フォト
無料ブログはココログ

« 小林繁さん急死 | トップページ | 「小林さんが亡くなったからといって、申し訳ないという気持ちは一生なくならない」 »

2010年1月18日 (月)

【衝撃告白】ダルビッシュとひとつのベッドで寝た…

大勢の人前で、こんなことを告白して大丈夫なのか?という衝撃告白が飛び出した。

小林繁さんの訃報に触れた前エントリーでも述べたが敗戦処理。は17日、元旦を別にすれば今年初めてファイターズスタジアムを訪ねた。ジャイアンツ球場に行ったときと同様、新人選手の合同自主トレを見物し、その後は新入団選手歓迎式典と新人選手交流会を見物しようという腹づもりだった。タイトルはそんな慌ただしかった鎌ヶ谷で耳にした話。

到着するやいなや、スタジアムから勇翔寮に向かう通路に長蛇の列があるのを発見。自主トレを終えた糸井嘉男がファンにサインをしているではないか。敗戦処理。も早速いただいた。グラウンドを覗くと、新人選手達らしき集団はいるのだが、昨年同様ゼッケンのたぐいをつけていないので遠目だと誰だかわからない。

01 スタンドは開放されており、防寒用にカップ麺やおでんが売られていたが、風が強い分だけスタンドの方が寒そうなのでスタンドから出てレフトの後方からグラウンドの様子をうかがった。林昌範、木田優夫、金子誠、江尻慎太郎らが思い思いに自主トレに励んでいた。

午後に交流会があるからか、シーズン中にスタンドで見慣れた顔がいっぱいいる。いかにも鎌ヶ谷に来たという感じだ。練習を終えた選手達もいつもに増して気さくにサインや写真撮影に応じてくれる。敗戦処理。も糸井以外にも豊島明好、浅沼寿紀、谷本圭介、榊原諒、今成良太、江尻慎太郎、中島卓也からサインをいただいた。各選手、本当にありがとう。

ちなみに金子誠は華麗な足裁きでサインを求めるファンの間を走り抜けていったそうだ。また、敗戦処理。も狙っていた林は一度勇翔寮に戻るためにグラウンドから出てきたが「まだ練習の途中なので」と断っていた。実際に林は交流会が始まる頃、再びグラウンドに出てランニングを再開した。

新人合同自主トレを終えた6人の新人達もまだ慣れない手つきでファンが差し出す色紙にペンを走らせていた。ファンの中には既に6人の新人全員からサインをゲット済みという猛者もいた。ドラフト1位の中村勝には「埼玉のダル」という異名がついているというが、それがわかった気がした。

C01 ルックスはたしかに新人当時のダルビッシュ有を彷彿とさせる。余談だが敗戦処理。は自分で撮影した写真にサインをもらうのを趣味にしているのでまだ撮影していない新人達からは今日はもらわなかった。木田も欲しかったが小林繁さんとは違って現役の選手なのでさすがにスワローズ時代の写真にはもらいにくい。

午後になると、グラウンドで自主トレする選手は少なくなり、室内練習場の前には交流会を待つ列が伸びていった。そして午後3時、新入団選手歓迎式典&新人選手交流会が始まった。

C01_2 歓迎式典は新人選手が全員、勇翔寮で生活するため鎌ヶ谷市民となることから一人一人が鎌ヶ谷市の清水きよし市長に転入届を出す式典(写真は二位指名の大塚豊)。以前は新人選手おそろいで鎌ヶ谷市役所に出向いていたが、2005年にダルビッシュらが出向いてパニックになったため、中田翔が入団した2008年に市長に出向いてもらい、ファンにその様子を公開するこのスタイルが始まった。歓迎式典はまじめな自己紹介や、地元の有力者の挨拶、成田竜太郎首都圏事業本部SDの挨拶など一応お堅い感じの進行。そして選手達はいったん退場し、お待ちかねの新人選手交流会。

 

C01_3 ギャグを交えた自己紹介をする荒張裕司が早速笑いを取っていた一方、運天ジョン・クレイトンは緊張し過ぎてろくに自己紹介が出来なかった。

C01_4 東北高校から九州国際大学を経て入団の加藤政義は東北高校でダルビッシュの一年後輩。そのことについて会場のファンから質問を受けると、「ダルビッシュさんとひとつのベッドで寝たこともありました」と答えていた。

C いろいろな報道によると加藤政は完成度の高い選手で金子誠の後のショートの心配は要らなくなったとの声もあるほどだが、ファイターズの魅力について「全員が常に全力疾走しているチームなので…」と答えていた。交流会の途中、直接話しかけることの出来る機会があったので「全力疾走、続けてください」と励ましておいたが、ただ者ではない?

これは選手が万歩計を身につけてファンの輪の中に入っていき、時間内にいかに多くのファンと触れ合えるかを万歩計のカウントで競うというアトラクションで敗戦処理。も6人全員と話そうと狙ったが運天だけを逃した。6人中最年長の増井浩俊に「鎌ヶ谷は良いところだけど、長居しないですぐ一軍に行ってください」と声をかけたら、最後のスピーチでそのままを言っていた。このアトラクションでも荒張は既にキャラが定着し始めていたようだ。前述したように交流会がこのスタイルになって三年目。2008年は村田和哉、2009年は杉谷拳士がこの交流会で早くもキャラを確立していたが今年は荒張だ。ファイターズ初の独立リーグ出身の捕手。注目したい。

ファンと直接触れ合うことによってリラックスしてきたのか、最初はしゃべりがしんどそうだった中村も運天も締めの抱負発表では力強く語っていた。新人達は今の時点では主に身体作りのトレーニングに専念し、まだプロとして細かい技術指導は受けていないはずだ。その時期に球団は敢えてファンの前に新人達をさらけ出し、ファンへの接し方を無意識に学ばせる。このチームの「ファンサービス・ファースト」が口先だけでないことをあらためて再認識させてくれた一日だった。

新人達よ、一日も早く鎌ヶ谷から旅立ってくれ。

P.S.

今日のオマケ

01_2 今から5年前、新人時代の自主トレ姿のダルビッシュ

« 小林繁さん急死 | トップページ | 「小林さんが亡くなったからといって、申し訳ないという気持ちは一生なくならない」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【衝撃告白】ダルビッシュとひとつのベッドで寝た…:

« 小林繁さん急死 | トップページ | 「小林さんが亡くなったからといって、申し訳ないという気持ちは一生なくならない」 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック