フォト
無料ブログはココログ

« よみうりV通りが開通!! | トップページ | ジャイアンツ、今年はファームが「メーク・レジェンド」!? »

2009年9月19日 (土)

ジャイアンツの新室内練習場をのぞいてきた。

01_9 開通したばかりの「よみうりV通り」を上がって、今日(19)から三日間、ファンに一般公開される新しい室内練習場をのぞいてきた。

(写真:室内練習場に入っていくファン)

12日付エントリー 中井大介にプロ入り初本塁打が出た翌日、ファームで刺激を受けたのは… の今日のオマケでその外観を紹介したジャイアンツの室内練習場だが、17日に竣工式が行われ、滝鼻卓雄オーナーが投手を、原辰徳監督が打者を、そして岡崎郁二軍監督が捕手を務めての始球式も行われた。そして今日から21日までの三日間、11時から14時までの間、一般公開する(入場無料)

何でも面積が約4,600平方メートルで室内練習場としては十二球団一の広さだそうだ。敗戦処理。は他球団では鎌ヶ谷にあるファイターズの室内練習場にイベントで入ったことがあるが、感じとしては明らかにジャイアンツの新しい練習場の方が広い。

最初に位置関係を確認しておこう。

01_10 昨年の今頃から建設が始められていたからジャイアンツ球場にお越しのファンの方はご存知だろうが、三塁側スタンドの後方に位置する。

中に入っていく。

601 これが噂の、6人が同時に投球練習できるブルペンだ。

01_11 そしてこちらが4人が同時に打撃練習が出来るスペース

順路にしたがって進んでいくと、ちびっ子ファンのこんな声が聞こえてきた。

「ねぇママ。原監督はいないの? あべしんのすけは?」

ジャイアンツナインが実際にこの練習場を使用するのは10月1日からだそうだ。そして今日はファームもライオンズを相手にビジターの試合で浦和に行っている。ちびっ子ファンの疑問はごもっともだが、こういう時こそジャビットファミリーがファンをお出迎えすべきではないのか?断言しても良いが、これが鎌ヶ谷なら間違いなくC☆Bがファンをもてなすはずだ。

もっとも大勢のファンが詰めかけたとはいえ、敗戦処理。が見物した時間帯には直前に行われた新通路の開通式の流れでそのまま来てしまったような人達が多かった感じで、ジャイアンツ球場に足繁く通っている常連ファンが早速参上したという感じではなかった。

また係員も「内覧会」などと言っている人もいたり、中で立ち止まっているととにかく先に進ませようとあおる人がいたりと、何か機械的な感じがした。

そして「ここから先は靴を脱いで下さい」と言われた。何があるのかと進んでいくと、選手のロッカールームだ。

01_12 当然、まだ誰も使っていないので新鮮だ。

02 椅子だけは敗戦処理。が勤め先で使用しているものの方が高そうだ<>

 

ロッカールームを出ると「トレーニングルーム」。

01_13 大鏡があるので素振りをするのか、それとも最新器具をこれから持ち込んでウエイトトレーニングなどに使用するのだろうか。

 

04 締めは内野がすっぽり入るグラウンド。守備練習などに使用するのだろう。

何か落ち着かない見物ではあったが、十二球団一の面積を最大限に活用してジャイアンツの選手達のさらなる成長の場と化して欲しいものだ。「仏造って魂入れず」という諺があるがくれぐれもそうならないで欲しい。

外に出て、ジャイアンツ球場を覗いてみた。前述のようにファームが遠征に出ているので、残留組数名が練習している程度だったが、新室内練習場見物のファン目当てに売店が営業していた<>

01_14

なお、新室内練習場の建設はジャイアンツ球団の創立75周年の記念事業の一環であると同時によみうりランドの創立60周年記念事業でもあるそうだ。そして今日はよみうりランドでも様々なイベントが企画されているようだ。

ん?

01_15 ファイターズスタジアム御用達の速水けんたろうお兄さんのコンサートがあるぞ<>!!

「ファイターズ賛歌」と並ぶ代表作「だんご3兄弟」を歌うそうだ。そういえば茂森あゆみお姉さんはどこへ…?

閑話休題。

気になるのは現在の室内練習場をどうするのか?という点だが、報道によると解体が決まっているようだ。何かもったいないような…

01_16 (写真:現在の室内練習場。正面の看板が既に外されている?)

これは全く敗戦処理。の妄想に過ぎないのだが、この室内練習場の跡地にいずれ球団の寮を移してくるのではないか?

現在のジャイアンツ寮はよみうりランドの敷地の外にあり、室内練習場やジャイアンツ球場までは歩いたら30分近くかかる。もちろんこれは敗戦処理。の足での話で、プロ野球選手だと話は別。というか、選手達は寮から球場、練習場までライトバンで移動しているようで、そのライトバンの運転手をしているのが元投手の伊達昌司だったりするのだが。寮、ジャイアンツ球場、室内練習場がすべて隣接する形になって初めて完成型なのではないかと敗戦処理。は妄想している。ジャイアンツタウンがファイターズタウン並みの職住接近になる日が来ると。

室内練習場というのは文字通り密室なので、普通は一般ファンは中で行われている練習を見物できない。あと二日間の一般公開は貴重な機会となるかもしれない。特に21日には13時からイースタンの対ライオンズ戦が行われるのでジャビットファミリーの来場もあるかもしれない。

 

今までファームにあまり馴染みのないジャイアンツファンの方もこの機会にどうだろうか?

« よみうりV通りが開通!! | トップページ | ジャイアンツ、今年はファームが「メーク・レジェンド」!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63108547

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツの新室内練習場をのぞいてきた。:

« よみうりV通りが開通!! | トップページ | ジャイアンツ、今年はファームが「メーク・レジェンド」!? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック