フォト
無料ブログはココログ

« BCリーグの信濃グランセローズ、工藤公康を獲得か!? | トップページ | 札幌ドームのネーミングライツを高く売る方法!? »

2011年2月 6日 (日)

大相撲三月場所、中止決定

Cdscpict0002 八百長疑惑に揺れる日本相撲協会は6日の理事会で、来月13日に初日を迎える予定だった大相撲三月場所(春場所=大阪府立体育会館)の開催中止を決定した。一部力士の野球賭博に関する捜査の過程で、八百長の存在を思わせるメールが発覚。当該力士らの一部が八百長を認めていた。

かつて日本のプロ野球界でも、八百長行為が発覚して重い処分を受ける事態があった。時代が違うとは言え、日本のプロ野球界も対岸の火事と思わず、気を引き締めて欲しい。

(写真:盟友である元関脇、逆鉾伸重の断髪式ではさみを入れる元小結、板井圭介 1993年撮影)

敗戦処理。に言わせれば角界のタガが緩みきっているのは今に始まったものではないが、そもそも八百長疑惑の証拠発覚の発端が「野球賭博」であることを踏まえると、日本のプロ野球界にとっても対岸の火事ではないだろう。

野球賭博の背景には暴力団の存在が見え隠れする。暴力団の存在が見え隠れするようなら、賭博の対象に当たる野球の試合に関する情報を得ようと、彼らが野球選手に接近しようとするという構図が自ずと描けてくるからだ。

NPBでは以前から暴力団排除には地道な取り組みを続けている。が、これまた暴力団の存在を想像させるダフ屋行為を、NPBや球団が公認した応援団組織の一員が行っていた問題が発覚したりした。ジャイアンツなどは長年ファンに親しまれた応援団組織が解散するという事態に発展した。

現在、外野席で鳴り物を駆使して賑やかに応援活動をしている、いわゆる私設応援団は球団やNPBの公認を得た団体である。外野席に座って応援を楽しみたい一般のファンをある意味統率し、まとまりのある応援を仕切る連中の中に反社会的な勢力や、それにつながっている人物が含まれていたりすると一般のファンが安心して野球観戦や応援を楽しめなくなるので、素性をチェックしてお墨付きを与えた団体のみに鳴り物応援を認めているのである。奴らは隙を見せるとどこからともなくつけいってくる。

もう一方、プロ野球にだって八百長行為があってはならないのは当然のこと。今回の角界の件に関連し、日本のプロ野球界も八百長行為そのものを固く禁じるのはもちろん、疑いを招きかねない行為の一掃も考えるべきではないか。

角界では今回の八百長疑惑発覚の前に、黒海太臥牙丸勝の暴行事件があった。この時に日本相撲協会は、暴行がもってのほかであるのは当然として、本場所中に、対戦の可能性のある力士同士が深夜というか未明というか、遅くまで接触を図っていること自体がけしからん…という姿勢を取った。これは当然、角界だけでなくプロ野球界にも当てはまる。

プロ野球界ではライバルチームの選手と一緒に非常識な時間帯に…という事例は聴いたことがないが、さしずめ他球団の選手とのプライベートでの交流をツイッターで公開しているダルビッシュ有あたりには慎重な対応を求めたい。

ダルビッシュの場合は、例えば予告先発制度のない交流戦の期間にはツイッターで呟く回数を減らすなどツイッターの利点だけでなく危うい点も自覚しているようだが一層の注意を促したい。

星火燎原-小さなことを見過ごしていると、いつか大きな問題になる。野球賭博が存在し、その背後に暴力団の介在があるのであれば、いつどのような方法で彼らが接触してくるかわからない。プロ野球界には暴力団排除の姿勢の一層の強化を含め、日常の行動を律することで角界の二の轍を踏むことなど無きようにお願いしたい。

« BCリーグの信濃グランセローズ、工藤公康を獲得か!? | トップページ | 札幌ドームのネーミングライツを高く売る方法!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲三月場所、中止決定:

« BCリーグの信濃グランセローズ、工藤公康を獲得か!? | トップページ | 札幌ドームのネーミングライツを高く売る方法!? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック