フォト
無料ブログはココログ

« ファイターズスタジアムも今季最終戦。ファイターズらしく… | トップページ | 負けられない試合に負けちゃった。 »

2010年9月25日 (土)

慶彦さ~ん、ガンバッテ~!

Bdsc_0050 稀に見る大混戦だったイースタン・リーグは24日にマリーンズが直接対決でジャイアンツを破り、四年ぶりの優勝を飾った。四年前の優勝監督古賀英彦監督が退任後、レン・サカタ前監督を経て今季初めて二軍監督に就任した高橋慶彦監督率いるマリーンズが来月2日に行われるファーム日本選手権に進出する。なおウエスタンでは首位のタイガースが全日程終了。2位のホークスが残り一試合に勝てば逆転優勝だが引き分けか負けでタイガースが優勝となる。こちらも最後まで目が離せない。

(写真:試合前のメンバー交換で挨拶する高橋慶彦監督)

ジャイアンツに優勝マジックが出た時点で、多少もつれても最後は物量に勝るジャイアンツが優勝するだろうと思った敗戦処理。は102日にハードオフ・エコスタジアム新潟で行われるファーム日本選手権のチケットを確保してしまった。昨年、最終戦までもつれた優勝争いを制したジャイアンツはファーム日本選手権でドラゴンズに敗れた。その雪辱をと思って新潟に行くつもりだったのだが…。

マジック点灯後にジャイアンツが思わぬ失速。一時はジャイアンツ、シーレックス、ゴールデンイーグルス、マリーンズの四球団に優勝のチャンスが発生する大混戦。ジャイアンツが普通に勝ち進めば問題なかったのだが<苦笑>…。

実は今季、敗戦処理。はマリーンズのファームの試合を冒頭の写真の一試合しか見ていない。ジャイアンツとファイターズのカードを主体に観戦しているが何故か今年は縁がなかった。したがって今年のマリーンズの強さの秘密などを語ろうにも語れない。語る資格もない。ただ、先述したようにファーム日本選手権のチケットを購入してしまったのである。ハードオフエコスタジアム新潟は今年のオールスターゲームの第二戦が行われた球場だが、まだ行ったことがないしイースタン・リーグの代表であるマリーンズを応援がてら、行ってこようと思っている。

それにしてもジャイアンツはどうしたものか?一軍同様、投手陣に安定感がないのが最後に響いたように思える。福田聡志、野間口貴彦、金刃憲人、西村健太朗といった一軍経験豊富な投手を小刻みに継投させ、何とか失点を最少に防いで、リードして最終回はレビ・ロメロに任せたいところだが、ロメロにたどり着く前に誰かが捕まるという感じで終盤戦は接戦をものに出来なかった。これだけのビッグネームが揃っているのならこのメンツで先発ローテーションを組んだ方が余程勝つ確率が高くなるような気がするのだが、岡崎郁監督ら首脳陣はそうは考えないようだ。挙げ句の果ては長野久義を合流させ、東野峻、エドガーまで補強したが最後の直接対決に敗れ万事休す。

今年で「湘南シーレックス」の名称を廃止し、来年から横浜ベイスターズのファームという形式になるシーレックスには「有終の美」を飾らせたいとベイスターズファンを含む判官びいきな人達の後押しが加わり、シーレックスとしての最後のホームゲームを飾って首の皮一枚優勝争いに残ったが、そこまでだった。しかし今日のジャイアンツ球場で行われたシーレックスとしての最終戦は最後を惜しむファンがジャイアンツ球場に集結し、ジャイアンツ球場をスカスタ化したそうだ。

ゴールデンイーグルスも昨年初のAクラス入りを果たした一軍に続き、創立六年目でファームに初優勝のチャンスがあったが届かなかった。開幕からジャイアンツに圧倒的に強く8連勝したが、ローテーションの中心的存在だった朝井秀樹をそのジャイアンツに放出してしまったのが微妙だった。

ファイターズはスワローズと熾烈な5位争いを繰り広げているのだが、今年も選手不足に泣かされた。毎年同じ事の繰り返し。ファンサービスには熱心だが優勝争いには欲がないらしい。

一軍とは裏腹に最下位を独走したライオンズは、雄星の入団が起爆剤になるかと思われたが期待はずれで、大久保博元打撃コーチの問題の時だけ注目を浴びた感じだ。

マリーンズはこんな個性豊かなイースタン各球団のトップに立ったのだから、素直に敬意を表し、新潟でも頑張って欲しいものだ。しかし、マリーンズにはあまり芳しくないデータがある。

敗戦処理。がファーム日本選手権を生観戦したのは過去に四回。ファイターズがイースタンを制した2003年と2004年、ジャイアンツがイースタンを制した2007年と2009年。相手は2003年のみタイガースで後の三回はすべてドラゴンズ。ちなみに過去四回すべてウエスタンの優勝チームが勝っている。特に2004年は九回裏一死までファイターズの須永英輝がドラゴンズ打線を完璧に抑えていたのに「あと二人」から3点差を引っ繰り返されてショックが大きかった。

02 (写真:2004年のファーム日本選手権で九回裏一死まで無失点の好投を続けながら最後に力尽きた須永英輝)

 

マリーンズを応援する人から見れば疫病神としか思えない男が新潟に行くのだ。

リーグ優勝を決めた24日のジャイアンツ球場では高橋監督の胴上げの他に、既に現役引退を表明している大塚明と戦力外通告を受けたものの現役続行を模索するため、今シーズン限りでマリーンズのユニフォームを脱ぐことになる堀幸一も胴上げされたという。昨年のファーム日本選手権では同じように現役引退を表明していたドラゴンズの井上一樹が本塁打を放ち、有終の美を飾った。

Photo (写真:昨年のファーム日本選手権で本塁打を放ったドラゴンズの井上一樹。200910月撮影)

 

堀も現役続行をアピールする意味でも芸術的な右打ちを見せて欲しいものだ。

Dsc_0012 (写真:ジャイアンツ戦の試合前にチームメートの秋親やジャイアンツの超ベテラン大道典嘉と談笑する堀。この写真を選んだのに他意はありません。20104月撮影)

« ファイターズスタジアムも今季最終戦。ファイターズらしく… | トップページ | 負けられない試合に負けちゃった。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶彦さ~ん、ガンバッテ~!:

« ファイターズスタジアムも今季最終戦。ファイターズらしく… | トップページ | 負けられない試合に負けちゃった。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック