フォト
無料ブログはココログ

« 大沢親分逝く | トップページ | ダルビッシュ有、来季もファイターズでプレー  »

2010年10月 9日 (土)

ジャイアンツ、クライマックスシリーズに思いっきり不安を残して閉幕

Dsc_0030 勝つか、引き分ければレギュラーシーズンを2位で終えることになり、クライマックスシリーズの1stステージを本拠地・東京ドームで行えるという最終戦だったが、最終回に1点のリードを守れず追いつかれ、延長戦で手痛い一発を食らって逆転サヨナラ負けという最悪の結果に終わった。いつもジャイアンツファンをハラハラさせる守護神は最後までハラハラさせどうしのままだった。

(写真:七回表のピンチにマウンドへ行って山口鉄也に喝を入れる原辰徳監督。奇しくも二週間前と同じようなトップ画像<苦笑>。)

先発の内海哲也が好投するも、六回に一点差に迫られると原辰徳監督は躊躇なく久保裕也を投入。今季お決まりの継投を2位がかかった最終戦でも貫いた形だ。久保がイニングをまたぎ、山口鉄也越智大祐とつないで何とか一点差を保ち、

Dsc_0051 最終回はマーク・クルーンがハラハラドキドキさせながらも抑えるという勝ちパターンが最後に崩れた。

Dsc_0060 (写真:同点打を放った畠山和洋)

それでも同点止まりだったので九回裏に1点でも取ればサヨナラ勝ちだったのだが、一死満塁の絶好のサヨナラ機に長野久義脇谷亮太に一本が出ない。

十回表にクルーンを続投させるも、失策と四球で無死一、二塁としたところで慌てて高木康成をつぎ込むも、一死から伏兵の川本良平に3ランをジャイアンツファンで埋まったライトスタンドまで運ばれた。

今季のジャイアンツの苦戦ぶりを象徴するかのような最終戦だった。

それにしても不思議なシーズンだった。

開幕当初は順調に白星を積み重ねていた。だがそれも中継ぎ陣、リリーフ陣の踏ん張りに支えられる要素が多かった。中でも昨年はほとんどといっていいほど戦力にならなかった久保が先発投手が崩れたあと、リードを保ちながら山口や越智につなぐ役割を完璧にこなした。開幕当初は先発ローテーション入りを目指していた山口も中継ぎに復帰し、リリーフ陣はより強固になったが、誰が先発してもリリーフ陣に頼らざるをペないので、早晩リリーフ陣が崩壊するのではという懸念と背中合わせではあった。

しかし意外にも、崩壊したのは酷使される中継ぎ陣でなく、先発陣だった。連続試合二桁被安打の不名誉な記録を達成してしまうなど、とにかく先発陣が総崩れ。開幕投手を務めて順調に勝ってきた内海も勝てなくなり、ハーラーダービーのトップを争っていた東野峻も夏場から急降下した。

さらに拍車をかけて酷かったのが昨年は投手陣を引っ張ってきた外国人の先発陣。セス・グライシンガーは故障でシーズンの大半を棒に振り、ディッキー・ゴンザレスウィルフィン・オビスポも昨年とは別人だった。こんな頼りない先発陣でも最後まで2位を狙える3位だったのは打線の破壊力と前述の中継ぎ陣の踏ん張りの賜だが、さすがに最後に中継ぎ陣もばてた。

特に深刻なのは、最終回に1点のリードを守れなかったクルーン。

問題なのは制球難ではなく、今季は肝心なところで浴びる一発。

6月19日の東京ドームのドラゴンズ戦。同点の九回表にトニ・ブランコに浴びた超特大の決勝3ランと、7月18日の横浜スタジアムでブレッド・ハーパーに浴びた逆転サヨナラ満塁本塁打が象徴的だ。これまでも制球の不安が常につきまとっていたが、荒れ球が時に幸いし、ストライクゾーンを通過しさえすれば球威で相手を抑え込むことが出来たのだ。だが、それが出来ないということを捕手の阿部慎之助やジャイアンツベンチが気付いてしまったのだ。力勝負に不安があるから、無い物ねだりでコントロールを求めるのだが、そんな切り替えはうまくいかない。それでもこの最終戦までクルーンを抑えから外さなかったのは、ぶれないという点では原監督を評価出来るが、今年はクルーンと心中せずクルーンを途中でマウンドから降ろすことが少なくなくなった。

クライマックスシリーズに臨むに当たり、不安さを露呈するばかりの最終戦だった。

ジャイアンツのクライマックスシリーズは最大九試合。

セ・リーグがパのプレーオフ制度に追従する形でクライマックスシリーズを導入した時、「ジャイアンツを日本シリーズに進出させるための制度」と揶揄された。当時のジャイアンツが球団創立史上初の二年連続Bクラスに低迷していたこともあり、3位でも日本シリーズに進出出来るかもしれないこの制度は当時のジャイアンツには起死回生の制度になるかもだった。それが証拠に詳細を詰める時に清武英利球団代表は優勝チームへのアドバンテージ付与に猛烈に反対した。アドバンテージを付けることは一試合減ることを意味し、収入源が減るという理由だった。もちろん口が裂けても3位で滑り込んでも日本シリーズに出られる可能性を減らさないためとは言わない。

だが、皮肉なことにクライマックスシリーズ元年の2007年、ジャイアンツはリーグ優勝を成し遂げてクライマックスシリーズに出場。アドバンテージ無しで闘ってドラゴンズに三タテをくらい、リーグ優勝を果たしながら日本シリーズ進出を逃すという珍事態になった。

これではいかんと、すぐにクライマックスシリーズの制度を変更。レギュラーシーズン優勝チームに第2ステージで無条件に一勝のアドバンテージを付与することを提案するが、それだけだと前年の主張と矛盾する。そこで清武代表は第2ステージを三勝勝ち抜きから四勝勝ち抜きに改め、試合の機会を多くすることで前年の発言と矛盾しない形でアドバンテージを付与する制度に改変させた。そしてその後二年間、ジャイアンツはリーグ優勝を続け、日本シリーズにも難なく出場している。

球団代表とはここまでやって初めて球団を代表する人物と言えるのかもしれない<>。そして今年初めてクライマックスシリーズのそもそもの性質である敗者復活戦という恩恵をジャイアンツが受けることになる。アドバンテージもなく、すべてがロードゲーム。最大九試合と言っても、中五日をベースにファイナルステージ初戦に先発した投手が中四日で最終戦に投げられれば先発投手は五人で回せる。基本的には良い投手から順番に先発させないと、ファーストステージで姿を消すことにもなりかねないので出し惜しみをせずにタイガース戦から、計算出来る順に先発投手を並べるしかあるまい。

 

Dsc_0092 シーズン最終戦ということで試合後にスピーチした原監督は「クライマックスシリーズでは暴れてきます」と力強く語った。

 

原監督はあと一週間でチームを立て直すことが出来るのだろうか?

« 大沢親分逝く | トップページ | ダルビッシュ有、来季もファイターズでプレー  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 大沢親分逝く | トップページ | ダルビッシュ有、来季もファイターズでプレー  »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック