フォト
無料ブログはココログ

« ゴールデンイーグルスに超大物外国人選手がやってくる!? | トップページ | 継続は力なり!-ながさわたかひろ展「プロ野球ぬりえ2012~魔球の伝説~」に行ってきた。 »

2012年12月11日 (火)

星野仙一監督が大谷翔平のファイターズ入りに激怒!?-大谷問題と言うよりこれからに向けて考えてみた

Adsc_01599日にファイターズへの入団を表明した大谷翔平に対し、ライバル球団の星野仙一監督が吠えた。同日、星野監督は仙台市内で取材に応じ、「日本球界に行くんなら、ウチも指名しとった。彼の将来は本人が決めることだけど、ちょっと大きな問題になる。これをやったんであれば、ドラフトの意味がない」と、暗に大谷サイドとファイターズ球団との間に事前に“密約”があったのではと言いたげな感じだった。


(写真:怒り心頭のゴールデンイーグルス星野仙一監督。右足に注目。=あくまでイメージ<>。 20129月撮影)



冒頭の星野仙一監督のコメントは10日付けスポーツ報知のものだが、同日のサンケイスポーツではこんなコメントが掲載されている。

「大谷は米国を希望していたから、よそ(他球団)も指名を避けた。そうは思わないけど、(両者に)前から話ができていたのか」

サンケイスポーツでは“日本ハムと大谷には非がないことを前置きし、かみついた”と、とってつけたようなフォローをしているがあたかも疑っている口ぶり。仙台駅上りホームでのやりとりだったそうだが、自分の7m先にいてファンに囲まれていたTHE ALFEE高見沢俊彦に嫉妬したのか、批判の矛先はコミッショナーにも向かい、中途半端なドラフト制度こそが問題で完全ウエーバー制への移行をも訴えた様だ。

いやはや、ドラフト制度のあり方にはいろいろな意見があり、完全ウエーバー制も有力な改革案として常に掲げられるが、仮に今秋のドラフト会議が完全ウエーバー制で行われていたとしても、大谷に関しては同じ結果になっていたかもしれない。

だが9日には吠えていた星野監督も10日には「栗山は説得が上手いんだよ」とトーンダウンしたと言うから、単に瞬間湯沸かし器にスイッチが入っただけだったのかもしれないが、大谷がゴールデンイーグルスのお膝元と言っても過言でない岩手県の花巻東の選手であるだけに、交渉次第によっては翻意の可能性のある選手を指名しなかったことを星野監督及び球団が責められる事態に備えて先手を打ったのかもしれない。

ただ、今回の件は大谷がファイターズの説得に対して翻意したと言うだけで、今後類似したケースが出た時にどうするのか?ということは議論しておくべきだろう。

例えばの話、今回は強行突破をしたのがファイターズだからさほど疑問視する向きが強くない様に思えるが、もしもこれがファイターズでなくジャイアンツであったら、多くのアンチ派が「密約に決まっている!」と声を荒げているだろう…という点が一つ。また、既に多くの人が指摘しているが、大リーグの球団とドラフト候補のアマチュア選手の事前交渉を制限するルールがないので、今は紳士協定という形で最低限の秩序が保たれている様だが、本気で大リーグの球団が日本のアマチュア選手に食指を動かしたら、抵抗する術がないということだ。


敗戦処理。の解釈に誤りがなければ、例えば今秋のドラフト会議で指名を受けた選手であっても、まだそれぞれの球団と契約を結ぶ前であれば、大リーグの球団はその選手と交渉できるわけだ。紳士協定を鵜呑みにするのはリスク管理としては誤りだろう。


敗戦処理。は個人的には大谷(のような選手)が高校を出てアメリカ大リーグの傘下に入ることに必ずしも反対ではない。過酷と言われるマイナーリーグの競争、環境をも突破出来る強者がいたら、是非チャレンジして、それで大リーグで天下を取って欲しい。そういう選手が出てくる方がWBCで侍ジャパンが優勝するよりも感動するかもしれない。それこそ本物の侍だ。だから極論すれば大谷にもそういう姿勢を貫いて欲しい気持ちもあったが、ファイターズファンなのでさすがに二年連続でドラフト1位を逃したら、多かれ少なかれ近い将来に影響が出てくる。そもそも育成重視の球団なので選手が入ってこないことには始まらない。

だから大谷(のような選手)に対して大リーグの傘下に進む道を閉ざすことには反対だし、いわゆる“田澤ルール”が必要だとしても、アメリカの球団を退団してから三年間(大学、社会人経由の場合は二年間)日本のプロ野球に入団出来ないとするのではなく、アメリカの球団に所属した年を起点に日本球界への入団規制をすればいいと思う。例えば大谷が今回ファイターズの指名を拒否して2013年から大リーグの球団と契約したとする。そして五年後、2017年に解雇されて日本球界でのプレーを望んだとして、“田澤ルール”だと解雇された年から三年間、つまり2018年から2020年までの間、日本のプロ野球に所属出来ないことになるが、そうではなく、今年のドラフト会議での指名を拒否した選手と言うことで日本の社会人野球に進んだのと同じ、三年間、田澤の日本プロ野球縛りは2013年から2015年とし、それ以降であれば、解雇された翌年からいつでも日本でプレイできるようにしたらどうか。もちろんその場合でもドラフト会議にかからなければならない。そうでないとドラフトで日本の希望球団に指名されなかった選手が三年間アメリカのマイナーリーグで腕を磨き、三年後に日本のプロ野球の希望球団に所属できる抜け穴になるからだ。出戻り選手に関してはその都度完全ウエーバー制のドラフトをしても良いだろう。現状の野球協約で言う、シーズン途中の自由契約措置に応じて採り入れられるウエーバー公示を当てはめればよいと思う。

要は現状の無法状態だと、大リーグの球団に好き放題される可能性と、大リーグの球団と日本の球団がグルになれば、抜け道にも出来かねないということだ。そしてなおかつ厄介なのは、アメリカ大リーグが自分たちはアメリカでも独占禁止法の対象外だ云々などと言い出して、破ろうと思えばいつでも破れる紳士協定程度でお茶を濁そうとすることだ。

ならば日本のプロ野球を経ずに大リーグの傘下に入った場合に日本に戻ってくるケースに制約をかけるしかないという“田澤ルール”の発想くらいしか抵抗措置が取れないのが残念だ。ただ、大リーグの球団を解雇されてから二年間ないし三年間という縛りは率直に言って嫌がらせの域を出ていない感じがする。


11
日の各スポーツ紙の報道によると、大谷がファイターズ入りを表明する前から花巻東には抗議電話などが殺到しているという。単に結果だけを観ると、「早稲田大学に進学する」と言っておきながらジャイアンツの1位指名を受けて入団した桑田真澄とほとんど変わらないのだから。大谷との会見に臨んだ栗山英樹監督らは翌10日、花巻東を訪ねて謝罪したという。いやはや…。
Adsc_0021(写真:星野監督に恫喝されて謝罪する栗山監督。あくまでイメージ<冗>。)

花巻東に抗議電話をかける人達は大谷に大リーグに行って欲しかったから文句を言っているのだろうか?ゴールデンイーグルスなど、みすみす大谷を逃した他球団には抗議電話は行かないのだろうか
<苦笑>

ファイターズと大谷の間に“密約”があったのか、なかったのかはわからない。だが、ものは考えようだ。昨年のドラフトでファイターズが菅野智之を強行指名した。ファイターズが交渉権を得たためにジャイアンツは菅野を取り逃した。もしも昨年のドラフトでジャイアンツが菅野を単独指名して入団に漕ぎつけていたら、ジャイアンツはおそらく今年のドラフトで大谷を指名していたと思う。「大リーグに挑戦します」と宣言した選手をドラフトでジャイアンツが単独指名したら…


それを考えれば、騒ぐほどのことじゃないでしょ<>


P.S.
星野監督のファンの方、怒らないで下さいね…。

« ゴールデンイーグルスに超大物外国人選手がやってくる!? | トップページ | 継続は力なり!-ながさわたかひろ展「プロ野球ぬりえ2012~魔球の伝説~」に行ってきた。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンイーグルスに超大物外国人選手がやってくる!? | トップページ | 継続は力なり!-ながさわたかひろ展「プロ野球ぬりえ2012~魔球の伝説~」に行ってきた。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック