フォト
無料ブログはココログ

« 高木晃次現役続行断念でついに「阪急ブレーブス」の生き残りが中島聡ひとりだけに…。~昭和は遠くなりにけり~ | トップページ | 【2009年ファイターズ回顧企画】『プレイバック・ファイターズ2009』に参加。 »

2009年12月 9日 (水)

さらばレッドスター…

Akahoshi01_2 タイガースの赤星憲広が9日、現役引退を表明した。シーズン中から苦しめられていた首痛が思いのほか重傷で、その後の検査で脊髄損傷と診断されたため来季以降、赤星本人が求める全力プレーが出来なくなると判断したようだ。

正直驚いた。首痛が長引いているとの報をどこかで読んだ記憶はあるが、選手生命を奪うとは…。33歳。もったいない。

赤星選手、お疲れ様でした。

まだ赤星がタイガースに入団する前、タイガースがBクラス続きだった時代、ジャイアンツとタイガースの試合で和田豊に狙い澄ましたように一、二塁間を綺麗に破る安打を打たれても、また桧山進次郎が試合終盤に完封負けを免れるソロ本塁打を放っても敗戦処理。は「和田って本当に巧いなぁ…」、「桧山のホームランの弾道は綺麗だなぁ…」と感心する余裕があった。

 

それが赤星がタイガースに入り、星野仙一監督になって優勝争いに加わるチームになると、赤星の叩きつけた打球がワンバウンドで高く弾んだその瞬間に「くわぁ、またやられた!」とストレスが溜まるものだった。そしてそれ以上にジャイアンツファンである敗戦処理。をイラつかせたのがあの超広い守備範囲であった。打った瞬間、長打コースと思った打球が何度赤星のグラブに収まったことか。それもテレビで観ていると、画面がセンターカメラから打球方向に切り替わると、最初は映っていない赤星が急に出てきて、捕るときには余裕で追いつく感じだった。

 

赤星の前にタイガースのセンターを守っていた新庄剛志の守備範囲も広かったが、新庄はどちらかというとレーザービームで魅せるセンターだった。赤星は堅く、堅く、長打になるはずの打球をただの外野フライにしていた。大昔は知らないが、V9時代以降のジャイアンツの選手の安打を最も多く奪った外野手は赤星か屋鋪要のどちらかであろう。

赤星が最初に首を痛めたのは20075月の試合でのダイビングキャッチだったという。そして今年の9月、同様のプレーでまた痛めたそうだ。常に全力プレーで魅せる選手は往々にして相応以上の代償を払っていることが多いが、赤星もプロ野球選手としては決して恵まれているとは思えぬ身体で、ファンを魅了するプレーを九年間続けてきた結果がこうなってしまったのだろう。引退は本当にもったいないが赤星本人が悩みに悩んだ末の結論とのことだから、月並みではあるが「お疲れ様でした」と労いの言葉を贈るしかない。

ところで敗戦処理。の贔屓の選手で赤星を目標に頑張っている選手がいる。

0053 ジャイアンツの工藤隆人だ。

赤星の後輩に当たるJR東日本からのプロ入りで、最初に入団したファイターズでは赤星と同じ背番号53をつけていた。入団三年目の2007年にブレーク。シーズン途中に一軍に上がり、最初は代走、守備要員という位置づけのようだったが回ってくる打席で快打を連発。ファイターズが交流戦の優勝を決めたタイガースとの二連戦では先輩赤星の目の前でタイガース自慢のJFKのうち、久保田智之と藤川球児から安打を放った。

01  

 

この時期少ない打数ながらスコアボードに7割を超える打率が表示されて甲子園のタイガースファンを驚かせたものだった。この年はシーズン最後まで一軍定着。リーグ優勝決定後の試合で「四番」を打ったほか、日本シリーズでもクリーンアップの一角に名を連ねた。

01_2  (写真:オープン戦ではない。公式戦で工藤は四番に座った。2007年9月30日のマリーンズ対ファイターズ戦。リーグ優勝決定翌日の試合ではあったが…)

  

その工藤は今年ジャイアンツに移籍し、背番号53をひっくり返した35番でプレーした。憧れの先輩とは看板対決となる「伝統の一戦」で顔を合わせることになった。「伝統の一戦」でともにセンターを守るのが区道の目標の一つだったそうだが松本哲也の急成長で工藤の陰は残念ながら薄かった。

余談だが工藤とともにファイターズからジャイアンツにトレードで入団したMICHEALはM.中村と改名させられたが背番号はファイターズ時代の背番号36をもらい受けた。村田透が36をつけていたにもかかわらず。しかし工藤の53はジャイアンツでは工藤がルーキーイヤーに鎌ヶ谷で共に汗を流した先輩の實松一成がつけている。

工藤は来季、木村拓哉がつけていた背番号0を引き継ぐ。誰からかは不明だが、「背番号0」というと俊足好打の選手というイメージがある。背番号35から0への変更はチームの期待の表れで、背番号的にはいわば昇格なのだろう。

 

 

しかし、もしも可能であれば今からでも工藤の背番号を53に変更できないか。工藤がつけていた35は小林雅英に背番号30をとられる形の西村健太朗が引き継ぐ予定になっており、實松に適切な背番号を与えられるかという問題もあるが、工藤が赤星に少しでも近づくことが、松本との高いレベルでの競争を産み、アレックス・ラミレスが一塁に回るとしても長野久義の入団や高橋由伸の復帰でさらに競争が激しくなるジャイアンツの外野陣をさらにレベルアップさせることになるのだ。今季、五番打者に定着した亀井義行や、ブルーウェーブ時代の好打を復活させつつある谷佳知への波及も期待できる。

赤星のプレーする姿をもう観ることは出来なくなるだろうが、工藤が来季こそ「赤星二世」の異名がつくプレーヤーになって東京ドームを駆け抜けろ!!

 

« 高木晃次現役続行断念でついに「阪急ブレーブス」の生き残りが中島聡ひとりだけに…。~昭和は遠くなりにけり~ | トップページ | 【2009年ファイターズ回顧企画】『プレイバック・ファイターズ2009』に参加。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらばレッドスター…:

« 高木晃次現役続行断念でついに「阪急ブレーブス」の生き残りが中島聡ひとりだけに…。~昭和は遠くなりにけり~ | トップページ | 【2009年ファイターズ回顧企画】『プレイバック・ファイターズ2009』に参加。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック