フォト
無料ブログはココログ

« 日本シリーズが地上波で全国放送されない!? | トップページ | 斎藤佑樹への過大な期待。 »

2010年10月27日 (水)

ゴールデンイーグルス、星野仙一という選択

Dsc_0396 星野仙一前タイガースシニアディレクターのゴールデンイーグルス監督就任記者会見が本日(27)行われる。監督復帰は北京五輪での日本代表監督以来。NPBの監督としてはタイガースの監督を2003年限りで退任しているので8年ぶりとなる。

(写真:2008年北京五輪の日本代表監督時代の星野仙一監督。これが最後のユニフォーム姿になるかと思ったが…。20088月撮影)

昨年野村克也からマーティ・ブラウンに監督が替わった時、いかにも安上がりな感じがした。外国人監督だけに専属の通訳や、スタッフにかかる別費用が発生するにしても殿堂入り監督に莫大な費用をかけるよりはコストダウンに繋がり、健全経営にいたるのだろうなと勝手に想像していた。それが一転して星野監督である。見方によっては「安かろう悪かろう」よりも「金はかかっても結果を出す」人を選んだとも思える。「見方によっては」と書いたのは田尾安志、野村、ブラウン、星野という系譜に何の脈絡も(少なくとも敗戦処理。には)見られないからである。例えば野村監督と契約を更新しなかった理由の一つに年齢から来る健康面の不安というのがあったと記憶しているが、星野監督がタイガースの監督を辞した理由は体調の不安だった。脈絡どころかコンセプトも不明。球団としてどういうチームを目指しているのか見えないのである。

島田亨オーナーは新規参入の初年度には球団社長として黒字化に成功した。チームは果てしなく弱かったが、何十億の赤字が出ても何ら不思議でないパ・リーグにおいていきなり黒字を出した。当時島田社長は、野球界には自分が今まで歩んできたビジネスの世界では考えられない習慣があり、良い点も悪い点もあるが悪い習慣を断ち切って普通のビジネスの感覚を研ぎ澄ませていけば赤字は充分に削れるというようなことを堂々と語っていた。それが「結果を出すけれども金がかかる」人を監督に迎え、加えて、星野監督だけでなく、盟友の田淵幸一もコーチで加わると言われている。タイガースと北京五輪で星野監督の片腕となっただけでなく、ホークスで監督を務めた経験がある。元監督のコーチであれば、年俸も並みとは行くまい。

Cdsc_ (写真:北京五輪野球日本代表で実現したお友達内閣。今回ミスター赤ヘルが加わらないのがせめてもの良心? 20088月撮影)そしてそれがために二年契約を結んだ監督を契約期間を残して解任し(違約金を払っているかもしれない)、なおかつその前の監督に「名誉監督」として報酬を払っている。これはもう島田オーナーが社長時代に実現したまさかの黒字経営とは一線を画したものと言わざるを得ないだろう。「監督の契約年数なんてあって無い様なもの。成績が悪ければ一年でクビ」という反論が帰ってくるだろう。しかしそれは前述した野球界の悪い習慣と言えなくもない。

朱に交われば赤くなる-という諺があるが、ゴールデンイーグルスも日本プロ野球界に染まっていくのだろうか。

ゴールデンイーグルスの監督人事に関しては、贔屓チームでないので特別強い関心を持っている訳ではないが、現時点では時代錯誤な印象を持っている。球界に染みついた年間何十億という赤字が出る土壌は変わっていないとしても、野球のプレースタイルやら、現場レベルは良くも悪くも速い流れで変わっている。ドラゴンズからタイガースへの移籍はブランクを置かずになされたが、タイガースの監督を辞めてから丸七年。五輪の予選と本選で実戦経験があると言っても、ハイレベルな選手を集めた代表チームでの短期決戦と長丁場の公式戦は全然違うだろう。贔屓チームでないチームの監督の人選にまで異を唱えるのは図々しいのを承知で書いているが、どうせなら若い、いや若くなくても監督経験がなく新鮮な人選(例えば今季のマリーンズの西村徳文監督)をして欲しかった、という思いはある。

監督の交代でどんな新しいチームになるかという興味もある反面、時代に逆行する人選という気もある。ゴールデンイーグルスのファンの方達は新監督を歓迎しているのか、どんなチームにして欲しいと期待しているのだろうか?

« 日本シリーズが地上波で全国放送されない!? | トップページ | 斎藤佑樹への過大な期待。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンイーグルス、星野仙一という選択:

« 日本シリーズが地上波で全国放送されない!? | トップページ | 斎藤佑樹への過大な期待。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック