フォト
無料ブログはココログ

« いきなり雨天中止…。 | トップページ | 快勝!!-昨年の勝ちパターン再現でファイターズが今季東京ドーム1勝目 »

2010年3月 8日 (月)

長野久義、ただいま絶好調!!

Dsc01_2 三年越しの念願叶ってジャイアンツ入りを果たした長野久義がオープン戦でただいま絶好調。7日現在で7試合に出場、打率.400、1本塁打、9打点。打点は現時点で十二球団トップだそうだ。

もちろんこの勢いで公式戦も駆け抜けるとはいかないだろうが、社会人ナンバーワン野手との前評判に違わぬ適応ぶりは目を見張るものがある。期待が高まる頼もしいルーキーだ。

ジャイアンツファンとしては何とも心強い限りだが…

(写真:フリー打撃をする長野久義。2010年2月撮影)

ジャイアンツファンとしては何とも心強い限りだが敗戦処理。はファイターズファンでもある。長野は2006年秋の大学生・社会人ドラフト会議でファイターズからの四巡目指名を受けてそれを拒否した。長野が適応性の高さを示せば示すほど「釣り逃した魚は大きい」と痛感せざるを得ないからだ。

当時の交渉中から長野はジャイアンツ志望を理由に入団を拒否していたが、所属していた日本大学の野球部監督が長野が実際には口にしていないのに「ファイターズは嫌いなチーム」と代弁し事態をややこしくしたのには閉口したが恨み辛みではなく、「惜しい…」と思う。

2006年秋のドラフトというのはファイターズにとっては日本一になった直後と言うこともあったがSHINJOが現役引退したため外野のポジションが一個空いていた。三拍子揃った即戦力の外野手は喉から手が出るほど欲しい状況であった。そしてその穴は今も埋まっていない。

糸井嘉男の台頭はあったが、いつの間にか外野手は左打者ばかりに偏ってしまった。一軍で戦力になっている右打ちの外野手は森本稀哲以後現れていない。昨年陽仲壽(今季から改め陽岱鋼)を外野にコンバートしたのも陽自身の問題だけでなく、右打ちの外野手が手薄な台所事情あってのことだろう。この世界「れば…」や「たら…」は禁物だが、もし長野がファイターズに入っていたら…長野の絶好調ぶりについ考えてしまう。少なくとも中田翔の外野挑戦は無いだろう。

もっとも、当時のファイターズの事情を考えると、長野の獲得を断念せざるを得なくなった後に、一度は戦力外通告をしていた坪井智哉と契約を結んだということがあり、この二つの出来事に相関関係がないとは限らない。何が幸いするかわからない。(あの時点で)タイガースとファイターズで十年近く実績を残した男と、プロでまだ一度も打席に立ったことがない男を比較すること自体がナンセンスにも思えるがファイターズ球団のしたたかなそろばん勘定というのはそういうものだと当時詮索したものだった。

まぁうがった見方をすれば初志貫徹でジャイアンツに入った方が、その前の年のドラフトで指名されたマリーンズに翻意して入団されるよりはファイターズファンとしては気を落ち着かせられる。大松尚逸、サブローとともに外野のレギュラーとなって暴れられていたら立つ瀬がない<苦笑>

ここまでの長野が同一リーグのドラゴンズ相手には打率.200と苦戦していることを不安視する向きもあるようだが、逆に言えばセ・リーグより一週間開幕が早く、仕上がりの度合いも早いはずのパ・リーグの投手陣から.467と打ちまくっている事実もあるわけだ。

  

オープン戦ではジャイアンツもDHを使用しているから公式戦が始まったら今のスタメンから誰かが落ちることになる。一時取りざたされたアレックス・ラミレスの一塁転向案も自然消滅したようだから外野のポジションはラミレスは固定として後の二つを長野は亀井義行、松本哲也、谷佳知、高橋由伸、鈴木尚広らと争うことになる。亀井と高橋は一塁を守るケースも想定され、そうなるとイ・スンヨプを始め、内野陣にも影響を及ぼす。個人的には松本が危ない気がするが…。

ところで最近、当blogではサイドバーでblogでの直近の一週間でのアクセスランキング上位トップ10を掲載している。皆様が一週間で当blogの中のどのエントリーを読んで下さっているかの上位十傑だ。1位になっている 長野久義がどんな選手か実際に観てきました。はジャイアンツが昨年早々と長野を秋のドラフト会議で1位指名することを明言したのを受けて、当時社会人のホンダに所属していた長野のプレーを観に行った時の生観戦記だ。昨秋のドラフト会議の直前あたりから急にアクセスが増え、常に1位か2位にランクし続けているのだ。当blogに直接コメントを下さったり、トラックバックを下さるのはジャイアンツファンよりファイターズファンが多いように見受けられるが長野久義という選手が気になるジャイアンツファンのアクセスが多いことも伺える。

話を戻そう。長野のポジション争いと、その長野を取り損なった穴を埋めきれないファイターズの右打ち外野手枠の争い。この二つがこの両チームの浮沈の鍵を握りそうだ。

« いきなり雨天中止…。 | トップページ | 快勝!!-昨年の勝ちパターン再現でファイターズが今季東京ドーム1勝目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野久義、ただいま絶好調!!:

« いきなり雨天中止…。 | トップページ | 快勝!!-昨年の勝ちパターン再現でファイターズが今季東京ドーム1勝目 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック