー・ゴンザレスに代わり、マニー・アコスタを獲得した。抑えまたはセットアッパーとして起用する意向らしい。

昨年、日本プロ野球界初の5年連続60試合以上登板を記録した山口鉄也が気になる。
Cdsc_0153

年連続60試合以上の登板には頭が下がるが、快挙と素直には喜べない。過去にいなかったということはそれだけ異常値であることを意味しないのか?過去の監督、投手コーチは使おうと思えば使えた投手をセーブした結果、年間で60試合以上投げられる投手であっても、それを続けさせなかっただけではないのか。
Dsc_0240
久保裕也
の故障は登板過多と無関係ではないだろうし、越智大祐の難病も直接の相関関係こそ不明だが、病気を患う前から調子を落としていた。
Cdsc_0203
山口がリタイアしてからでは遅い。今季こそは起用法に配慮を加えて欲しいものだが山口をサポートする筆頭候補と予想していた高木京介を先発に回す案が検討されていると言うから何ともはや…。


Cdsc_0192
高木京介が先発に回るなら昨年後半の高木京の役割を担うのは実績的には高木康成が有力だろう。そして高木康的な役割には辻内崇伸須永英輝に期待したい。生え抜きの元ドラフト1位と、移籍組の元ドラフト1位とでは置かれている立場も違うだろうが、どちらも今年しっかりしないと暮れには東山紀之がナレーションする番組に出演することになるだろう。
Dsc_0029

辻内も期待しているが、クビになるか、良くてせいぜい育成選手への降格と想像していた須永が支配下選手のまま残留したのはきっとそれだけの理由があるはず。
個人的には今年の須永に大きく期待している。

スコット・マシソンと西村健太朗がいるにもかかわらず、ゴンザレスの代わりの新外国人がリリーフ型の投手というのは、良く言えば備えあれば憂いなしという発想だが、穿った見方をすると使い捨てとも思える。昨年、いくつかの球団で野手出身の監督と投手コーチの軋轢が表面化したが、川口和久投手総合コーチには時には身体を張ってでも投手達を守る側に回って欲しい。


昨年のポストシーズンを棒に振った杉内俊哉は復帰がWBCとなるのがジャイアンツ的には不安だろうが、それは致し方がないだろう。
Cdsc_0196
内海哲也
、杉内、澤村拓一デニス・ホールトンの四本柱と宮國椋丞を加えた五人に、昨年の杉内不在時によく穴を埋めてくれた小山雄輝、笠原将生、先発に転向するなら高木京、そして小野淳平らで競うことになるのだろうか。


ドラフト1位の菅野智之は一年間のブランクがあるので、いわゆる「開幕一軍」を見込まない方が良いのではないか。
Dsc_0047
あの江川卓でさえ一年間のブランクの影響は大きく、「怪物」の片鱗を見せ始めたのは入団二年目だったからだ。


昨年、五球団を圧倒したジャイアンツが今年もその勢いのままに勝てるほど甘い世界でないことはわかっているつもりだ。特に、山口と阿部に何かあった場合のことは想像するのも恐ろしい。「實松と三年契約を結んでおいて良かった…」なんてオチになる様な気がするが…。とにもかくにも、故障に気をつけて長い戦いを戦い抜いて最後にファンをまた楽しませて欲しい。

« 2013年のファイターズを占う…展望と言うより願望!? | トップページ | 大沢親分、野球殿堂入りなるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63107712

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年のジャイアンツを占う…代わりのいない選手の代わりは!?:

« 2013年のファイターズを占う…展望と言うより願望!? | トップページ | 大沢親分、野球殿堂入りなるか? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック