フォト
無料ブログはココログ

« 週刊現代はなぜファイターズを持ち上げるのか? | トップページ | 木村拓也元選手の抜けた穴 »

2010年4月 7日 (水)

【無念】ジャイアンツ木村拓也コーチ、帰らぬ人に。

Dsc_0000 2日の試合前のノックの時に倒れて以来、意識不明の状態で闘病を続けていたジャイアンツの木村拓也内野守備走塁コーチが7日、亡くなられた。享年37歳。

 

ご家族の皆様、ご親族、関係者の皆様の心情を察するに言葉もありませんが、木村拓也コーチのご冥福を心よりお祈りいたします。

  

  

37歳。若すぎる。現役のコーチがグラウンドで倒れ、ついに意識が戻らず帰らぬ人に。そんなことがあっていいのか、まだ信じがたい思いがある。

一部の報道によると、木村コーチは多少の体調異変を感じていた旨を周囲にもらしていたというが、責任感の強さか、しのびよる病魔を甘く考えていたのか、最悪の事態を招いた。

木村コーチは現役だった2006年のシーズン中のトレードでカープからジャイアンツに移るという形だったため、家族を広島に残しての単身赴任だったそうだ。今回もコーチとしてシーズン初めての広島遠征。木村コーチは現役時代同様、ホテルには泊まらず家族の元からマツダスタジアムに向かう行動パターンだったそうだ。

木村コーチは昨シーズン限りで現役を引退したが、力尽きての引退という感じはさらさらなく、おそらくは多くの野球ファンが引退と聞いて「えっ?」と思ったのではないか。実際発表直前の日本シリーズにも普通に出ていたし。(冒頭の写真は2009年日本シリーズ第一戦での打席)

倒れてから二日後の4日の試合前にはカープファン、ジャイアンツファンがともに現役時代のヒッティングマーチを演奏し、「頑張れ頑張れ拓也」と大熱唱したという。

今となっては、だが、何とか予兆を察し、最悪の結果になる前に防ぐ事は出来なかったのか?身体が資本の世界だから現役選手だけでなく、コーチ、監督らも定期的な健康診断は受けているのだろうが、それでも…。

1月に急逝したファイターズの小林繁さんも一部の報道では本人が若干の気だるさのようなものを訴えていたといわれている。オフシーズンだったので球団の管理が行き届かなかった点もあるのだろうが、今後手遅れにならないような、再発防止というか、対策を球界挙げて考えなければならないだろう。

もちろん、同列には出来ないが自殺と推定されている小瀬浩之選手のようなケースに関してもだ。

とにかく、こういうニュースは出来ればもう聞きたくない。ヘルスケア、メンタルケアを球界挙げて真剣に考えてもらいたい。

それにしても早すぎる。

木村拓也コーチのご家族、どうかお気を落とさずに。

P.S.

鎌ヶ谷でプレーした木村拓也コーチ。

Cdsc_0050 2008年3月撮影

« 週刊現代はなぜファイターズを持ち上げるのか? | トップページ | 木村拓也元選手の抜けた穴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【無念】ジャイアンツ木村拓也コーチ、帰らぬ人に。:

« 週刊現代はなぜファイターズを持ち上げるのか? | トップページ | 木村拓也元選手の抜けた穴 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック