フォト
無料ブログはココログ

« 八木と吉川が一軍先発ローテーション入りを目指しフューチャーズ戦に登板。 | トップページ | 東京ドームのプレミアムラウンジに行った »

2011年5月21日 (土)

斎藤佑樹の未来予想図

Dsc_0006 8日のホークス戦に登板中に脇腹の痛みを訴えて途中降板し、登録抹消となったファイターズの斎藤佑樹。斎藤の故障の原因を、公式戦登板での変化球の多投のつけ、つまり、かわす投球のしすぎでフォームのバランスが悪くなったことが一因ではないかと観ている有力な説がある。確かに「ハンカチ王子」として一躍名を馳せた早稲田実業時代の投球とは、野球のレベルが異なるとはいえ、明らかに違う。

「右の下柳」と言われたり、NHK-BSで解説した武田一浩「僕の現役最後の年でももっと真っ直ぐを投げていた」といわれたほどの若さのない、かわす投球。左脇腹の痛みと、ファイターズに入ってからの投球傾向に相関関係があるのか?そして佑ちゃんの今後は

(写真:練習のために勇翔寮からスタジアムに移動する斎藤。)

あまりアマチュア野球に明るくない敗戦処理。は雑誌「野球小僧」(白夜書房)の情報をアテにすることが多い。特にドラフト候補の選手に関する情報は他誌の追随を許さないと思う。昨秋のドラフトでも参考資料とした。各候補選手が、プロで将来どんな選手になっていくかを、過去に実在した選手に喩える「未来予想図」という項目があり、佑ちゃんの未来予想図は元ライオンズの東尾修とされている。

 

Cdsc_0001 東尾修-言わずとしれた、昭和の二百勝投手。偉大な投手であることは間違いない。野球殿堂入りも果たしている。だが…

投手としての実績は素晴らしいにしても、イメージは佑ちゃんが過去早稲田実業、早稲田大学時代に国民的アイドルとして築き上げてきたものと180°違うではないか。敗戦処理。はこの意図をつかみかねていた。

ところが先日、「斎藤佑樹の未来予想図は東尾修」という話を年配の知人に話したところ、その人は「それ、わかる」と言ってくれた。

その知人によると、東尾は若い頃から変化球投手で、素人目にはどこがいい投手なのか、どこに特徴があるのかわからなかったという。しかも素人のファンだけでなく、評論家も東尾のピッチングをなかなか分析できなかったという。

東尾といえば、大胆な内角攻め、それを可能にするシュートのキレの良さと、カーブ、スライダー系の投球のコントロールの良さなどが思い出されるが、敗戦処理。にとってはそれは既に東尾がライオンズ(既に西鉄ではなく、太平洋クラブ以降)のエースと呼ばれるようになってからの時代のことで、この時代になると、東尾は既に「東尾修」という顔で半分くらいは投げており、西武になって黄金時代を引っ張る時代には「東尾修」という顔で八割くらい投げていた。つまり東尾は「東尾修」だから相手を抑えられる、勝てる投手だったのだ。若い頃から評論家泣かせの投手で、それでも実績を挙げてきたので、評論家は後付けで東尾という投手の良いところを指摘したのだという。

東尾のカーブはあの当時でいえば堀内恒夫のカーブほどの鋭さがあったわけではないし、シュートにしても平松政次ほどではなかっただろう。

故障する前の佑ちゃんの投球に対しても前述のように批判も見られるが、あの一回で降板した試合を除けば、三度の先発ですべて勝利投手の権利を得ているのだ。「佑ちゃんは何かを持ってる」といわれるが未来予想図とされる東尾同様、説明不能なものを持っているのだろう。失点もエラー絡みのものが目立つので防御率も3.00と悪くない。

佑ちゃんの三試合目の登板相手となったライオンズでは中島裕之はチームのスコアラーが集めた情報とは別に、実際に佑ちゃんと対戦した他球団の選手から取材して対策を練ったという。でも、実際に対戦した佑ちゃんはスコアラーのデータとも、対戦経験者からの情報とも異なるイメージだったという。

斎藤佑樹は平成の東尾修なのだろう

ただ、その平成の東尾修投法が故障の一因だとしたら話は別だ。故障に関しては楽観論と慎重論が相まみえているが、実際どうなのか?行ってもわからないだろうが、とりあえず鎌ヶ谷に今日(21)行ってみた。

冒頭の写真はファイターズスタジアムに隣接する勇翔寮からスタジアムに向かって歩く佑ちゃんだ。記者に挟まれグラウンドに入っていくが1月の自主トレではこのわずか数十メートルの距離でさえ、混乱を避けるために規制がされ、ファンは近寄れなかった。この時点ではファンも十数人といった感じで静かなものだった。ファーム本体がベイスターズと横須賀でデーゲームなのでファームを応援するファンが横須賀に向かっているというのもあるが…。余談だがファイターズのファームがファイターズスタジアムで公式戦を行う24日以降は警備員を増強するらしい。

この日の佑ちゃんは外野フェンス沿いのダッシュ、キャッチボール、ストレッチといった練習を同期、同学年の乾真大らと行った。

Dsc_0118 時に大ベテラン木田優夫からアドバイスされるシーンもあった。

佑ちゃんは明日、故障後初めてブルペン入りするらしいがキャッチボールの合間にも投球フォームのような投げ方を混ぜていた。

Dsc_0092 脇腹や身体の一部を庇うようなそぶりは一切見せず、リハビリとしては順調なのではないか。

佑ちゃんはこの日イースタンで先発した榎下陽大を除く同期の乾、齊藤勝とストレッチ。

Dsc_0120 そして締めは乾とのキャッチボール。相手が同期の乾ということもあって締めのキャッチボールは終始笑顔だった。

Dsc_0140 明日のブルペン入りを意識してか、投球フォームを模した投げ方も見せていた。

佑ちゃんの笑顔は気のおけない同期相手のキャッチボールだったからか、それともリハビリの順調さによるものなのか…。

専門的なことはわからないが、順調に回復しているのなら、次の週末、28日のジャイアンツ球場または29日の熊谷運動公園野球場でテスト登板し、65日の東京ドームのジャイアンツ戦で復帰して欲しいものだが…。

ちなみに65日のジャイアンツ対ファイターズは故障前の4月30日に前売りが開始され、54日の時点で東京ドームの前売り所では売り切れていた。

Dsc_0113 佑ちゃんが毎週日曜日に投げていたから、ファンがこの日に佑ちゃんが投げると見込んで前売りを購入した結果だろう。ちなみに売り切れていたのはその日の翌日のタイガース戦と佑ちゃんの登板が予想されていた65日だけだ。

6月5日に元気な姿で東京ドームのマウンドに立つ佑ちゃんの姿を観たいのだが…。

P.S.

今日のオマケ

Dsc_0136 明日の佑ちゃんブルペン入りに備え、ブルペンを覆う布をクラフトテープなどで補強するファイターズの職員。入念だ。

« 八木と吉川が一軍先発ローテーション入りを目指しフューチャーズ戦に登板。 | トップページ | 東京ドームのプレミアムラウンジに行った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤佑樹の未来予想図:

« 八木と吉川が一軍先発ローテーション入りを目指しフューチャーズ戦に登板。 | トップページ | 東京ドームのプレミアムラウンジに行った »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック