フォト
無料ブログはココログ

« 捕手中嶋聡はまだまだファイターズには必要だ。 | トップページ | こんな東京ドームは初めて!-初めて観た日本シリーズ第7戦【回想】敗戦処理。生観戦録-第33回 2008年(平成20年)編 »

2012年10月22日 (月)

ジャイアンツが大逆転で日本シリーズに進出。夢の日本シリーズが再び!

Adsc_0218パ・リーグのファイターズに続いて、セ・リーグのジャイアンツがクライマックスシリーズファイナルステージを制し、日本シリーズ進出を決めた。ファイナルステージを3勝0敗+アドバンテージ1勝でストレートにホークスを下したファイターズと対照的にジャイアンツはドラゴンズに3連敗のスタートから、3連勝してアドバンテージの1勝と合わせて4勝3敗で辛うじてドラゴンズを制した。敗戦処理。にとっては夢の顔合わせとなるこの両チームによる日本シリーズは2009年以来、三年ぶり三回目。

これで、今年の日本一は敗戦処理。の贔屓チームが獲得する事が確実になった!


(写真:クライマックスシリーズを制し、日本シリーズ進出を決めて胴上げされる原辰徳監督)


個人的には、ジャイアンツのセ・リーグ優勝決定試合は生観戦予定試合の前日だったし、ファイターズが日本シリーズ進出を決めた試合も生観戦予定の前日だったので、ひょっとして昨日21日にドラゴンズが日本シリーズ進出を決めてしまうのではと弱気になりかけたが、崖っぷちのジャイアンツが盛り返して逆転進出となった。

20日に生観戦を予定していたパ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第四戦が、第三戦でファイターズの日本シリーズ制覇が決まって中止になったので北海道行きは断念したが、その時点でジャイアンツは三連敗。特に第三戦は何とか同点に漕ぎつけた後、延長十回に西村健太朗が失点するという後味の悪いものとなった。正直パ・リーグに続いてセのチケットも払い戻しかと覚悟はしたが、ジャイアンツが持ち直した。

今日の観戦は仕事を終えて駆けつけたので、ちょうど二回裏に3点を先制し、相手投手が先発の伊藤準規から武藤祐太に代わるところだった。伊藤にしろジャイアンツ先発のデニス・ホールトンにしろ、第二戦に先発しての中三日だ。先制するには越したことがないが、いつスタミナ切れが起きても不思議ではない。どんどん追加点が欲しいところだ。

ジャイアンツはその後、村田修一の今CS2本目の本塁打が出て4対0とリード。Cdsc_0034余談だが今日もビッグマックがもらえるツインアーチの企画は行われていたが、少なくともジャイアンツファンは誰もビッグマックをただでせしめようとは思わなかっただろう。点差が開いても「ソロホームランくらいならいいや」という雰囲気ではとてもなかった。

昨日同じく中三日だった内海哲也は五回に100球に達したところでトニ・ブランコに本塁打を浴びてマウンドを降りた。今日もホールトンに長いイニングを託せないことは明白だったが、何とか5イニングを無失点に抑えてくれた。まだ投球数は二桁だったと思うが五回裏の打席で代打、ジョン・ボウカーを送られて交代。二番手は第四戦の勝利投手、澤村拓一が中一日で登板。
Dsc_0063投球練習から力みまくっているようにスタンドからは見えた。中一日で、加減が効かないのではと思った。ブランコの二塁打などで
1失点したが、貴重な1イニングを一人で投げきってくれた。スコット・マシソンが昨日まで三日間連投、しかも昨日は27球とはいえ2イニング投げているのでさすがに厳しいだろう。3イニングをどうしのぐかと思ったが、山口鉄也に2イニング任せた。
Dsc_0094もちろん、最終回は西村健太朗。
西村は先頭の代打、堂上直倫に初球を狙われ左中間に二塁打を打たれた。だが3点差。一つずつアウトを取ればというところで谷繁元信を二ゴロで一死三塁。第三戦で西村から決勝打を放った堂上剛裕を迎えたところで高木守道監督は三塁走者を英智に代えた。
Dsc_0178
Dsc_0179今季限りでの現役引退を表明しており、既に引退セレモニーを終えている英智をここで起用するとは粋な計らいだと思ったが、レフト側ビジター応援席のドラゴンズ応援団とファンは最後のチャンスとばかりにチャンステーマをエンドレスに歌うばかりで、特に拍手が少なかったのが残念だった。敗戦処理。のそばの席の女の子は「ひでのりぃー!」と絶叫して泣いていた。

Cdsc_0191
二死後、大島洋平のレフト線の安打で英智は生還。4対2となったが、これが英智にとってもドラゴンズにとっても最後の得点となった。
Cdsc_0174_2西村は明らかにシーズン中の西村ではなかったが、最後の力を振り絞って荒木雅博を三塁ゴロに打ち取り、ジャイアンツが勝利を決めた。


パ・リーグのクライマックスシリーズを制したファイターズは胴上げをしなかったが、ジャイアンツナインはマウンド付近に集まってきた。これは胴上げだ!とその瞬間感極まったのか三塁側から飛び出してきた男が走ってきたが、警備員さんに取り押さえられた。
Cdsc_0211
この男につられたのか、もう一人乱入者はいたようだがいずれも警備員さんの手際よい処置で大事には至らなかった。先ほどこのシーンを日本テレビの中継で確認したら、警備員さんが走っているところだけ映っていた。こういう輩は映さないのがベストだろう。ちなみに写真の男はこの後もかなり抵抗していた。入ってくるところを見なかったが、おそらくは三塁側エキサイトシートの客であろう。

そして冒頭の写真の様に原辰徳監督が胴上げされ、十回宙に舞った。

Dsc_0270
この後、原監督がインタビューを受けた後、クライマックスシリーズのMVPとして第五戦でサヨナラ安打を放った石井義人が発表された。
Dsc_mvp0287今季の開幕前に話題になった巨額契約金の選手達でなく、ライオンズから戦力外通告を受け、トライアウトに臨んで入団した石井がこの大舞台で脚光を浴びるのは味わい深い。石井はお立ち台で「クライマックスシリーズは何度出ても…」とライオンズ時代に幾多の修羅場をくぐり抜けて来た男の矜持を見せた。


幸先良く三連勝したドラゴンズはどこで歯車が狂ったのか?ファーストステージの第一戦に先発した中田賢一が右肩関節炎で登録抹消になったのが響いた。スワローズとのファーストステージが三試合とも接戦になり、手厚いリリーフ陣がフル回転を余儀なくされた上、既に吉見一起、エンジェルベルト・ソトが離脱した先発陣が苦しくなり、今季のレギュラーシーズンでの実績に乏しい川上憲伸、山本昌のベテラン力に頼らざるを得なくなった。山本昌はファーストステージの第三戦とファイナルステージの第三戦に中三日で先発した。結果早め早めの継投を余儀なくされ、それが第四戦以降は受け身に回ってしまった。まだあと一つ負けられるはずの第五戦には八人の投手をつぎ込んでサヨナラ負けをするという、最も避けなければならない負け方をしてしまった。
Cdsc_0049そのサヨナラ負けを喫した山井大介が今日の最終戦では3点ビハインドの四回裏から登板するというのだから、何かと取り沙汰された高木監督と権藤博投手コーチのぎくしゃくぶりは想像以上だったのだろう。だが、ドラゴンズがジャイアンツを原監督がいうように徳俵まで追い詰めたのは確かだ。レギュラーシーズンとは一味違った圧迫感に押されっぱなしだったのは事実だ。今日もジャイアンツが終始リードした展開だったが、スタンドにいて最後まで一球たりとも目を離せぬ、点差を感じさせない試合だった。ジャイアンツは快勝ではない。辛勝だ。

そして、中四日で日本シリーズが始まる。
Dsc_0331
Dsc_0329敗戦処理。にとっては夢の日本シリーズだ。
第一戦に万全の状態で臨めるファイターズと、中四日で臨まなければならないジャイアンツ。どんな戦いを見せてくれるのだろうか?札幌ドームには行けないが、第六戦、第七戦を東京ドームで生観戦予定だ。

« 捕手中嶋聡はまだまだファイターズには必要だ。 | トップページ | こんな東京ドームは初めて!-初めて観た日本シリーズ第7戦【回想】敗戦処理。生観戦録-第33回 2008年(平成20年)編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63107763

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツが大逆転で日本シリーズに進出。夢の日本シリーズが再び!:

« 捕手中嶋聡はまだまだファイターズには必要だ。 | トップページ | こんな東京ドームは初めて!-初めて観た日本シリーズ第7戦【回想】敗戦処理。生観戦録-第33回 2008年(平成20年)編 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック