フォト
無料ブログはココログ

« ジャイアンツ、ドラフト1位で長野久義を指名という選択 | トップページ | これぞ、頂上決戦!! »

2009年10月30日 (金)

いよいよ明日…

Dsc_0005 「明日はどちらを着ていこうか…?」

  

今日(30)は仕事をしていても落ち着かなかった。あと一日で悲願の日本シリーズが始まると思うと…。

日本シリーズ前日。こんなにワクワクするのはいつ以来だろう。子供の頃からずっと野球を観るのが好きで、特に日本シリーズは自分の贔屓チームが出場しない年でさえ、強い関心を持っていた。文藝春秋が発行しているNumberVIDEOの「熱闘!日本シリーズ」のDVDを全巻コンプリートしているほどだ。

 

24日にファイターズとジャイアンツがそろって優勝を決めてから、いろいろな人から「どちらを応援するのか?」と聞かれる。そもそも敗戦処理。は日本シリーズは出場することに意義があると考えている。

贔屓チームが日本シリーズに出場したら、もちろん応援する。勝ってくれればそれに越したことはないが、負けたからといって恥じることはない。勝てば賞賛するだろうが、負けても責めはしない。何故ならば日本シリーズで敗れるには日本シリーズに出場しなければならず、そのためには近年こそクライマックスシリーズという制度があるものの、原則的には長丁場のペナントレースを制さなければならないからだ。ほとんどの球団は日本シリーズで勝つことも敗れることも出来ないのだから。ジャイアンツが1990年にライオンズに0勝4敗で敗れた時にも、ライオンズの強さに呆れはしたもののジャイアンツナインを責める気にはならなかった。

そんな感覚の持ち主であるから、ファイターズとジャイアンツが顔を合わせる日本シリーズでどちらか一方の球団を応援するというスタンスにはならないのである。

この両チームが日本シリーズで顔を合わせるのは両チームがともに後楽園球場を本拠地にしていた1981年以来で28年ぶりになる。両リーグ六球団ずつという今の構成では日本シリーズの対戦は36通り考えられる。それを考えれば、28年ぶりというのは妥当なのだろうが、次に同じ顔合わせになるのがまた36年近く先になると考えると、今回生観戦の機会を逃すと、次回は五体満足かわからないからだ(ちなみに前回1981年の時にも敗戦処理。は両球団を応援していたが、生観戦はしていない)。

手元に第一戦の一塁側S指定席のチケットがある。

「出場することに意義がある」と定義づけた日本シリーズの大舞台に応援するファイターズとジャイアンツがともに駒を進め、そしてその球場に、同じ空気を吸える空間に敗戦処理。もたどり着くことが出来る。プロ野球ファンとしてこの上ない幸せな時がもうすぐやってくる。

楽しんできたい。

« ジャイアンツ、ドラフト1位で長野久義を指名という選択 | トップページ | これぞ、頂上決戦!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ明日…:

« ジャイアンツ、ドラフト1位で長野久義を指名という選択 | トップページ | これぞ、頂上決戦!! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック