フォト
無料ブログはココログ

« ゴールデンイーグルス、星野仙一という選択 | トップページ | 日韓クラブチャンピオンシップの原型がここにあった。-初の日韓野球開催で東京ドームが燃えた!-【回想】敗戦処理。生観戦録-第18回 1991年(平成3年)編 »

2010年10月31日 (日)

斎藤佑樹への過大な期待。

Dsc_0004 まだ厳密に言えばファイターズ球団が早稲田大学の斎藤佑樹選手の交渉権を獲得したというだけに過ぎないのだが…

(写真:ドラフト会議の抽選箱。昨年のしか画像がなかった<苦笑>。)

1028日に行われた新人選択会議でファイターズが「ハンカチ王子」こと早稲田大学の斎藤佑樹の交渉権を獲得した。ファイターズファンとして嬉しい限りだ。

で、ファイターズに入団してくれるという前提で個人的な斎藤への期待を書いてみたい。

斎藤佑樹というと真っ先に思い浮かぶのは四年前の早稲田実業時代の夏の甲子園大会。現ゴールデンイーグルスの駒大苫小牧・田中将大との投げ合いだ。これで斎藤は一躍全国区のアイドルとなった。当然、その年のドラフトの超目玉になるはずだったが、系列の早稲田大学への進学を早々と表明。プロ入りは先送りとなった。そしてあれから四年。今度こそドラフトの超目玉となった斎藤には四球団がドラフト1位で入札。六大学野球に関心を持つファン以外の目にはあまり触れなかったこの四年間、それこそダルビッシュ有のポスティング移籍報道のように時折思い出したように近況がメディアに面白おかしく報じられたりした。やれ早実時代がピークだっただの、大学に入ってから変な人付き合いが始まっただのとやかく言う向きもあるが、これらがいわゆる有名税の類で、四球団が一位指名という評価の高さが本当の実力を現していると、現時点では信用したい。

個人的には斎藤の最大の魅力は知名度の高さだと思っている。

何年かおきに、「超高校級」との肩書きで形容される選手は出てくるが「超・野球ファン」即ち野球ファンを超えた知名度を持つスター選手はそれより低い頻度でしか登場しない。菊池雄星、ダルビッシュ有、中田翔…、野球ファン以外はほとんど知らないだろう。

* ダルビッシュの場合は別の次元で名を馳せたが、実名が明かされなかったので野球ファン以外にはあまり浸透しなかったと思われる。

日本の野球界とファンを取り巻く環境を見てみると、アマチュア球界でメジャーと言えるのは極論すれば高校野球だけである。五輪の野球日本代表をプロ選手が占めるようになり、ますますその傾向に拍車がかかっている。斎藤佑樹はその高校野球で名を馳せ、投手としての実力だけでなくそのルックスと、ハンカチに手をやるしぐさで人気を集め、なおかつ負けたら終わりのトーナメント大会で延長戦を必死で投げ抜くという判官びいきが加わり、普段野球にあまり関心を持たない層をも引きつけた。これが重要なのである。

余談だがかつてジャイアンツのエースだった上原浩治は自ら「雑草魂」という造語を創って座右の銘とし、ルーキーイヤーに二十勝を挙げる活躍をすると流行語大賞にも選ばれた。しかし上原浩治を Wikipediaで検索していただければ一目瞭然だが上原の大阪体育大学時代の実績はとても雑草と形容されるようなレベルではない華々しいものであった。にもかかわらず「雑草魂」というフレーズにファンが違和感なく浸透したのは上原が大学に入るのに一年間遠回りしたという事実もあるが、高校時代に甲子園に出ていないためにファンにとってメジャーな存在でなかったということがあろう。大学野球でずば抜けた素質の片鱗をいくら示しても、広く厚く野球ファン全般に注目を浴びるのはドラフトが間近になってからであり、上原の場合は大リーグと日本のジャイアンツを秤にかけたからで、「松坂大輔ばかり注目していたが、そんな凄い奴がいるのか」という感じでクローズアップされたのが当時の実態だった。そういう意味で考えると、斎藤佑樹というのは現時点でも申し分ないスター選手なのである。

加えて斎藤が「ハンカチ王子」ともてはやされる以前、プロスポーツ界でそのスポーツのファンの枠を超えて世間一般に注目を浴びていたのはプロボクシングの亀田興毅、亀田大毅の「亀田兄弟」だった。その実力は誰もが認めるところだったが、その過激すぎる言動などで常に賛否両論な存在だった。亀田兄弟の言動や存在そのものを煙たがるような層にとって、絵に描いたような存在の斎藤佑樹の登場は渡りに舟だったはずだ。そしてそんなキャラクターが日本のスポーツ界の中心に君臨している(辛うじて過去形にはしない。)野球界から、それも「清く正しい高校野球のヒーロー」として登場したのは野球界にとっては千載一遇の救世主なのである。

そんなヒーローが日本の首都・東京にある野球の名門校にして、王貞治、荒木大輔、テリー伊藤、小室哲哉らを輩出した早稲田実業から甲子園に出場し、日本の硬式野球で唯一天皇賜杯が贈られる東京六大学野球の雄である早稲田大学に進学して着実に成長し、ドラフト会議でくじ運が避ければ交渉権を得られるチャンスがあるのだから、個人的にはもっと多くの球団が1位指名して欲しかったくらいだ。

もちろん、斎藤より多い六球団が1位指名した同じ早大の大石達也や、一部にはジャイアンツが完璧な囲い込みを行ったと取り沙汰される中央大学の沢村択一の方が伸びしろがある素材なのかもしれない。しかし斎藤にはこれまで書いてきたような素養があるのだ。あとは球団が指導、育成を間違えなければいいのだ(もちろん、これが一番重要でなおかつ難しいのだが…)。

日本シリーズですら、地上波で全国中継されない時代だ。プロ野球ファンがいくら盛り上がるイベントであっても、放映権料と見込める視聴率とスポンサー料などを秤にかけて割に合わないと思えば、テレビ局は無理して手を挙げない時代になったと言うことだ。それは少なくともテレビ業界的なマーケティングリサーチの限りにおいてはプロ野球が国民的娯楽でなくなったことを意味するに他ならない。だからこそ、野球界を超えた知名度というのは重要なのである。テレビ局期待の新番組の人気キャストに始球式をやらせたり、野球中継のゲストに呼んで視聴率を取り込むのとは次元が違う。国民的なヒーローが実際にグラウンドの主役となるのである。太田幸司荒木大輔を超える存在感や実績をプロで発揮して欲しいのである。

斎藤に過大な期待を寄せるのは禁物だと言うことは百も承知の上で、敢えて斎藤佑樹への期待を書き綴った。もちろん斎藤に国民的な野球人気復興の切り札的存在を託すのではなく、そのための貴重なワン・オブ・ゼムの存在として期待するのである。入団してくれたらファイターズにも斎藤を育てる義務が生じるのだ。ハンカチ人気で一儲けとそろばん勘定しているだけではダメなのだ。

« ゴールデンイーグルス、星野仙一という選択 | トップページ | 日韓クラブチャンピオンシップの原型がここにあった。-初の日韓野球開催で東京ドームが燃えた!-【回想】敗戦処理。生観戦録-第18回 1991年(平成3年)編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤佑樹への過大な期待。:

« ゴールデンイーグルス、星野仙一という選択 | トップページ | 日韓クラブチャンピオンシップの原型がここにあった。-初の日韓野球開催で東京ドームが燃えた!-【回想】敗戦処理。生観戦録-第18回 1991年(平成3年)編 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック