フォト
無料ブログはココログ

« ちょっと変じゃないか?ホークスが藤田宗一を育成選手として獲得。 | トップページ | ライオンズが涌井秀章の年俸調停に敗訴… »

2011年1月29日 (土)

ファーム交流戦

02 28日、ウエスタン・リーグに先駆け、今季のイースタン・リーグ公式戦の日程が発表された。今季の目玉はイースタンとウエスタンの交流戦。しかし、この日程を見る限り…

(写真:ジャイアンツ球場の三塁側を埋めたタイガースファン。2005年、イースタン・リーグ開幕戦からジャイアンツ対タイガースの交流戦が組まれた。20053月撮影)

そもそもファームのリーグをセとパではなく、地域の東西で分けているのは移動コストなどの負担を少なくするため。一軍で交流戦が導入された2005年から冒頭の写真の様にファームでも交流戦がスタートしたが、交流戦に乗り気の球団とそうでない球団に温度差があり、昨年などはジャイアンツ対タイガースの二試合が組まれただけだった。しかし、イースタン、ウエスタンとも所属球団数が奇数という、簡単には解決出来ない問題のために常に一球団が試合を組めないという状況打破の一環として交流戦を増やそうと言う機運が高まった。

しかし発表されたイースタン・リーグ公式戦の日程表によると、交流戦に積極的なジャイアンツは交流戦を含め127試合を行い最多となるが、今のところ交流戦を一試合も組まないマリーンズとファイターズは108試合。交流戦は公式戦なので127試合行うチームと108試合行うチームが同じ土俵でリーグ優勝を争うことになる。もっとも交流戦に予備日が組まれているのかも現時点では不明。最終的な試合数は変わるかもしれない。現時点での各球団の試合数はマリーンズが108、ジャイアンツが127、シーレックス改めベイスターズが113、ゴールデンイーグルスが110、ファイターズが108、スワローズが114、ライオンズが114なお交流戦に限り3月末まで追加可能とのこと。

ところでイースタンの球団同士の対戦は108試合(6球団×各18試合)だから、各球団の試合数から108を引いた数字がウエスタン・リーグとの交流戦の試合数になる。ジャイアンツが19試合、ベイスターズが5試合、ゴールデンイーグルスが2試合、スワローズとライオンズが各6試合。そして合計の38試合が現時点での公式なファーム交流戦である。

日程表を細かく見ていくと、5月17日から5月22日までの6日間に毎日3試合ずつが宮崎県内の複数の球場で集中的に組まれている。38試合の約半数だ。秋季教育リーグ、フェニックスリーグの開催地である宮崎県サイドがファームで交流戦を行うと知って猛烈に招致したそうだ。しかし交流戦の開催の趣旨を、イースタン、ウエスタンとも所属球団数が奇数で試合を組めない球団が発生する事への対策という面から考えると、一日に三試合も交流戦を組むのでなく、一日に一試合とし、開催日を分散させた方がベターなのである。極端に言えば、38試合ある交流戦をすべて別の日に、つまり38日に分けて開催すれば、試合を組めない球団が発生する日を38日減らせるのだ。それが前述の通り5月17日から5月22日までの6日間に毎日3試合ずつ組んだこともあって交流戦の恩恵を受ける日が26日しかない。またせっかく交流戦が組まれているのに7球団すべてが試合を行うのではない日が26日のうち7日もあり、もったいない感じもする。

コスト増がネックになるだろうから、球団によって交流戦に対するとらえかたが異なるのは無理もないと思う。敗戦処理。も否定しない。ただ意外だったのはジャイアンツが積極的に交流戦を多く組むのは予想通りとしても、マリーンズの0というのは意外だ。慢性的な赤字体質に苦しみながらも、ジャイアンツに次ぐ多くの育成選手を抱えて新機軸を打ち出そうとして、昨年活躍した岡田幸文の様な成功事例もある、新しいことに取り組む積極的姿勢を示す球団という印象だったからだ。

この他、発表されたイースタン・リーグ日程を見て気付いたことを挙げてみる。

交流戦に積極的なジャイアンツだが、ウエスタン・リーグ所属チームの本拠地で交流戦を行うのでこの機会に敗戦処理。も由宇やら北神戸に足を運ぼうと思ったが平日開催なので今回は断念…。

ジャイアンツのファームのトピックとしては本拠地のジャイアンツ球場に夜間照明の設備が整うというのがある。日程表を見ると16時試合開始という試合が組まれており、また従来通りのデーゲームも13時試合開始から1230分試合開始にすべて変更されている。これはデーゲームで公式戦を行ったあとに夜間練習や練習試合を組むことも可能にするための措置だと推測する。

またファイターズは7月の第三月曜日のハッピーマンデー、海の日となる日をファームのマスコット、C☆Bの誕生日と位置づけ2007年から毎年主催試合を組んできた(C☆Bは2006年デビュー)が、今年はビジターでジャイアンツ戦だ。近年「鎌スタ☆祭り」と銘打ってファイターズタウン全域をお祭り広場と化して賑々しくやっていたが、今年はどうするのか?

そして当blog昨年3月3日付エントリー どうなった?マリーンズファームの移転話は!? にコメントをいただいた森本次郎氏が取り組んでおられた、5月1日に四街道市でマリーンズのファームの主催試合を行う計画に関しては日程表を見る限りでは実現しなかったようだ。


P.S.
今日のオマケ
ウエスタン・リーグ公式戦の日程は2月1日発表らしい。

« ちょっと変じゃないか?ホークスが藤田宗一を育成選手として獲得。 | トップページ | ライオンズが涌井秀章の年俸調停に敗訴… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63108192

この記事へのトラックバック一覧です: ファーム交流戦:

« ちょっと変じゃないか?ホークスが藤田宗一を育成選手として獲得。 | トップページ | ライオンズが涌井秀章の年俸調停に敗訴… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック