フォト
無料ブログはココログ

« 花巻東高の菊池雄星が日本プロ野球界入りを表明。 | トップページ | いよいよ明日… »

2009年10月28日 (水)

ジャイアンツ、ドラフト1位で長野久義を指名という選択

01_2 明日(29日)のドラフト会議で、ジャイアンツは過半数の球団が1位入札するのではとも目される花巻東高の菊池雄星ではなく、既定方針通りにホンダの長野久義を1位で指名するという。

 

本当にそれでいいの?

日本プロ野球入りを表明した花巻東高・菊池雄星を明日(29)のドラフト会議で何球団が入札するか?どこが交渉権を得るか?が注目される中、ジャイアンツは早い時点からホンダの長野久義を1位で指名することを明言していた。ジャイアンツでプレーしたい長野は2006年の大学生・社会人ドラフト会議でファイターズから四巡目で指名を受けた時も、昨2008年のドラフト会議でマリーンズから2位指名を受けた時にも入団を拒否した。

二度の指名を頑なに拒否したその姿勢と、菊池を1位入札する球団の多さから今度こそ念願のジャイアンツ入りが実現しそうだ。

 

うがった見方をする向きによると、長野の父親が経営する建設会社の経営状態が思わしくなく、長野の入団を条件にジャイアンツが支援する手はずになっているなどという報道もあるようだが、もしもそれほどの蜜月関係にあるならば、過去二回あった交渉権獲得のチャンスをジャイアンツがみすみす逃しているのが腑に落ちない。

長野に対する評価は三拍子揃った右の外野手。過去に指名したファイターズ、マリーンズともに当時の補強ポイントであり、入団していれば即戦力として多大な期待をかけられたはずだ。しかし肝心のジャイアンツは、やはり右打ちの三拍子揃った外野手は喉から手が出るほど欲しいはずなのに過去一度も長野を指名していない。

2006年の大学生・社会人ドラフトで指名したファイターズは当時の希望枠でまず早稲田大学の宮本賢の交渉権を得、次に三巡目で先のクライマックスシリーズで岩隈久志に投げ勝って一躍名をはせた亜細亜大学の糸数敬作を指名した後、長野を四巡目で指名した。この時ジャイアンツは金刃憲人を希望枠で、そしてNTT東日本のサウスポーの上野貴久を三巡目で指名し、四巡目では先に指名権を持つファイターズに指名された形だった。当時の上野の評価がどの程度だったか定かではないが、三年経ってまだ一軍で戦力になっていない選手である。ジャイアンツのスカウトの目利きではその上野より長野の方が評価が低かったということなのか?

あるいは当時から長野がジャイアンツ志望を表明していたから他球団が取りに来ないだろうというジャイアンツサイドに思い込みがあったのかもしれないが。

昨年にしてもそうだ。競合したら抽選という1位指名で東海大相模の大田泰示を指名したのはわかるが、2位では倉敷高校のサウスポー、宮本武文を指名している。その間にマリーンズが2位で長野を指名したのだ。

ジャイアンツは本当に長野を必要と考えているのだろうか?

ジャイアンツの清武英利球団代表が今年のドラフト会議で長野を1位指名することを明言したのはマリーンズから長野への交渉権が切れた4月だった。現在の制度ではドラフトで指名した選手との交渉の期限は翌年の3月末までとなっているからである。かつて同じくジャイアンツ入りを熱望して浪人までした元木大介をジャイアンツはその翌年のドラフト会議で1位指名したが、その時元木の交渉権を持っていたホークスは翌年のドラフト会議の前々日まで交渉権を持っていたので交渉権が途切れたドラフト会議の前日(「江川問題」で言うところの「空白の一日」に当たる日)に当時の正力亨オーナーが翌日のドラフト会議で元木を1位指名することを明言したのに状況が似ている。

気になるのはジャイアンツが長野指名を明言した時期には既に高校野球の春の選抜で菊池がその片鱗を見せていたということだ。1位入札では高倍率になることがその時点で予測出来たにせよ、半年後のドラフト1位をその時点で確約してしまうと言うことが本当にジャイアンツにとって得策だったのか?と言うことだ。

かつてジャイアンツにはドラフトではその時のチームのポジション、年齢構成などに左右されず、1位指名はその年のナンバーワン選手にチャレンジすると言う考えがあったという。多少ポジションのダブりがあろうと、コンバートなどで対処すれば良く、とにかく高素材の選手を獲得するのが先決だというのだ。抽選で外れた時の「外れ1位」をきちんと考慮出来ていればなどの条件は付くが、敗戦処理。はその考え方に賛成だ。ジャイアンツに今もそれに近い考え方があるとしたら、ドラフト会議の半年も前に1位指名を明言するというのはあまりにもハイリスクではないか。もちろん半年前に1位指名を明言したのは、それほどまでに欲しい選手と言うよりも、過去二度にわたる他球団からの指名にも頑なに信念を曲げず、ジャイアンツの指名を待つという長野の姿勢に敬意を表したものであることは容易に想像がつく。つまり言葉を換えれば、ジャイアンツは長野に対して根負けしたのである。

 

菊池を始め、他にジャイアンツとしては1位で獲得したい高素材がいたにもかかわらず長野指名を余儀なくされたとしたら、いわば長野は略奪愛に成功したとも言えるのである<>

ファイターズファンの知人が「長野がジャイアンツ入りして鎌ヶ谷に来たらヤジり倒す」というニュアンスのことを言っていた。FA権を行使して球団を飛び出した選手にブーイングを飛ばす一種のお約束があるが、それに近い発想なのかもしれない。だとすると長野はファイターズファンとマリーンズファンを敵に回すことになる<苦笑>。何が何でも開幕一軍、そして一軍定着を目指すことだ<>

そして長野にとって最悪のシナリオはジャイアンツに入ってもなかなか頭角を現せない場合にジャイアンツファンからもバッシングが起きるかもしれないということである。菊池がセ・リーグの他球団に入り、いきなり一軍で活躍し、ジャイアンツ打線すら捻られるなんてことがあると、「だからダメ元でも菊池を指名すべきだったんだよ!などという論調で長野に八つ当たりする輩が出かねないからだ。何しろ今季のジャイアンツ球場では覇気が無く守備で凡ミスをしたり、三振して何事もなかったようにベンチに戻る大田に対し、聞くに堪えないヤジが飛ぶことが一度や二度ではなかった。

ジャイアンツでは先日、菊池のもとを訪問し、ドラフト会議で指名をしない旨をわざわざ挨拶に行ったとされている。しかしその訪問は非公開であるから、本当にわざわざ指名をしない旨をするために会いに行ったのかは定かではない。長野を指名すると言った手前、長野の指名を外すことは出来ないが、大リーグも欲しがるほどの逸材をみすみす逃すのももったいないジャイアンツが「空白の一日」並みのウルトラCを用意しているという説もある。

いずれにせよジャイアンツと長野の「選択」が評価されるかは長野がジャイアンツに入団した後の問題であるが、それは長野の活躍次第である。ジャイアンツに入団するというのは長野にとってゴールではなく、スタートなのだから。

 

 

« 花巻東高の菊池雄星が日本プロ野球界入りを表明。 | トップページ | いよいよ明日… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ、ドラフト1位で長野久義を指名という選択:

« 花巻東高の菊池雄星が日本プロ野球界入りを表明。 | トップページ | いよいよ明日… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック